北東北紀行22:笑満食堂

kita2012tohoku221.jpg
二戸駅舎

 ここで途中下車したわけは、駅前食堂の笑満食堂に寄るためです。青森の市場で鉄火丼を朝食に食べてだけでしたので、お腹が空いてきました。

kita2012tohoku222.jpg kita2012tohoku223.jpg
kita2012tohoku224.jpg kita2012tohoku225.jpg
kita2012tohoku226.jpg
支那そば@笑満食堂

 二戸駅からこの笑満食堂が見えました。メニューは、味噌ラーメン500、正油ラーメン500、塩ラーメン500、支那そば500、味玉ラーメン600、野菜たっぷりラーメン700、スタミナラーメン750、チャーシューメン800、チャーハン500、豚丼600、オムライス700、野菜炒め定食650、鶏唐揚げ定食680、餃子定食500など。「支那そばというのはどういうものですか?」と尋ねると、「煮干しのダシのあっさりしたラーメンです」というので、それを注文しました。すぐに出てきたラーメンは、煮干しの利いた透明なスープの上品なものでした。麺は細縮れでスープの絡みもよいのです。具は、チャーシュー、のり、メンマ、なると、ネギです。あまりに美味しいのでスープをすべて完食してしまいました。会計時に「ごちそうさまでした。とても美味しいラーメンでした。」とご挨拶すると、「どうもありがとうございます。ところで二戸の方ですか?」というので、「いいえ、神奈川から来ました。鉄道に乗るのが好きで、いろいろと回りながら、今、二戸で小休止なんです。」「それはお疲れ様です。気をつけてお帰りください。」というように会話が続きます。このような触れあいがかなりうれしいのです。

kita2012tohoku227.jpg
二戸駅スタンプ

kita2012tohoku228.jpg
隣の斗米駅スタンプ

 二戸駅から列車に乗り換えます。

kita2012tohoku22map.jpg


小繋〜奥中山高原

 盛岡で東北新幹線に乗り換えます。新幹線の指定席はほぼ満席です。

kita2012tohoku229.jpg

 栃木県あたりまで来た頃でしょうか。車窓に青空が見えてきました。今回の北東北への旅は、天候には恵まれませんでした。できれば晴天を望みたいですね。しかし、大雨・洪水・雷注意報の中を遅延せずに予定通りに旅できたことには素直の感謝します。

二戸 1446〜1555 盛岡 IGRいわて銀河鉄道
盛岡 1606〜1836 東京 東北新幹線 はやて86号
東京 1856〜1910 新宿 中央線
新宿 1930〜2012 本厚木 小田急線 ホームウェイ7号
本厚木 2016〜2023 伊勢原 小田急線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行21:青い森鉄道・IGR

kita2012tohoku21map.jpg
kita2012tohoku211map.jpg

kita2012tohoku211.jpg
野辺地駅構内

kita2012tohoku212.jpg kita2012tohoku213.jpg
kita2012tohoku214.jpg
日本最古の鉄道防雪林

 野辺地駅構内には鉄道記念物に指定されている鉄道防雪林があり、現在でも利用されています。

kita2012tohoku215.jpg
野辺地駅名標

 さて、八戸行きの青い森鉄道の列車が到着しました。


野辺地駅入線(2両ロング、ワンマン)

kita2012tohoku216.jpg kita2012tohoku217.jpg
kita2012tohoku218.jpg
八戸駅

 八戸駅からは盛岡行きに乗り換えます。この列車は目時駅からIGRいわて銀河鉄道に乗り入れます。

kita2012tohoku219.jpg kita2012tohoku2191.jpg
盛岡行き列車(2両ロング、トイレ付き、ワンマン)

kita2012tohoku2192.jpg
青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道案内

kita2012tohoku2193.jpg
目時駅名標

 八戸を出て37分で二戸に着きました。ここで途中下車しましょう。

野辺地 1125〜1211 八戸 青い森鉄道
八戸 1240〜1317 二戸 青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行20:大湊線2

kita2012tohoku201.jpg kita2012tohoku202.jpg
kita2012tohoku203.jpg kita2012tohoku204.jpg
快速しもきた野辺地行き(2両セミクロス、トイレ付き、ワンマン)

 大湊からは快速しもきたで野辺地まで戻ります。快速といっても乗ってきた普通列車がそのまま快速になっているだけです。快速ですので、大湊を出ると、下北と陸奥横浜しか停車しません。


吹越〜有戸

 雨があがりましたので、来るときよりも景色がよく見えます。ウトウトしているとたちまち野辺地駅に到着しました。乗り換えに30分ほどあるので、途中下車してみましょう。

kita2012tohoku205.jpg kita2012tohoku206.jpg
kita2012tohoku207.jpg kita2012tohoku208.jpg
野辺地駅

kita2012tohoku209.jpg
アップくん

 野辺地駅の至近に観光案内所があり、その前にゆるキャラだろうアップくんがひっそりと佇んでいました。帰宅後にネットで調べると、元祖ゆるキャラのアップくんという記事がありました。青森だけにアップルが由来かと思いましたが、違うようですね。

大湊 1007〜1057 野辺地 大湊線 快速しもきた

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行19:大湊駅

kita2012tohoku191.jpg kita2012tohoku192.jpg

kita2012tohoku193.jpg kita2012tohoku194.jpg
大湊駅周辺

 大湊駅を出て左、左と回り込むと大湊湾に出ました。はるか遠方を見ると軍艦のような船がゆっくりと出航していきました。さらに海沿いを歩くと、むつ市漁協荷捌施設があり、続いて斗南藩士上陸の地、大湊ホタテセンターなどがありました。市街地に入ると、美容室が4軒、そして理容室が1軒、比較的狭い地域にかたまってありました。そんなに需要があるのでしょうか? 

kita2012tohoku195.jpg
大湊駅舎

 大湊駅に戻ってきました。

kita2012tohoku196.jpg
てっぺんの終着駅 大湊駅

 本州最北端の駅は大湊駅の一つ前の下北駅です。そこで大湊駅はてっぺんの終着駅を名乗っています。

kita2012tohoku197.jpg
心温もる北の宿 大湊

kita2012tohoku198.jpg
車止め

kita2012tohoku199.jpg
大湊駅スタンプ

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行18:大湊線1

kita2012tohoku181map.jpg
         kita2012tohoku18map.jpg

kita2012tohoku181.jpg
野辺地駅名標

kita2012tohoku182.jpg kita2012tohoku183.jpg
大湊線車両(2両セミクロス、トイレ付き、ワンマン)

 階段を通って隣のホームへ移動して大湊線に乗り換えます。


野辺地駅出発

kita2012tohoku184.jpg
青い森鉄道から大湊線が分岐

 野辺地を出てすぐに青い森鉄道から分岐します。有戸から吹越までの前半区間は手つかずの自然の中を走っているようですが、後半区間は海沿いの絶景になります。曇天のために絶景ではありませんね(笑)


有戸〜吹越1


有戸〜吹越2

kita2012tohoku185.jpg
陸奥横浜駅

 こんなところにも横浜駅があります。

kita2012tohoku186.jpg
大湊駅舎

 雨の中を定刻に大湊駅に到着しました。以前、来たときも大雨でこれで大湊駅は2連敗です。しかし、前回は駅舎から外へ出られないような豪雨だったことを考えると今回は傘をさせば街を歩けるようですので、よしとしましょう。

kita2012tohoku187.jpg
フォルクローロ大湊

 駅に併設されるようにフォルクローロ大湊がありました。

野辺地 0758〜0859 大湊 大湊線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行17:青い森鉄道

kita2012tohoku17map.jpg

kita2012tohoku171.jpg kita2012tohoku172.jpg
鉄火丼@寿司処三國

 翌日、目を覚ましてテレビの天気予報を見ると、青森全域に大雨・洪水・雷注意報がでていました。ちょっと心配です。朝食は青森駅前のアウガという市場のすし処三國へ行きました。朝の市場は活気があります。鉄火丼かウニ丼かと迷いましたが、地元青森産のマグロの鉄火丼を注文しました。出てきた鉄火丼はどかっとマグロが乗っており、かなりのボリュームです。脂がのっており味もグッドです。次に入ってきたご夫婦はウニ丼を注文していました。そちらをちょっとみると、鉄火丼より美味しそうに見えます(笑)。ウニ丼にしておけばよかったと後悔しましたが、きっと隣の芝生は青く見えるのでしょう。

kita2012tohoku173.jpg kita2012tohoku174.jpg
青い森鉄道 青森駅

 お腹が満足した後、青森駅へ向かいます。今ではJR東北本線は青い森鉄道と名前を変えています。7時10分発の八戸行きに乗り、まずは野辺地を目指します。

kita2012tohoku175.jpg
列車案内

kita2012tohoku176.jpg
列車(2両セミクロス、トイレあり、ワンマン)

kita2012tohoku177.jpg
青い森鉄道案内

kita2012tohoku178.jpg
車内の様子

 雨が降っているので、残念ながら車窓からの景色は望むべきもありません。浅虫温泉の湯ノ島も雨に煙っていました。定刻通りに野辺地駅に到着しました。

青森 0710〜0753 野辺地 青い森鉄道

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行16:津軽線2

kita2012tohoku161.jpg
三厩駅スタンプ

kita2012tohoku162.jpg
外が浜町観光マップ

kita2012tohoku163.jpg
車内

 帰りは三厩から乗り、蟹田で乗り換えです。


津軽二股〜大平

 やはり津軽二股〜大平は山を越える区間です。峠を越えるとあっという間に蟹田に着きました。

三厩 1743〜1825 蟹田 津軽線

kita2012tohoku164.jpg kita2012tohoku165.jpg
kita2012tohoku166.jpg
蟹田駅名標

 いろいろな駅名標があります。

kita2012tohoku167.jpg kita2012tohoku168.jpg
蟹田駅

kita2012tohoku169.jpg kita2012tohoku1691.jpg
蟹田駅前市場「ウェル蟹」

 駅前市場の名前は、「ウェル蟹」。こういうダジャレは大好きです。

kita2012tohoku1692.jpg kita2012tohoku1693.jpg
蟹田駅前広場休憩所 観光カニスマ駅長室

 駅前広場休憩所には観光カニスマ駅長(津軽蟹夫)室があります。いいダジャレですね。

kita2012tohoku1694.jpg
こんな駅名標もありました。

kita2012tohoku1695.jpg
蟹田駅スタンプ

kita2012tohoku1696.jpg
中小国駅スタンプ

 駅舎には蟹田駅だけでなく隣の中小国駅のスタンプもありました。薄暗くなってきてから蟹田から3両ロングシートの普通列車で青森へ向かいました。今日の宿泊地は青森です。

蟹田 1858〜1943 青森 津軽線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行15:津軽線1

kita2012tohoku15map.jpg

kita2012tohoku151.jpg
奥内駅名標

 青森駅を出発して津軽線の奥内駅で早速の列車交換です。特急スーパー白鳥が3分遅れでやってきました。

kita2012tohoku152.jpg
特急スーパー白鳥


特急スーパー白鳥@奥内駅

 右手には陸奥湾が広がっています。そして陸奥湾の右側には夏泊半島が、左側には下北半島が見えています。


瀬辺地〜蟹田

 瀬辺地を過ぎるとさらに海に近づき陸奥湾がはっきりと見えてきます。上の動画の左上に見えるのは下北半島です。蟹田までにかなりの乗客が下車しました。蟹田を過ぎると、海沿いを離れて山に入ります。

kita2012tohoku153.jpg
中小国信号場

 そしてJR東日本とJR北海道の境界である中小国信号場を通過します。


中小国信号場

kita2012tohoku154.jpg
大平〜津軽二股

 大平を過ぎると上り坂になり、峠へ向かいます。


大平〜津軽二股

 そして津軽浜名からはまた海が見えだし、終点の三厩駅が近くなります。


三厩駅到着

kita2012tohoku155.jpg kita2012tohoku156.jpg
kita2012tohoku157.jpg kita2012tohoku158.jpg
三厩駅

 三厩駅に着きました。降りたのは、地元の女子高生一人と竜飛岬への観光客3人ほど、そして鉄ちゃん6-7人です。

kita2012tohoku159.jpg
(元)みちのく食堂

 2007年に立ち寄ったみちのく食堂の様子を覗いてみると、、、、、、閉店していました。会社の事務所として利用されているようでした。寂しいですね。

kita2012tohoku1591.jpg

 三厩駅から海へ向かいながら歩いていきます。水鳥がたくさんいて活気があります。

青森 1515〜1643 三厩 津軽線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行14:長尾中華そば

 撫牛子から普通列車で青森へ向かいます。3両編成の奥羽本線の車両はやはりロングシートです。新青森駅で乗降客が多く9分停車します。そして次が青森駅です。

kita2012tohoku141.jpg
青森駅

 看板のイチローも2週間後にマリナーズからヤンキースに移籍することになるとは夢にも思っていなかったことでしょう。

 さて、次はやはり津軽煮干ラーメンのもう一方の雄である長尾中華そばの青森駅前店に行ってみましょう。

kita2012tohoku142.jpg kita2012tohoku143.jpg
kita2012tohoku144.jpg
こく煮干し(中)@長尾中華そば

 カウンター7席だけの小さなお店です。メニューをみてこく煮干し(中)を注文し、麺が選べるので手打ち麺を選びました。しばらくするとラーメンが運ばれてきました。スープは煮干しがぎっちり詰まっているものですが、たかはしよりもややしょっぱい感じがしました。麺は、手打ち平麺で、加水率はたかはしよりも高いように思いました。具は、チャーシュー、メンマ、ネギです。津軽煮干ラーメンを2杯も食べて満足、満足です。朝7時から営業しているので、朝ラーにもピッタリですね。

kita2012tohoku145.jpg kita2012tohoku146.jpg

 青森駅に戻り、今度は津軽線で三厩を目指します。車両はなんと1両の単行です。セミクロスシートでトイレ付きです。乗客が多くて、座ることができません。前方や側方車窓を楽しみながら立っていくことにしましょう。

撫牛子 1300〜1348 青森 奥羽本線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行13:たかはし中華そば店

 さて昼食の時間になりました。撫牛子駅から徒歩5分の津軽煮干ラーメンの老舗で人気のたかはし中華そば店に向かいます。

kita2012tohoku131.jpg kita2012tohoku132.jpg
kita2012tohoku133.jpg kita2012tohoku134.jpg
中華そば@たかはし

 お店は満員で大人気ですが、回転が早いので助かります。中華そばの食券を買って勧められてカウンターに座りました。お店の人の動きに無駄がなく、次々にラーメンが作られて運ばれていきます。それほど待たずに中華そばが登場しました。煮干しがぎっちり詰まったスープが個性的です。麺は低加水でぼそぼそとしたもの。これがスープに合うんです。具は、チャーシュー、メンマ(味付)、ネギです。

kita2012tohoku135.jpg kita2012tohoku136.jpg
撫牛子駅

 たかはしを出て撫牛子駅に戻ります。次の青森行きの下り普通列車を待つまでに貨物列車と上り普通列車とリゾートしらかみがが通過していきました。


貨物列車@撫牛子駅


リゾートしらかみ@撫牛子駅

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行12:五能線3

kita2012tohoku12map.jpg


追良瀬〜驫木(とどろき)

kita2012tohoku121.jpg
驫木駅名標

 驫木(とどろき)も難読漢字です。

kita2012tohoku122.jpg
風合瀬駅名標

 風合瀬(かそせ)も読みにくいですね。


千畳敷駅到着

kita2012tohoku123.jpg
千畳敷

 千畳敷駅は千畳敷の目の前にあります。駐車場には何台かの車が停まっていました。次の北金ヶ沢駅では列車交換のため5分停車します。


リゾートしらかみ@北金ヶ沢駅

kita2012tohoku124.jpg
リゾートしらかみ@北金ヶ沢駅

 交換列車はリゾートしらかみでした。

kita2012tohoku125.jpg kita2012tohoku126.jpg
kita2012tohoku127.jpg
鰺ヶ沢駅

 鰺ヶ沢駅に着きました。すでに能代を出てから3時間が過ぎています。鰺ヶ沢駅でも13分停車します。列車の三両目が回送扱いから通常使用に戻ったのを鰺ヶ沢駅で確認しました。
 五所川原からの乗客が近くに座りましたが、この人の方言はかなりものでした。日本語かどうかもわからないくらいでしたから(笑)

kita2012tohoku128.jpg
リンゴ畑(林崎駅付近)

 五所川原から車窓にリンゴ畑が多くなってきました。天気がよければ岩木山がくっきりと見えるのですが、今日は雲で見えません。

kita2012tohoku129.jpg
川部駅観光案内

 川部駅で進行方向を変えるために7分停車します。

kita2012tohoku1291.jpg
列車@撫牛子

 撫牛子(ないじょうし)駅で下車します。こちらも難読駅ですね。能代から4時間以上にもわたる旅がここで終了しました。

能代 0745〜1208 撫牛子 五能線・奥羽本線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行11:五能線2

kita2012tohoku111.jpg
岩館〜大間越

 岩館駅を出てから、より海沿いを走るため景色がよくなります。また普通列車ですが、景勝地ではゆっくり走ってくれます。なかなかうれしいサービスです。秋田市内から来たような団体さんがいるのですが、仲間通しの会話は方言なので何を言っているのかが全くわかりません。遠くまでやってきたという感じがします。


岩館〜大間越1


岩館〜大間越2

kita2012tohoku112.jpg
十二湖〜陸奥岩崎

 陸奥岩崎駅に到着しました。到着する前に「次の陸奥岩崎駅から××駅(聞き取れず)まで、3両目は回送扱いになります。お乗りの方は申し訳ありませんが、1両目か2両目に移動してください」という車内アナウンスがありました。ホームが短いのでしょうか? 理由はよくわかりませんでした。


艫作(へなし)〜横磯

 まだまだ絶景区間が続きます。五能線の醍醐味は日本海の景色です。ところで、「艫作」は難読漢字ですね。知らなければ「へなし」とは読めないでしょう。


横磯〜深浦

kita2012tohoku113.jpg kita2012tohoku114.jpg
深浦駅

kita2012tohoku115.jpg
深浦観光案内

kita2012tohoku1151.jpg kita2012tohoku1152.jpg
スタンプ

 深浦駅へ到着しました。深浦駅は五能線を代表する駅の一つです。ここで7分停車します。

kita2012tohoku116.jpg
深浦〜広戸

 深浦を過ぎると、岩の色が赤茶色に変化してきます。


深浦〜広戸

kita2012tohoku117.jpg
深浦〜広戸

能代 0745〜1208 撫牛子 五能線・奥羽本線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行10:五能線1

kita2012tohoku10map.jpg

kita2012tohoku101.jpg
五能線案内図

 車内に掲げられている五能線の案内図です。今日は左側の能代から乗車し、五所川原を経由し、写真にはありませんが、川部から撫牛子(ないじょうし)駅まで一気に向かいます。五能線は3回目ですが、今まではリゾートしらかみでしたので、普通列車ははじめてです。


米代川橋梁(能代〜向能代)

 米代川河口にかかる米代川橋梁です。ここでは長さは516mあります。

kita2012tohoku102.jpg
滝ノ間〜あきた白神

 幸いにも雨が上がってきたようですが、写真のように白神山地方面は雲や霧が視界を遮っています。

kita2012tohoku104.jpg kita2012tohoku105.jpg
列車@岩館駅

kita2012tohoku106.jpg kita2012tohoku107.jpg
岩館駅

 岩館駅で列車交換のため14分間停車します。駅の外に出て気分転換します。


岩館駅列車交換

能代 0745〜1208 撫牛子 五能線・奥羽本線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行9:能代駅

kita2012tohoku091.jpg
朝食

 朝食は前日にイオンで買ったおにぎりです。

kita2012tohoku092.jpg kita2012tohoku093.jpg
街並み

 スポーツ用品店のシャッターはやはりバスケットなんですね。能代港まつり花火大会の案内もあります。マスコットは「さんじゃくん」と「はなぴかちゃん」です。三尺玉からの命名でしょうね。

kita2012tohoku094.jpg
能代駅舎

 今日は、秋田・青森の広い範囲に渡って大雨注意報が出ています。まだ小雨ですが、これからの天気が心配です。気温も寒く、ホテルを出たときから長袖のブルゾンを着ています。能代駅のキオスクで温かい飲み物を買おうと思いましたが、おいてありませんでした。

kita2012tohoku095.jpg
バスケの街 のしろ

kita2012tohoku096.jpg
能代駅待合室

kita2012tohoku0961.jpg kita2012tohoku0962.jpg
能代駅スタンプ

kita2012tohoku097.jpg kita2012tohoku098.jpg

 ホームにもバスケットがたくさんあります。珍しいですね。以前、リゾートしらかみに乗った時にこのリングに見事にシュートが決まったことを思い出しました。

kita2012tohoku099.jpg
能代駅名票
 しばらくしてこれから乗る五能線の普通列車が入線してきました。


能代駅入線

 3両セミクロスでトイレ付き、車掌さんもいます。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行8:のしろ豚なんこつ

kita2012tohoku081.jpg
温もりの年輪木都 のしろ

kita2012tohoku082.jpg
能代駅舎

kita2012tohoku083.jpg
能代駅前市場

 能代駅下車徒歩1分の場所にある、その名も能代駅前市場の「たい焼伝説」というお店に能代のB級グルメの白神NEGI味噌ピザがあるという情報があったので行ってみると、「イベント出店のためしばらく休業します」という張り紙が、、、、

がーん、ショック!

kita2012tohoku084.jpg
串かつ串源

 それではと、こちらも美味しい串かつがあるという情報を得て、駅から徒歩3分のくし源に行ってみると、、、、、、

kita2012tohoku085.jpg

 またも、無情の張り紙が、、、、、、、 
がーん、ショック!!!!!!!
能代まできて二連敗とはついていません。

 気を取り直して、まずは予約していたホテルにチェックインしました。フロントで聞いてみます。
「能代では豚なんこつが名物だと聞いているのですが、この近くで豚なんこつが食べられるお店はありますか?」
「はい、ございます。こちらのパンフレットをご利用ください。あと当ホテル周辺の飲食店マップもどうぞご利用ください」
とパンフレットと地図をいただきました。

kita2012tohoku0851.jpg kita2012tohoku0852.jpg
のしろ名物 のしろ豚なんこつマップ

kita2012tohoku086.jpg
べらぼう

kita2012tohoku087.jpg
岩ガキ

 まだまだ日が沈む前で外は明るい状態です。ホテルから徒歩5分ほどの酒どこべらぼうというお店に行き、口開けの客となりました。ご主人はまだ手書きのメニューを制作中でした。生ビールと岩ガキで旅の疲れを癒します。そして、しばらくして豚なんこつの登場となりました。

 豚なんこつとは、「普段、軟骨と言えば頭にイメージするのは鶏の軟骨?だと思いますが、ここ能代では軟骨と言えば豚なんこつが普通です。能代豚なんこつには40年の歴史があり、豚なんこつを食べるきっかけになったのは、元々は何処かの精肉店が、「もったいないから」と豚のなんこつを包丁で叩いて出したのがきっかけとか。」というものです。そして能代豚なんこつの特徴は、「他の地方では、圧力鍋で豚ばら軟骨を柔らかく煮て食すのが主流ですが、能代では豚ばら軟骨の赤身部分となんこつ部分を包丁で丹念に叩き切りして焼いて食します。叩き切りしている為、なんこつ部分はコリコリした食感が楽しめる他、赤身肉の柔らかさとジューシーさの2つが楽しめます。食べ方は、適当な大きさに切り、そのまま塩コショウして焼くか、焼いてタレにつけていただきます。焼肉として鉄板で焼いても良し、フライパンで焼いても良し、焼き鳥の串に刺して焼き鳥としても楽しめる一品となっています。」です。

kita2012tohoku088.jpg
豚なんこつ

 これが豚なんこつです。「なんこつ」というとコリコリした食感を楽しむような印象がありますが、こちらの豚なんこつは肉そのもので、中にわずかになんこつ成分が混じっています。美味しい肉料理という印象です。次に天一という天ぷら屋に行きました。

kita2012tohoku089.jpg
「亀の舞」

 地元の日本酒の「亀の舞」を偶然にも勧められ、もちろんそれをいただきました。そして天ぷら盛り合わせを注文しました。

kita2012tohoku0891.jpg
天ぷら盛り合わせ

kita2012tohoku0892.jpg
じゅんさいの天ぷら

 亀の舞と天ぷらがいいコンビです。天ぷらの中にじゅんさいの天ぷらがありました。私は初めて食べました。大将にお話しを伺うと、能代では夏の期間だけですが、天ぷらとして食すのは珍しくないとのことでした。まさに所変われば品変わるですね。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行7:大館〜東能代

kita2012tohoku071.jpg
奥羽本線列車

 大館駅の1番線には弘前発秋田行きの普通列車が花輪線からの乗り換え客を待っていました。2両編成のロングシートでトイレはついています。

kita2012tohoku072.jpg
早口〜糠沢

 このあたりは田んぼが多いですね。日本の穀倉地帯の一つなのでしょう。あきたこまちという品種もありますね。



秋田内陸線分岐(鷹ノ巣〜前山)

 鷹ノ巣駅からは今年の冬にお世話になった秋田内陸縦貫鉄道が左側に分岐していきます。


米代川橋梁(二ツ井〜富根)

 二ツ井〜富根間にある米代川橋梁は337mの長さです。

kita2012tohoku073.jpg
鶴形駅名標

 つるつるステーションの対象駅だった鶴形駅には、3年前に下車しています。

大館 1540〜1625 東能代 奥羽本線

kita2012tohoku075.jpg
五能線車両

 東能代に到着しました。ここからわずか一駅ですが、五能線に乗り換えます。今日の宿泊地は能代です。

東能代 1628〜1633 能代 五能線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行6:IGRいわて銀河鉄道〜花輪線4

kita2012tohoku061.jpg kita2012tohoku062.jpg
kita2012tohoku063.jpg
十和田南駅


十和田南駅出発

kita2012tohoku064.jpg
米代川(十和田南〜末広)

 十和田南駅を出発し、列車は米代川に沿って走ります。

kita2012tohoku065.jpg
末広駅名票

 縁起のいい名前と読むか、あるいは逆さにして涼子〜〜と心の中で叫ぶかは人それぞれですが、私は後者です(笑)

kita2012tohoku066.jpg
沢尻駅名票

 エリカ〜〜って叫びだす人もいるかも知れませんね(爆)

kita2012tohoku067.jpg
米代川(扇田〜東大館)


奥羽本線オーバークロス(東大館〜大館)

 東大館をすぎてしばらくすると奥羽本線をオーバークロスして北側から大館駅に滑り込みます。盛岡を出てから約3時間の旅が終わりました。

盛岡 1248〜1534 大館 IGRいわて銀河鉄道・花輪線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行5:IGRいわて銀河鉄道〜花輪線3

kita2012tohoku05map.jpg


兄畑〜湯瀬温泉

kita2012tohoku052.jpg
兄畑〜湯瀬温泉

 日本の里山という雰囲気ですね。


陸中大里〜鹿角花輪


鹿角花輪駅到着

kita2012tohoku054.jpg
鹿角花輪駅

 鹿角花輪駅で列車交換です。ただしこの列車はすぐに発車します。

kita2012tohoku056.jpg
鹿角花輪〜柴平

 いい天気になってきました。


十和田南駅到着

kita2012tohoku059.jpg
列車@十和田南駅

 列車が十和田南駅に到着しました。ここで線路がスイッチバックしているために、進行方向を変えます。そのために5分ほど停車します。

盛岡 1248〜1534 大館 IGRいわて銀河鉄道・花輪線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行4:IGRいわて銀河鉄道〜花輪線2


安比高原〜赤坂田

 安比高原からは下り坂になっています。

kita2012tohoku042.jpg
安比高原〜赤坂田

kita2012tohoku043.jpg
横間〜田山

 のどかな田園風景が続きます。


横間〜田山

kita2012tohoku045.jpg
横間〜田山
 青空も覗いてきました。

kita2012tohoku046.jpg
米代川上流(田山〜兄畑)

 米代川の上流です。ここは岩手県ですが、分水嶺を過ぎたので日本海に流れ込む流域になります。

盛岡 1248〜1534 大館 IGRいわて銀河鉄道・花輪線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行3:IGRいわて銀河鉄道〜花輪線1

kita2012tohoku03map.jpg

 今回利用したスリーデーパスは、JR東日本だけでなくJR北海道線の中小国~函館間と木古内~江差間、青い森鉄道IGRいわて銀河鉄道、三陸鉄道(臨時バスは除く)、北越急行、富士急行及び伊豆急行の普通列車(快速含む)の普通車自由席に乗り放題なのが特徴です。青春18きっぷとは違うので、IGRいわて銀河鉄道も乗り放題なのです。

kita2012tohoku031.jpg

 12時38分のいわて沼宮内行きに乗って、渋民や好摩で乗り換えることも考えましたが、当初から予定の大館行きに乗りました。

kita2012tohoku032.jpg
12時38分発のいわて沼宮内行き列車

kita2012tohoku033.jpg
12時48分発の大館行き列車

 大館行き列車は2両セミクロスシートで、トイレも付いており、車掌さんも乗務しています。ボックス席の窓側進行方向に座ることができました。正面には老夫婦が座りました。巣子(すご)駅までは東北新幹線と並行して走っていきます。次の滝沢駅は滝沢村にありますが、この滝沢村の人口は2012年4月1日現在で54,346人と日本の村だけでなく町を含めて最多の人口となっています。盛岡市のベッドタウンとして人口が増えているようです。好摩駅からはJR花輪線に乗り入れます。

kita2012tohoku034.jpg
平館(たいらだて)駅付近

 平館駅付近では写真のように稲穂が順調に育っています。ここまでは駅につくとそこそこの乗降客がありましたが、平館駅を過ぎると車内は空いてきました。場所を移動しながら車窓を楽しんだり、写真撮影することができます。


松尾八幡平〜安比高原の上り

 松尾八幡平から安比高原まではかなりの登り坂です。

kita2012tohoku036.jpg
安比高原駅付近

 安比高原駅の周囲では白樺林がきれいです。

盛岡 1248〜1534 大館 IGRいわて銀河鉄道・花輪線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行2:盛岡冷麺

kita2012tohoku021.jpg
盛岡駅前

 盛岡駅前は賑やかです。

kita2012tohoku022.jpg
寿々苑

 お腹が空いたので、駅ビル地下のめんこい横丁に行き盛岡冷麺の看板につられて寿々苑に入りました。冷麺の並を注文しました。辛さも選べるとのことでしたので、無難に中辛を選びました。

kita2012tohoku023.jpg kita2012tohoku024.jpg
冷麺(並)中辛

 シコシコとした食感の麺は冷麺特有のものです。透明感のある麺が涼しげです。スープは牛骨のダシが利いています。辛さは中辛でちょうどよい感じでした。

kita2012tohoku025.jpg
IGRいわて銀河鉄道乗り場

 食後、IGRいわて銀河鉄道乗り場へ移動します。東北新幹線が盛岡から八戸へ延伸された時に、東北本線だった盛岡〜目時間がIGRいわて銀河鉄道に経営が分離されたものです。運賃はJR時代に比べてかなり割り増しになっています。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北東北紀行1:豪雨の影響

 今年の7月14日〜16日に北東北に行ってきました。この時期は、数日前から九州北部は豪雨で被害がでていました。南関東地方のこちらはそれほど被害はなかったのですが、前夜(7月13日)から14日未明にかけて大雨が降りました。午前3時頃には、屋根にあたる雨音で目覚めてしまうほどでした。6時にセットしていた目覚ましが鳴る前の5時半頃に起床し、ネットで小田急線の運行状況を確認すると、

kita2012tohoku011a.jpg
kita2012tohoku011b.jpg
小田急ホームページから

 と、伊勢原〜新松田が不通となっており、新宿〜伊勢原間の折り返し運転をしていることがわかりました。伊勢原駅から新宿へ向かう私にとっては幸運なのですが、折り返し運転は運転間隔が長くなり時間も通常よりもかかるので遅刻しないように早めに伊勢原駅へ向かいます。

kita2012tohoku012.jpg
伊勢原駅列車表示(時刻表示なし)

 伊勢原駅に着くと、下りホームが混雑しています。新宿行き上り列車も、今朝は下りホームから出発するので、全員が下りホームに集まっているためです。
 30分ほど待ってから到着した下り急行電車が、折り返して新宿行きになると構内放送がありました。乗車してさらに待つこと約15分して、7時直前に電車は新宿方面に走り出しました。これなら何とか間に合うと思います。

kita2012tohoku013.jpg
新宿駅南口

 新宿には8時過ぎに着きました。南口から駅舎を望むときれいな青空が覗いていました。
 ここから中央線に乗り換えてまずは東京駅を目指します。そして新幹線乗り場に移動してはやて73号を待ちます。東北新幹線は通常運行しています。

kita2012tohoku014.jpg
東北新幹線列車表示

 午前9時8分発のはやて73号はとても早く、あっという間に盛岡に到着してしまいます。

kita2012tohoku015.jpg
列車切り離し

 盛岡からははやてとこまちに切り離されます。その様子を見るために乗客がホームに降りて写真を撮っています。

伊勢原0655頃〜0802頃新宿 小田急線 急行
新宿 0811〜0825 東京 中央線 スリーデーパス
東京 0908〜1201 盛岡 東北新幹線 はやて73号

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター