28オランダせんべい&エスカロップ:北海道妄想の旅1978

ho78do2801.jpg(オランダせんべい)

ho78do2802.jpg(オランダせんべい)
駅の売店で根室名物のオランダせんべいを買う。


オランダせんべい

 せんべいと言っても、ご覧のように柔らかい個性的なせんべいである。

ho78do2804.jpg(根室駅スタンプ)
 根室駅のスタンプがあった。「朝日が一番早い納沙布岬の街」と書いてある。

ho78do2805.jpg(ニューモンブラン外観)

ho78do2806.jpg(ニューモンブラン店内)
 駅から徒歩3分ほどのニューモンブランで夕食である。

ho78do2807.jpg(エスカロップ)
 このエスカロップも根室の地域限定の名物料理だ。エスカロップとは、炒めたバターライスにポークカツを乗せ、その上にデミグラスソースをかけたもので、皿の端にはサラダが添えたものだ。皿はアルミ製で給食のような感じである。のんびりとした雰囲気の中で食べるエスカロップは、妙に温かかった。

 今日の宿泊先は根室グランドホテルだ。


FC2ブログランキング


27釧路〜厚岸〜根室&かきめし:北海道妄想の旅1978

27釧路〜厚岸〜根室&かきめし:北海道妄想の旅1978

ho78do2701_1map.jpg【1】
 1978年10月6日の旅(6)

ho78do2702_1dia.jpg【1】

ho78do2703_4map.jpg【4】

 釧路駅をでて旧釧路川を渡り川沿いに進み、右に曲がると東釧路。釧網本線はここから左に分かれていく。今度は根室本線の旅なので、ここから別保川沿いの谷に沿って曲折して別保へ。


別保→上尾幌

 国道272号線の分岐点の下をくぐって別保トンネルに入る。この先は原野らしき森の中をクネクネしながら線路が敷かれている。釧厚トンネル、尾幌トンネルをくぐり上尾幌へ。このあたりは野生のシカやクマが線路にでてくることがたびたびある。


上尾幌→尾幌

 少しだけ直進するが、再び曲がりくねった谷間に入る。今度は尾幌川沿いに進み下り勾配となる。森を抜けて左に曲がると尾幌である。別保駅から、まったく違った山を越えてきた国道44号線を合流する。国道と並走しながら、右手には尾幌原野と呼ばれる湿原がある。国道の下をくぐると門静である。ここで普通列車と列車交換。


門静→厚岸

 門静を出ると、すぐに右手に海が飛び込んでくる。海沿いを真っ直ぐに進む。右手前方には厚岸湾を囲む厚岸半島が見えて来る。海沿いを離れるとしばらくして厚岸に到着する。

釧路1530-1622厚岸 急行ノサップ3 根室本線 415D

ho78do2704.jpg(厚岸駅)

ho78do2705.jpg(厚岸駅)
 駅舎にある氏家待合所でかきめしを食べよう。待合所とは、北海道で駅付近に多く存在した業態で、屋内で列車などを待つことができるようにしたスペースを提供し、列車待ちの客に食事や飲み物を出すという商売である。

ho78do2706.jpg(かきめし@氏家待合所)
 ここのかきめしは全国的に有名な駅弁だ。待合スペースで食べてみる。

ho78do2707.jpg(かきめし@氏家待合所)
 かきはもちろんだが、つぶ貝やシジミなどの他の貝類も入っている。特筆すべきはご飯で、かきの煮汁で味が付いており、これだけでも美味しい。

ho78do2708.jpg(かきデザインの街灯@厚岸)
 厚岸の街の街灯もかきがデザインされている。

ho78do2709_1dia.jpg【1】


別寒辺牛川河口(厚岸→糸魚沢)

 もう夕暮れが近い。厚岸を出ると線路は左にカーブし、厚岸湖沿いに北上する。清々しい風が窓から入ってくる。そして別寒辺牛(べかんべうし)川の河口右岸に沿いながら進む。列車の音に驚いて水鳥が羽ばたいている。

ho78do2711.jpg(別寒辺牛湿原)
 しばらくすると別寒辺牛湿原を通る。湿原の中に築堤を築いて線路を通している。釧路湿原より規模は小さいが、より近くを走るので、私のお気に入りの車窓の一つである。


別寒辺牛湿原(前半)(厚岸→糸魚沢)


別寒辺牛湿原(後半)(厚岸→糸魚沢)

 車窓を眺めていると、やがて糸魚沢(いといざわ)につく。

ho78do2714_4map.jpg【4】


茶内へ到着

 国道と並行してなだらかな丘の上に出ると茶内(ちゃない)。段丘崖の上をそのまま走り浜中へ。南には霧多布(きりたっぷ)湿原があるが、ここからはみえない。姉別を過ぎると、標津線の分岐駅である厚床になる。

 厚床には17時47分に根室方面から、そして17時57分に中標津方面から列車が到着しており、それらが併合されて釧路への出発を待っていた。私の乗った列車は18時ちょうどに厚床につき、18時02分にお先に出発する。釧路行きの出発は18時10分である。

 もう車窓は楽しめない。西和田で約10分停車し、急行ノサップ4号と列車交換した。暗い闇の中を淡々と根室へ向かって進んでいく。

厚岸1708-1800厚床1802-1913根室 根室本線 239D

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010


FC2ブログランキング


26標茶〜釧路:北海道妄想の旅1978

26標茶〜釧路:北海道妄想の旅1978

ho78do2601_1map.jpg【1】
 1978年10月6日の旅(5)

ho78do2602_1dia.jpg【1】

ho78do2603_4map.jpg【4】

ho78do2604.jpg(五十石駅)
 標茶を出ると線路は徐々に釧路川に近づき、かつて五十石船が遡ったことに由来する五十石駅を過ぎる。右手に釧路川の旧流路を見ながらまもなく茅沼。

ho78do2605.jpg(茅沼駅)

ho78do2606.jpg(茅沼駅)
 茅沼駅は丹頂鶴が見られることでも知られている。以前の駅長さんが餌付けをしていたのだそうだ。茅沼からは釧路湿原の東のへりを線路が走る。この区間の車窓も絶景である。

ho78do2607_3map.jpg【3】(釧路湿原を走る釧網本線)

ho78do2608_22.jpg【22】(茅沼〜塘路:夏)

ho78do2609_33.jpg【33】(茅沼〜塘路)
 この先は右手の視界が開け、遥か遠くまで見渡せる。やがて左側も湿原となり、湿原に囲まれた築堤を走る。まもなく左にシラルトロ湖の水面が見え、左へカーブして国道391号線の向こうに塘路湖が見えてくると塘路駅。ここで普通列車と待ち合わせする。


細岡展望台から釧路湿原

ho78do2611.jpg(釧路湿原)
 湿原と丘陵の境目をたどって左へ大きくカーブしており、釧路川本流を間近に眺められる。細岡を過ぎると右手遠くに岩保木水門が見えて来ると釧路湿原は見納めである。

ho78do2612.jpg(釧路駅)

ho78do2613.jpg(釧路駅)
 遠矢駅からは少しずつ民家が見え出し、東釧路を経て道東の中心都市の釧路に着く。

網走1203-1517釧路 急行大雪1 釧網本線 368 【釧網本線完乗】

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【22】鉄道の旅No.3 北海道2 釧網本線・石北本線 講談社 2003/2/13
【33】鉄道紀行 22 北海道3 釧網本線 JTBパブリッシング 2007/2/25


FC2ブログランキング


25斜里〜標茶:北海道妄想の旅1978

25斜里〜標茶:北海道妄想の旅1978

ho78do2501_1map.jpg【1】
 1978年10月6日の旅(4)

ho78do2502_1dia.jpg【1】

ho78do2503_4map.jpg【4】
 斜里からは線路を右に大きく曲げて南下する。

ho78do2504.jpg(斜里岳)
 斜里岳は今度は左前方に見えて来る。

ho78do2505.jpg(畑:南斜里〜清里町)

ho78do2506.jpg(畑:南斜里〜清里町)
 ジャガイモやてんさいの畑の中を進み、清里町駅に停車する。


札弦〜清里町(進行方向逆)

 耕地を区切る樹木の列が美しく、広大な土地を感じる風景である。

ho78do2508.jpg(札弦駅)

ho78do2509.jpg(緑駅)
 札弦(さっつる)、緑という集落を拾いながら南下している。緑では普通列車と列車交換。緑をでてからは札弦川の支流のオニセップ沢川の谷を25パーミルの急勾配を上っていく。屈斜路湖の外輪山を釧北トンネル(549m)で抜けてカルデラに入る。釧路川水系となり25パーミルの勾配を今度は下って川湯につく。緑から川湯までは14.5kmもあるがほとんどが森の中で眺望は期待できない。

 川湯駅は川湯温泉の最寄り駅で、右手前方には屈斜路湖カルデラの中央火口丘の一つの硫黄山が見える。3年前の高校修学旅行で硫黄山に来ている。あの時はバスで美幌峠を越えてきたような記憶がある。バスガイドさん、綺麗な人だったなぁ(笑)。

ho78do2510.jpg(美留和駅)
 川湯を出ると森の中を走って美留和、弟子屈と続く。このあたりは鉄道防雪林の森が多い。弟子屈では上りの急行しれとこ4号がこちらの到着を待っていた。弟子屈からは釧路川に沿って走る。このあたりからは牧草地が多くなる。ゆっくりと高度を下げて南弟子屈、磯分内、標茶とすべるように進む。

網走1203-1517釧路 急行大雪1 釧網本線 368

 なお、8年前までは斜里から越川まで、南東方向に根北(こんぽく)線があった。最終的には標津線の根室標津まで延伸する予定だったが、廃止された。

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010


FC2ブログランキング


24網走〜斜里:北海道妄想の旅1978

24網走〜斜里:北海道妄想の旅1978

ho78do2401_1map.jpg【1】
 1978年10月6日の旅(3)

ho78do2402_1dia.jpg【1】
 網走からは旭川始発の急行大雪1号に乗る。網走からは浜小清水、斜里、清里町、川湯、弟子屈、標茶、塘路に停車し釧路が終点である。

ho78do2403_4map.jpg【4】
 オホーツク海に沿って走るこの区間は風光明媚なことで知られている。

ho78do2404.jpg(網走駅)
 釧路からの急行大雪2号の到着を待って、急行大雪1号は定刻の12時03分に出発した。網走駅は市街地の南西にあり、発車してしばらくは南から迫る女満別台地の北端の崖下を走っていく。次の桂台仮乗降場の方が市街地に近い。そして網走トンネル(527m)を抜けると左手にオホーツク海が、そして正面には知床連峰の絶景が飛び込んでくる。今日は天気がよいので窓を開けてみよう。車内に入ってくる風を感じながら車窓を楽しむという超贅沢である。


北浜→藻琴(進行方向逆)

 藻琴(もこと)駅を過ぎると右手の陸側に藻琴湖が見え、優美な姿の藻琴山(1,000m)が見える。屈斜路湖カルデラの外輪山であり、向こう側は屈斜路湖だ。

ho78do2406.jpg(北浜駅)
 北浜駅はホームの外側が砂浜で「オホーツク海に一番近い駅」として知られている。左手にはオホーツク海がずっと寄り添ってくる。

ho78do2407.jpg(展望台からの景色@北浜駅)

ho78do2408.jpg(展望台からの景色@北浜駅)
 駅舎には流氷見学用展望台もあり、知床連山もよく見える。

ho78do2409.jpg(北浜駅)

ho78do2410.jpg(濤沸湖)
 そして北浜駅を過ぎると右手に濤沸(とうふつ)湖が見えて来る。右斜め前方には知床連峰の斜里岳(1,545m)で、羅臼岳(1,660m)がその左側に見える。北浜と浜小清水の間にあった原生花園仮乗降場は4日前に閉鎖されたばかりだ。

ho78do2411_33.jpg【33】(急行しれとこ@涛沸川橋梁:北浜〜浜小清水)


北浜〜浜小清水


浜小清水〜北浜(進行方向逆)

ho78do2413_2.jpg【2】(北浜〜浜小清水)
 再び海沿いの景色を楽しみながら、浜小清水へ。

ho78do2414_4map.jpeg【4】

ho78do2414_33.jpg【33】(止別〜斜里)


斜里〜止別(進行方向逆)

 止別(やんべつ)を過ぎ、知床連山を正面見て、砂丘の上をオホーツク海に沿って走りながら列車は斜里駅に入る。

網走1203-1517釧路 急行大雪1 釧網本線 368

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【33】鉄道紀行 22 北海道3 釧網本線 JTBパブリッシング 2007/2/25


FC2ブログランキング


23北見相生〜美幌〜網走&かね久:北海道妄想の旅1978

23北見相生〜美幌〜網走&かね久:北海道妄想の旅1978

ho78do2301_1map.jpg【1】
 1978年10月6日の旅(2)

ho78do2302_1dia.jpg【1】
 北見相生駅の周囲を散策し、8時58分発の遠軽行きの列車で美幌に戻る。美幌着が9時50分。朝食を食べていないので少し早いが昼食としよう。駅前の地元の人に尋ねてみると蕎麦のかね久を勧められた。

北見相生0858-0950美幌 相生線 726D

ho78do2303.jpg【HPから】(まかないつけめん@かね久)
 美幌駅から徒歩2分。かね久は創業50年を超える地元に愛されるお店だ。人気No1はまなかいつけめんということだ。これはホタテの貝柱、桜エビ、イカ、ピーマンのかき揚げが蕎麦つゆの上に乗っていて、これに蕎麦をつけて食べるようだ。

ho78do2304.jpg【HPから】(美幌豚の生姜焼き丼セット@かね久)
 悩んだ末に注文したのは、まかないつけめんではなく、美幌豚の生姜焼き丼セット(笑)。がっつりと食べたいのだ。美味しい豚丼とコシのある蕎麦のセットを食べて満足である。

ho78do2305_1dia.jpg【1】
 美幌駅に戻り旅を続ける。11時04分美幌発の列車に乗る。線路は左にカーブし西女満別へ。

ho78do2306_4map.jpg【4】
 西女満別駅は女満別空港の最寄駅。次の女満別から呼人までは網走湖の東側湖岸を走るが防雪林に遮られて湖面はみえない。

ho78do2307.jpg(網走湖)
 呼子からは網走湖の湖面を楽しむことができる。

ho78do2308.jpg(網走駅)

ho78do2309.jpg(網走駅)
 網走駅に到着した。駅近くには紅葉した樹木も見られる。

美幌1104-1135網走 石北本線 555D

ho78do2310.jpg(網走駅)
網走駅前にはタクシーも数多く止まっている。

ho78do2311.jpg(網走駅)
 駅名看板が縦書きなのは、網走刑務所から出所してくる受刑者が、もう二度と「横道に反れないように」という願いが込められているそうだ。

ho78do2312.jpg(網走川からの眺め)
 網走駅からすぐそばの網走川の橋から西の山を眺めると、こちらも紅葉が始まっている。

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010


FC2ブログランキング


22北見〜美幌〜北見相生:北海道妄想の旅1978

22北見〜美幌〜北見相生:北海道妄想の旅1978

ho78do2201_1map.jpg【1】
 1978年10月6日の旅(1)

ho78do2202_1dia.jpg【1】
 急行大雪9号は留辺蘂あたりで日の出を迎える。北見には5時50分着。ここからは普通列車として網走へ向かう。北見に26分間停車してから出発した。北見の次の端野で網走始発の急行大雪2号と列車交換する。

ho78do2202a_9.jpg【9】(緋牛内〜美幌)
 北見は常呂川流域だが、端野、緋牛内と過ぎると網走川流域の美幌へ到着する。

北見0616-0658美幌 石北本線 1527

ho78do2203_4map.jpg【4】
 
ho78do2204_1dia.jpg【1】
 美幌から相生線で北見相生を目指す。美幌と北見相生を結ぶ相生線は、明治時代の計画では、釧路、阿寒を経て美幌に通じる釧路ー北見間の最短の線路(釧美(せんび)線)になるはずだった。しかし幻の路線に終わった。

 美幌7時25分発の列車に乗り込む。美幌を出ると石北本線から分かれて右へ大きくカーブし、すぐ旭通仮乗降場に着く。美幌の中心街で町役場や官公庁にかようサラリーマンや学生は、美幌駅で乗り降りするよりむしろ近い。住宅がまばらになりしだいに山へ近づくと美幌峠に通じる国道243号線と立体交差して上美幌。周囲ではてんさいやジャガイモ畑が目立つ。

ho78do2205_9.jpg【9】(達美〜津別:冬)
 豊幌仮乗降場、活汲(かつくみ)、達美仮乗降場を過ぎて沿線に木材工場が何軒か見えてくると津別。古くから木材の集積地として賑わった。津別で列車交換する。津別川を渡ると、津別高校のある高校前仮乗降場。さらに山間を登って恩根(おんね)、本岐(ほんき)、大昭仮乗降場、開拓仮乗降場、布川と続く。山林地区から、近ごろは畑作地帯に変わってきた。布川を過ぎると前方に雌阿寒岳がわずかに顔をだす。山々はところどころ紅葉している。

ho78do2206_7.jpg【7】(北見相生駅)

ho78do2207_7.jpg【7】(北見相生駅)
 終点の北見相生は、釧北峠を通って阿寒湖に通じる西の玄関口である。

美幌0725-0830北見相生 相生線 723D 【相生線完乗】

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【7】昭和の終着駅 北海道篇 安田就視 交通新聞社 2016/9/30
【9】北海道の大地から消えた鉄道風景 上田哲郎撮影 MGブックス 2012/5/19


FC2ブログランキング


21伊達紋別〜長万部〜札幌〜北見&長万部食堂:北海道妄想の旅1978

21伊達紋別〜長万部〜札幌〜北見&長万部食堂:北海道妄想の旅1978

ho78do2101_1map.jpg【1】
 1978年10月5日の旅(4)

ho78do2102_1dia.jpg【1】
 伊達紋別駅周辺を散策したあと駅に戻る。函館発の特急北斗3号を待ち合わせ、16時44分の急行すずらん4号に乗り、長万部を目指す。室蘭本線はほとんど複線であるが、伊達紋別の手前の稀府(まれっぷ)から次の長和までは単線である。長流(おさる)川を渡ってから右に有珠山と昭和新山が顔を出す。長和、有珠と通過して、洞爺に停車する。洞爺からはまた複線となるが上り下りでルートが異なり、急行すずらん4号は海沿いのルートだが、六つの小さなトンネルの連続である。豊浦〜大岸間には大岸トンネル(2,154m)がある。海沿いなのだが、山が崖になって海に落ち込んでいるような地形なのでどうしてもトンネルが多くなる。大岸〜礼文間にも礼文浜トンネル(1,236m)、礼文を出ると線路は大きく左にカーブし、新礼文華山トンネル(2,759m)を抜けると小幌仮乗降場をあっという間に過ぎ、次の静狩までは五つのトンネルの連続である。静狩からは一変して、平らな砂浜を長万部に向かう。夕暮れと同時に17時33分に長万部駅に到着した。

伊達紋別1644-1733長万部 急行すずらん4 室蘭本線 6206D

ho78do2103.jpg【HPから】(カツカレー@長万部食堂)

ho78do2104.jpg【HPから】(カツカレー@長万部食堂)
 夕食は長万部食堂。ここは創業100年を超える老舗で、先代は青函連絡船の食堂で修業したという。その厨房で学んだカレーを元に開発したのが、このカツカレーである。粘度の高いカレールーがカツに絡み絶妙な美味しさとなっている。ライスよりもカツよりも、ルーが主役のカツカレーである。

ho78do2105_1dia.jpg【1】
 感謝の言葉を残し、長万部食堂を後にする。今日の旅はまだ終わらない。これから急行すずらん3号で札幌に向かう。長万部19時22分発で、洞爺、伊達紋別、東室蘭、登別、苫小牧、千歳、そして終点の札幌に停車する。札幌着は22時11分である。

長万部1922-2211札幌 急行すずらん3 室蘭本線/千歳線 1207D

ho78do2106_1.jpg【1】
 今日の旅はまだまだ終わらない。わずか4分で急行大雪9号に乗り換えて、美幌へ向かう。今夜も自由席に座る。できるだけ睡眠時間が取れるといいなぁ。

ho78do2107_1dia.jpg【1】

ho78do2108_1dia.jpg【1】

札幌2215-0550北見 急行大雪9 函館本線 517

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010


FC2ブログランキング


20喜茂別〜伊達紋別:北海道妄想の旅1978

20喜茂別〜伊達紋別:北海道妄想の旅1978

ho78do2003_1map.jpg【1】
 1978年10月5日の旅(3)

 さて、旅を続けることにする。

ho78do2004_1dia.jpg【1】
 喜茂別14時04分発の列車に乗る。

ho78do2005.jpg【HPから】(急行いぶり)

ho78do2006.jpg【HPから】(急行いぶり)
 時刻表の右端にある「急行いぶり」。これは札幌発札幌着の珍しい"循環"急行だ。札幌→小樽→倶知安→京極→喜茂別→伊達紋別→東室蘭→苫小牧→札幌(逆順もあり)というルートで、京極駅ですれ違う。この急行に乗りたかったが時間が合わなかった。

ho78do2007_4map.jpg【4】
 喜茂別からは喜茂別川を渡り国道230号線と交差し、さらに尻別川を二度渡り北鈴川、御園に到着する。

ho78do2008_10【10】(御園駅)
 御園駅では対向列車の急行いぶりの到着を10分以上待つ。急行いぶりが出発してからすぐに先を急ぐ。御園を出て徳舜瞥山の尾路園トンネルを過ぎると新大滝へ。御園〜新大滝までは13.6kmもあり約30分かかる。新大滝は大正時代から徳舜瞥鉱山の鉄鉱石の運搬で賑やかだった。

ho78do2009_10.jpg【10】(優徳駅)

ho78do2010.jpg【HPから】(白絹の床)
 優徳を過ぎ北湯沢に近づくと長流川沿いには川床一面に大理石を敷いたように美しい「白絹の床」がある。

ho78do2010a_4map.jpg【4】

ho78do2011_9.jpg【9】(北湯沢〜蟠渓)
 北湯沢から蟠渓(ばんけい)間で長流(おさる)川を渡った後、ウエンベツトンネルをくぐる。近くにある蟠渓温泉のために冬も暖かく、ヘビがたくさん棲み着いている。列車のライトに照らされて上から落ちるヘビの様子を窓越しに見ることもある。

ho78do2012_9.jpg【9】(久保内駅)
 久保内は登別温泉へ抜けるオロフレ山への登山口である。

ho78do2013_9.jpg【9】(壮瞥駅と昭和新山)
 壮瞥を過ぎると昭和新山のふもとを走る。昭和新山の西側には昨年(昭和52年(1977年))に噴火した有珠山が見え、火口からは白煙がたなびいている。この胆振線も昨年は約2か月間不通になった。

ho78do2014_10.jpg【10】(伊達紋別駅)
 上長和を過ぎ、右手に伊達火力発電所の長い煙突が見えてくるともうすぐ伊達紋別である。胆振線の列車は定刻の16時ちょうどに伊達紋別駅の0番ホームに到着した。

喜茂別1404-1600伊達紋別 胆振線 834D 【胆振線完乗】

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【9】北海道の大地から消えた鉄道風景 上田哲郎撮影 MGブックス 2012/5/19
【10】追憶の鉄路 工藤裕之 北海道新聞社 2012/5/23


FC2ブログランキング


19b三幸食堂&もも木

19b三幸食堂&もも木

ho78do1908.jpg【HPから】(ジンギスカン@三幸食堂)
 喜茂別駅は町の中心部からはやや離れている。ここで2時間半余りの時間があるので昼食を食べよう。地元の人に尋ねたところ三幸食堂を勧めてくれた。ここのジンギスカンは、にんにくたっぷりのタレにつけて食べるとスタミナがつき美味しいという。

ho78do1909.jpg【HPから】(ホルモン@三幸食堂)
 そしてさらにホルモンを追加した。うーん、どちらも美味い!!!  北海道らしい料理に満足した。

 地元の人の話では、三幸食堂だけでなく、蕎麦のもも木もおすすめだという。まだ時間があるので寄ってみる。

ho78do2001.jpg【HPから】(天ざる@もも木)

ho78do2002.jpg【HPから】(天ざる@もも木)
 創業は大正時代という老舗の蕎麦屋であるもも木。お店のおすすめという天ざるを注文した。手打ちの蕎麦は香りがいい。食欲は衰えることはない。ごちそうさまでした。


FC2ブログランキング


19a倶知安〜喜茂別:北海道妄想の旅1978

19a倶知安〜喜茂別:北海道妄想の旅1978

ho78do1901_1map.jpg【1】
 1978年10月5日の旅(2)

ho78do1902_1dia.jpg【1】
 倶知安駅10時40分発の普通列車に乗る。1番線を出た列車は函館本線を左に分けて倶知安市街を走る。羊蹄山を右手に見ながら寒別から北岡へ。

ho78do1903_4map.jpg【4】

ho78do1904_10.jpg【10】(京極駅)
 次の京極は、旧丸亀藩主京極家が開拓したのでこの名がある。京極からは脇方まで支線がでていたが8年前に廃止になった。この先は京極、東京極、南京極と京極が三つ続く。

ho78do1905_10.jpg【10】(羊蹄山:留産〜喜茂別)
 留産を過ぎると、この列車の終点の喜茂別に到着する。羊蹄山がこのあたりのシンボルである。喜茂別はアスパラガスの生産で有名であり全国生産量の70%を占めるという。

ho78do1906_9.jpg【9】(羊蹄山:喜茂別駅:冬)

ho78do1907_10.jpg【10】(羊蹄山:喜茂別駅)

倶知安1040-1125喜茂別 胆振線 830D

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【9】北海道の大地から消えた鉄道風景 上田哲郎撮影 MGブックス 2012/5/19
【10】追憶の鉄路 工藤裕之 北海道新聞社 2012/5/23


FC2ブログランキング


18森〜長万部〜倶知安:北海道妄想の旅1978

18森〜長万部〜倶知安:北海道妄想の旅1978

ho78do1801_1map.jpg【1】
 1978年10月5日の旅(1)

ho78do1802_1dia.jpg【1】
 森駅を6時38分発の普通列車で倶知安を目指す。森から八雲あたりまでは、狭い浜を走ることになる。

ho78do1802a_4map.jpg【4】

ho78do1803_34.jpg【34】(落部〜野田生)
 平野は落部駅と野田生駅の周囲にあるに過ぎない。そのため内浦湾(噴火湾)がよく見え対岸の水平線上に室蘭から長万部の山並みが望まれる。羊蹄山も見える。

ho78do1803a_4map.jpg【4】
 遊楽部川の河口付近は内浦湾西岸では一番広い平野になっていて八雲はその中心である。八雲から長万部まではそれまでに比べると広い浜を線路は走っている。

ho78do1803b_4map.jpg【4】
 国縫駅は昨日乗った瀬棚線との分岐駅だ。熱郛(ねっぷ)6時52分発の普通列車は長万部から急行せたなとなって7時50分に国縫に到着する。そして瀬棚からの普通列車は7時53分に国縫に到着して急行せたなに併合され8時01分の出発となる。さらに熱郛からの普通列車は7時50分に国縫に到着し瀬棚行きの普通列車となる。ダイナミックな動きである。

ho78do1804_26.jpg【26】(国縫〜中ノ沢)
 国縫からは中ノ沢を通って長万部となる。

森0638-0810長万部 函館本線 41

ho78do1805_1dia.jpg【1】

ho78do1806_2.jpg【2】(長万部駅)
 長万部駅に到着した。12分間停車し、8時22分に出発した。ここから室蘭本線が分かれる。室蘭本線は複線だが、函館本線は単線となる。昔は函館本線が幹線だったが室蘭本線と千歳線を使って札幌に行った方が早いのだ。線路は国道5号線と並んで長万部川の他にを北西に向かっていく。次は二股である。このあたり、信号機の耐雪カバーが目につく。

ho78do1807_2.jpg【2】(蕨岱〜黒松内)
 蕨岱で国道5号と別れ、下りになり黒松内トンネルを抜けて切り通しをくだって黒松内。この先で線路は右に急カーブとなり東へ向かい熱郛(ねっぷ)につく。ここで対向列車と行き違いのためにしばらく停車する。そして国道5号とまた並走しゆるい勾配を登る。谷にさしかかり線路は逆S字状となり第一、第二白井川トンネルをくぐって上目名。次の目名を通過するとまた登りとなる。蘭越、昆布を経てニセコに着く。右手に羊蹄山、左手にニセコアンヌプリが、昨日と同じように勇姿を見せる。比羅夫を通り、小樽方面からの急行らいでん2号が待つ倶知安駅に到着した。

長万部0822-1018倶知安 函館本線 41

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【26】鉄道の旅No.30 北海道6 函館本線・津軽海峡線 講談社 2003/9/4
【34】鉄道紀行 25 北海道4 函館本線(函館〜長万部) JTBパブリッシング 2007/4/10


FC2ブログランキング


17瀬棚〜今金〜長万部〜森:北海道妄想の旅1978

17瀬棚〜今金〜長万部〜森:北海道妄想の旅1978

ho78do1701_1map.jpg【1】
 1978年10月4日(水)の旅(4)

ho78do1702_1dia.jpg【1】

ho78do1703_9.jpg【9】(瀬棚駅でのタブレット受け渡し風景)
 あたりは暗くなってきた。瀬棚駅17時55分発の普通列車の今金行きに乗り込む。瀬棚駅滞在時間はわずか12分。まぁ、乗り鉄の旅なんて所詮こんなものだろう。

瀬棚1755-1819今金 瀬棚線 944D

ho78do1704_10.jpg【10】(今金駅)

ho78do1705-10.jpg【10】(今金駅)
 30分弱で今金駅に着いた。

ho78do1705.jpg【HPから】(盛籠定食@菊寿司)
 今金駅で2時間ほど時間がある。夕食を食べよう。駅前にある菊寿司で盛籠定食をいただいた。満足、満足。

 今金20時16分の普通列車で長万部まで戻る。

今金2016-2112長万部 瀬棚線 930D

ho78do1706_1dia.jpg【1】
 長万部からは普通列車で森まで戻ろう。真っ暗で何もみえない中を列車は走り、終点の森で下車した。今夜は駅前旅館で休みを取ろう。明日も早い。

長万部2134-2259森 函館本線 648D

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【9】北海道の大地から消えた鉄道風景 上田哲郎撮影 MGブックス 2012/5/19
【10】追憶の鉄路 工藤裕之 北海道新聞社 2012/5/23


FC2ブログランキング

16長万部〜瀬棚:北海道妄想の旅1978

16長万部〜瀬棚:北海道妄想の旅1978

ho78do1601_1map.jpg【1】

ho78do1602_4map.jpg【4】
 1978年10月4日(水)の旅(3)

ho78do1603_1dia.jpg【1】
 長万部16時07分発の瀬棚行きの列車に乗る。瀬棚線は長万部の先の国縫(くんぬい)から分岐するが1本を除きすべての列車が長万部発着である。函館から急行せたなが乗り入れている。また瀬棚〜今金という終点側に区間列車が設定されていることがユニークである。

ho78do1604_2.jpg【2】(美利河(ぴりか)駅)
 国縫を出るとすぐに山に入るので内浦湾は眺められない。最初の停車駅は茶屋川で、その後高度を増していき強制労働が建設された山瀬トンネル(786m)で美利河峠を越えると美利河(ぴりか)駅である。かわいらしい駅名だ。後志利別川(しりべしとしべつ)の上流に3年前から美利河ダムの工事が始まったところである。

ho78do1605_10.jpg【10】(今金駅)
 美利河からは後志利別川沿いを下るが、花石と北住吉の間では川から離れる。そして森を抜けて町の集落が見えると今金駅。ここで列車交換をする。

ho78do1605a_4map.jpg【4】

ho78do1606_9.jpg【9】(北檜山〜瀬棚)
 今金を出てからは後志利別川沿いをゆっくり下り、ラストスパートするともうすぐ瀬棚駅だ。

ho78do1607_9.jpg【9】(瀬棚駅と三本岩)
 海岸には奇勝三本岩があり、俯瞰するとこんな風に見える。

ho78do1608_7.jpg【7】(瀬棚駅)

ho78do1609_7.jpg【7】(瀬棚駅)
 瀬棚駅に到着した。瀬棚駅は奥尻島に向かうフェリーもでている。

長万部1607-1743瀬棚 瀬棚線 927D 【瀬棚線完乗】

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【7】昭和の終着駅 北海道篇 安田就視 交通新聞社 2016/9/30
【9】北海道の大地から消えた鉄道風景 上田哲郎撮影 MGブックス 2012/5/19
【10】追憶の鉄路 工藤裕之 北海道新聞社 2012/5/23


FC2ブログランキング


15b小沢〜長万部:北海道妄想の旅1978

15b小沢〜長万部:北海道妄想の旅1978

ho78do1508.jpg(蘭越駅)

ho78do1509_35.jpg【35】(羊蹄山:蘭越〜目名)
 蘭越からは尻別川と離れ、目名を経て目名峠を第二白井川トンネル(595m)で越えて黒松内へ到着する。ここからは寿都まで16.5kmの寿都鉄道が出ていたが、昭和47年(1972年)に廃止された。その後は岩内へ続く線路が計画されていたが完成することはなかった。

ho78do1510.jpg(長万部駅)

ho78do1511.jpg(長万部駅)
 蕨岱を過ぎると長万部川に沿って下っていき左から室蘭本線を合流して長万部駅に着く。

小沢1232-1512長万部 函館本線 122

ho78do1512.jpg(かにめし本舗外観)

ho78do1513_35.jpg【35】(かにめし)
 長万部といえば「かにめし」。駅の近くのかにめし本舗でかにめしを購入する。

ho78do1514.jpg(内浦湾越しの山々)
 徒歩5分で海岸へ出ると雄大な景色が待っている。中央左には羊蹄山が見えている。

ho78do1515.jpg(かにめし)

ho78do1516.jpg(かにめし)
 砂浜に腰をかけてかにめしを食べる。贅沢なひと時である。

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【35】鉄道紀行 16 北海道5 函館本線(長万部〜札幌) JTBパブリッシング 2006/11/25


FC2ブログランキング


15a岩内〜小沢〜長万部:北海道妄想の旅1978

15a岩内〜小沢〜長万部:北海道妄想の旅1978

ho78do1501_1map.jpg【1】
 1978年10月4日(水)の旅(2)

ho78do1501a.jpg【HPから】(本店寿司@清寿司)
 昼食は岩内駅近くの清(せい)寿司本店でいただくことにする。看板メニューの本店鮨を注文し、ペロリと平らげた。

ho78do1502_1dia.jpg【1】
 岩内駅11時56分発の列車に乗り込む。列車は小沢で急行らいでん3号と併合して札幌へ向かうが、私は小沢で乗り換える。小沢では12分の待ち時間の後、12時32分発の函館行きの普通列車で長万部に向かう。

岩内1156-1220小沢 岩内線 4942D

ho78do1503_1dia.jpg【1】

ho78do1504_26.jpg【26】(羊蹄山:小沢〜倶知安)
 そして急勾配を登って倶知安トンネル(1012m)で倶知安峠を越えるともうすぐ倶知安である。倶知安駅は2面3線であり、明日乗る予定の胆振線は1番線に発着する。

ho78do1504a_4map.jpg【4】

ho78do1505.jpg(比羅夫駅付近)
 樹木の中を列車は進む。倶知安からは羊蹄山がよく見える。次の比羅夫は古代武将の安倍比羅夫からの命名である。尻別川に沿って下りながら、うねうねとニセコへ向かう。

ho78do1505a.jpg(ニセコ駅)
 倶知安から20分でニセコ駅に到着した。

ho78do1506.jpg(羊蹄山:ニセコ駅付近)

ho78do1507.jpg(ニセコアンヌプリ:ニセコ駅付近)
 ニセコ駅の周囲では左手後方に羊蹄山、右手にニセコアンヌプリが顔をだす。

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【26】鉄道の旅No.30 北海道6 函館本線・津軽海峡線 講談社 2003/9/4


FC2ブログランキング


14b小沢〜岩内:北海道妄想の旅1978

14b小沢〜岩内:北海道妄想の旅1978

ho78do1407_4map.jpg【4】
 ここで急行から分離された列車は普通列車となり岩内を目指す。

ho78do1407a_8map.jpg【8】
 なお岩内から黒松内へ至る路線も計画されていたが6年前に中止となった。

ho78do1408_1dia.jpg【1】

ho78do1409_41.jpg【41】(小沢駅)
 急行を送り出して10分後に小沢を出発する。岩内線は1番線である。

ho78do1410_9.jpg【9】(小沢〜国富)
 小沢をでるとすぐに函館本線から別れ、国道5号線と並走するし国富駅に着く。幌似(ほろに)を過ぎると次は前田。明治16年(1883年)に旧加賀藩主前田利嗣が旧藩士79戸を引き連れて開拓したため前田の地名がある。

ho78do1411_2.jpg【2】(西前田駅)
 次の西前田は板張りだけの無人駅。線路は左にカーブし、右手からは国道229号線が近づいてくる。列車は下り勾配を日本海に突っ込むようにして岩内駅に入る。

ho78do1412_7.jpg【7】(岩内駅)

ho78do1413_7.jpg【7】(岩内駅)
 小沢を出てから23分で終点岩内に到着した。

小沢1004-1027岩内 岩内線 4941D 【岩内線完乗】

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【7】昭和の終着駅 北海道篇 安田就視 交通新聞社 2016/9/30
【8】中学校社会科地図 帝国書院 1973/3/25
【9】北海道の大地から消えた鉄道風景 上田哲郎撮影 MGブックス 2012/5/19
【41】鉄道全路線 12 函館本線・江差線・海峡線 朝日新聞出版 2009/10/4


FC2ブログランキング


14a札幌〜小沢:北海道妄想の旅1978

14a札幌〜小沢:北海道妄想の旅1978

ho78do1401_1map.jpg【1】

ho78do1401_4map.jpg【4】
 1978年10月4日(水)の旅(1)

ho78do1402_1dia.jpg【1】
 大都会札幌を出た急行らいでん2号は西北西に進路をとる。桑園を過ぎて右手に札沼線を分け、市街地の中を進んでいる。

ho78do1403_2.jpg【2】(銭函〜[張碓]:冬)

ho78do1403a_9.jpg【9】([張碓]〜朝里)
 変わった名前の銭函を過ぎると右手には石狩湾が見えてくる。このあたりは山が海に迫っているので海岸線なりのルートしかなく、そのため車窓はすこぶる良い。石狩湾の向こう側には暑寒別岳の山々が見えている。

ho78do1403b.jpg(小樽駅)
 札幌を出て30分余りで小樽に到着した。ニシン漁や石炭の移出などで栄え一時は人口20万人を超えたが現在は18万人くらいとなっている。ここで特急北海と列車交換した。

ho78do1403c_4map.jpg【4】

ho78do1404.jpg(塩谷駅付近から塩谷湾)
 小樽を出た急行らいでん2号は勾配を登り塩谷駅を過ぎると、右手に塩谷湾の絶景が広がる。

ho78do1405.jpg(蘭島駅)

ho78do1406.jpg(余市駅)
 塩谷からは下りとなり蘭島を経て余市平野の中心地の余市駅に停車する。余市で小樽行きの普通列車と列車交換する。その後余市川に沿って南下し銀山を過ぎると稲穂トンネル(1776m)で稲穂峠を越える。そして岩内線の分岐駅の小沢まで下り、停車する。

札幌0810-0954小沢 急行らいでん2 函館本線 902D

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【9】北海道の大地から消えた鉄道風景 上田哲郎撮影 MGブックス 2012/5/19


FC2ブログランキング


13江差〜函館〜札幌:北海道妄想の旅1978

13江差〜函館〜札幌:北海道妄想の旅1978

ho78do1301_1map.jpg【1】
 1978年10月3日の旅(4)

ho78do1302_1dia.jpg【1】
 満腹になったので列車に乗ろう。日が落ちて真っ暗になった江差駅19時53分発の函館行きの普通列車に乗り込む。暗闇の中にディーゼルエンジンの音が響き渡る。吉堀で江差行き列車と行き違いした後、木古内には21時07分に到着した。すでに松前から到着していた列車と併合し、函館へ向けて21時18分に出発した。上磯で列車交換し、函館には定刻の22時26分に着いた。

江差1953-2107木古内2118-2340函館 734D

ho78do1303_2.jpg【2】(鰊(にしん)みがき弁当)
 今日の旅はこれで終わりではない。これから札幌まで移動する。夜食か朝食用に鰊(にしん)みがき弁当を買った。江差でにしんそばを食べなかったからである。

ho78do1304_1dia.jpg【1】

ho78do1305_1dia.jpg【1】
 急行すずらん5号の車中の人となった。函館23時40分発で、終点の札幌には明朝の6時08分に到着する。

ho78do1306_1.jpg【1】
 自由席での移動となる。できるだけ睡眠時間を確保したいものだ。

函館2340-0608札幌 急行すずらん5 函館本線/室蘭本線 1218

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4


FC2ブログランキング


12前井食堂:北海道妄想の旅1978

12前井食堂:北海道妄想の旅1978

ho78do1201_6.jpg【6】(前井食堂外観)
 以前から江差に来たら行ってみたい老舗の食堂があった。それは厚沢部町の前井食堂だ。何と明治30年(1897年)創業というから今年で81年目となる。距離が離れているのでタクシーを利用しよう。節約したいが、そうたびたび来られる場所でもない。江差駅前から乗車し約15分で前井食堂に到着した。

ho78do1202_14.jpg【14】(鍋焼きうどん)
自家製麺の鍋焼きうどんが創業以来のメニューの一つだ。熱々のうどんで身体も心も温まる。

ho78do1203_14.jpg【14】(みそラーメン)
 もう一杯、みそラーメンも食べよう。昨日からラーメン、焼きそば、うどん、ラーメンと麺類ばかりだが、好きなのだからしょうがない(笑)

ho78do1204_6.jpg【7】(焼きそば、カレーライス)
 焼きそばやカレーライスも好評のようだ。

ho78do1205.jpg【HPから】(横山家)

ho78do1206.jpg
【HPから】(にしんそば)
 北海道指定有形民族文化財の横山家(よこやまけ)で、江差名物の「にしんそば」も食べてみたいが今回は断念しよう。

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【6】にっぽん全国 百年食堂 椎名誠 講談社 2013/1/30
【7】昭和の終着駅 北海道篇 安田就視 交通新聞社 2016/9/30
【14】HO vol38 麺喰らう旅 第2弾 2010/11/24


FC2ブログランキング


11木古内〜湯ノ岱〜江差:北海道妄想の旅1978

11木古内〜湯ノ岱〜江差:北海道妄想の旅1978

ho78do1101_1map.jpg【1】
 1978年10月3日の旅(3)

ho78do1102_1dia.jpg【1】
 急行食堂から木古内駅に戻り12時55分の江差行き普通列車に乗り込む。

ho78do1103_4map.jpg【4】

ho78do1104.jpg(木古内〜渡島鶴岡)
 木古内を出ると、松前線を左に分け、木古内川右岸をゆっくり登っていく。

ho78do1105.jpg(渡島鶴岡駅)
 渡島鶴岡、吉堀を過ぎると谷は狭くなり上り勾配が強くなる。稲穂トンネル(827m)の前後は25パーミルの急勾配。トンネルを挟んだ吉堀と神明の駅間距離は13.2kmもあり、普通列車で22分かかる。

ho78do1106.jpg(神明駅)

ho78do1107.jpg(天の川)
 神明からは天の川(あまのがわ)右岸を下っていく。星空の天の川ではなく、水の流れる天の川なのである。次の湯ノ岱で列車交換であるが、ここで途中下車する。駅から徒歩10分。天の川を越えたところにある湯ノ岱温泉国民温泉保養センターで一風呂浴びるという魂胆である。3種類の温度の浴槽があり炭酸泉なので人気があるようだ。

木古内1255-1342湯ノ岱 江差線 723D

 温泉浴でリフレッシュできた。先へ進もう。しばらくして天の川を渡り線路は左岸に移るが、すぐにまた右岸に戻る。桂岡の手前で天の川から離れ狭い平野の北岸を北西に進む。

ho78do1108.jpg(上ノ国〜江差)
 上ノ国駅を出てしばらくすると左手に日本海が見えて来る。海岸段丘の段丘崖を走る列車からは日本海とともに、鴎(かもめ)島が見える。鴎島の向こう側に江差の港がある。

ho78do1109_7.jpg【7】(江差駅)

ho78do1110_7.jpg【7】(江差駅)

 昔からヒノキ材やニシン漁で栄えた、江差追分も有名な江差が終着駅である。といっても江差の中心地からは600mくらい離れているので駅前は少し寂しい。

湯ノ岱1518-1551江差 江差線 725D 【江差線完乗】

ho78do1111.jpg(鴎(かもめ)島)
 駅前の空き地を進めば、鴎島がさらにはっきりと見渡せる。

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【7】昭和の終着駅 北海道篇 安田就視 交通新聞社 2016/9/30


FC2ブログランキング


10駅前飯店急行:北海道妄想の旅1978

10駅前飯店急行:北海道妄想の旅1978

ho78do1001.jpg(木古内駅)
 木古内駅に到着した。

ho78do1002.jpg(駅前飯店急行)
 駅から徒歩30秒の駅前飯店急行(通称"急行食堂")で昼食を食べよう。

ho78do1003_12.jpg【12】(急行食堂店内)

ho78do1004_12.jpg【12】(急行食堂店内)
 店内は昭和レトロでほっとする空間が広がっている。「花は香り 人は心」と書かれた色紙が飾られている。この急行食堂の名物は「名代焼きそば」である。

ho78do1005_12.jpg【12】(焼きそば)

ho78do1006_12.jpg【12】(焼きそば弁当)
 具だくさんの焼きそばはコショウが効いている。やや太めの麺も郷愁を誘う。焼きそば弁当も販売している。

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【12】HO vol28 B級グルメ 其の三 2010/01/25


FC2ブログランキング


09木古内〜松前〜木古内:北海道妄想の旅1978

09木古内〜松前〜木古内:北海道妄想の旅1978

ho78do0901_1map.jpg【1】
 1978年10月3日の旅(2)

ho78do0902_1dia.jpg【1】
 木古内に21分停車した列車は定刻に出発した。

ho78do0903_4map.jpg【4】
 山側の防雪林を見ながらまっすぐに南下して渡島知内へ。ここから列車は西へ直角に曲がり海に別れを告げる。湯ノ里を出て知内川橋梁を渡ると25パーミルの急勾配となり列車はあえぎながら千軒に到着する。

ho78do0904_9.jpg【9】(千軒駅)

ho78do0905_10.jpg【10】(千軒駅)
 千軒駅で列車交換である。

ho78do0905a_9.jpeg【9】(白符駅)

ho78do0906_9.jpg【9】(白符〜渡島吉岡)
 スノーシェルターと福島トンネルを抜けると、眼前に津軽海峡が見える。白符でまた海岸に近づくが、すぐに海岸を離れる。そして白神トンネルを抜けると渡島大沢となり再び左手に津軽海峡が見える。

ho78do0907_9.jpg【9】(松前駅付近)
 及部から次の終着駅の松前に至る間には桜の名所の松前公園、左手の線路脇には松前城が佇んでいる。松前は北海道唯一の城下町である。

ho78do0908_7.jpg【7】(松前駅)

ho78do0909_10.jpg【10】(松前駅)

ho78do0910_7.jpg【7】(松前駅)
 木古内から1時間15分で終点の松前に着いた。ゆっくりと観光をしたいところだが、折り返す列車で戻ることにする。

木古内0843-0958松前 松前線 4821D 【松前線完乗】

ho78do0911_1dia.jpg【1】
 10時11分発の普通列車で木古内へ向かう。松前駅での滞在時間はわずか13分。乗り鉄の旅はこんなものだ。

松前1011-1135木古内 松前線 4826D

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【7】昭和の終着駅 北海道篇 安田就視 交通新聞社 2016/9/30
【9】北海道の大地から消えた鉄道風景 上田哲郎撮影 MGブックス 2012/5/19
【10】追憶の鉄路 工藤裕之 北海道新聞社 2012/5/23


FC2ブログランキング


08函館〜木古内:北海道妄想の旅1978

08函館〜木古内:北海道妄想の旅1978

ho78do0801_1map.jpg【1】
 1978年10月3日の旅(1)

ho78do0802_1dia.jpg【1】
 函館から7時19分発の普通列車に乗る。松前行きの急行松前、そして江差行きの急行えさしも運行されているが車窓を楽しむなら普通列車である。

ho78do0803_4map.jpg【4】
 五稜郭駅を出ると左にカーブする。左手に函館山を見ながら函館平野の田園地帯を進む。次は七重浜(ななえはま)。私が生まれる前だが、昭和29年(1954年)9月、台風の影響で青函連絡船の洞爺丸が転覆、沈没し、この七重浜に多くの遺体が打ち上げられたという。その浜には洞爺丸海難者慰霊碑が静かに立っている。

ho78do0804.jpg(茂辺地〜渡島当別)
 上磯には巨大な軍艦のような日本セメント上磯工場がある。次の茂辺地で対向列車との列車交換。そして茂辺地を過ぎると左手には函館山の姿が目に入る。渡島当別を過ぎると左手に下北半島と津軽半島が見えてくる。海岸線沿いに進み、8時22分に木古内に到着した。

ho78do0805.jpg(木古内駅)
 すでに木古内駅には、江差から8時18分に、松前から8時20分に列車が到着しており、これらは併合して8時24分発の函館行きとなる。この列車は江差行きと松前行きに切り離され8時43分に松前に向けて出発する。

函館0719-0822木古内 江差線 721D

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010


FC2ブログランキング


07函館山&エビス軒:北海道妄想の旅1978

07函館山&エビス軒:北海道妄想の旅1978

 食事をして満足した。さてと、函館山から夜景でも眺めてみよう。まずは徒歩で函館山ロープウェイの乗り口の山麓駅へ。函館山頂へはわずか5分だ。

十字街1920-1935山麓 徒歩
山麓1940-1945函館山頂 函館山ロープウェイ (往復900円)

ho78do0701.jpg【HPから】(函館夜景)
 うーん、息を飲む美しさだ。絶景だ!。砂州になってくびれているのがいいのだろう。よし明日からもがんばるぞ!

函館山頂2000-2005山麓 函館山ロープウェイ

 まだ小腹が空いている。

山麓2010-2025十字街 徒歩
十字街2035-2050松風町 函館市電

ho78do0702_14.jpg【14】(エビス軒外観)
 松風町電停近くのエビス軒にやってきた。このエビス軒は、昭和4年に駅前の屋台から出発した。店内には昨年大ヒットした沢田研二の「勝手にしやがれ」がながれている。

ho78do0703_14.jpg【14】(ラーメン)
 またラーメン!!!   まぁまぁ、いいじゃないですか、妄想の旅なんだから(笑)。美味しいラーメンだった。満足だ。

松風町2150-2155函館駅前 函館市電

 今夜は函館駅近くのホテルニューオーテに泊まろう。昨日はあまり熟睡できなかったので、今夜は早めに休もう。

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【14】HO vol38 麺喰らう旅 第2弾 2010/11/24


FC2ブログランキング


06来々軒:北海道妄想の旅1978

06来々軒:北海道妄想の旅1978

ho78do0601_7.jpg【7】(函館市電:函館駅前電停)
 お腹が空いてきたので来々軒へ行こう。昭和10年創業の老舗だ。路面電車で函館駅前電停から十字街まで行き徒歩約3分で着いた。

ho78do0602.jpg(来々軒外観)

ho78do0603.jpg(来々軒外観)
 老舗の風格のある外観である。

ho78do0604.jpg(来々軒店内)

ho78do0605.jpg(来々軒店内)
 創業当時はカフェだったので、内装がとてもハイカラである。店内にはジャズが流れている。

ho78do0606.jpg(ラーメン)
 ラーメンを注文した。スープは透明感が高いがしっかりとしたダシが出ている。豚骨を中心に使っているようだ。洋風なスープでコショウを少し入れると深みが増す。麺は中ほぼストレートでつるつるしている。

函館駅前1825-1835十字街 函館市電

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【7】昭和の終着駅 北海道篇 安田就視 交通新聞社 2016/9/30


FC2ブログランキング


05森(砂原線)〜函館:北海道妄想の旅1978

05森(砂原線)〜函館:北海道妄想の旅1978

ho78do0501_1map.jpg【1】
 1978年10月2日の旅(3)

ho78do0502_4map.jpg【4】
 森からは渡島砂原(砂原線)を通り、渡島大野を経て函館へ戻る。駒ケ岳の北→東→南を通る遠回りのルートである。

ho78do0503_5.jpg【5】(いかめし)
 森といえば「いかめし」。昭和16年創業の阿部商店のいかめしは駅構内の売店でも買うことができる。

ho78do0504_1dia.jpg【1】
 16時25分、森駅始発の普通列車に乗り込んだ。

ho78do0505.jpg(森〜東森)
 車内は空いている。

ho78do0506.jpg(いかめし)

ho78do0507.jpg(いかめし)
 さっそくいかめしを食べるとしよう。甘すぎず、辛すぎず、絶妙の味が食欲をそそる。おやつにちょうどいい分量だ。

 この砂原線は、海沿いの線路のように思われるが、海の見える区間は少ない。渡島沼尻から銚子口まではほとんど深い森の中を走る。銚子口からは右手に大沼が見えてきてやがて大沼駅に到着する。大沼駅で長万部行きの普通列車と列車交換し、森から駒ケ岳駅経由の632D列車を併合し、結局14分停車して函館へ向かう。

ho78do0508_7.jpg【7】(函館駅)
 函館駅には夕暮れの中、到着した。

森1625-1809函館 函館本線(砂原線) 644D

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【5】あのメニューが生まれた店 菊地武顕 コロナ・ブックス 2013/11/13
【7】昭和の終着駅 北海道篇 安田就視 交通新聞社 2016/9/30


FC2ブログランキング


04大沼公園〜森(藤城線):北海道妄想の旅1978

04大沼公園〜森(藤城線):北海道妄想の旅1978

ho78do0401_1map.jpg【1】
 1978年10月2日の旅(2)

ho78do0402_4map.jpg【4】
 大沼から森までは左右に分かれている。急行ニセコ3号は、距離の短い駒ケ岳の西側を通っていく。大沼公園駅を出た急行ニセコ3号はさらに先に進む。左手に小沼、右手に大沼を眺められるいい区間だ。

ho78do0403.jpg(駒ケ岳駅付近)
 進行方向右手には駒ケ岳が見える。その特徴的な容姿は、角度によりいろいろな形に見えている。駒ケ岳駅までは登りが続くが、そこから先は逆に下りの急勾配となり線路はくねくね曲がっている。姫川を過ぎて右から砂原線と合流して森駅に着く。

ho78do0404.jpg(森駅)

ho78do0405.jpg(森駅)
 駅のホームからは駒ケ岳や内浦湾(噴火湾)を見ることができる。

ho78do0406.jpg(森駅)
 ここで下車する。

函館1429-1521森 急行ニセコ3 函館本線 103

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010


FC2ブログランキング


03函館〜大沼公園:北海道妄想の旅1978

03函館〜大沼公園:北海道妄想の旅1978

ho78do0301_1map.jpg【1】
 1978年10月2日の旅(1)

 函館から大沼公園を経て森へ。そして森から函館へ戻ってくるのだ。8の字状になっているので、8の字の通りに乗ろうという魂胆である。

ho78do0302_1dia.jpg【1】
 函館発14時29分の急行ニセコ3号に乗ろう。特急北斗3号出発の4分後に急行ニセコ3号が出発した。憧れの北海道の旅が始まり、胸がわくわくしてきた。

ho78do0303.jpg(桔梗駅)
 次の五稜郭駅で江差線を左へ分け、函館行きの普通列車とすれ違い、さらに北上を続ける。市街地をぬけて桔梗駅を通過し、線路は函館平野の東端の小高い丘を走っていく。そのため左手には函館平野を眼下に望める。

ho78do0304_4map.jpg【4】
 七飯(ななえ)から先は、線路が左右に二つに分かれている。特急や急行などの優等列車が通る通称藤城線は、七飯駅を出てまず左へ分かれ、そして右へオーバークロスし函館平野の東端を走る。急行ニセコ3号ももちろん藤城線経由である。

ho78do0305_26.jpg【26】(大沼〜大沼公園)
 いくつかのトンネルの後にやや長い新峠下トンネル(1,250m)を出たとたん、車窓左手には小沼の水面とその向こうに雄大な駒ケ岳が見えてくる。駒ケ岳の左端の尖った部分は剣ヶ峯で、その右側が馬の背となる。

ho78do0306.jpg(大沼公園駅)
 大沼公園駅に停車した。途中下車して観光したい気持ちもあるのだが、先を急がなければならない。

ho78do0307.jpg(大沼公園)
途中下車したら、こんな写真のような駒ケ岳と大沼の絶景を拝むことができるのだ。

ho78do0308.jpg(沼の家)

ho78do0309.jpg(大沼だんご)
 また明治38年創業の沼の家で、大沼だんごを食べることもできる。あ〜ぁ、残念!

函館1429-1521森 急行ニセコ3 函館本線 103

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【26】鉄道の旅No.30 北海道6 函館本線・津軽海峡線 講談社 2003/9/4


FC2ブログランキング


02青森〜函館:北海道妄想の旅1978

02青森〜函館:北海道妄想の旅1978

ho78do0201_1.jpg【1】(青森駅見取り図)

ho78do0202_10.jpg【10】(青森駅)
 10月2日(月)の朝に青森駅に到着した津軽1号を下車した乗客の多くは、ホームを進行方向に進み、桟橋跨線橋を渡って青函連絡船乗り場へ急ぐ。

ho78do0202a.jpg【HPから】(青函連絡船旅客名簿)
 あらかじめ車内で配られ住所、名前、年齢、性別を記入した青函連絡船旅客名簿を箱に入れて、晴れて青函連絡船の乗客となった。

ho78do0203_10.jpg【10】(青函連絡船:出発)
 大きな連絡船は気がつかないような穏やかさで岸壁を離れた。岸壁では関係者や見送りの人達が大きく手を振っていた。

ho78do0204_10.jpg【10】(青函連絡船:出発)
 乗客も目一杯手を振り、紙テープが舞っている。

ho78do0205_10.jpg【10】(青函連絡船:船内)
 お腹が空いたので船内食堂で鮭三平汁定食を食べた。そしてしばし休息をとる。青森を出てから約3時間後の12時過ぎには前方に函館山が迫ってくる。

ho78do0206_34.jpg【34】(函館入港)
 連絡船は函館山の西側をまわって入港態勢に入る。5分ほど遅れたが無事に函館港に入港した。

ho78do0207_1.jpg【1】(函館駅見取り図)
 下船してから連絡通路を渡り、函館駅の函館本線の優等列車用ホームの4番、5番線へ向かう。

青森0950-1340函館 青函連絡船 7便

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【10】追憶の鉄路 工藤裕之 北海道新聞社 2012/5/23
【34】鉄道紀行 25 北海道4 函館本線(函館〜長万部) JTBパブリッシング 2007/4/10


FC2ブログランキング



プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター