能登・金沢紀行20:自由軒・ひがし茶屋街

 金沢には「ひがし」「にし」「主計町」三つの茶屋街がありますが、そのなかで一番広いのがひがし茶屋街です。格子戸の町家が並んでいるので人気があるのでしょう、駐車場が一杯で15分くらい待ちました。そして昼時だったこともあり、まずは洋食の老舗の自由軒へ行きました。ここでも店内は満員で二人待ちの状況でした。ここの名物はオムライスなのですが、ケチャップは使っていません。醤油味なんです。妻はミニオムライスとクリームコロッケの入ったプレートセット、私はケチャップ味のチキンライスを注文しました。お互いにシェアをして多くの味を楽しみました。

notokana251.jpg
【自由軒外観】

notokana252.jpg
【自由軒入口】

notokana253.jpg
【チキンライス】

notokana254.jpg
【プレートセット】

notokana255.jpg
【オムライスの中】

 食後にひがし茶屋街の雰囲気を味わいます。周囲にはお土産屋や飲食店が並んでいます。小雨が降っていましたが、さらに艶やかになっていました。

notokana256.jpg
【ひがし茶屋街の街並み】

 そろそろ帰りの飛行機の時間が迫ってきました。最後に九谷光仙窯によって、工程見学を楽しんだ後、おそろいの湯飲み茶碗を買いました。そして北陸自動車道を南下し小松インターを降りて小松空港そばの営業所に車を戻して帰りました。列車には乗りませんでしたが、楽しい旅でした。【終わり】

2011/10/28
小松空港
1715
 |   全日空
1825
羽田空港

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行19:金沢城公園

 石川橋を渡り金沢城公園へ向かいます。天守閣はありませんが、石川門や菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓などの中に入って当時の雰囲気を知ることができます。

notokana241.jpg
【案内図】

notokana242.jpg
【五十間長屋】

notokana243.jpg
【橋爪門続櫓】

notokana244.jpg
【菱櫓からの眺め】

notokana245.jpg
【橋爪門続櫓からの眺め】

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行18:兼六園

 野村家から戻り、ホテルをチェックアウトし車で兼六園へ向かいます。金沢といえばやっぱり兼六園ですね。江戸時代を代表する大名庭園で、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに日本三大名園の一つに数えられています。

 園内は中国語が飛び交っています。どうしてこんなに中国人が多いのでしょうか。おそらく数年後には中国に“兼七園”なる庭園ができていることでしょう(笑)

notokana231.jpg
【虹橋とことじ灯籠】

notokana232.jpg
【霞が池とことじ灯籠】


【兼六園】

notokana234.jpg
【唐崎松】

notokana235.jpg
【瓢池】

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行17:長町武家屋敷跡

 旅行の最終日(10月30日)の今日は朝から雨模様です。今までの二日は本当にいい天気でしたが、一転しました。実は私は晴れ男なのですが妻は雨女なのです。この旅行は2勝1敗で私の勝ち越しです(笑)。ホテルをチェックアウトする前に歩いていける長町の武家屋敷跡に行きました。街並みは映画「武士の家計簿」の舞台にもなったようです。多くの屋敷は住宅になっているのですが、野村家は見学できるのです。総檜の格天井や狩野派の絵師による襖絵などに贅を尽くしており、和風庭園も見事なものです。

notokana221.jpg
【武家屋敷跡街並み】

notokana222.jpg
【野村家】

notokana223.jpg
【野村家庭園】

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行16:志げ野

 今日の宿泊は金沢市内のホテルです。実は前日の輪島のホテルでの夕食時に“治部煮”が出たのですが、これがどうもいけてませんでした。10数年前に金沢で食べたことがある治部煮はもっと美味しく、見た目が大きく違いました。妻はそれが初めての“治部煮”だったのです。そこでホテルのフロントで情報を得て、片町にあるここ“志げ野”にやって来ました。運のいいことに個室が空いてました。自分一人ならラーメンを食べてコンビニで酎ハイとつまみを買ってホテルの部屋でテレビを見ながら一杯やるのですが、今日は大切なお供がいるのでそういうわけにはいきません(笑)。ちょっと奮発してお造り・かに・白子・治部煮・のどぐろなどをつまみにビール・地酒を堪能しました。二次会には金沢のかくれ名物のおでん屋によって、いい気持ちになってホテルに帰ってきました。ぐっすりと眠れそうです。

notokana211.jpg
【外観】

notokana212.jpg
【お造り】

notokana213.jpg
【かに】

notokana214.jpg
【白子焼き】

notokana215.jpg
【治部煮】

notokana216.jpg
【のどぐろ】

notokana217.jpg
【おでん@高砂】

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行15:千里浜なぎさドライブウェイ

 能登有料道路に乗って南下して千里浜を目指します。“ちりはま”と読みます。ここは砂浜の上を車が走れるので、その名も千里浜なぎさドライブウェイです。半信半疑で道路から砂浜に入ってみました。おっ!ホントに砂浜を走れます。多くの車が走っています。海と同じ目線で車を走らせることができるなんて素敵なことです。総延長は8kmにもなります。大型バスも走っていますが、砂に埋もれたりしていません(笑)。ある種の異空間がそこにありました。

notokana191.jpg
【砂浜を走る車】


【千里浜なぎさドライブウェイ1】

notokana193.jpg
【ヴィッツと海岸】

notokana194.jpg
【車窓】


【千里浜なぎさドライブウェイ2】


【千里浜なぎさドライブウェイ3】

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行14:気多神社・喜多家

 次は気多(けた)神社と喜多(きた)家です。“けた”と“きた”とよく似ています。気多神社は縁結びの神様です。そして神社の裏に原生林のようなこんもりとした森がありパワースポットとしても有名なようです。ちょうど神前結婚式をあげているカップルに遭遇しました。末永くお幸せに!  でも“気”が“多”い神様なので、ちょっと心配になってきます(笑)

notokana181.jpg
【気多神社:鳥居】

notokana182.jpg
【気多神社:神門】

notokana183.jpg
【気多神社:本殿】

 そしてカーナビを喜多家にセットします。細い道を進み喜多家に到着しました。当主が案内してくれたのですが、この当主がおやじギャグ満載のおもしろ当主でした。現代風の言葉でおもしろ解説をしてくれます。行って損はしない場所です。

notokana201.jpg
【重要文化財:喜多家】

notokana202.jpg
【喜多家】

notokana203.jpg
【喜多家】

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行13:巌門2

 巌門付近の絶景を楽しんだ後、128段の階段を上がりレストラン巌門で昼食タイムです。二人で能登牛丼のホワイトカレーの食券を買い、海の眺められる窓際のテーブルに座り待っていました。ホワイトカレーはほどほどで出てきましたが、待てど暮らせど能登牛丼が出てきません。ホワイトカレーは食べ終えてもまだ出てきません。あんまりなので、お店の人に伝えたら「あっ!」というような反応をして、持ってきてくれました。きっと忘れていたのでしょうね。牛丼が出てこないので、能登牛丼ならぬ“not”牛丼とした方がいいと思います(笑)。

notokana171.jpg
【能登牛丼@レストラン巌門】

notokana172.jpg
【レストラン巌門からの眺め】

 食後は今度は別の道を歩いて海岸へ下り巌門を眺めます。そしてまたまた上り今度は展望台から周辺の海岸風景を楽しむことができます。妻がソフトクリームを食べ、私も一口だけもらいました。遊覧船に乗ったときから気になっていたのですが、岩場の一部がコンクリートで固められているのです。不思議でしたが、岩のりの採取のための岩場ということです。納得しました。

notokana173.jpg
【巌門:遊歩道から】

notokana174.jpg
【展望台からの眺め1】

notokana175.jpg
【展望台からの眺め2】

notokana176.jpg
【展望台からの眺め3:岩のり採取のため】

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行12:巌門1

 能登金剛の中心地の巌門にやって来ました。波で浸食され穴のあいた岩(巌門)が見所です。まず、能登金剛遊覧船に乗って海から見てみます。遊覧船に乗るまでに128段の階段を下りなければなりません。下りるということはその後上ってくることになるのですが行きました。解説付きの遊覧船で約20分間、巌門付近を巡ります。巌門だけでなく、鷹の巣岩や碁盤島、そして日本最古の木造灯台の旧福浦灯台などが楽しめます。海が本当にきれいです。

notokana161.jpg
【巌門】


【巌門】

notokana163.jpg
【鷹の巣岩】


【能登金剛】

notokana165.jpg
【碁盤島】

notokana166.jpg
【風景】

notokana167.jpg
【旧福浦灯台と風力発電】

notokana168.jpg
【遊覧船】

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行11:世界一長いベンチ

 少し南へ下りサンセットヒルイン増穂を目指します。ここには世界一長いベンチがあるのです。全長460mでギネスにも掲載されているようです。西を向いているのでカップルで夕陽を眺めるのがいいかも知れません。1,346人も座った記録があるのですので、少なくとも500組のカップルは余裕で座れそうです。集団お見合いをして夕陽を眺めながら告白タイムなんていいかも知れませんね(笑)

 それにしてもこんなベンチ作っていったい誰が座るのだろうと思っていたら、自分が座ってました(笑)。

notokana151.jpg
【サンセットヒルイン増穂(世界一長いベンチ)】

notokana152.jpg
【世界一長いベンチ】

notokana153.jpg
【風景】

notokana154.jpg
【風景】

 問題シリーズはあまり面白くないので、これにて終了します。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行10:ヤセの断崖・義経の舟隠し・関野鼻

 松本清張原作の映画「ゼロの焦点」ロケ地のヤセの断崖に来ました。柵の内側から眺める海は綺麗なのですが、ここからでは“断崖”ということはわかりません。どうしてそんなに有名なのかなぁと疑問でした。自宅に帰ってネットで調べると能登半島地震で突端が崩落してしまい姿を変えてしまったそうです。

notokana121.jpg
【ヤセの断崖:映画「ゼロの焦点」ロケ地】

notokana122.jpg
【断崖?】

 そこから300mほど先に義経の舟隠しがあります。こちらは先端まで行って海を覗き込むことができますが、かなり恐いです。ヤセの断崖に絶望していたので恐いもの見たさで満足しました。また、かなり高い場所から海を見ることになるのですが、それでも海の透明度ははっきりとわかります。この場所に本当に義経が舟を隠したのかどうかは疑問で、この手の話しは必ず伝説として伝えられています。

notokana131.jpg
【義経の舟隠し:48隻も?】

notokana132.jpg
【義経の舟隠し】

notokana133.jpg
【透明な海】

 少し手前に戻り関野鼻を望みます。景色は素晴らしく、やはりかなりの高い場所から眺めているのですが、海の透明度がはっきりと確認できます。この場所は道路の片側にかなり大きな駐車場がありますが閑散としています。何か違和感がありました。帰宅後にネットで調べると関野鼻パークハウスという施設がありましたが、こちらも能登半島地震で崩落したため、以降関野鼻パークハウスへは立入禁止となったようです。

notokana141.jpg
【関野鼻】

notokana142.jpg
【風景】

 さて、今日の問題です。次に“世界一長いベンチ”に向かいますが、そのベンチの全長は何メートルでしょうか。 回答はコメント欄へ! 正解発表は明日!
(1)250m
(2)460m
(3)720m
(4)980m

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行9:大本山総持寺祖院

 昨日の答えは(3)両方買った、です。

 朝市を出て、門前町にある大本山総持寺祖院に着きました。総持寺と言えば鶴見の総持寺しか知らなかったのですが、こちらが本家本元の総持寺なんですね。立派なお寺ですが2007年の能登半島地震で建物の一部が被害を受け、現在でも修復中です。駐車場の近くにある門前東小学校もシックな校舎で驚きました。

notokana111.jpg
【山門】

notokana112.jpg
【法堂】

notokana113.jpg
【欄間】

notokana114.jpg
【能登半島地震で破損】

notokana115.jpg
【僧堂と庭】

notokana116.jpg
【門前東小学校】

 さて、今日の問題です。次にヤセの断崖へ向かいますが、ある映画のロケ地として知られています。その映画とはなんでしょうか? 回答はコメント欄へ! 正解発表は明日!
(1)ゼロの焦点
(2)三丁目の夕日
(3)七人の侍
(4)二十四の瞳

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行8:輪島朝市

 旅館をチェックアウトし輪島朝市に来ました。到着した時は静かでしたが、観光バスの団体さんが次々に到着してとても賑やかになってきました。海産物のお店が多いのですが、お土産や地元の織物、輪島塗の漆器、骨董品のお店など様々なものが楽しめます。輪島高校の女子生徒も手作りクッキーのお店を出していました。昨日の輪島駅での女子高生とは違うようです。

 さてここで問題です。“手作りクッキー”と写真にある“焼き栗”のうち、私はどちらを買ったでしょうか?
(1)手作りクッキー
(2)焼き栗
(3)両方買った
(4)どちらも買わなかった

notokana101.jpg
【朝市通り】

notokana102.jpg
【朝市のお店1】

notokana103.jpg
【朝市通りの風景1】

notokana104.jpg
【朝市通りの風景2】

notokana105.jpg
【朝市通りの風景3】

notokana106.jpg
【朝市のお店2】

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行7:輪島駅跡

 昨日の問題の答えは(3)終点なので次の駅はない、でした。

 輪島市内に入り、国鉄七尾線からのと鉄道七尾線となり、2001年に廃止された輪島駅跡に寄りました。今はバスターミナルとなっています。奥に輪島駅のプラットホームの一部が保存してあります。ここは終点の駅だったのですが、駅名標を見るとこの先は“シベリア”とあります。楽しいユーモアです。駅舎だったらしい建物全体は“ふらっと訪夢”と名付けられています。こちらもプラットホームをもじったものですね。

 バスを待っていた女子高生の一人が床に直接しゃがんでいたらお友達が「そこに座るのやめなよ。輪島の女子高生の評判悪くなるから・・」と私たちを意識して注意しています。その後、二人はキャッキャッいいながら追いかけっこをしていました。青春っていいですね。

 私も思わず、追いかけっこに加わりたいと思いましたが、隣に妻がいるので自重しました。(って、一人だったらどうすんじゃい!)

notokana091.jpg
【旧輪島駅】

notokana092.jpg
【ホームと駅名標】シベリアだって!

notokana093.jpg
【踏切】

notokana094.jpg
【ふらっと訪夢】

 それから輪島市内の宿へ向かい、温泉・食事・アルコールと楽しんでゆっくりと眠りました。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行6:ゴジラ岩・千枚田

 正解は(2)ゴジラ岩です。

 道の駅狼煙(のろし)の前にあるドライブイン狼煙でちょっと遅い昼食です。カツカレーと焼きそばを注文して二人でシェアしました。道の駅の駐車場で軍艦島で会ったのと同じ北関東観光バスとまた出会いました。観光バスの団体は禄剛崎灯台へ行ったようですが、我々は先を急ぎます。

 さて、次は能登半島の外側を白米の千枚田を目指します。助手席でガイドブックを見ていた妻が、「途中にゴジラ岩がある」というので、車を路肩に停めて海へ降りてみます。確かにゴジラが上陸しそうな形をしていますね。でも誰が命名するのでしょうか。それを観光スポットにするのもすごいことですね。ところでアメリカのオークランド・アスレチックスの“ゴジラ”こと松井秀喜は、今年は不振でしたが、来年はどうなるのでしょうね。

notokana071.jpg
【ゴジラ岩に到着】

notokana072.jpg
【ゴジラが上陸しそう!】

 目的の白米(しろよね)の千枚田に着きました。駐車場から眺めただけでも楽しめますが、そこから千枚田の中を歩くコースがあったので歩いてみました。いろいろな角度から千枚田を眺められるので、歩いた方が“段違い”にいいですね、ここは。

notokana081.jpg
【千枚田の風景:駐車場から】

notokana082.jpg
【千枚田の風景1】

notokana083.jpg
【千枚田の風景2】

notokana084.jpg
【千枚田の風景3】

 さて、今日の問題です。この次に輪島駅跡へ寄ります。輪島駅の次の駅はどこだったでしょうか? 回答はコメント欄へ! 正解発表は明日!
(1)北輪島駅
(2)輪島岬駅
(3)終点なので次の駅はない
(4)シベリア

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行5:空中展望台スカイバード・ランプの宿

 次の目的地は空中展望台スカイバード(有料 300円)です。幹線道路から細い道を通って向かいます。こんな細い道なので観光バスは入ってこないだろう、などと思いながら駐車場に着くと、大型観光バスがありました! 空中展望台とは写真のように空中に飛び出した展望台です。高所恐怖症の人はちょっと恐いかも知れません。私も先端まで行きましたが、勇気が必要です。

notokana061.jpg
【空中展望台スカイバード】

notokana062.jpg
【空中展望台スカイバードと妻】

 下を見ると、メディアによく登場するランプの宿があります。妻の話では2年後まで予約で一杯だそうです。そしてその空中展望台を見下ろす展望台もあります。こちらは地に足が着いているので安心です(笑)。ところで、ランプの宿から登ってくる車を見ていると、なんとスイッチバックしてくるではありませんか!!! 傾斜が急で道も狭いので、車でも方向を変えられないようです。運転に自信がない方は危険です。転落したら大変ですから。

notokana063.jpg
【空中展望台スカイバードとランプの宿を見下ろす展望台】


【ランプの宿1】


【ランプの宿2:車のスイッチバック!】

 展望台の先へ遊歩道があり金剛崎の先端へ続いています。そこからは視界が開け、右手が富山湾(内浦)側となり左手が日本海(外海)側になります。

notokana066.jpg
【金剛崎】


【金剛崎からの眺め】

 さて、今日の問題です。さて、次に向かったのはどこでしょう?  回答はコメント欄へ! 正解発表は明日!
(1)禄剛崎灯台
(2)ゴジラ岩
(3)白米の千枚田
(4)ヤセの断崖

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行4:恋路海岸・軍艦島

 恋路駅から眺めた恋路海岸へ寄ってみましょう。ハート型の鐘がありました。さすがに恋路海岸ですね。

notokana041.jpg
【恋路海岸】

notokana042.jpg
【石碑と松】

notokana043.jpg
【ハート型の鐘】

妻「あなた、二人で鐘を鳴らしましょうよ」
私「そうかい。ちょっと照れるなぁ・・・」
妻「誰も見ていないから平気よ」
私「じゃ、鳴らそうか」

うそです、うそです。こんな会話はありません。妻が一人で鐘を鳴らしました。

 再び車に乗り込み、今度は軍艦島(見附島)を目指します。すぐ近くでした。北関東と書かれた大型観光バスのお客さんが一斉に降りてきて、軍艦島をバックに鐘の前で記念写真を撮りまくっています。その団体さんに混じって、今度は私一人で鐘を鳴らしました。

notokana044.jpg
【軍艦島】

notokana045.jpg
【軍艦島の鐘】

 次に行った空中展望台スカイバードの入場料はいくらでしょう? はじめての問題らしい問題です! 正解発表は明日!
(1)スマイル0円
(2)100円
(3)300円
(4)500円

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行3:恋路駅跡

 昨日の正解は(3)風力でした。

 半干するめを食べて、イカにも満足です(笑)。次は恋路駅跡を目指します。その昔は、国鉄能登線の駅でしたが、1988年からはのと鉄道能登線となり、2005年に廃止された路線の駅なのです。“ロマンの里”として売り出しているのでしょうか? 道路から100mほど歩いていき階段を登ると恋路駅がありました。お約束の落書きもありました。たくさん書いてあるようですが、よく見ると一つのカップルがいろいろと書いているようです。

notokana031.jpg
【ロマンの里 恋路駅】

notokana032.jpg
【ホーム:珠洲・蛸島方向を望む】

notokana033.jpg
【ホーム:穴水・七尾方向を望む】

notokana034.jpg
【駅名標】

notokana035.jpg
【落書き】

notokana036.jpg
【ホームから恋路海岸を望む】

 さて、今日の問題です。恋路駅跡の次にどこに行ったでしょうか?
(1)恋路海岸
(2)湘南海岸
(3)アメリカ西海岸
(4)打撃開眼

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行2:のと海洋ふれあいセンター

 ヴィッツのカーナビを九十九湾にセットします。自分の車にはカーナビがついていないので今回の旅では目的地のセットに苦労しました。九十九湾に遊覧船があるというので乗ろうかどうしようか考えながらカーナビが指定した場所に着くと、遊覧船乗り場ではなくその近くののと海洋ふれあいセンターでした。まぁいいか。

notokana021.jpg
【ヴィッツ】

 駐車場に車を停め、遊歩道を通って磯に出ます。いそいそと歩いていきます。透明度の高いきれいな海の中を遊歩道が延びています。これは面白いですねぇ。能登の自然と触れ合うことができます。あっ、だから「“のと”海洋“ふれあい”センター」なんですね。学生さんたちが生物の勉強に来るための施設のようですが、家族連れでも、大人だけでも楽しめます。

notokana022.jpg
【磯の風景】

notokana023.jpg
【磯の生き物】


【のと海洋ふれあいセンター1】


【のと海洋ふれあいセンター2】

 妻が小魚を手にすくいました。もちろんリリースしましたよ。

notokana026.jpg
【小魚ゲット】

 駐車場に戻ると半干するめの作成中でした。おやじさんにいろいろと話しを聞き、半干するめ製造回転台の撮影許可も得て撮影しました。でも、地元のお年寄りなので方言があるようで話しが聞きにくいですね。ひょっとして十分なコミュニケーションが取れなかったかも知れません。もしそうだったらこの場をお借りしてお詫びいたします。

notokana027.jpg
【半干するめ】


【半干するめ製造風景】

notokana029.jpg
【半干するめ】

 あまりに美味しそうだったのでお店の中に一杯いただきました。おもわずビールが欲しくなります!

 さて、今日の問題です。半干するめの製造過程で使用されるエネルギーはどれでしょう? 答えはコメント欄へ! 正解発表は明日!
(1)水力
(2)火力
(3)風力
(4)原子力

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

能登・金沢紀行1:能登空港へ

 10月28日から30日まで、能登と金沢に観光旅行に行きました。今回は妻と一緒にです。んっ?、“今回は妻と一緒”と書くといつもは“別の女性と一緒”なのかと思われやしないか? 私は心配性なんです。今回は本当の妻なんです。んっ? おまえには“本当じゃない妻”がいるのかと思われやしないか? 私は本当に心配性なんです。「いつもは一人旅が多いのですが、今回は妻との二人旅なんです」。これでいいかな?(笑)

 出発日は10月28日(金)。平日の朝なのでラッシュアワーが気になるところです。そこで早めに自宅を出て、伊勢原~(小田急)~海老名~(相鉄)~横浜~(京急)~京急蒲田~(京急)~羽田空港と移動し8時前には到着していました。

 空港内のレストランで朝食を食べ、まだ時間があるので展望デッキに行って離陸する飛行機をずっと眺めていました。遠くには新しくできたD滑走路(国際線)が見えます。いろいろな飛行機がいとも簡単に飛び立っていきます。飛行機は偉大な文明の産物です。

notokana011.jpg
【出発案内表示】

notokana012.jpg
【出発ロビー風景】

notokana013.jpg
【展望デッキからの眺め】

 定刻に離陸しました。しばらくするといろいろな景色が見えてきます。

notokana014.jpg
【埼玉県上空?】

notokana015.jpg
【松本城(中央やや下)】

notokana016.jpg
【おそらく北アルプス】

notokana017.jpg
【おそらく糸魚川付近】

notokana018.jpg
【能登空港】

 能登空港に定刻に到着しました。羽田空港からわずか1時間です。空港内のレンタカー案内所で手続きをしてから出発します。

 さて、今日の問題です。能登空港で借りた車の車種は次のうちどれでしょう? 正解は明日!
(1)ヴァッツ
(2)ヴィッツ
(3)ヴェッツ
(4)ヴォッツ

2011/10/28
羽田空港
0950
 |   全日空
1050
能登空港

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

ゆきちゃん@金沢

111031yuki.jpg
金沢の片町にこんな名前のお店もありました。

小松空港


これから帰ります。

鶴亀@金沢


こんなところで亀を発見!(笑)

金沢城


金沢城にも足を伸ばしました。

兼六園


金沢と言えばやっぱり兼六園ですね!

香林坊@金沢


金沢一の繁華街の香林坊です。

千里浜なぎさドライブウェイ


砂浜を走行しています。

気多大社


縁結びの神様です。

能登金剛


変化に富んだ海岸線です。

ヤセの断崖


映画「ゼロの焦点」のロケ地です。

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター