田村道76:砥上公園

tam16ura760m.jpg

tam16ura761.jpg

tam16ura762.jpg
 地図(21)の砥上公園に道標がありました。

tam16ura763.jpg
 道標の説明文です。

 「市指定重要文化財(建造物) 昭和四十一年(一九六六)一月十七日指定

江の島弁財天道標

 この石柱は、江の島への道筋に建てられた道標の一つです。江の島弁財天道標は、管を用いて鍼をさす管鍼術を、江の島で考案したという杉山検校(杉山和一、一六一〇〜一六九四)が寄進したと伝えられています。現在、市内外に十数基が確認され、市内所在のうちで十二基が藤沢市の重要文化財に指定されています。いずれも頂部のとがった角柱型で、その多くが、正面の弁財天を表す梵字(ぼんじ)の下に「ゑのしま道」、右側面に「一切衆生(いっさいしゅうじょう)」、左側面に「二世安楽(にせあんらく)」と彫られています。この文言には、江の島弁財天への道をたどるすべての人の現世・来世での安穏・極楽への願いが込められています。
 市役所新館脇歩道橋付近に移設されていましたが、新庁舎建設にともなう歩道橋周辺の整備により、「江の島道」の路傍にあたるこの地に移設したものです。

平成二十七年(二〇一五)十一月    藤沢市教育委員会」

 藤沢市役所へ行ってもな〜んにもなかったってわけですね!

tam16ura764.jpg
 石上(いしがみ)の説明文がありました。

「石上(いしがみ)

 鵠沼を中心とした一帯は天平時代(七三五年頃)には、「高座郡(たかくらぐん)土甘郷(とがみごう)」と呼ばれ、鎌倉時代には「砥上が原(とがみがはら)」とよび西行法師や鴨長明も砥上が原の歌を残しています。
 江戸時代に入ると江の島、大山詣の道筋で賑った石上舟渡場があり、その北側に砥上地蔵尊(一六五五)が建立されました。
 この辺りの開発の祖の鎌倉武士を祀ったといわれる石上神社は度々水に浸り、昭和九年に現在の地に移されました。   藤沢市」

tam16ura765.jpg

tam16ura766.jpg
 砥上公園内にも庚申供養塔がありました。

 さぁ、移転した石上神社に向かいましょう。


FC2ブログランキング


田村道75:ファミリー通り

tam16ura750.jpg
 地下道に入る前に朝食です。藤沢駅構内の駅蕎麦屋で「豚つけそば」だったかな? を食べました。水分と塩分も補給してこれからの行程に備えます。

tam16ura751m.jpg

tam16ura752.jpg
 そして地下道に戻りました。

tam16ura753.jpg
 地下道からスロープ状になった道を登って藤沢駅南口に出ます。

tam16ura754.jpg
 地図の(20)の場所です。

tam16ura755.jpg
 ここからは細めのファミリー通りを南下します。

tam16ura756.jpg
 ファミリー通りの両側には飲食店が数多くありましたが、そこを過ぎると居住地でマンションが増えてきました。


FC2ブログランキング


田村道74:江の島道2

tam16ura740m.jpg

tam16ura741.jpg
 地図(18)の庚申堂です。写真のように石造物がたくさん並んでいるのですが、残念なことに施錠してあり、近づけることはできませんでした。

tam16ura742.jpg
 さらに進んでいきます。

tam16ura743.jpg
 地図の赤矢印の交差点です。ここを直進します。

tam16ura744.jpg
 地図の青矢印の場所です。地下道の入り口です。ここを左折すれば藤沢市役所で、(19)の江の島道標があるのですが、先を急ぐことにしました。(結果的には無駄足をせずに済んだことになります。詳しくは「76砥上公園」の項で。)


FC2ブログランキング


田村道73:江の島道1

tam16ura730m.jpg

tam16ura731.jpg
 地図(17)の交差点です。本来の江の島道は、赤実線で示したルートですが、江の島道標(赤丸で囲った場所)を見るために実際は赤点線に沿って歩きました。

tam16ura732.jpg
 目の前の横断歩道を渡ります。


 江の島道・江の島弁財天道標の案内板です。

tam16ura734.jpg
 道標です。向かって左側には「二世安楽」と書かれていて、写真には写っていない反対側には「一切衆生」と書かれています。

tam16ura735.jpg
 さあ江の島道を進みましょう。


FC2ブログランキング


田村道72:旧道

tam16ura720m.jpg
 地図(16)から(17)までは赤線の脇道を歩きます。

tam16ura721.jpg
 ここが(16)の場所です。右の路地を進みます。

tam16ura722.jpg
 ゆるやかな旧道カーブが心地よいです。

tam16ura723.jpg
 この分岐点は左側の道です。

tam16ura724.jpg
 旧道沿いらしくレトロな建物が現れました。

tam16ura725.jpg
 その横の蔵も歴史を感じさせます。


FC2ブログランキング


田村道71:藤沢橋

tam16ura710m.jpg
 遊行寺からの帰りは地図の赤線のように進みました。この辺りにあるはずの藤沢宿の江戸見附跡を探したのですが、見付けられませんでした(笑)

tam16ura711.jpg
 藤沢橋から遊行寺橋をみたところです。

tam16ura712.jpg
 ここが藤沢橋です。

tam16ura713.jpg
 藤沢橋近くの境川に流れ込む小川です。段差が気になるのは、ブラタモリの見過ぎでしょうか(笑)

tam16ura714.jpg
 藤沢橋交差点です。

tam16ura715.jpg
 道案内です。旧東海道ってのがお洒落です。

tam16ura716.jpg
 近くのトランスボックスにはこのような浮世絵がありました。

 この藤沢橋からは旧東海道と離れ、通称江の島道と呼ばれます。


FC2ブログランキング


大人の鉄道雑学

170318-book.jpg
[題名]大人の鉄道雑学
[著者]土屋武之
[発行]サイエンス・アイ
[定価]1,080円
[発行日]2016/9/25
出張や旅行で使う新幹線、朝夕に乗る通勤電車…。東京のラッシュ時など、多いときは列車1本で1000~4000人を運び、何本も安全に走らせるのが、日本の鉄道のすごさです。それを支えるしくみはもちろん、多彩な車両や設備の豆知識もお伝えします。普段なんとなく使っている鉄道を見る目が変わる、列車に乗るのがもっと楽しくなる1冊です。


 意外に知られていない鉄道豆知識や、運行のしくみなどわかりやすく解説されています。そういえば、昔はそうだったなぁ、と古きを温めることもできます。技術の進歩は素晴らしいものですが、その一方で夜行寝台列車の激減など残念な変化もありますね。


FC2ブログランキング



田村道70:遊行寺橋・遊行寺

tam16ura700m.jpg

tam16ura701.jpg

tam16ura702.jpg
 ここが遊行寺橋です。

tam16ura703.jpg
 トランスボックスには昭和5年の遊行寺橋(当時は大鋸橋)の写真がありました。

tam16ura704.jpg
 遊行寺橋を渡り、遊行寺へ向かいます。途中の右側に「ふじさわ宿交流館」がありました。

tam16ura705.jpg
 時宗総本山遊行寺です。

tam16ura706.jpg
 遊行寺の近くの藤沢市消防団第八分団のシャッターにも藤沢宿の様子が描かれています。


FC2ブログランキング


田村道69:遊行寺前

tam16ura690m.jpg
 地図(14)の遊行寺橋の辺りです。

tam16ura691.jpg
 遊行寺前バス停です。

tam16ura692.jpg
 遊行寺で行く道の分岐点です。

tam16ura693.jpg
 近くに遊行寺橋と高札場跡の説明がありました。

tam16ura694.jpg
 「東海道藤澤宿 昔話のある町 旅籠町/中久保町」

「昔話のある町」というネーミングがいいですね。

tam16ura695.jpg
 東海道藤沢宿の成り立ち・しくみがわかりやすく解説してありました。


FC2ブログランキング


田村道68:藤沢宿街並み

tam16ura680m.jpg
 地図(13)あたりが東海道藤沢宿の賑わった界隈です。

tam16ura681.jpg
 地図で赤四角で囲んだ蒔田本陣跡です。

tam16ura682.jpg
 内田商店本店が本陣跡なのでしょうか?

tam16ura683.jpg
 ここにも風格のある建物がありました。

tam16ura684.jpg
 こちらも老舗風の建物です。

tam16ura685.jpg
 歩道のトランスボックスには、昔のおそらくこの辺りの写真がありました。

tam16ura686.jpg
 江戸時代の旅籠の様子も描かれています。


FC2ブログランキング



プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター