南三陸紀行67 新花巻から帰路

mina14san621.jpg

mina14san622.jpg

 新幹線の新花巻駅はそれはそれは大きな駅です。

mina14san623.jpg

 東北新幹線に新花巻駅の建設を陳情した経緯などが書かれています。

mina14san624.jpg

 いろいろな所で見る穴あきパネル。ここにもありました。

mina14san625.jpg

 駅スタンプです。賢治のふるさとイーハトーブの花巻へようこそという文字と、花巻鹿踊りが描かれています。

mina14san626.jpg

 新幹線の改札口を通ります。

mina14san627.jpg

 橋上ホームから釜石線の釜石側を眺めます。線路がまっすぐに敷かれています。

mina14san628.jpg

 よく目を凝らすと、遠くには雪を頂いた山が見えました。帰宅後に調べると早池峰山(はやちねざん)だとわかりました。

 新花巻14時19分発の東北新幹線やまびこ50号で帰路につきます。わずか3時間5分で東京に到着しました。そして新宿を経由して小田急線で伊勢原まで帰りました。天気に恵まれ、楽しい鉄道の旅でした。

新花巻1419ー1724東京 東北新幹線 やまびこ50
東京1730ー1745新宿 中央線 快速
新宿1807ー1902伊勢原 小田急線 快速急行


FC2ブログランキング

南三陸紀行66 宮守〜新花巻

mina14san611.jpg
釜石線(遠野〜土沢)

 釜石線の旅もラストスパートです。

mina14san612.jpg

mina14san613.jpg

 岩根橋〜晴山間の車窓です。

mina14san614.jpg

mina14san615.jpg


晴山〜土沢

 晴山〜土沢では先頭から動画を撮ってみました。

mina14san616.jpg

 列車は新花巻へ到着しました。この駅の愛称はステラーロで意味は星座です。

mina14san617.jpg

 ホームから釜石側を眺めます。

mina14san618.jpg

 こちらは花巻側です。東北新幹線との乗り換え駅なのですが、単なる棒線駅でした。

mina14san619.jpg

mina14san6191.jpg

 新幹線駅への連絡通路の壁には銀河鉄道の夜をイメージした絵と、釜石線の地図が描かれていました。

mina14san6192.jpg

 「C58 239 SL銀河、デビュー!!  釜石線にて4月12日運転開始」と書いてあります。

遠野1305ー1357新花巻 釜石線


FC2ブログランキング

南三陸紀行65 遠野〜宮守

mina14san601.jpg
釜石線(遠野〜土沢)

 SL銀河より早く出発する列車で遠野を出ます。

mina14san602.jpg

 遠野駅に戻り釜石発の列車を待ちます。

mina14san603.jpg

 ホームの壁にもカッパがいました。

mina14san604.jpg

 「遠野さ また おでんせ」という観光PRにもカッパが登場です。

mina14san605.jpg

 銀河ドリームライン釜石線「人と人・街と街」レールでつなぐJR東日本と書いてあります。カッパを探しましたがここにはいないようです。

mina14san606.jpg

 向こう側のホームでは蒸気機関車が点検を終えたのか、客車に戻ってきていました。

mina14san607.jpg

 まぶしい光を浴びて客車が輝いています。

mina14san608.jpg

mina14san609.jpg

 定刻の13時05分に遠野を出発しました。普通列車で、2両、ワンマン、セミクロスシート、トイレ付きです。天気がよくて景色もいいです。こんなのどかな時間はゆっくりと過ぎていってほしいのですがそうも行きません。

mina14san6091.jpg

mina14san6092.jpg

 宮守の街に入ると、すぐに宮守駅に到着しました。この駅の愛称はガラクシーア・カーヨ(銀河のプラットホーム)です。これはこの近くの宮守川橋梁(めがね橋)の旧橋が宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモチーフになったことからつけられたのでしょう。


FC2ブログランキング

南三陸紀行64 遠野駅前

mina14san5991.jpg

 遠野駅舎です。2階がフォルクローロ遠野というホテルです。10年ほど前に家族で宿泊しました。懐かしい眺めです。

mina14san5992.jpg

 こちらがホテルの入口です。

mina14san5993.jpg

 これはなんの銅像だったのでしょうか。写真だけ撮ったのですが、なんだったのか忘れました(笑)。

mina14san5994.jpg

 池の淵で和んでいるカッパ達です。

mina14san5995.jpg

 ポストの上にもカッパです。ちょっとカエルに似てるかな?


FC2ブログランキング

南三陸紀行63 遠野駅

mina14san591.jpg

 遠野駅の愛称はフォルクローロ(民話)です。だから遠野駅直結のJR経営のホテルをフォルクローロ遠野と言うのですね。

mina14san592.jpg

 跨線橋を渡り改札口へ向かいます。

mina14san593.jpg

 改札を出たところにはSL銀河の空席案内があり、「遠野→花巻間 満席」となっています。すごい人気ですね。

mina14san594.jpg

 岩手軽便鉄道とはJR釜石線の前身で、当時は花釜線とも呼ばれていたそうです。

mina14san595.jpg

 遠野駅の売店で銀河鉄道の夜のクリアファイルを買いました。

mina14san596.jpg

mina14san597.jpg

 遠野駅のスタンプは、「民話のふるさと 遠野物語」とSL銀河(カッパ付き)の二種類ありました。

mina14san598.jpg

 駅舎を出るとSL銀河の穴あきパネルがありました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行62 SL銀河切り離し

mina14san581.jpg


SL銀河切り離し準備

 ここで一旦、蒸気機関車と客車が切り離されます。

mina14san582.jpg

mina14san583.jpg

mina14san584.jpg


SL銀河切り離し

 切り離されてホームの先に移動しました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行61 遠野到着

mina14san571.jpg

 上有住駅を出てから遠野駅まで41分間も止まりません。アテンダントも心得たもので、お客さんが退屈するだろう時期を見計らって、「帽子をかぶって記念写真を撮りませんか?」とやってきました。かわいい女性だったの、ついついお願いしてしまいました(笑)。はぁ、ちょっと恥ずかし・・・・・

mina14san572.jpg

 いつの間にかアテンダントが駅名表示を交換していました。

mina14san573.jpg

 遠野駅に到着しました。私はここで下車して24分後の普通列車に乗り換えますが、SL銀河は遠野で1時間14分停車します。蒸気にする水の補給をするのでしょうか。

mina14san574.jpg

mina14san575.jpg

 たっぷりと時間があるのでまたまた記念写真です。

mina14san576.jpg

 客車も順光を浴びて輝いています。

釜石1055ー1241遠野 釜石線 SL銀河


FC2ブログランキング

南三陸紀行60 上有住駅

mina14san562.jpg

 上有住駅に到着しました。ここで5分間の停車です。

mina14san563.jpg


上有住停車中

 やっと順光で機関車を撮影できました。

mina14san564.jpg

mina14san565.jpg

 天気がいいので機関車が輝いています。


FC2ブログランキング

南三陸紀行59 陸中大橋〜上有住

mina14san550.jpg
釜石線(釜石〜青笹)

 出発の時刻になりました。陸中大橋を出ると、先ほどのトンネルに入ってぐるっと左にカーブして180度回っています。この地図ではわかりにくいのですが、

mina14san551.jpg

 こちらの地図ではっきりするでしょう。それにしてもすごいトンネルですね。

mina14san552.jpg


陸中大橋〜上有住車窓

 トンネルを抜けると、左眼下には、さきほどの陸中大橋駅が見えてきます。180度回りながら高度を稼いでいるのです。不思議な感じがします。

mina14san553.jpg

 次の駅の案内表示もアテンダントが手作業で入れ替えていました。

mina14san554.jpg

 山登りは蒸気機関車も大変です。そもそもこのSL銀河は客車にも動力があるのですが、昔の蒸気機関車はきっとあえぐようにこの坂を登ったに違いありません。

mina14san555.jpg

 車内見物をすると、こんなものもありました。「下ノ畑二居リマス 賢治」。


FC2ブログランキング

南三陸紀行58 陸中大橋駅

 指定された座席に座り出発を待っていると、近いけどバラバラの席となった両親と子供の三人家族が乗ってきました。私が席を譲れば三人が横一列になれるため、窓際の席(12A)から通路側の席(14B)へと移りました。家族は近い方がいいですからね。鉄っちゃんイメージアップ作戦第二弾となりましたでしょうか。

mina14san541.jpg
釜石線(釜石〜青笹)

 さてSL銀河は釜石を定刻に出発しました。小佐野、松倉、洞泉は通過して次の停車駅は陸中大橋です。

mina14san542.jpg

 発車前に1号車にプラネタリウムがあるのを発見しました。係員に尋ねると整理券をもらって10分間のプラネタリウムを体験できるというものでした。早速整理券をお願いすると、11時集合で11時5分からの最初の上映の回でした。

 プラネタリウム自体はまあまあでしたが、周りの乗客、特にお子さんの声が聞こえるために説明アナウンスがはっきりと聞き取れません。終了後に係員に苦情を言っている人もいました。いい企画なのに残念です。

mina14san543.jpg

 プラネタリウムが終わって席に戻ると、SL銀河は登り坂を煙を吐きながら走っています。

mina14san544.jpg

mina14san545.jpg

 もうすぐ陸中大橋に到着するという時、右側に写真のような旧釜石鉱山の鉱石を貨物に乗せて積み出すためのホッパーの跡が見えてきました。

mina14san546.jpg

 11時27分に陸中大橋駅へ到着しました。ここで対向列車待ち合わせのため10分間停車します。エスペラント語ではミナージョ(鉱石)という愛称がついています。もちろん旧釜石鉱山からのネーミングでしょう。

mina14san547.jpg

 駅の進行方向にはこれから入るトンネルが見えます。その右側にもトンネルらしきものが見えますが、旧線のトンネルなのでしょうか?

mina14san548.jpg

mina14san549.jpg

 蒸気機関車では点検が続いています。

mina14san5491.jpg

 10分間の停車時間を利用して記念写真をパチリ、パチリ。釜石駅と同様に逆光になってしまっていますが、そんなこと関係ないようですね。

mina14san5492.jpg

mina14san5493.jpg

 自分の乗った2号車の様子です。

mina14san5494.jpg

 アテンダントの方々も記念写真に協力しています。


FC2ブログランキング

南三陸紀行57 SL銀河車内(2)

mina14san531.jpg

mina14san532.jpg

 まだまだ宮沢賢治関連の展示が続きます。

mina14san533.jpg

 イーハトーブと賢治です。

mina14san534.jpg

 各駅の名前とそのエスペラント語の愛称の一覧表がありました。

mina14san535.jpg

 カラフルな南部鉄器です。最近はカラフルな南部鉄器は外国で愛用されているようです。

mina14san536.jpg

mina14san537.jpg

 こちらは月と星のミュージアムです。

mina14san538.jpg

 次の停車駅は陸中大橋です。おしゃれな案内表示です。ちなみに停車駅は、釜石ー陸中大橋ー上有住ー遠野ー宮守ー土沢ー新花巻ー花巻です。

mina14san539.jpg

 乗車後、車内検札時にアテンダントからSL銀河の記念乗車証が配られました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行56 SL銀河車内(1)

mina14san521.jpg

 これは入場時にいただいた記念のブックマークです。

mina14san522.jpg

 こちらは車内の売店で買ったSL銀河のストラップです。

mina14san523.jpg

 車内の様子です。SL銀河のいろいろな写真やデザイン画が展示してあります。

mina14san524.jpg

 こちらは車内売店のある4号車の中の様子です。ソファーでくつろげるようになっています。

mina14san525.jpg

mina14san526.jpg

 アーティスト賢治の作品展です。地元の大スター宮沢賢治ゆかりのものがありとあらゆるところに展示されています。SL銀河というのも、もちろん銀河鉄道の夜からのものです。

mina14san527.jpg

mina14san528.jpg

 座席の様子です。落ち着いた座席になっています。

mina14san529.jpg

 窓の上には半円状のステンドグラスがありました。

mina14san5291.jpg

 賢治リアリズムとあり、宮沢賢治の年表などが展示されています。

mina14san5292.jpg

mina14san5293.jpg

 ソーシャルデザインと賢治が展示されています。


FC2ブログランキング

南三陸紀行55 SL銀河(2)

mina14san5191.jpg

mina14san5192.jpg

 最後尾の4号車の外装のシンボルははくちょう座です。

mina14san5193.jpg

mina14san5194.jpg

 2号車の外装のシンボルはいて座です。

mina14san5195.jpg

mina14san5196.jpg

 1号車の外装のシンボルはさそり座です。写真はありませんが、3号車の外装のシンボルはわし座でした。

mina14san5197.jpg

 車両はキハ143系です。

mina14san5198.jpg

 先頭の蒸気機関車に人が集まっています。

mina14san5199.jpg

 皆さん、記念写真を撮っていますが、かなりの逆光です。

mina14san51991.jpg

 人が少なくなってから、できるだけ逆光にならないように撮影したのがこれです。コンパクトデジカメの限界です。プレートにはC58239と記載してありました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行54 SL銀河(1)

mina14san511.jpg
釜石線(釜石〜青笹)

 釜石駅からはJR釜石線で遠野を経由して新花巻まで行きます。銀河ドリームライン釜石線という別名がついています。陸中大橋から上有住を経て足ケ瀬に向かう場所は仙人峠といって、標高差の大きい交通の難所でした。

mina14san512.jpg

 JR釜石線の駅スタンプです。「陸中海岸にそびえる大観音の駅」とは平田駅から見えた釜石大観音のことでしょう。

mina14san513.jpg

 こちらはSL銀河のスタンプです。

mina14san514.jpg

 SL銀河は全席指定制で、釜石から花巻まで運行されますが、釜石から遠野までのチケットを取りました。乗車券とは別に指定席料の820円がかかります。休日を中心に走っていますが、今年(2014年)は11月いっぱいの運行です。

mina14san515.jpg

 待合室の列車案内です。どこにもSL銀河の記載はありませんが、この10時55分発の花巻行きはまさしくSL銀河のことです。

mina14san516.jpg

 ホームに行くと腕木式信号機を模した案内板に「ラ オツェアーノ 釜石」と書いてあります。これはエスペラント語で太洋を意味しており、釜石線の駅にはすべてこのようなエスペラント語の愛称が記されています。

mina14san517.jpg

 SL銀河の最後尾が見えてきました。期待感が高まります。


FC2ブログランキング

南三陸紀行53 そば処釜石

mina14san501.jpg

 三陸鉄道南リアス線の釜石駅に到着しました。隣のJR釜石駅に移動してそば処釜石へ寄りました。

mina14san502.jpg

 ここは勢いで海鮮ラーメン680でしょう(笑)。

mina14san503.jpg

mina14san504.jpg

 店内は立食ですが、駅舎の待合室のテーブルを利用して座って食べることができます。塩味のスープと魚介系の具が、なるほど海を連想させますね。

mina14san505.jpg

 駅前派出所のそばにはこんな看板が。駅を超えてまで津波が来たのですね。

mina14san506.jpg

 駅前にあるポスト。よくみるとさけが乗っています。


FC2ブログランキング

南三陸紀行52 吉浜〜釜石

mina14san491.jpg
三陸鉄道南リアス線(釜石〜三陸)

 吉浜から釜石に戻ります。

mina14san492.jpg

 列車は2両で、2両目はレトロ車両です。海側の座席はいっぱいだったので、空いていた山側の座席に座って過ごします。

mina14san493.jpg

 と思ったら、海沿いが景色がよさそうなので立って海を眺めます。

mina14san494.jpg

mina14san495.jpg

 吉浜湾がきれいに見えています。


吉浜〜釜石車窓

mina14san496.jpg

 唐丹駅を過ぎたところでは片岸川を見下ろせます。車内からもさけの様子を見ることができました。

mina14san497.jpg

mina14san498.jpg

 釜石駅に近づいてきました。新日鉄住金釜石工場から工場の稼働を示す煙が立ち上っています。

吉浜0919ー0942釜石 三陸鉄道南リアス線(釜石行き)


FC2ブログランキング

南三陸紀行51 吉浜駅前

mina14san481.jpg

 吉浜駅はキットカットの駅です。駅舎がピンクに染められています。

mina14san482.jpg

 駅舎内には志村けん駅長の等身大パネルがありました。非常勤駅長に就任しているようです。

mina14san483.jpg

 自慢の吉浜今日も元気と書かれた動物たちがいます。

mina14san484.jpg

mina14san485.jpg

 大震災直後の吉浜と、復興してきた吉浜の写真が展示されています。

mina14san486.jpg

 盛駅の高架橋にもあったカラフルな手袋がありました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行50 吉浜駅

mina14san471.jpg
三陸鉄道南リアス線(釜石〜三陸)

 唐丹から隣の吉浜駅へ向かいます。盛行きの単行列車は、ワンマン、セミクロスシートで、しかも満員! 団体の観光客が活動をはじめた時間帯なのでしょう。車内では鉄子を発見しました。すごい鉄子です。大型時刻表に見入っていました。近寄りがたいオーラがでていました(笑)。そうこうしているうちに、10分で吉浜駅に着きました。
 
唐丹0856ー0906吉浜 三陸鉄道南リアス線(盛行き)

mina14san472.jpg

mina14san473.jpg

 吉浜駅に着くとすぐに列車を降りて、小さな跨線橋(歩道橋)へ向かいます。そして今乗ってきた列車を見送ります。無人駅なのでその気になればすぐに移動できるのです。


吉浜駅出発

mina14san474.jpg

 釜石方面はこんな風景です。

mina14san475.jpg

mina14san476.jpg

 吉浜駅は吉浜鮑(きっぴんあわび)の海という別称がついています。海が近いようですが、時間がわずか13分しかないので諦めます。


FC2ブログランキング

南三陸紀行49 片岸川のさけ

mina14san461.jpg

 駅のすぐ近くを流れる片岸川のほとりに出てみました。河口を泳いでいるのはさけの大群です。おー、すごい!

mina14san462.jpg

 水鳥たちも集まってきています。

mina14san463.jpg

 それにしても数多くのさけが遡上しています。生命力の強さを感じます。


片岸川のさけ1

mina14san464.jpg

mina14san465.jpg

 すぐ近くにある釜石市唐丹町漁協には大きな生け簀があり、こちらにも多くのさけが泳いでいました。


片岸川のさけ2

 駅に向かう途中にコンビニひまわりで片岸川のさけについて尋ねたところ、お店のおばちゃんやお客さんのおじいちゃんがいろいろと説明してくれました。でも方言で半分も聞き取れませんでした。まぁ、そんなもんかな?


FC2ブログランキング

南三陸紀行48 唐丹駅前

mina14san451.jpg

 駅前にはコンビニがあるという情報が事前にあったのですが、陸前赤崎駅のように情報が当てにならないこともあるので、あまり期待していませんでしたが、駅前コンビニ「ひまわり」はしっかりと営業を続けていました。

mina14san452.jpg

 新道と旧道の間には、さけのふるさと唐丹・片岸川と書かれた新しい石碑がありました。

mina14san453.jpg
 
 その横には唐丹駅と書かれた傷ついた石碑が、、、、、これは古いものなのでしょうか?  少し痛々しい感じがします。

mina14san454.jpg

 道を下って海へ出てみましょう。

mina14san455.jpg

mina14san456.jpg

mina14san457.jpg

 海岸は工事中でした。


FC2ブログランキング

南三陸紀行47 唐丹駅

mina14san441.jpg
三陸鉄道南リアス線(釜石〜三陸)

 三陸から唐丹へ向かいます。

mina14san442.jpg

 三陸から唐丹へ向かう列車は2両、セミクロス、ワンマンで乗客は10人ほどでガラガラでした。釜石から乗っていた撮り鉄の鉄ちゃんは、この列車にも乗っていました。おそらく、

釜石0655ー0732恋し浜0740ー0747三陸

の乗り継ぎで恋し浜駅に行ってきたのでしょう。これだと約8分の時間が得られます。

mina14san443.jpg

 15分で唐丹に着きました。


唐丹駅出発

三陸0747ー0802唐丹(とうに) 三陸鉄道南リアス線(釜石行き)

mina14san444.jpg

mina14san445.jpg

 駅名標には「さけのふるさと」と書いてあり、観光案内には「片岸川(さけの川)」と書いてあります。

mina14san446.jpg

 駅のホームから駅前を見下ろすと、新道ができたのか、旧道と思われる場所が駅前広場になっています。

mina14san447.jpg

 ホームから駅前に下りてみましょう。

mina14san448.jpg

mina14san449.jpg

 振り返ってみると、駅も築堤も新しくなっています。この駅も津波の被害を受けたのでしょう。


FC2ブログランキング

南三陸紀行46 三陸駅前

mina14san431.jpg

 駅前の案内板にはいろいろと観光名所などが記されています。

mina14san432.jpg

mina14san433.jpg

 街を見下ろすと、海沿いの土地のかさ上げ工事中のようでした。

mina14san434.jpg

 山の方には家が建ち並んでいます。

mina14san435.jpg

mina14san436.jpg

 三陸駅へ戻りましょう。真っ青の空のよい天気です。

mina14san437.jpg

 ホーム下の通路には三陸ボランティアダイバーズによる海底写真展がありました。

mina14san438.jpg

 駅名標に朝日が当たって輝いています。


FC2ブログランキング

南三陸紀行45 三陸駅

mina14san421.jpg
三陸鉄道南リアス線(釜石〜三陸)

 吉浜の次が三陸駅です。

mina14san422.jpg

 三陸駅へ到着しました。


三陸駅出発

釜石0655ー0724三陸 三陸鉄道南リアス線(盛行き)

mina14san423.jpg

mina14san424.jpg

 駅名標には「科学の光」と書いてあります。近くに北里大学水産学部があり、最近まで気象庁の大気球観測所もあったことから名付けられています。

mina14san425.jpg

mina14san426.jpg

 ホームには多くの干し柿がつるされていました。こんなにオープンで盗まれないのかなぁと思っていたら、

mina14san427.jpg

 こんなお願いも掲示されていました。食べちゃう人もいるのでしょうね。

mina14san428.jpg

 待合室には「元旦初日の出号」の案内がでていました。元日のテレビでこの模様を放送していました。

mina14san429.jpg

 階下へ降りる階段の手すりには三陸鉄道南リアス線の写真と駅名が掲示されていました。

mina14san4291.jpg

 駅舎が見えます。

mina14san4292.jpg

 駅の裏側(山側)に回って、ホームの写真を撮ってみました。

mina14san4293.jpg

 駅舎は三陸町観光センターを兼ねており売店もありました。この時は朝早かったので営業時間外だったので利用できませんでした。

mina14san4294.jpg

mina14san4295.jpg

 右側の白い壁の角まで津波がきたようです。三陸駅の海抜が19.9mですから20m級の津波が襲ったのですね。


FC2ブログランキング

南三陸紀行44 平田〜三陸

mina14san411.jpg
三陸鉄道南リアス線(釜石〜三陸)

 平田から先を急ぎましょう。

mina14san412.jpg

mina14san413.jpg

 次の駅は唐丹(とうに)駅です。この駅では後ほど下車しますが、今は通過します。

mina14san414.jpg

mina14san415.jpg

 吉浜湾からの朝日です。

mina14san416.jpg

 小川も吉浜湾に注いでいます。

mina14san417.jpg

 吉浜駅に到着しました。ここからは新たに3人が乗車してきました。

mina14san418.jpg

 吉浜駅を出てからも吉浜湾が顔をだします。


FC2ブログランキング

南三陸紀行43 平田駅

mina14san400.jpg
三陸鉄道南リアス線(釜石〜三陸)

 今日は釜石から三陸まで行き、次の列車で唐丹まで戻り、次の列車で吉浜へ、そして釜石に戻ります。

mina14san401.jpg

 実際のダイヤ(手作り)で示すとこのようになります。

mina14san402.jpg

 平田(へいた)駅に停車しました。ここは「いさり火大観音」です。

mina14san403.jpg

mina14san404.jpg

 列車から釜石大観音の後ろ姿を見ることができました。

mina14san405.jpg

 平田駅では下車せずにこのまま乗車していきます。


FC2ブログランキング

南三陸紀行42 三陸鉄道釜石駅

mina14san3991.jpg

 JR釜石駅の隣に三陸鉄道の釜石駅があります。ホームの下の通路を通って階段を上ってホームに出ます。

mina14san3992.jpg

mina14san3993.jpg

mina14san3994.jpg

mina14san3995.jpg
 
 列車はすでに入線しており出発を待っていました。1両、ワンマン、セミクロスシート、トイレ付き。休日の朝なので、乗客はわずか3人で、やっとボックス席に座ることができました。1人は地元高校生で、もう1人は鉄っちゃん(撮り鉄)です。

mina14san3996.jpg

mina14san3997.jpg

 釜石駅を定刻に出発しました。左側にはスーパーマーケットのイオンタウン釜石が見えてきました。そしてしばらくすると前方に甲子川(かつしがわ)越えの朝日を望み、徐々にスピードを上げていきました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行41 釜石駅

 夜が明けました。今日は11月24日です。暗い時刻に起床して、出発の準備をしていると徐々に明るくなってきました。前日の反省から、前夜のコンビニで朝食用のパンを一つ買っておきました。

mina14san391.jpg

 釜石駅へ向かい大渡(おおわたり)橋へ来ると三陸鉄道南リアス線の線路や製鉄所が見えてきます。

mina14san392.jpg

 大渡橋西詰にある公園にサケのモニュメントがあり、朝日に輝いていました。

mina14san393.jpg

 駅前の道路には「ラグビーの街、釜石へようこそ 頑張れ! 釜石シーウェイブス!!」と書いてあります。左側の工場は「新日鉄住金釜石製鉄所」となっております。2012年に合併して新日鉄住金になったようですね。

mina14san394.jpg

 JR釜石駅です。

mina14san395.jpg

mina14san396.jpg

 製鉄所を振り返ると、「橋野高炉跡を世界遺産へ!」という看板が見えました。駅前公園にも同様の看板がありました。どこもかしこも世界遺産という時代になってきました。

mina14san397.jpg

 駅前には近代製鉄の父と呼ばれる大島高任氏の銅像がありました。

mina14san398.jpg

 JR釜石駅の隣にはホテルフォルクローロ三陸釜石が建設中でした。2015年春にオープンの予定になっています。

mina14san399.jpg

 駅前公園には復興の鐘もありました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行40 タウンホール釜石

 予約していたホテルにチェックインします。楽天トラベルからの申し込みでしたが、フロントの人の勘違いか、前金ということでクレジットカード精算をしてもらいました。私の勘違いかと思い、部屋に入ってパソコンで確認すると、楽天トラベルを通しての自動引き落としで予約していました。もう一度フロントで確認してもらい、クレジットカードでの返金手続きをしました。

 近くの飲食店を尋ねると、地図をもらいましたが「日曜日なので開いているお店は少ない」ということでした。まぁ確かに少ないし、駅からここまで歩いて来ても寂しい状況なのは理解できました。まだまだ復興途中なのでしょう。

mina14san381.jpg

mina14san382.jpg

 一ノ関のベイシーでお勧めされたタウンホール釜石はホテルからごくわずか(徒歩2−3分)のところでした。早速行ってみることにしました。お店は階段をあがった二階にありました。

mina14san383.jpg

mina14san384.jpg

 店内はベイシーを一回り小さくしたようだが明るい感じです。こちらで流れるジャズはクラシックのようにおとなしい印象がありました。お店によって音楽が違うのか、たまたま私が行った時間帯だけそうなるのかはわかりません。何せジャズ初心者なのですから。途中で地元の年配者らしき人と外人、それに通訳の人3人で来店しました。東日本大震災の津波のことや、その時の連絡手段のこと、お店が略奪にあっていないのかどうかなどを聞いていたようでした。

 タウンホールからの帰りにコンビニでアルコールとつまみを買ってホテルに戻ります。テレビでは高倉健の追悼映画「あなたに」をやっていました。映画は時間がかかるので、バラエティ番組やスポーツ番組を見ました。それにしても白鵬の優勝32回というのは金字塔には違いありませんが、他の日本人力士がだらしないと思うのは私だけではないでしょう。

南三陸紀行39 工藤精肉店食堂部

 予定の食堂がやっていなくてもへこたれません(笑)。次候補のお店を調べてあるのです。そのお店は釜石駅から徒歩約5分ほど。大渡橋(おおわたりばし)を渡った交差点の角にあります。こちらは営業していました。工藤精肉店食堂部(工藤食堂)です。1階が精肉店で、2階と3階が食堂になっています。当然ながら肉類が中心のメニューなのですが、どうしてもラーメンが食べたいので、チャーシューメン650を注文しました。

mina14san371.jpg

mina14san372.jpg

 恐るべきスピードで出てきたチャーシューメンは、チャーシューはジューシーな香りのモモ肉で、スープはあっさりしていますが、ショウガがピリッと効いています。ショウガ好きには美味しいスープでした。

 周りを見渡すと他のお客さんは、トンカツ定食、チキンカツ定食、ポークソティー定食、カツカレーなど肉類を注文しています。どれもこれもボリュームたっぷりです。ガテン系には大人気のようですね。


FC2ブログランキング

南三陸紀行38 釜石駅

mina14san361.jpg

mina14san362.jpg

 三陸鉄道釜石駅の待合室にはご覧のようなジオラマが設置されています。

mina14san363.jpg

 駅スタンプは、鉄道むすめのちょっと萌え系のものでした。

mina14san364.jpg

mina14san365.jpg

 駅前にはラグビーボールとラガーマンのモニュメントや、穴あきパネルがありました。

mina14san366.jpg

 釜石の夜は早いです。17時前なのに真っ暗です。そしてもちろん寒いのです。列車内ではずしたマフラーと手袋と帽子を再び装着します。

 温かいラーメンでも食べようと思い、事前に調べてあった呑んべえ横丁のこんときというラーメン屋に行くと、日曜日は15時までの営業となっていました。残念です。

mina14san367.jpg

mina14san368.jpg

mina14san369.jpg

 駅前に戻りシープラザ釜石へ寄り、震災前後の写真展を見てきました。改めてですが、震災の被害の大きさを感じます。


FC2ブログランキング

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター