田村道10:東円寺

tam16ura100m.jpg

tam16ura101.jpg
 しばらく行った右側にかわいい石造物がありました。

tam16ura102.jpg
 左側には写真のような石造物群がありました。地図の(31)です。

tam16ura103.jpg
 地図(33)は東円寺です。

tam16ura104.jpg
 こがの渡しがあった場所で、舟つなぎ松跡の石碑がありました。

「東円寺の舟繋ぎ松
     舟つなぐ 松がゆかりの 東円寺
 
 昔、東円寺前から城島(きじま)の浮島までの間は沼地で舟によって往来した。渡しに使った舟を東円寺の松につないだことから「舟繋ぎ松」と呼ばれ、ここの渡しを「こがの渡し」と言い次のような伝説がある。

 永正の頃、平間に子供のない夫婦が住んでいた。夫婦は大山不動尊に「こがの渡し」に道を造り、大山参りの人達を助けますので、子供を授けてくださいと願いをかけ、道造りを始めた。しかし、夜になると道が壊されているので不思議に思い、この悪さをする者を捕まえようと夜見回ったところ、道を壊していたのは白い蛇だった。夫婦は怒ってこの蛇を殺し「舟繋ぎの松」の根元に埋めた。その後、道は順調に進み立派に出来上がった。そして、夫婦にも男の子が授かった。ところが、男の子は十二歳のとき、ふとした病気がもとで亡くなってしまった。夫婦は大変悲しみ仕事も手につかなかったが、ある日、「舟繋ぎの松」の下の茶店に立ち寄り息子のことを話すと茶店の主人は、その子なら毎日笛を吹いてこの店へ菓子を求めにやって来るという。驚いた夫婦が店内に潜んでいると少年が現れたが、その日に限って笛を吹かなかった。店の主人が「今日はなぜ笛を吹かねえのか」と聞くと、少年は哀しい声で「今日は因縁があって笛は吹けませぬ。私の正体をご覧ください」と言うや殺された蛇の姿になって消え去った。夫婦はびっくりして、蛇を埋めた「舟繋ぎの松」の根元に祠をつくり、弁財天をまつり供養した。」


FC2ブログランキング


田村道9:上平間バス停

tam16ura090m.jpg

tam16ura091.jpg
 地図の赤矢印のカーブです。下り坂ですが、すぐに上り坂になります。坂をあらわすマークの位置が違っています。青字で直しておきました。

tam16ura092.jpg
 下り坂の途中の右側に三観寺がありました。しかし寺らしい建物はありません。

tam16ura093.jpg
 そのかわりに上平間自治会館がありました。

tam16ura094.jpg
 地図(30)の道祖神は見つからず。またバス停が「上平松」となっていますが、「上平間」の間違いです。なんだか間違いが多いなぁ。


FC2ブログランキング


野球×統計は最強のバッテリーである [セイバーメトリクスとトラッキングの世界]

170117-book.jpg
[題名]野球×統計は最強のバッテリーである [セイバーメトリクスとトラッキングの世界]
[著者]データスタジアム株式会社
[発行]中央公論新社
[定価]885円
[発行日]2015/8/7
打率や防御率だけでは野球選手の本当の実力は分からない。本書の前半では、野球ファンの間に広く浸透しつつあるセイバーメトリクスについて、「WARに見る2014年日本ハム・大谷翔平のMVP級の活躍」「DERが示す阪神の守備力低下」「奪三振率に表れる楽天・松井裕樹の非凡さ」など、具体例を挙げて分かりやすく解説。後半は、投球、打球、選手の動きのすべてを記録するデータ分析の最先端、トラッキングシステムを紹介する。メジャーリーグですでに導入されているPITCHf/xのデータをもとに、藤川球児、岩隈久志、田中将大らのストレートの「打ちにくさ」の違いを詳細に分析、さらに「球のキレやノビ」の正体にも迫る!


 セイバーメトリクスは知っていましたが、PITCHf/xなどのトラッキングは初めて知りました。これは面白いですね。同じストレートでも投手による違いを、スピードだけでなく明らかにされているのです。これを分析して活用すれば、3月のWBCにも貢献できるのではないでしょうか。小久保監督、きっちりと分析してください。


FC2ブログランキング




田村道8:八坂神社2

tam16ura081.jpg
 境内の中の一般道を横切ると、その奥にさらに鳥居がありました。

tam16ura082.jpg
 そしてその奥には石造物がたくさん並んでいました。「奉納 玉垣」「金壱千園也」などが記されています。

tam16ura083.jpg

tam16ura084.jpg
 さらに神奈川県指定重要文化財の八坂神社銅鐘もありました。


FC2ブログランキング


田村道7:八坂神社1

tam16ura070m.jpg
 八坂神社に寄ってみましょう。

tam16ura071.jpg
 鳥居です。鳥居の先も宅地になっているようです。

tam16ura072.jpg
 鳥居の足元には歴史を感じる階段がありました。

tam16ura073.jpg
 しばらく進むと左側に道標(庚申供養塔)がありました。「左たむら道」と読めます。

tam16ura074.jpg
 別角度には「右大いそ道 宝暦十一年巳 九月吉日再建立」と彫ってあります。再建立したようですね。


FC2ブログランキング


娘からのバレンタイン

ブルートレインヘッドマークチョコ  &   純米吟醸チョコ(熊澤酒造)

17Val01.jpg
 長男の嫁からバレンタインデーに郵送されました。中を開けると、思わず「あっ!」と声をあげました。なんとブルートレインヘッドマークチョコなんです。鉄ちゃんとしてはうれしい限りです。味ですか? まだ食べてないのでわかりません。愛おしくて食べられるかなぁ(笑)

17Val02.jpg
 次男の嫁は自宅に来てくれて直接バレンタインチョコをいただきました。中を開けると、思わず「あっ!」と声をあげました。なんと純米吟醸入りのチョコなんです。純米吟醸好きとしてはうれしい限りです。日本酒の香りが口の中に広がり、チョコレートがさらに美味しくなります。

 嫁というより、二人の娘です。
来年もよろしくお願いいたします

田村道6:原之宿〜天王原

tam16ura060m.jpg

tam16ura061.jpg
 三福寺前交差点を直進します。

tam16ura062.jpg
 地図(24)の講和記念石碑は見つからず。写真は地図(25)の原之宿道祖神です。かなり新しい道祖神ですね。

tam16ura063.jpg
 地図(26)の急坂を下ります。旧道らしい自然なカーブをしています。

tam16ura064.jpg
 地図の赤矢印の矢羽根排水路です。このあたりで最も低い土地です。ここから上り坂です。

tam16ura065.jpg
 地図の赤丸の道祖神です。

tam16ura066.jpg
 坂を登りきると沼目団地入口交差点です。ここを右折します。

tam16ura067.jpg
 しばらく歩くと天王原バス停がありました。


FC2ブログランキング


田村道5:三福寺

tam16ura050m.jpg
 地図(23)の三福寺に寄ってみましょう。

tam16ura051.jpg
 浄土宗九品山善光院三福寺です。

tam16ura052.jpg
 子の権現の前には、多くのわらじがぶら下げられています。

tam16ura053.jpg
 「子の権現」の薀蓄が書いてありました。

 市内の各所に子の権現が祀ってある。子の権現は天長九年紀伊国天野郷の阿字の長者の一子に生まれた。幼くして仏門に入り諸人呼んで天野の聖と言い、又生誕が子の年、子の月、子の日、子の刻に当たっていたので子の聖ともよんだ。広く諸国をめぐり天平年中栗原の山中に庵を結んで広く諸人の心の糧となったのである。のち秩父の山中に大鱗山天龍寺を開き百八十歳で没したと伝えられる。世人その徳を慕うのあまり子の権現として祀った。栗原の庵室の跡には万松寺が建っており、近くの坐祥石、笈平、聖峰、仏坂などの名が残されている。非常に長寿健脚であったので心願のかなったときにはわらじを作ってお礼まいりをする。今でもこの子の権現堂には心願成就のお礼のわらじが奉納してあるのを見かけることが出来る。

tam16ura054.jpg
 六地蔵もありました。


FC2ブログランキング


田村道4:伊勢原駅南口

tam16ura040m.jpg

tam16ura041.jpg
 旧東急裏を右折します。地図の赤矢印の場所です。

tam16ura042.jpg
 イトーヨーカドーが右斜め前方に見えてきました。地図の緑矢印の場所です。イトーヨーカドーを右手に見ながらさらに進みます。

tam16ura043.jpg
 さらに進むと右側に大きなマンションが建設中でした。サンクレイドル伊勢原レジデンスです。駅から近くて便利そうです。写真には写っていませんが、左側には下原公園があります。

tam16ura044.jpg
 正面の信号は三福寺前交差点です。


FC2ブログランキング


田村道3:さようなら伊勢原東急ストア

tam16ura030m.jpg
 伊勢原駅南口に降りてきました。赤丸で記した東急ストア(1976年11月開店)は今年の1月で営業を終え、新しくいせはらcomaとして6月29日にグランドオープンしました。屋上には満天ビアガーデンもあるようです。

tam16ura031.jpg
 まだこの時は改装中。東急ストアはフェンスに囲まれています。

tam16ura032.jpg
 看板もはずされたまま。ちょっと寂しいですね。

tam16ura033.jpg
 正面には「いせはらcoma」の案内がありました。

tam16ura034.jpg
 南口から旧東急手前を赤矢印の方へ左折します。


FC2ブログランキング



プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター