FC2ブログ

弁当屋さんのおもてなし(5)  まかないちらしと春待ちの君

お弁当屋さんのおもてなし(5) のコピー
[題名]弁当屋さんのおもてなし(5)  まかないちらしと春待ちの君
[著者]喜多みどり
[発行]KADOKAWA
[定価]600円
[発行日]2019/5/25
遅めの桜が咲き始め、ようやく春が訪れた北海道。お互いの思いを再確認した千春とユウだったが、千春の帰任期限は刻一刻と迫っていた。このまま札幌で転職してユウとずっと一緒に暮らすか、それとも遠距離恋愛か。自分が本当にやりたいことは何か悩む千春に、ユウがお弁当に込めたメッセージとは?そして最終的に千春が選んだ生き方は?北海道の旬の幸がたっぷり味わえる、ほっこりお弁当ものがたり第5弾!


人気シリーズ第五弾! 個性的な登場人物がいろいろ出てきて楽しい物語。そして千春とユウの恋の行方は・・・。 食べ物は人を癒し、元気にする。特にお弁当は、食べ物の箱庭であり、メッセージを込めやすいのかな?


152高札場:大山街道(5)

oh19kai1520m.jpg
 (37)目黒川にかかる橋

oh19kai1520mo.jpg
 (37)赤丸の場所

oh19kai1521.jpg
 目黒川の手前に交差点がある。平成地図では橋の右手前に交番の地図記号があるが、交番は交差点の左手前にあった。

oh19kai1522.jpg
 目黒川を越えたすぐ左側に高札場跡があった。

oh19kai1523.jpg
 昔はいろいろな御触書(おふれ)が出ると村人たちがこの周りに集まったのだろうなぁと思いをはせる。
――――――――――
高札場
 高札は基本的な法令を板札に墨書きし、庶民への法令の徹底を意図したものです。禁令の掲示は奈良時代からみられますが、江戸時代に発達し、明治6年(1873)まで続きました。明治新政府は慶応4年(1868)旧幕府の高札を撤去し、新政府が定めたいわゆる「五榜の掲示」を掲げさせました。
 高札を掲示する場所を高札場といい、村では名主の家の前、村の中心は主要な街道が交錯する交差点といった場所に設けられていました。下鶴間村には二か所あり、そのうちの一か所がこの付近にあったことが絵図から分かっています。
――――――――――

oh19kai1524.jpg
 右から順にみていこう。

――――――――――
慶応4年の太政官高札
 徒党、強訴、逃散を禁止したもので、それを発見したときには役所へ申し出をすれば、褒美を与えるとしています。
――――――――――

oh19kai1525.jpg
――――――――――
慶応4年の太政官高札
 キリシタン禁止を定めたものです。
――――――――――

oh19kai1526.jpg
――――――――――
明治3年の太政官高札
 火付、盗賊、人殺、贋札を作る犯罪者などを発見したときには役所へ訴え出ることを定めたものです。
――――――――――

oh19kai1527.jpg
 高札場のすぐ横には大山街道のステッカーがあった。


JR東日本カレンダー2020/04

JR東日本4月
4月:D51 498 SLぐんま みなかみ:上越線 渋川〜敷島
 「D51 498」は1940年製造。1115両製造された「D51」のうち498番目に造られた機関車です。「D51」は「デゴイチ」の愛称で親しまれ、週末を中心に「SLぐんま みなかみ」として上越線・高崎駅〜水上駅間の他、「SLぐんま よこかわ」として信越本線・高崎駅〜横川駅間で運行しています。「D51 498」は1972年に引退後、上越線後閑駅に保存されていましたが、1988年に大宮工場で修理復元されました。2020年4月には、こちらの写真で「D51 498」が牽引している旧型客車の全ての車両をリニューアルし、ラウンジカーを新設します。

絶景鉄道カレンダー2020/04

202004.jpg
4月:JR四国 土讃線・安和駅〜土佐久礼駅・2000系 特急「南風」

意外なことに土讃線で海がきれいに見えるのはこのあたりしかありません。
急に高度をさげ、きれいな海が見えると再び高度を上げていきます。


ぶらり鉄道の旅カレンダー2020/04

ぶらり鉄道の旅2020 4
4月:京福電気鉄道 北野線・宇多野駅〜鳴滝駅・京都市

桜の散る中を走る京福電気鉄道(通称:嵐電)です。北野線の沿線には、北野天満宮、等持院、龍安寺、妙心寺、仁和寺などの名所があります。終点の北野白梅町駅のちかくの、一本うどんで有名な俵屋(たわらや)へ行ったことを思い出します。


151阿夫利神社御分霊社:大山街道(5)

oh19kai1510m.jpg
 (35)阿夫利神社御分霊社

oh19kai1510mo.jpg
 おそらく大きな丸のあたりかと思われる。

oh19kai1511.jpg
 観音寺前交差点を直進すると右側に阿夫利神社御分霊社がある。

oh19kai1512.jpg
 新田軍の鎌倉進撃路の途中にある家らしい。

――――――――――
当家の往昔史
相模国風土記稿に観音寺境内に板碑二基ある事が名記されている。
建武五年 延文二年 墓石は高下元祖新田氏の墓より出土した者也
 新田軍の鎌倉進撃路
南朝忠臣新田氏縁の家
 挙兵六百五十年記念
――――――――――

oh19kai1513.jpg
 「相州鶴間村宿」とある。次の下鶴間とともに宿場だったようだ。

oh19kai1514.jpg
 「是より西 大山 七里」と書いてある。

oh19kai1515.jpg
 逆光で読みにくいが「是より東 江戸 十里」と書いてある。これを見た旅人は、大山が近くなったと感じることだろう。

oh19kai1516.jpg

oh19kai1517.jpg
 鳥居の奥に阿夫利神社御分霊社がある。

oh19kai1518.jpg
 同じ敷地に「新田義貞公鎌倉進撃路 鶴間の歴史」もある。

oh19kai1519.jpg
 古くからある名家のようで「当家は鶴間村最古の歴史を誇る 鎌倉時代以前より此の地に処住」と書いてある。

150観音寺:大山街道(5)

oh19kai1500m.jpg
 (34)観音寺

oh19kai1500mo.jpg
 明治地図にも観音寺と記されている。

oh19kai1501.jpg
 目黒交差点を回り込み、ここを左折する。平成地図の矢印の場所である。

oh19kai1502.jpg
 旧道に戻る。

oh19kai1503.jpg
 境川にかかる鶴瀬橋から町田方面を見る。

oh19kai1504.jpg
 こちらは大和方面。

oh19kai1505.jpg
 鶴瀬橋を渡るとすぐに観音寺前交差点。

oh19kai1506.jpg

oh19kai1507.jpg
 その右側に観音寺がある。

弁当屋さんのおもてなし(4) 甘やかおせちと年越しの願い

190521a-book.jpg
[題名]弁当屋さんのおもてなし(4) 甘やかおせちと年越しの願い
[著者]喜多みどり
[発行]KADOKAWA
[定価600円
[発行日]2018/11/25

雪深い冬の北海道。札幌市の路地裏に佇む「くま弁」では、大晦日に常連客が集まって忘年会が開催されることに。千春は会社の後輩・宇佐と一緒に参加するが、彼女は何やら大晦日に「嫌な思い出」があるという。その苦い記憶を払拭するため、ユウはとびきり特別な弁当を作ることになって? 一方、千春はユウとの将来が見えず、不安な気持ちを募らせていき・・・? 美味しいご飯は人の心を繋ぐ。北のお弁当ものがたり第4弾!


人気シリーズも第四弾になりました。箸が上手に使えない若い女性、「くま弁」での忘年会にまつわる小さな事件、仲たがいしてしまった昔の友達同士の話し、そして家業を継ぐかどうかでもめている父親と息子、などの話が出てきます。どれも安心して読むことができます。それにしてもユウと千春の恋愛はどうなるの? 進展がないっていうか後退してるかも?

149五貫目道祖神:大山街道(5)

oh19kai1490m.jpg
 (30)日枝神社、(31)圓成寺、(32)五貫目道祖神、(33)坂下バス停

oh19kai1490mo.jpg

oh19kai1491.jpg
 左手には日枝神社がある。

oh19kai1492.jpg
 そして右手には圓成寺。

oh19kai1493.jpg
 (33)坂下バス停の付近。旧道カーブと思われる。

oh19kai1494.jpg
 しばらく歩くと左手に道祖神があった。

oh19kai1495.jpg

――――――――――
五貫目道祖神
 五貫目道祖神は、徳川中期に旧青山街道(旧国道246号)の現所在地より約300メートル西方境川鶴瀬橋手前に祀られ、北は世田谷青山、西は伊勢原小田原、南は戸塚鎌倉に通ずる三方分離点として旅人の道標としての役を果たした道祖神です。
 現在の道祖神は徳川後期安政3年丙辰8月と印され、二代目道祖神と言い伝えられております。青山街道は別名大山街道とも言われ、多くの旅人の行来した街道でした。五貫目地域住民も明治時代おり平成の今日迄、毎年1月14日道祖神地先にて1年の無病息災並びに豊作を念じて、左義長別名ダンゴ焼きの行事を実施致しております。
 平成4年3月一般国道246号大和厚木バイパス開通に伴い、建設省のご配慮により現在地に移転いたし、之れを後世に伝えるべく由来碑を建立し、永く顕彰するものとする。
   平成5年3月吉日  国道246号バイパス 対策委員会 五貫目町内会
――――――――――

 新しい道路の建設などで移転することはたびたびあるようだ。

oh19kai1496.jpg
 国道246号線と八王子街道(県道56号線)が交わる目黒交差点にでる。

148大ケ谷庚申塔:大山街道(5)

oh19kai1480m.jpg
 (29)大ケ谷庚申塔

oh19kai1480mo.jpg

oh19kai1481.jpg
 横浜水道道路との交差点は無意識に通りすぎてしまったようだ。気がついたら大ケ谷庚申塔の交差点だった(笑)

oh19kai1482.jpg
 交差点の右手前にこのような庚申塔がある。

oh19kai1483.jpg
 逆光のため振り向いて撮影(セブンイレブンの向こう側に庚申塔)。


プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター