信州紀行9:小海線2

(2005年の旅です)

shintsuma101.jpg shintsuma102.jpg
小海線線路 ◇ 高原野菜

 昼食後は小海線の後半戦です。これからが本当の高原を走るのです。小海駅からは2両セミクロスシートのワンマン車両です。川上村の小学生バレーボールチームの女の子たちがここからたくさん乗って来ました。夏休みの試合があったのでしょう。高原野菜生産工場といった趣の畑が左右の車窓を賑わしていると信濃川上駅に到着して彼女たちは降りていきました。

shintsuma103.jpg shintsuma104.jpg
JR線最高駅の野辺山駅 ◇ 鉄道最高地点

 一度は空いた車内ですが次の野辺山駅からは多くの観光客らしき人達が乗り込んできました。ここ野辺山駅はJR線の最高地点にある駅として知られており、次の清里駅までの間に鉄道最高地点を通過します。車内では観光アナウンスがなされており車内から見えるはずの八ケ岳の説明などがありましたが曇っていたために見えなかったのは残念でした。

shintsuma105.jpg shintsuma106.jpg
清里駅 ◇ 迫る中央線線路

 女性にも人気の高い清里駅を出ると列車は高度をどんどん下げて行きます。もやの立ちこめた幻想的な風景の中を列車は静かに進みます。やがて右手から中央線の線路が迫ってきます。小淵沢駅はもうすぐのようです。

shintsuma107.jpg
人気駅弁の元気甲斐

 小淵沢駅に到着し乗り換えまでの短い時間で駅弁を購入しました。駅弁ランキングで上位に入る、「元気甲斐(二段重ね)」と「八ケ岳の高原弁当(高原野菜がいっぱい)」と「甲州名物煮貝めし」をゲットし子供の夕食(夜食か?)にするつもりです。

 小淵沢駅からは6両編成のセミクロスシート車両です。大月あたりから混雑しはじめ、四方津では有名な駅直結のエスカレーターに改めて驚き、藤野では南側の山腹にハートマークのついた手紙のオブジェが印象に残りました。

shintsuma108.jpg shintsuma109.jpg
地震の新聞記事 ◇ 各地の震度

 相模湖駅に到着した列車が出発しません。すぐに車内放送があり「16時35分頃、関東地方で震度5の地震がありました。現在線路の点検中ですのでしばらくお待ちください」とのこと。この時点ではあとどれくらいで列車が動くかわかりません。このような状況はかなり不安です。いつの間にか隣のホームには特急車両が臨時停車しています。おそらくあずさ24号と思われます。相模湖駅到着が16時45分くらいだったと思いますが、17時10分頃には「東京~四谷はまだ点検中ですが、四谷~高尾間では運転を再開いたしました」という放送とともに隣のホームの特急が先に出発しました。その後「高尾駅満線のためしばらくお待ちください」という放送があり、結局17時21分に相模湖駅を出発しました。しかしこの列車は立川行きの予定でしたが高尾止まりになったと放送があり、17時30分に高尾で一旦下車しました。高尾からは17時52分発の列車で、八王子へ17時59分に到着しました。横浜線のホームへ移動するとこちらは通常運転のようでしたが、18時7分発の列車が4分遅れで出発しました。そして町田駅で下車し、夕食を済ませてから小田急線で伊勢原駅に向かいました。

 2日間での交通費は小田急線を入れてもわずかに4,960円と格安であり青春18きっぷの威力です。ただし伊勢原駅発から伊勢原駅到着までの時間のなんと約75%を車内で過ごしたことになります。このプランではかなり体力が必要です。この次はもう少し余裕を持ったプランにしてみようと思います。

【旅程】小海(13:15)~小淵沢(14:26) 小海線
小淵沢(14:32)~高尾(17:30) 中央東線<地震の影響で遅延>
高尾(17:52)~八王子(17:59) 中央東線
八王子(18:11)~町田(18:36) 横浜線
町田(19:17)~伊勢原(19:45) 小田急小田原線 300円

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

信州紀行8:小海駅

(2005年の旅です。写真をクリックすると大きくなります。)

shintsuma901.jpg shintsuma902.jpg

shintsuma903.jpg shintsuma904.jpg
小海駅

 終点の小海駅に到着です。ホームには石でできた駅名標もありました。海抜865mだそうです。車両には“小海線やっピーくん”のステッカーが貼ってありました。八ケ岳から名前をとったのでしょうか?

shintsuma905.jpg shintsuma906.jpg
小海駅前 ◇ 小海の森の小人たち

shintsuma907.jpg
小海診療所

 駅前は小さなロータリーになっていてその中心に小海駅という看板と小海の森の小人たちの人形?がありました。駅が街の中心なのでしょうか、駅舎にはスーパーマーケットやJAがあり、JAの中に厚生連佐久総合病院小海診療所がありました。スーパーの中には調剤薬局もあります。

shintsuma908.jpg shintsuma909.jpg
ソースカツ丼@桔梗家

 まさしく駅前食堂が2軒ありました。桔梗家というお店に入り昼食をとります。メニューにはラーメンなどの麺類もありましたが、私はソースカツ丼を妻は中華丼を注文しました。ソースカツ丼はソースの酸味がなんとも言えずにご飯と相性がよく満足でした。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

信州紀行7:小海線1

(2005年の旅です)

shintsuma801.jpg shintsuma802.jpg
小海線のりば@小諸駅

 小諸からは小海線に乗り換えます。ホームには“高原列車の旅”という案内板があり旅情を盛り上げてくれます。

shintsuma803.jpg shintsuma804.jpg

 小海線の車両は2両編成で車掌さんもいます。セミクロスシートですがクロスシートが2列と1列と左右で異なるといったユニークな構造です。この小海駅行きは2両編成ですが2両目は中込駅までであり、中込駅から先は1両編成のワンマンになるようです。

shintsuma805.jpg
佐久平駅

shintsuma806.jpg shintsuma807.jpg
車窓

 長野新幹線の乗換駅の佐久平駅です。新しい駅舎が立派です。この駅で多くの人が乗り込んできました。列車は黙々と自然の豊かな場所をのどかに走り続けます。

【旅程】小諸(11:17)~小海(12:19) 小海線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

信州紀行6:しなの鉄道

(2005年の旅です)

shintsuma701.jpg
篠ノ井駅名標

shintsuma702.jpg shintsuma703.jpg
列車@篠ノ井駅

 篠ノ井駅からはしなの鉄道で小諸に向います。しなの鉄道はJRではないので青春18きっぷは使えません。改めて乗車券(830円)を購入します。しなの鉄道は元の信越本線なので複線で、車両は赤い3両のセミクロスです。

shintsuma704.jpg
ドアとシートの間

 ドアとシートの間には写真のような間仕切りがあります。ひょっとして長野県の県花のりんどうなのでしょうか?

shintsuma705.jpg shintsuma706.jpg
小諸駅全景 ◇ 足裏マッサージ

 小諸駅のそばに懐古園がありますが、時間がないので観光はしません。その代わりに駅舎に5分100円の足裏マッサージがありましたので、疲れた足を癒します。なかなか気持ちがいいものです。

shintsuma707.jpg shintsuma708.jpg
あげまんじゅう@亀や

 駅前の“亀や”であげまんじゅうを2つ買いました。どうも「亀」という字には弱いようです(笑)。小海線の車内で食べましたが、とても美味しかったです。

【旅程】篠ノ井(09:58)~小諸(10:48) しなの鉄道 830円

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

信州紀行5:姨捨駅2

(2005年の旅です)

shintsuma601.jpg shintsuma602.jpg
スイッチバック

 乗ってきた列車は反対側に動き、駅の下側を山の斜面に沿うように下って行きます。 写真の右側がホームで、左側に下っていくと篠ノ井・長野方面です。写真の奥へずっと行くと松本方面です。

shintsuma603.jpg shintsuma604.jpg

shintsuma605.jpg
眺望

shintsuma606.jpg
ホーム

shintsuma607.jpg
駅舎内待合室

 姨捨駅からの眺望です。善光寺平を一望することができ、なかなか雄大で感激しました。駅舎でしばし休憩です。その後、篠ノ井駅に向かいます。

【旅程】姨捨(09:31)~篠ノ井(09:45) 篠ノ井線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

信州紀行4:姨捨駅1

(2005年の旅です)

shintsuma501.jpg
列車表示

 篠ノ井線の列車は3両セミクロスシートですが車掌さんがいます。学生さんなどで乗客が多くて賑やかな車内です。

shintsuma502.jpg shintsuma503.jpg
姨捨駅

 姨捨駅で途中下車します。2面2線です。このあたりは日本三大車窓の一つですので雄大な景色をゆっくりと楽しみます。

shintsuma504.jpg shintsuma505.jpg
駅舎ホーム側 ◇ 跨線橋

 跨線橋の向うの線路は行き止まりです。この駅はスイッチバックになっているのです。

shintsuma506.jpg shintsuma507.jpg
姨捨駅案内板

 姨捨伝説や田毎の月などでも知られています。

shintsuma508.jpg shintsuma509.jpg
行き止まり ◇ 俳句投句箱

 ホームには俳句投句箱が設置してありました。

【旅程】松本(08:04)~姨捨(08:50) 篠ノ井線

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

信州紀行3:大糸線

(2005年の旅です)

 白馬駅からは松本方面に戻ることになります。2両編成のワンマン列車はロングシートとクロスシートがミックスされた珍しい座席配置です。

shintsuma401.jpg shintsuma402.jpg
列車@白馬駅 ◇ 車内

shintsuma403.jpg shintsuma404.jpg
車窓

 車窓には青木湖や木崎湖が見え隠れしています。

shintsuma405.jpg shintsuma406.jpg
青木湖 ◇ 木崎湖

shintsuma407.jpg
車内@信濃大町

 信濃大町駅で快速松本行きに乗り換えます。これは4両セミクロスシートです。外はかなり明るくなってきました。

shintsuma408.jpg shintsuma409.jpg
shintsuma410.jpg

信州紀行2:白馬駅

(2005年の旅です)

shintsuma301.jpg
青春18きっぷ2回使用後

 やがて車内で検札があります。ここで青春18きっぷと指定券と新宿~立川までの乗車券を見せ、青春18きっぷに上記のように日付印が押されます(妻と二人分なので二ヶ所に押されます)。慣れてないせいかなかなか寝られません。周囲を見渡すと一人で2席を使って身体を横にしている人達がいます。出発時には“満席”というアナウンスがありましたので、この人達は1人で2席の指定券を持っているのでしょうか? ここらあたりはマナーの問題なのでしょう。さて甲府を過ぎると雨が窓をたたきます。今日は天気が悪いのでしょうか? 気になります。

shintsuma302.jpg shintsuma303.jpg
足を伸ばせる! ◇ 松本電気鉄道@松本駅

 うとうとしていたら、前の席が空いているのに気づいたので、座席を転回し足を伸ばすことができました。これは楽です。ところが列車が松本駅に到着すると急行ちくま(大阪21:43発、長野05:33着)からの乗り換え客でしょうか、かなりの数のお客さんが乗ってきます。前の座席にも乗ってきてしまいました。うーん、残念! 外を見てみると空が明るくなってきています。でも雨は止んでいるようです。

shintsuma304.jpg
車窓

 大糸線のホームは短いので1号車および9号車のドアが開かないこともあるというアナウンスがありました。穂高駅では多くの乗客が下車していきます。そうこうしているうちに終点の白馬に到着しました。白馬駅はこのあたりでは大きな駅なのでしょうね、2面3線でした。結局、かなりの睡眠不足で到着しました。

shintsuma305.jpg shintsuma306.jpg
白馬駅舎 ◇ 待合室のベンチ

shintsuma307.jpg
橋詰そば屋

 白馬駅前にはタクシーやバスも数多くあり華やかです。なんとマクドナルドもありましたが、営業時間ではないようでした。駅舎2階には宿泊施設のフォルクローロ白馬があったのですが、2006年秋に営業を止めています。さてさて、睡眠不足でも腹は減ります。せっかく信州に来たのだからと駅前のそば屋に入りました。

shintsuma308.jpg shintsuma309.jpg
山菜そば ◇ とろろそば

 私は山菜そば、妻はとろろそばを食べました。そばは大変美味しかったです。駅に併設されている観光案内所で地図を手に入れ、さぁこれから長い一日が始まります。

【旅程】新宿(23:54)~白馬(05:36) 中央東線~大糸線 快速ムーンライト81号 3,260円
  (運賃:新宿~立川 450円 + 青春18きっぷ 2,300円、指定席510円)

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

信州紀行1:ムーンライト信州

(2005年の旅です。写真をクリックすると大きくなります。)

 青春18きっぷの存在は以前から知ってはいましたが今まで利用したことがありませんでした。今夏初めて青春18きっぷを購入しましたので、ムーンライト信州を使って信州に行ってみることにしました。青春18きっぷとは一言で言うと「JRの普通列車(快速を含む)が一日乗り放題になるお得な切符」なんです。年齢制限はありません。利用できる期間は通年ではなく春・夏・冬の3回となっています。またバラ売りはしてなくて5回分11,500円(1枚分2,300円)でみどりの窓口などで販売しています。さて予定プランを示して家族を誘うと妻だけが同意。まぁこんなものでしょう。妻に感謝です。

shintsuma011.jpg
青春18きっぷ

 この青春18きっぷを利用すると格安で日本各地に旅することができます。特にムーンライト信州のような快速夜行列車を利用すると旅の選択肢が広がります。今回は新宿を23時54分発のムーンライト信州81号を利用することにしました。出発日の7月22日はわずか6分間しか利用しないため、日付が変わってから最初の停車駅である立川駅まで450円の乗車券をわざわざ購入します。これがコツです。またムーンライト信州81号は全席指定なので事前に510円の指定券を購入しておきました。つまり3,260円(2,300円+450円+510円)で新宿から白馬まで移動できるのです。さらに7月23日に乗車するその後のJRの普通列車・快速列車の運賃も含まれることになるのです。

shintsuma012.jpg
ムーンライト信州81号指定席券

shintsuma013.jpg
列車表示@新宿駅

shintsuma014.jpg
遠い5番線への道

shintsuma015.jpg
特急かいじ?

 さて、伊勢原を21時51分の快速急行に乗り一路新宿へ。さすがに快速急行だけのことはあり、新百合ヶ丘~下北沢はノンストップで22時42分に新宿に到着しました。カフェでお茶を飲んだり買物をしたりで入線時刻の23時34分が次第に迫ってきました。新宿駅の5番ホームはなかなか遠く、たどり着いた時にはムーンライト信州はすでに入線していました。でもドアは閉まったままです。1号車はレディースカーですが私たちの指定席は先頭の9号車です。ヘッドマークは、クルクル回っていて“あずさ”になったり“かいじ”になったりして最終的には“快速ムーンライト信州”に変わりました。

shintsuma201.jpg shintsuma202.jpg

shintsuma203.jpg
ムーンライト信州81号

 方向幕はもちろん“快速ムーンライト信州 For白馬”となっています。

shintsuma204.jpg
車内の様子

shintsuma205.jpg
網棚

 ドアが開き乗客が車内へ進みます。座席は特急型の回転型クロスシートです。リクライニングするだけで決して横にはなれません。寝台車とは違います。乗客の多くは大きなバックパッキングをした山男・山女です。レディースカーが併設してあるにも関わらずここにも女性がいるということはレディースカーの人気が高い印なのでしょう。網棚は荷物で一杯です。

 中央線のダイヤの乱れの関係で出発が5分ほど遅れて23時59分となりました。中央線をゆっくりと進んで行きます。後ろの4人組は大人数の登山グループの人達ですがミニ宴会をやっておりうるさくてかないません。しかしながら午前1時前に八王子を過ぎる頃には車内は静かになりました。

【旅程】
伊勢原(21:51)~新宿(22:42) 小田急小田原線 快速急行 570円
新宿(23:54)~白馬(05:36) 中央東線~大糸線 快速ムーンライト81号 3,260円
  (運賃:新宿~立川 450円 + 青春18きっぷ 2,300円、指定席510円)

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター