矢崎道52:腰懸不動

ya16sa610.jpg
 地図の(45)から少し入った所です。

ya16sa611.jpg
 おそらく工事現場から移設したのでしょう。石像が並んでいます。

ya16sa612.jpg
 その近くにはご覧の通りに、やけに綺麗な建物が。

ya16sa613.jpg
 正面扉の上に「腰懸不動」と書いてありました。その横には「腰懸不動尊  川上の三光寺が管理しております。拝観希望の方は三光寺までお問い合わせください。当日でも可能であれば対応いたします。三光寺 山主 電話0463-95-26**」と掲示してありました。拝観可能なんですね。

 本来の大山道は当然ながら大山阿夫利神社(大山山頂)まで続いているのですが、今回の大山道矢崎道探索はここにて終了いたします。


FC2ブログランキング



矢崎道51:石倉橋

ya16sa600.jpg
 地図の(44)と(45)辺りです。

ya16sa601.jpg
 石倉橋バス停です。

ya16sa602.jpg
 そして(45)の石倉橋交差点です。

ya16sa603.jpg
 石倉橋交差点付近は、新東名高速道路とインターチェンジ接続道路(県道603号線)そして国道246号線バイパスと大きな工事が重なっており、写真のように開発されてしまい、昔の面影はどんどん薄れてきています。

ya16sa604.jpg
 このように道路工事のために立入禁止区域も多いのです。

ya16sa605.jpg
 完成図が掲示してありました。ガラッと変わりすぎて何だかイメージしにくい感じです。


FC2ブログランキング


矢崎道50:山王原

ya16sa590.jpg
 地図の(43)から(44)(45)を目指します。

ya16sa591.jpg
 コンビニの先に「文武両道の鑑 太田道灌公墓の入口」の案内板があります。伊勢原では毎年10月第一土日に伊勢原観光道灌まつりが開催されます。

ya16sa592.jpg
 ここが山王中学校前交差点です。直進します。

ya16sa593.jpg
 道灌塚前バス停です。

ya16sa594.jpg
 しばらく進んだ右側に「初詣・パワースポット 雨降山 大山寺」の看板がありました。「パワースポット」という言葉に魅かれて参拝する人も多いのでしょうね。

ya16sa595.jpg
 山王原バス停です。昔と違い、バス停の周囲は民家が多くなりました。太田道灌も草葉の陰でビックリしているかもしれません。

ya16sa596.jpg
 今度は「関東総鎮護 大山阿夫利神社 悠久四千年・・・心のふる里」という阿夫利神社の看板がありました。


FC2ブログランキング


矢崎道49:二の鳥居

ya16sa580.jpg
 地図の(43)は二の鳥居です。

ya16sa581.jpg
 正面に見える信号が(43)の三叉路です。

ya16sa582.jpg
 三叉路の南側にあるのが二の鳥居です。かなり大きな鳥居です。

ya16sa583.jpg
 近くの石碑には、「大正十二年九月一日の大震にて大鳥居も倒壊の災に罹し・・・・・」と書いてあり、最後には「昭和三年四月  七五三引谷戸有志」とありました。関東大震災で倒壊したものを昭和三年に復元したようです。

ya16sa584.jpg
 大山阿夫利神社二の鳥居復元の由来という石碑もありました。

ya16sa585.jpg
 そして伊勢原市の大山道と道標という説明板もありました。

 「伊勢原市のシンボル・大山には、古来より山頂に石尊大権現が鎮座し、中腹には奈良時代の僧・良弁が開創した大山寺がありました。石尊大権現は降雨や豊作・豊漁、商売繁盛などの神として、大山寺の本尊・鉄造不動明王は、「大山のお不動さん」として篤い信仰を集めました。・・・・・・・・幕府や大山御師の活動などにより、江戸時代中期から後期にかけ、大山参詣は隆盛を極め、人々は関東一円はもとより、周辺の国からも相模大山を目指しました。日頃は大山寺不動堂(明治初年の神仏分離後は、阿夫利神社下社)から山頂の石尊社(現阿夫利神社本社)までの登拝は許されず、登山口にある門は閉じられていました。しかし、夏山と呼ばれる旧暦の6月27日から7月17日までの間は開扉され、万余の参詣者が集まったといわれています。その賑わいぶりは、葛飾北斎や安藤広重らが描いた浮世絵からもしのぶことができます(国芳「相州大山道田村渡の景」)。各地から大山へ至る道は、「大山道」とも呼ばれ、図にあるように、東西南北の方向から大山の麓へと伸びていました。特に江戸から大山への道は、参詣者が多いこともあってか、代表的な大山道とされています。日本橋を起点として、東海道戸塚宿の手前、柏尾から大山へ向う「柏尾通り大山道」、藤沢宿の西、四ッ谷から右折する「田村通り大山道」、大山への近道をされる青山百人町からの「矢倉沢往還」です。三つの道とも大山に至る途中、相模川を舟渡しで越えました。上流から厚木、戸田、田村の渡しです。道中手形も必要でなく、江戸からは3〜4泊の旅行であったといわれています。大山参詣の後、江ノ島・鎌倉を周遊して帰る、といった信仰と娯楽を兼ねた旅でもあったようです。図を見ると、伊勢原市内では大山道が北・東・南から大山の麓、石倉辺りに集まってくる様子がよくわかります。明治以降道路の改修や新設、耕地整理等により、大分変わっていますが、一部には往時の雰囲気を残すところがあります。また、赤丸は大山道道標の代表的なものの位置です。「此方 大山道」といった大山方向の案内は、「日本橋廿里、江の嶋七里」と大山帰りの方向を示す道標があります。文字だけの道標や不動明王がのる道標もあります。市内には110基を超える道標がありました。恐らく半数以上は大山道関連と思います。「薬師道(日向薬師)」、「一之沢道(淨発願寺)」と刻まれた市内寺院への道標や「かない道(平塚市金目観音)」、「飯山道(厚木市飯山観音)」、「ほしのや道(座間市星谷観音」といった巡礼道が刻まれた道標が多いようです。また、伊勢原や厚木、十日市場(秦野市)といった矢倉沢往還沿いの繁華な町への道案内も多いようです。道標の中では、庚申塔として造立されたものが一番目立ちます。道中の安全を祈ったものといわれています。写真の大山灯篭は、石尊灯篭あるいは大山献灯ともいわれ、夏山の時期に大山沿いや大山が見える所に立てられ、夜には灯が灯されます。現在、伊勢原市内には3カ所ほどで毎夏立てられています。現在は使われていないようですが、常夜燈にも灯が入りました。北斎の浮世絵のように、夜歩く参詣人も多かったようです。
平成22年3月 伊勢原市教育委員会」

ya16sa586.jpg
 江戸時代の道(各地から大山へ至る大山道)

ya16sa587.jpg
 大山灯篭


FC2ブログランキング


矢崎道48:東名高速

ya16sa570.jpg
 地図の再々掲です。

ya16sa571.jpg
 (42)の東名高速ガード下です。

ya16sa572.jpg
 内壁は市民壁画美術館になっています。

ya16sa573.jpg
 ピエロの絵がありました。

ya16sa574.jpg
 反対側には海の中を描いた壁画もありました。

ya16sa575.jpg
 東名バス停下交差点です。この東側に東名高速バスの伊勢原バス停があります。

ya16sa576.jpg

ya16sa577.jpg
 山口家住宅には、雨岳文庫があります。


FC2ブログランキング


矢崎道47:五霊神社

ya16sa560.jpg
 地図の再掲です。

ya16sa561.jpg
 〆引バス停の正面に五霊神社がありました。

ya16sa562.jpg
 本殿は小さめです。

ya16sa563.jpg
 入口にある石碑です。「奉納 七五三曳乃・・・」と書いてあります。「七五三曳」と書いて「しめひき」と読んだのでしょう。

ya16sa564.jpg
 その裏には「享保十四????? 龜山」なのか読め取れません。

ya16sa565.jpg
 五霊神社の奥には、七五三引児童館がありました。今度は「七五三引」です。「〆引」、「七五三曳」、「七五三引」。いずれも読みは「しめひき」です。


FC2ブログランキング


矢崎道46:峰岸〜〆引

ya16sa550.jpg
 さらに歩みを進めます。

ya16sa551.jpg
 峰岸バス停を通過します。

ya16sa552.jpg
 左手に市光工業が見えてきました。

ya16sa553.jpg
 〆引(しめひき)バス停です。


FC2ブログランキング


矢崎道45:片町

ya16sa540.jpg
 伊勢原大神宮から伊勢原交差点(40)を経て伊勢原高校入口交差点(41)へ向かいます。

ya16sa541.jpg
 ここが伊勢原交差点(40)です。

ya16sa542.jpg
 しばらく歩くと片町十字路バス停があります。伊勢原交差点のことを以前は片町十字路と呼んでいたのでしょうね。

ya16sa543.jpg
 左手には呉服京染のおざわがあります。

ya16sa544.jpg
 ここが伊勢原高校入口交差点(41)です。

ya16sa545.jpg
 交差点の北西に伊勢原和菓子堂 菓匠 曽我屋があります。

ya16sa546.jpg
 その対面には安田弓具店があります。旧道沿いにはいろいろな老舗が並んでいます。

ya16sa547.jpg
 そして片町バス停です。おおよそ赤矢印の場所です。


FC2ブログランキング


矢崎道44:伊勢原大神宮

ya16sa530.jpg
 火伏不動尊から(39)の伊勢原大神宮へ歩いていきましょう。

ya16sa531.jpg
 ここが武道館入口交差点です。

ya16sa532.jpg
 伊勢原大神宮に着きました。元和4年(1620年)に伊勢神宮から祭神を勧請し創建されました。

ya16sa533.jpg
 入ってすぐ左には稲荷総社があります。

ya16sa534.jpg
 向かって右が外宮、左が内宮です。まだお正月の名残があります。


FC2ブログランキング


矢崎道43:火伏不動尊

ya16sa520.jpg
 火伏不動尊へ行きましょう。

ya16sa521.jpg
 伊勢原小学校入口交差点です。

ya16sa522.jpg
 ここが火伏不動尊です。

ya16sa523.jpg
 こんな感じになっています。

ya16sa524.jpg
 伊勢原火伏不動尊の由来が書いてありました。

「このお堂のご本尊は、お不動さま(正しくは不動明王という)で、お身丈五十二糎(センチ)の木像の座像である。作者、年代共に定かではないが、歴史ある立派なお不動さまである。かつて、この町には修験道の道場として、聖真法印によって開かれた、知水山大覚院(現在は廃絶)の守り本尊であった「不動明王」を当地に遷坐したものと伝えられています。文化十三年(1816年)、伊勢原に大火が起こった際、猛火は忽ち全町に燃え広がったが不思議にも、この不動堂の所でピタリと火は止まった。人々はこの奇瑞を目のあたりにし、以後、「火伏の不動さま」と尊崇して今に至っている。また堂内には、見事に彫られた一対の烏天狗の面も奉納されてある。不動明王は一切の障害を打ちくだいて人々を悟りに導く仏さまであるところから、厄払いや、災難除けの仏さまとされている。」

ya16sa525.jpg
 これが本堂です。


FC2ブログランキング


矢崎道42:線路の北側

ya16sa510.jpg
 地図(35)の線路の北側から今日(2016年1月11日)はスタートします。

ya16sa511.jpg
 線路の北側から(35)地点を見たものです。

ya16sa512.jpg
 ちょうど(36)のあたりです。

ya16sa513.jpg
 Eの交差点です。

ya16sa514.jpg
 (37)の場所に小さな石造物がありました。


FC2ブログランキング


矢崎道41:伊勢原駅界隈

ya16sa400.jpg
 地図の(32)から(33)(34)(35)と進みます。

ya16sa401.jpg
 (33)の伊勢原駅入口交差点です。旧道はここから斜めに(35)へつながっていたようですが、一部消滅しています。

ya16sa402.jpg
(34)の角です。ここを左に曲がります。

ya16sa403.jpg
 そして次の角を右折します。

ya16sa404.jpg
 右折して直進します。

ya16sa405.jpg
 地図(35)の場所です。私が小学校・中学校の時はここに踏切がありましたが、撤去されてしまいました。この道は古くからある道だったのですね。

 今回の大山道矢崎道歩きはこれで終わりです。


FC2ブログランキング



矢崎道40:桜台

ya16sa390.jpg
 地図(29)から(32)へ向かいます。このあたりはずっと登り坂です。

ya16sa391.jpg
 (29)から(28)の桜台小学校を見たところです。ここも登り坂です。

ya16sa392.jpg
 少し桜台小学校に近づいて左を見たところです。昔は(30)の道があったようですが、今は消滅しています。

ya16sa393.jpg
 地図の(31)あたりから大山がきれいに望めます。

ya16sa394.jpg
 我が母校の伊勢原中学校前バス停です。

ya16sa395.jpg
 地図(32)の桜台交差点に到着しました。


FC2ブログランキング


矢崎道39:下大竹界隈

ya16sa380.jpg
 地図の(26)(27)と進んでいきましょう。

ya16sa381.jpg
 地図(26)の分岐点です。幹線道路は右側ですが、旧道は赤矢印の左の狭い道です。

ya16sa382.jpg
 地図(27)です。この幹線道路を横切って向こう側の細い路地に向かいます。

ya16sa383.jpg
 道路を横切る前には団地下大竹バス停が、

ya16sa384.jpg
 そしてもうしばらく行くと下大竹バス停があります。ちょっと間違えそうですね。

ya16sa385.jpg

ya16sa386.jpg
 次の信号の右奥にはドレファラシドという味噌ラーメンの美味しいラーメン屋さんがあります。ミとソは店内でどうぞという意味でしょうか(笑)


FC2ブログランキング


矢崎道38:薬王院東前寺

ya16sa370.jpg
 地図(25)の東前寺に寄ってみましょう。

ya16sa371.jpg
 この坂を登っていきます。薬王院東前寺というそうです。

ya16sa372.jpg
 坂を登る前の右側に新しい馬頭観世音がありました。「280年前5月15日」っていつのことでしょうか?

ya16sa373.jpg
 こちらは古い馬頭観世音なのでしょうか?

ya16sa374.jpg
 これはすでにお墓でしょうか? まだ入口ではありません。

ya16sa375.jpg
 本殿です。

ya16sa376.jpg
 本殿入口には六地蔵がありました。

ya16sa377.jpg
 その横には大きなお地蔵さんがありました。


FC2ブログランキング


矢崎道37:認知症事件

ya16sa360.jpg
 地図の(19)まで戻って、(23)(24)へ向かいましょう。(19)までは下り坂なので楽ちんです。

ya16sa361.jpg
 地図(18)の場所に大句バス停がありました。みどりケ丘やふじみ野、そして湘南日向岡、高村団地などの新興住宅地がいくつかあります。

ya16sa362.jpg
 進行方向右側に歩道が整備されているので、そこを歩きます。

ya16sa363.jpg
 大句バス停から300mほどで次の城所入口バス停がありました。この写真を撮ってから、道路の反対側をみるとおじいさんと孫娘らしい中学生くらいの女の子二人がいて、じっと私を見ています。しばらくするとおじいさんが「そちらへいっていいですか?」と私に聞いてきます。道路を渡るには私の許可が必要なわけではないので、変なことを聞くおじいさんだなぁと思いましたが、「いいですよ。車に気をつけてください。」と答えました。一緒についてくると思った孫娘らしき女子中学生はそのまま動きません。「あれっ、一緒じゃないの?」と声をかけると、困ったような顔をして頷きました。孫娘ではなかったようです。このおじいさんはなんだろうと疑いの眼差しを向けると、「どこまで行きますか?」と聞かれたので、「伊勢原駅まで歩こうと思っています。」と答えました。すると「私もついていっていいですか?」というので、断る必要もないので、「どうぞ」といい、二人で歩き始めました。


ya16sa364.jpg
 歩き始めるとすぐに岡崎交差点に差し掛かりました。赤信号を待っている間に「伊勢原駅からどこへ行くんですか?」と聞くと、「塩川町へ行くんだよ」と返事がありました。塩川町?・・・・・このあたりには塩川町という町はありません。そのうち道路の向こう側を指差して、「昔はあのあたりに住んでたんだよ」とか「今も、自分の家はここから歩いてすぐのところにあるんだよ」など、話をそらすように次々と話し始めました。歩行者用信号が青になったので向こう側に渡り、スマホで「塩川町」を検索すると、なんと福島県に塩川町があり、今では市町村合併で喜多方市になっていることがわかりました。「おじいさん、塩川町って福島県の塩川町?」と聞くと、「そうそう。福島県耶麻郡(やまぐん)塩川町諏訪⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎番地へ行くんだ。」と得意げに言いました。「じゃ、新幹線に乗っていくの? 切符はあるの?」と聞くと、「ここからバスで行く」とむちゃくちゃなことを言うのです。認知症で迷子になっているんだなぁ、ということが推測できたので、伊勢原警察署に電話して保護してもらいました。おじいちゃんに会ってからパトカーが到着するまで30分以上かかってしまいました。

 さぁ、気をとり直して矢崎道歩きを再開しましょう。あの女子中学生二人もきっと相当困っていたことでしょう。

ya16sa366.jpg
 道の左側に写真のようなアンパンマンとバイキンマンの石像がありました。

ya16sa367.jpg
 矢羽根バス停です。聞き馴染みのないバス停ですので、比較的新しいバス停かもしれません。

ya16sa368.jpg

ya16sa369.jpg
 地図(24)の馬渡(まわたり)交差点に到着しました。近くに馬渡バス停がありました。


FC2ブログランキング


矢崎道36:岡崎城址

ya16sa350.jpg
 岡崎城址へ寄り道しましょう。

ya16sa351.jpg
 地図(19)の交差点では650mでしたが、登り坂を歩いてきてあと370mまでやってきました。

ya16sa352.jpg
 かなり急な登り坂をふうふうしながら歩き、岡崎城の本丸跡に建てられた無量寺へやっと到着しました。

ya16sa353.jpg
 左手には六地蔵がありました。

ya16sa354.jpg
 無量寺の全景です。

ya16sa355.jpg
 説明書きがありました。
「伊勢原市指定史跡 岡崎城址 昭和44年2月27日指定
(長いので抜粋します。)
岡崎城は平山城で相模平野を一望できる台地の先端部分に立地しています。源頼朝の功臣、岡崎義実(三浦の衣笠の城主三浦庄司義継の四男)が築きました。岡崎城の周囲は湿地がめぐり、南は断崖で、要害の一つでした。永正9年(1512年)8月、北条早雲の猛攻により攻め落とされました。」

ya16sa356.jpg

ya16sa357.jpg
 石仏や無縁仏などがありましたが、城の遺構は見当たりませんでした。


FC2ブログランキング


矢崎道35:小田原厚木道路

ya16sa340.jpg
 二ツ橋から(19)へ向かいます。

ya16sa341.jpg
 しばらく歩くと目の前に小田原厚木道路が現れました。車道もアンダークロスしています。歩行者は赤矢印の細い路地を直進します。

ya16sa342.jpg
 こちらが歩行者用の階段です。ここを降りて、小田原厚木道路をアンダークロスします。

ya16sa343.jpg
 地図(19)の交差点です。左に行くと岡崎城址(無量寺)です。

ya16sa344.jpg

ya16sa345.jpg
 足元には道標がありました。太陽光が強くてわかりにくいですが、「南東 大磯・平塚道」「北西 大山・伊勢原道」と書いてあります。


FC2ブログランキング


矢崎道34:矢崎

ya16sa330.jpg
 地図の(11)から(16)へ向かいます。

ya16sa331.jpg
 これは(14)の和菓子屋です。

ya16sa332.jpg
 お店の前が矢崎のバス停(伊勢原駅行き)になっています。

ya16sa333.jpg
 ちょうど向こうから平塚駅行きのバスが走ってきました。

ya16sa334.jpg
ここが平塚駅行きの矢崎のバス停です。

ya16sa335.jpg
 写真は地図の赤矢印の交差点です。東側にも道が伸びていますが、地図にはまだ反映されていません。

ya16sa336.jpg
 この橋が(16)の二ツ橋です。


FC2ブログランキング


矢崎道33:新白髭橋〜簀子橋(すのこばし)

ya16sa320.jpg
 新白髭橋交差点から(15)の道祖神によってから、(11)の簀子橋(すのこばし)へ向かいます。

ya16sa321.jpg
新白髭橋交差点から100mほどで右折するのですが、この間は歩道がありませんので、小走りでの移動となりました。

ya16sa322.jpg
 ここを下っていきます。

ya16sa323.jpg
 下ったところを右折したすぐ右側(地図の(15))に写真のような大きな道祖神と小さな道祖神がありました。

ya16sa324.jpg
 (15)から(11)へ向かいます。

ya16sa325.jpg
 (11)の場所には白髭人道橋がありました。

ya16sa326.jpg
 白髭人道橋から少し西に入った鈴川堤防上からは、右に大山、左に富士山が望めます。

ya16sa327.jpg
 この小さな橋が簀子橋です。


FC2ブログランキング


矢崎道32:岡崎大橋〜新白髭橋

ya16sa310.jpg
 (9)から(10)(12)へ行く道路は歩道がなく危険なので、赤線のようなルートを歩きました。

ya16sa311.jpg
岡崎大橋から鈴川越しに大山をみたところです。

ya16sa312.jpg
 鈴川にはカモが泳いでいました。

ya16sa313.jpg
 鈴川の堤防から富士山を眺めたところです。

ya16sa314.jpg
新白髭橋が近づいてきました。

ya16sa315.jpg
 新白髭橋の東側の交差点です。


FC2ブログランキング


矢崎道31:東橋〜岡崎大橋2

ya16sa300.jpg
 地図の再掲です。(8)から(10)に至るまでは、昔の矢崎道は消滅しているので、黒い実線の道を歩きます。

ya16sa301.jpg
 正面に大山がくっきりと見えます。

ya16sa302.jpg
 少し進み赤矢印を左折して(9)に向かいます。ここからも大山がきれいに見えます。

ya16sa303.jpg
 西の方をみると、富士山がきれいに見えました。

ya16sa304.jpg
 (9)から赤矢印の方を振り返ってみた写真です。

ya16sa305.jpg
 (9)から(10)へ向かう道路には写真のように歩道はなく危険ですので、岡崎大橋を渡って鈴川の右岸を歩くことにします。


FC2ブログランキング


矢崎道30:東橋〜岡崎大橋1

ya16sa290.jpg
 地図(5)から(8)へ向かって歩みを進めます。

ya16sa291.jpg
 幹線道路の脇に細い道があります。ここが矢崎道です。

ya16sa292.jpg
 こんな道がしばらく続きます。

ya16sa293.jpg
 地図(7)の場所に二つの道標がありました。左側は旧塔、右側は再建された新塔のようです。新塔の正面に廿三夜(二十三夜)塔と書いてあります。

ya16sa294.jpg
 左側には「川下 ひら塚 かない(注:金目)道」と書いてあります。

ya16sa295.jpg
 右側には「安政三辰年孟夏吉日 川上 いせ原道」と書いてあります。安政三辰年は1856年です。新塔は昭和六二年(1987年)四月に再建されました。

ya16sa296.jpg
 地図の(8)あたりです。左側のガードレールのある新道と違い、のんびりした旧道を歩いていきます。


FC2ブログランキング


矢崎道29:東橋(あずまばし)

ya16sa280.jpg
 地図の(2)から(5)の東橋へ行きましょう。

ya16sa281.jpg
 地図(3)の場所に豊中天満宮がありました。

ya16sa282.jpg
 その横には道祖神がありました。うれしいですねぇ。

ya16sa283.jpg
 近くには豊中自治会館があります。

ya16sa284.jpg
 しばらく歩くと東海道新幹線が見えてきました。

ya16sa285.jpg
 新幹線ガード下には東橋バス停があります。

ya16sa286.jpg
 ここが地図(5)の東橋交差点です。


FC2ブログランキング


矢崎道28:豊田本郷駅

ya16sa270.jpg
 地図の(33)から(34)(1)の豊田本郷駅へ向かいます。

ya16sa271.jpg

ya16sa272.jpg
 地図の赤矢印の交差点に差し掛かりました。

ya16sa273.jpg
 地図の(34)あたりです。正面に豊田本郷駅のバス停(赤矢印)が見えます。

ya16sa274.jpg

ya16sa275.jpg
 これが豊田本郷駅バス停です。駅と言っても鉄道駅ではありません。”うまや”と呼び、馬や人夫がそろっていたのでしょうね。

ya16sa276.jpg
 地図(2)の豊田本郷交差点です。


FC2ブログランキング


矢崎道27:大縄橋

ya16sa260.jpg
 日枝神社の(29)から(30)(31)を通って(32)の大縄橋へ向かいます。

ya16sa261.jpg
 地図(30)の分岐点です。赤矢印で示した路地を進みます。

ya16sa262.jpg
 ゆるやかな左カーブです。

ya16sa263.jpg
 民家に突き当たりました。矢崎道はここをまっすぐに突っ切っていたようですが、ここを左折します。

ya16sa264.jpg
 地図(31)の場所に道祖神と書かれていたので、探してみましたが見つかりませんでした。ここは大縄橋バス停です。

ya16sa265.jpg
 大縄橋に近づいてきました。遠方に大山を望むことができます。

ya16sa266.jpg
 大縄橋から右をみると新大縄橋が見えます。

ya16sa267.jpg
 大縄橋を渡って少し歩くと大山を真正面から見ることができます。昔の人もこの角度で大山をみたことでしょう。


FC2ブログランキング


矢崎道26:日枝神社4

ya16sa250.jpg
 地図の再々々掲です。

ya16sa251.jpg
 大きな楠がありました。「平塚市指定保全樹木 くすのき 指定第四・五号 昭和五十一年七月一日 平塚市」と書いてあります。

ya16sa252.jpg
 下から見上げると、こんな大木です。

ya16sa253.jpg
 その隣にはかやがありました。「平塚市保全樹木 かや 指定第六号 昭和五十一年七月一日 平塚市」と書いてあります。

ya16sa254.jpg
 これも下から見上げるとこんな感じです。

ya16sa255.jpg
 少し遠くから眺めてみましょう。これがくすのきです。

ya16sa256.jpg
 この写真の右側がかやです。これで日枝神社に別れを告げましょう。


FC2ブログランキング


矢崎道25:日枝神社3

ya16sa240.jpg
 地図の再々掲です。

ya16sa241.jpg
 本殿の向かって右側の壁には徳川家康の鷹狩りの絵があります。左上には「家康公は江戸と駿府の途次★★中原御殿に逗留し鷹狩りに興じた」と書いてあります。

ya16sa242.jpg
 その横には徳川家康の肖像画があります。

ya16sa243.jpg
 そしてその奥には東照大権現が祀ってあります。


FC2ブログランキング


矢崎道24:日枝神社2

ya16sa230.jpg
 地図の再掲です。

ya16sa231.jpg
 本殿向かって左側には天満宮がありました。

ya16sa232.jpg
 そしてその奥には道標がありました。「庚申供養塔 大山道」と読めます。

ya16sa233.jpg
 道標の向かって左横には「左ステーション道」と書かれています。

ya16sa234.jpg
道標の向かって右横には「右 ひらつか 大いそ」でしょうか? ちょっと薄いので読みづらいです。

ya16sa235.jpg
 庚申供養塔の説明です。「この庚申供養塔は、平塚市中原一丁目十七番(旧平塚市中原下宿169番地)の一角にあったものですが、昭和二十六年から始まった旧大野町土地改良区事業の一環として大山道(通称、豊田道)の一部(平塚市江南高校東側道路と平塚〜伊勢原旧県道の現在のT字路をさらに北へ直進し、慈眼寺の東角へ向かう道路の内、約四十メートル)が整理消滅したためここ日枝神社境内に移されたものです。この塔の正面から左側に「平塚ステーション道」と刻まれていますのは、明治二十年に東海道本線平塚駅が開設されて駅に直接通じる道が整備され、それを記念して設置されたものです。そしてこの塔は、いろいろなところで紹介されていますが、現在ではかなり表面が剥落して昔の面影を失いつつあり、これを元の位置周辺に戻すには崩壊の恐れがありますので、この地に安置しています。平成十九年(2007年)十一月」と書いてあります。


FC2ブログランキング


矢崎道23:日枝神社1

ya16sa220.jpg
 地図(28)の中原上宿交差点まで戻り、(29)の日枝神社へ向かいます。

ya16sa221.jpg
 大きな石碑に日枝神社と書かれています。

ya16sa222.jpg
 その先には鳥居があります。

ya16sa223.jpg
 鳥居の先の左側には旧鳥居遺跡がありました。説明板には「旧鳥居遺跡  老朽化により余儀なく解体されました旧鳥居は明和七年(1770年)建てられ二百年余の星霜を頭に戴く歴史ある鳥居でした。日枝神社としては前述の意を永く後世に遺し伝えるため保存することとしました。・・・・・・日枝神社」と書いてありました。昔はこの鳥居があったのですね。

ya16sa224.jpg
 その隣には忠魂碑がありました。

ya16sa225.jpg
 これが本殿です。


FC2ブログランキング



プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター