田村道52:四ツ谷



tam16ura521.jpg
 地図の(41)(42)(1)で囲まれた四ツ谷交差点です。目の前の道路は国道1号線で旧東海道です。

tam16ura522.jpg
 大きな交差点で、歩道のある場所までかなり距離があります。

tam16ura522m.jpg

tam16ura523.jpg
 四ツ谷交差点を渡り、東へ進みます。

tam16ura524.jpg
 四ツ谷バス停がありました。

tam16ura525.jpg
 赤枠の稲荷神社の前を通過しました。


FC2ブログランキング


田村道51:四ツ谷道標2

tam16ura511.jpg
 こちらには記念碑がありました。「藤沢バイパス道路新設、、、、、、、昭和三十八年二月二日 四谷町内会」とあります。

tam16ura512.jpg
 祠の中には「大山道」と刻まれた石造物がありました。

tam16ura513.jpg

tam16ura514.jpg
 側面には「これより大山道」とありました。


FC2ブログランキング


田村道50:四ツ谷道標1

tam16ura500m.jpg

tam16ura501.jpg
 一の鳥居のすぐそばに道標がありました。

tam16ura502.jpg
 「大山みち」と読めますが、その上は読み取れません。

tam16ura503.jpg
 「平成十七年七月一日再建 地主 鈴木得郎 四ツ谷町発起人一同 大山阿夫利神社 目黒」とあります。

tam16ura504.jpg
 四谷不動(大山道標)について解説がありました。

 「東海道と大山道が交差する四谷辻に建てられていた道標で、大山不動尊の下、正面に「大山道」、両側面に「これより大山みち」とあります。延宝四年(一六七六)に江戸横山町の講中が建てたものです。堂外の道標が初代のもので、万治四年(一六六一)に江戸浅草蔵前の講中によって建てられたものです。江戸時代を通じて、江戸町人の大山参詣が盛んでした。四谷辻には多くの茶屋が立ち並び参詣客を誘いました。今でも七月一日の大山開きには、四谷町内会の年中行事として、辻堂元町の宝珠寺の住職のもと護摩供養が行われています。

平成五年二月   藤沢市教育委員会」


FC2ブログランキング


田村道49:一の鳥居

tam16ura0490m.jpg
 地図(41)の一の鳥居へ向かいます。

tam16ura0491.jpg
 城南一丁目交差点を直進します。

tam16ura0492.jpg
 この路地に入るのです。

tam16ura0493.jpg
 一の鳥居の後ろ姿です。

tam16ura0494.jpg
 敬意を表して正面写真も撮りました。


FC2ブログランキング


田村道48:折戸地蔵


 地図(40)の折戸地蔵です。

tam16ura0481.jpg
 この左手角にあります。

tam16ura0482.jpg
 ここが折戸地蔵です。祠に「折戸」と書いてあります。

tam16ura0483.jpg
 こちらから見ると、右へ行くのが大山道になります。写真のような句碑がありました。
 「右野道 地蔵も花も笑ひけり」 by 薫風


FC2ブログランキング


夫以外

170315-book.jpeg
[題名]夫以外
[著者]新津きよみ
[発行]実業之日本社
[定価]640円
[発行日]2016/4/15
夫が急死した40代女性。子もなく、未亡人となった彼女は、遺産相続人となった亡夫の甥に心ときめいてしまい…(「夢の中」)。共通の趣味をもった男友達がきっかけで離婚された女性が、子連れで実家へ戻ると、父の再婚話が待っていた(「セカンドパートナー」)など、大人の女たちの日常が舞台となるミステリー。驚きのラストが読ませる全6編。


 タイトルに驚かされますが、家族関係・人間関係をテーマにした短編集です。同じ家族でもお互いに気持ちがわからないこともあるのに、他人ならなおさらです。と思いたいのですが、実は家族や親戚は他人以上に利害関係が強く、言葉と気持ちが一致せずコミュニケーションがとりづらい時もあります。難しく考えると難しいですね。Take it easy!がいいのかもしれません。


FC2ブログランキング



田村道47:裏道

tam16ura470m.jpg

tam16ura471.jpg
 道の枝分かれが連続します。まずは地図の(36)と(37)の間の赤矢印の場所です。ここは直進します。

tam16ura472.jpg
 次に(37)の白丸の角、青矢印の場所です。ここは斜め左へ向かいます。

tam16ura473.jpg
 次は緑矢印の場所です。ここは右斜めへ進みます。

tam16ura474.jpg
 ここは(38)の変電所です。変電所が多いですね。
 
tam16ura475.jpg
 そしてなんとも言えない旧道カーブの道を進みます。


FC2ブログランキング


田村道46:旧道歩き2

tam16ura460m.jpg

tam16ura0461.jpg
 松林ケアセンター前バス停です。地図の赤矢印あたりです。

tam16ura0462.jpg
 地図赤枠で囲ったコンビニです。右側の道を進みます。

tam16ura0463.jpg
 ここは直進します。

tam16ura0463m.jpg

tam16ura0464.jpg
 幅の狭い道を進みます。このあたりはあまり目標物がありません。

tam16ura0465.jpg
 旧道らしい微妙なカーブが続きます。

tam16ura0466.jpg
 ここは地図(36)の辻堂変電所です。


FC2ブログランキング


田村道45:旧道歩き1

tam16ura450m.jpg

tam16ura451.jpg
 地図(34)の妙行寺です。

tam16ura452.jpg

tam16ura453.jpg
 妙行寺の反対側に大きなお屋敷がありました。お大尽なのでしょう。

tam16ura454.jpg
 地図(35)の分岐です。ここを左の小道に入ります。

tam16ura455.jpg
 またまた分岐がありました。ここは右手に進みます。

tam16ura456.jpg
 地図の赤矢印の場所で、路地を直進します。

tam16ura457.jpg
 元の道に戻ってきました。


FC2ブログランキング


田村道44:松林村役場跡

tam16ura440m.jpg
 地図(32)の赤羽根神明大神から(33)の松林村役場跡へ向かいます。

tam16ura441.jpg
 その途中に大きな瓢箪を発見しました。井上酒店です。

tam16ura442.jpg
 松林村役場跡がありました。

tam16ura443.jpg
 松林村の由来が書いてありました。

「この前を通る大山街道は、田村の渡し(寒川)で相模川を渡る大山参りの近道で、江戸の商人・職人をはじめ多くの文人・墨客が往来した。赤羽根・甘沼の丘陵の南面をほぼ平坦に並行する、のどかな街道であった。正面に日本一の富士を仰ぎながら夫々大山参りの楽しい旅をしたことでしょう。しかし静かな農村にも幾度か行政の改変があり、各村々が合併を重ねていった。明治二十二年(一八八九年)赤羽根村を始め、室田・菱沼・小和田・高田・甘沼・香川の七カ村が一つになって松林村となり、此の地に松林村役場が建設され、村長には水越良介氏(後に茅ヶ崎町町長・神奈川県議会議員を歴任)が就任した。明治四十一年、松林村、鶴嶺村、茅ヶ崎村が合併して茅ヶ崎町ができるまでの約二十年間、此処松林村役場は地方自治の重要な拠点であった。昭和二十二年市制が施行された当時の茅ヶ崎市の五万余の人口も、市制六十周年を迎えた今日は約二十三万と急激な増加を見るに至り湘南の中核的都市となりました。大山街道に添って湘南バイパスが建設されるなどに至り、かつてのふるさと的農村風景も次第に失われつつあります。」


FC2ブログランキング



プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター