18西舞鶴駅:つるつるステーション

西舞鶴(にしまいづる)駅
(JR舞鶴線・北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮津線線、京都府舞鶴市字伊佐津)
(2009/10/12)

城下町と商港として発展した西舞鶴の中心駅です。
JR舞鶴線と北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮津線の駅です。

JRは、島式ホームと単式ホームからなる2面3線です。
KTRは、JR単式ホームの反対側に切り欠き型となっていて
合計すると2面4線となります。

1999年の橋上駅舎化に伴い、昔の改札口は西口となり、
反対側に新たに東口ができました。

★北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮津線は、2015年4月からWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮舞線となり、京都丹後鉄道の駅番号はM8に設定されました。

nishi09maiduru01.jpg

nishi09maiduru02.jpg
西口

nishi09maiduru03.jpg
西口駅前

nishi09maiduru04.jpg
東口

nishi09maiduru05.jpg
東口駅前

nishi09maiduru06.jpg
跨線橋から東舞鶴方面

nishi09maiduru07.jpg
単式ホーム(4番線)から島式ホーム(2,3番線)

nishi09maiduru08.jpg
東舞鶴方面

nishi09maiduru09.jpg
東舞鶴方面

nishi09maiduru10.jpg
綾部方面

nishi09maiduru11.jpg
綾部方面



17鶴田駅:つるつるステーション

鶴田(つるた)駅
(JR日光線、栃木県宇都宮市西川田町)
(2009/9/22)

日光線で宇都宮駅の次の駅が鶴田駅です。
日光線は列車もレトロ調ですが
駅名標もレトロ調になっています。
1面2線ですが、昔は駅舎側にもホームがあったようです。

また高架橋の柱には「明治四十四年 鐵道院」という文字も
読み取れます。

車内の案内図も、日本語・英語・中国語・ハングル語など
各国語が使われており
さすがに国際的観光地日光へ向かう列車だなぁ
という雰囲気がします。

日光線の車両のドアは全手動、
つまり手で開ける方式です。

tsuru09ta01.jpg

tsuru09ta02.jpg

tsuru09ta03.jpg

tsuru09ta04.jpg
高架橋の柱(「明治四十四年 鐵道院」の文字)

tsuru09ta05.jpg
駅舎

tsuru09ta06.jpg
駅前の様子

tsuru09ta07.jpg
改札口

tsuru09ta08.jpg
駅舎側にいにしえのホームの跡

tsuru09ta09.jpg
跨線橋から日光方面

tsuru09ta10.jpg
跨線橋から宇都宮方面

tsuru09ta11.jpg
ホームから日光方面

tsuru09ta12.jpg
ホームから日光方面

tsuru09ta13.jpg
ホームから宇都宮方面

tsuru09ta14.jpg
ホームから宇都宮方面


宇都宮方面へ列車が出発



16新鶴駅:つるつるステーション

新鶴(にいつる)駅
(JR只見線、福島県会津美里町立石田)
(2009/9/22)

会津若松から只見線で約30分ほどで新鶴駅に到着します。
1面1線の棒線駅ですが、よく見ると反対側に
昔のホームの跡が見られます。

1日に7本しか列車が停まりません。
駅舎の脇には、懐かしい赤いポストがあります。
のんびりとした佇まいの静かな駅です。

なお車両には扇風機はありますが冷房がついていません。
そのため窓を開けることができます。

nii09tsuru01.jpg

nii09tsuru02.jpg

nii09tsuru03.jpg
駅舎

nii09tsuru04.jpg
駅前の様子

nii09tsuru05.jpg
ホーム側からの駅舎

nii09tsuru06.jpg
停車中の小出行き列車

nii09tsuru07.jpg
ホームから小出方面

nii09tsuru08.jpg
ホームから小出方面

nii09tsuru09.jpg
ホームから会津若松方面

nii09tsuru10.jpg
ホームから会津若松方面

nii09tsuru11.jpg
時刻表

nii09tsuru12.jpg
反対側のホーム跡


小出方面へ列車が出発


15小鶴新田駅:つるつるステーション

小鶴新田(こづるしんでん)駅
(JR仙石線、宮城県仙台市宮城野区新田東)
(2009/9/22)

2004年3月13日に開業した比較的新しい小鶴新田駅です。

東北地方の大都市・仙台からわずか10分ほどの場所にあり
ベッドタウンとして地区の人口も急増しており
この駅の乗降客数も大幅に増加しています。
仙台市内駅の一つとして扱われます。

2面2線で、複線であり橋上駅舎となっていて
みどりの窓口もあります。
当駅始発の列車も設定されています。

kosuru09shinden01.jpg

kosuru09shinden02.jpg

kosuru09shinden03.jpg
北口 

kosuru09shinden04.jpg
南口

kosuru09shinden05.jpg
自由通路から石巻方面

kosuru09shinden06.jpg
跨線橋から仙台方面

kosuru09shinden07.jpg
ホームから石巻方面

kosuru09shinden08.jpg
ホームから石巻方面

kosuru09shinden09.jpg
ホームから仙台方面

kosuru09shinden10.jpg
ホームから仙台方面

kosuru09shinden11.jpg
改札口とみどりの窓口


14鶴岡駅:つるつるステーション

鶴岡(つるおか)駅
(JR羽越本線、山形県鶴岡市末広町)
(2009/9/21)

酒田の並ぶ庄内地方の中心地の鶴岡駅です。

到着したのが17時50分頃だったため
周囲はもう暗くなりはじめていました。

2面3線であり、鶴岡駅の両隣の駅までは単線区間になっています。
(羽越本線は単線区間と複線区間が混在します。)

鶴岡という地名の由来は、最上義光がこの地を治めるにあたり
酒田の亀ヶ崎城に対して「亀には鶴」ということで
鶴ヶ岡城としたことによるとのことです。
本当でしょうか?

tsuru09oka01.jpg

tsuru09oka02.jpg

tsuru09oka03.jpg
駅舎の駅名表示

tsuru09oka04.jpg
1番線ホーム

tsuru09oka05.jpg
跨線橋から新潟方面

tsuru09oka06.jpg
跨線橋から酒田方面

tsuru09oka07.jpg
ホームから新潟方面

tsuru09oka08.jpg
ホームから酒田方面


13鶴形駅:つるつるステーション

鶴形(つるがた)駅
(JR奥羽本線、秋田県能代市鶴形)
(2009/9/21)

東能代駅の一つ大館駅よりに鶴形駅があります。

2面2線で高架橋があり、ホームはかなり長くなっています。
大館方面は複線になっていますが、東能代方面は単線になっています。

駅舎への入口は狭く、駅前という感覚は全くありません。
駅前には鶴形小学校が隣接しています。

無人駅ですが、ホームには花が飾られています。
地域のボランティアなのだろうと思われます。

待合室をよく見るとイスの後ろに高い棚と低い棚があったことがわかります。
高い棚はきっぷ売り場で、低い棚は手荷物預かりだったのでしょう。

長いホームと棚の作りに往時が偲ばれます。

tsuru09gata01.jpg

tsuru09gata02.jpg

tsuru09gata03.jpg
駅舎 

tsuru09gata04.jpg
駅舎への道

tsuru09gata05.jpg
待合室の棚 

tsuru09gata06.jpg
ホーム側の駅舎

tsuru09gata07.jpg
跨線橋から大館方面

tsuru09gata08.jpg
跨線橋から東能代方面

tsuru09gata09.jpg
ホームから大館方面

tsuru09gata10.jpg
ホームから大館方面

tsuru09gata11.jpg
ホームから東能代方面

tsuru09gata12.jpg
ホームから東能代方面

tsuru09gata13.jpg
ホームの花壇

tsuru09gata14.jpg
時刻表


大館方面に列車が出発


12陸奥鶴田駅:つるつるステーション

陸奥鶴田(むつつるだ)駅
(JR五能線、青森県鶴田町大字鶴田)
(2009/9/21)

五所川原駅から川部よりの隣が陸奥鶴田駅です。
駅名は「むつつるだ」と濁りますが、町名は「つるた」町となっています。

1面1線の棒線駅ですが、以前は1面2線だったことは
線路の曲り具合を見れば想像できます。

駅舎には鶴田町コミュニティーセンターが併設されています。

駅舎の形、駅前のモニュメント、ガラスの模様まで
ツル、鶴、つるとツルに囲まれています。

鶴泊駅同様、業務委託されています。

mutsu09tsuruda01.jpg

mutsu09tsuruda02.jpg

mutsu09tsuruda03.jpg
駅舎(屋根の形が羽ばたいた鶴)

mutsu09tsuruda04.jpg
ホーム側の駅舎

mutsu09tsuruda05.jpg
ホームから川部方面

mutsu09tsuruda06.jpg
ホームから川部方面

mutsu09tsuruda07.jpg
ホームから五所川原方面

mutsu09tsuruda08.jpg
ホームから五所川原方面

mutsu09tsuruda09.jpg
昔の一面二線の線路の名残(曲り具合)

mutsu09tsuruda10.jpg
駅前広場地面の鶴

mutsu09tsuruda11.jpg
ホームの柵にも鶴

mutsu09tsuruda12.jpg
駅前モニュメントの鶴

mutsu09tsuruda13.jpg
ポストの上にも鶴

mutsu09tsuruda14.jpg
ガラスにも鶴

mutsu09tsuruda15.jpg
駅舎には鶴のはく製も

mutsu09tsuruda16.jpg
鶴の飾り

mutsu09tsuruda17.jpg
地下道の名前も丹頂地下道


五所川原方面から列車が到着


11鶴泊駅:つるつるステーション

鶴泊(つるどまり)駅
(JR五能線、青森県鶴田町大字鶴泊)
(2009/9/21)

五能線で五所川原駅から川部へ向かい二つ目の駅が鶴泊駅です。
この駅の隣にも陸奥鶴田駅があります。
1面1線で、ホームから岩木山がきれいに見えます。

業務委託されているので駅舎もきれいになっています。

tsuru09domari01.jpg

tsuru09domari02.jpg
ホームから望む岩木山

tsuru09domari03.jpg
駅舎

tsuru09domari04.jpg
ホーム側

tsuru09domari05.jpg
ホームから川部方面

tsuru09domari06.jpg
ホームから川部方面

tsuru09domari07.jpg
ホームから五所川原方面

tsuru09domari08.jpg
ホームから五所川原方面


川部方面から列車が到着


10鶴ヶ坂駅:つるつるステーション

鶴ヶ坂(つるがさか)駅
(JR奥羽本線、青森県青森市大字鶴ケ坂)
(2009/9/20)

青森駅から普通列車で20分ほど
弘前方面にあるのが鶴ヶ坂駅です。
2面2線で構内の大きな駅で、線路の間が広くあいていますが
以前はもう一本線路があったようです。

無人駅ですが、高架橋を渡った反対側の
ホームにも待合室があります。
駅前広場というものはなく、いきなり道路になっており
民家が数軒あります。

tsuru09gasaka01.jpg

tsuru09gasaka02.jpg

tsuru09gasaka03.jpg
駅舎(というか待合室)

tsuru09gasaka04.jpg
反対側ホームにある待合室

tsuru09gasaka05.jpg
跨線橋から弘前方面 

tsuru09gasaka06.jpg
跨線橋から青森方面

tsuru09gasaka07.jpg
ホームから弘前方面

tsuru09gasaka08.jpg
ホームから弘前方面

tsuru09gasaka09.jpg
ホームから青森方面

tsuru09gasaka10.jpg
ホームから青森方面


弘前方面からの列車が到着

9渡島鶴岡駅:つるつるステーション

渡島鶴岡(おしまつるおか)駅
(JR江差線、北海道木古内町字鶴岡)
(2009/9/20)

青函トンネルの北海道の玄関口になった木古内駅から
江差方面へ乗り換えて次の駅が渡島鶴岡駅です。
しかし1日5本しか列車が停車せず、もちろん無人駅です。

駅は1面1線のいわゆる棒線駅で、
鶴岡農村公園と鶴岡小学校が隣接していて
駅自体は目立たない場所にあります。

駅名は山形県鶴岡市からの入植に由来するということです。
のどかで時間が経つのを忘れそうなのんびりとした駅です。

追記:2014年5月12日に江差線の木古内駅〜江差駅間の廃止に伴い廃駅となりました。

oshima09tsuruoka01.jpg

oshima09tsuruoka02.jpg

oshima09tsuruoka03.jpg
駅舎(というか単なる待合室)

oshima09tsuruoka04.jpg
ホーム全景

oshima09tsuruoka05.jpg
隣接する鶴岡農村公園

oshima09tsuruoka06.jpg
芝生に寝ころんでホームを見る

oshima09tsuruoka07.jpg
ホームから江差方面

oshima09tsuruoka08.jpg
ホームから江差方面

oshima09tsuruoka09.jpg
ホームから木古内方面

oshima09tsuruoka10.jpg
ホームから木古内方面

oshima09tsuruoka11.jpg
時刻表(1日5本のみ)


江差方面からの列車が到着


8真鶴駅:つるつるステーション

真鶴(まなづる)駅
(JR東海道線、神奈川県真鶴町真鶴)
(2009/8/30)

東海道線で海に近くて眺めがいい駅としては
根府川駅が知られていますが
そこから一つ熱海よりにあるのが真鶴駅です。
真鶴半島への入口になります。

改札はホームより一段低くなったところにあります。
これは傾斜している地形を利用しているためです。
そのため跨線橋はなく、跨線橋のように見えるのは
駅の裏側へと通じる自由通路です。
ホームは島式1面2線です。
特急は停車しませんが、快速アクティは停車します。

mana09duru01.jpg

mana09duru02.jpg
観光案内板

mana09duru03.jpg
駅舎

mana09duru04.jpg
改札口

mana09duru05.jpg
ホームから東京・横浜方面(跨線橋に見えるのは自由通路)

mana09duru06.jpg
ホームから東京・横浜方面(跨線橋に見えるのは自由通路)

mana09duru07.jpg
ホームから熱海方面

mana09duru08.jpg
ホームから熱海方面

mana09duru09.jpg
自由通路から東京・横浜方面

mana09duru10.jpg
自由通路から熱海方面

mana09duru11.jpg

mana09duru12.jpg
豆相人車鉄道歴史街道案内図


7鶴間駅:つるつるステーション

鶴間(つるま)駅
(小田急江ノ島線、OE04、神奈川県大和市西鶴間)
(2009/8/7)

小田急線の三つの“つる”のつく駅の最後は鶴間駅です。
相模大野側の隣駅の南林間駅とはわずか600mしか離れておらず、
ホームから肉眼でも確認することができます。
反対に藤沢側の隣駅の大和駅とは2.5kmも離れています。

ホームは相対式ホーム2面2線です。

tsuru09ma01.jpg

tsuru09ma02.jpg
西口

tsuru09ma03.jpg
東口

tsuru09ma04.jpg
自由通路の案内表示

tsuru09ma05.jpg
改札口

tsuru09ma06.jpg
ホームから藤沢方面

tsuru09ma07.jpg
ホームから藤沢方面

tsuru09ma08.jpg
ホームから相模大野方面

tsuru09ma09.jpg
隣接する踏切から相模大野方面


6鶴見市場駅:つるつるステーション

鶴見市場(つるみいちば)駅
(京急本線、KK28、神奈川県横浜市鶴見区市場大和町)
(2009/8/7)

昔このあたりで市が開かれていたことから
地名が“市場”になりそれが駅名になりました。
検索したかぎり「鶴見市場」という市場は現在はありません。
ホームは相対式ホーム2面2線です。

tsurumi09ichiba01.jpg

tsurumi09ichiba02.jpg
東口

tsurumi09ichiba03.jpg
西口

tsurumi09ichiba04.jpg
改札口

tsurumi09ichiba05.jpg
ホームから品川方面

tsurumi09ichiba06.jpg
ホームから品川方面

tsurumi09ichiba07.jpg
ホームから横浜方面

tsurumi09ichiba08.jpg
隣接踏切から横浜方面



5京急鶴見駅:つるつるステーション

京急鶴見(けいきゅうつるみ)駅
(京急本線、KK29、神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央)
(2009/8/7)

京急鶴見駅はJR鶴見駅と隣接しており、
西口からすぐにJR鶴見駅東口バスターミナルがあります。

京急ストア鶴見東店とKeikyu Ekipla(けいきゅう エキプラ)が
駅の建物に同居しています。
2階に改札口がありホームは3階に相当します。

ホームは単式と島式の複合型の2面3線です。
上り(品川方面)が島式2線、下り(横浜方面)が単式1線になっています。

keikyu09tsurumi01.jpg

keikyu09tsurumi02.jpg
西口

keikyu09tsurumi03.jpg
西口Ekipla

keikyu09tsurumi04.jpg
東口

keikyu09tsurumi05.jpg
改札口へ

keikyu09tsurumi06.jpg
改札口

keikyu09tsurumi07.jpg
駅ナカ:えきめんや

keikyu09tsurumi08.jpg
ホームから横浜方面

keikyu09tsurumi09.jpg
ホームから品川方面

keikyu09tsurumi10.jpg
ホームから品川方面


4鶴見小野駅:つるつるステーション

鶴見小野(つるみおの)駅
(JR鶴見線、JI03、神奈川県横浜市鶴見区小野町)
(2009/8/7)

鶴見駅から鶴見線二つ目の駅です。
踏切をはさんで上り・下りの駅舎が別々になっています。
ホーム間の移動は改札口を出ないとできません。
無人駅ですが、簡易Suica改札機は設置してあります。
切符は所定の箱に入れてから改札を出ます。

ホームは相対式2面2線です。

tsurumi09ono01.jpg

tsurumi09ono02.jpg
駅前通り

tsurumi09ono03.jpg
下り駅舎

tsurumi09ono04.jpg
下りホームへ

tsurumi09ono05.jpg
上り駅舎

tsurumi09ono06.jpg
ホームから鶴見方面

tsurumi09ono07.jpg
ホームから扇町・海芝浦・大川方面

tsurumi09ono08.jpg
下りホームから上りホーム

tsurumi09ono09.jpg
木製の屋根


3鶴見駅:つるつるステーション

鶴見(つるみ)駅
(JR京浜東北線・鶴見線、JK15・JI01、神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央)
(2009/8/7)

京浜東北線の鶴見駅です。 正式には東海道本線ですが、運用上は京浜東北線の列車が停車します。 東海道本線・横須賀線・湘南新宿ラインの線路はありますが、 列車は停車しません。 駅構内は広く東海道貨物線の線路が何本も走っています。

東口と西口があり、ともにみどりの窓口があります。 東口からは京浜東北線へ、西口からは京浜東北線と鶴見線へ行くことができます。 京浜東北線と鶴見線との間には中間改札口が設けられていて、 京浜東北線や東口改札と鶴見線との連絡には この中間改札口にSuicaや切符を通す必要があります。 これは鶴見線の前身が鶴見臨港鉄道という私鉄だった名残りです。

京浜東北線のホーム(1,2番線)は島式1面2線です。

これに対して鶴見線ホーム(3,4番線)は櫛形ホーム(頭端式)2面2線です。

tsuru09mi01.jpg
京浜東北線駅名標

tsuru09mi02.jpg
鶴見線駅名標

tsuru09mi03.jpg
東口(再開発中)

tsuru09mi04.jpg
東口駅前バス停

tsuru09mi05.jpg
東口改札

tsuru09mi06.jpg
西口(工事中)

tsuru09mi07.jpg
西口改札

tsuru09mi08.jpg
西口鶴見線入口

tsuru09mi09.jpg
跨線橋から東京方面

tsuru09mi10.jpg
跨線橋から横浜方面(右に京浜東北線ホーム)

tsuru09mi11.jpg
京浜東北線ホームから東京方面

tsuru09mi12.jpg
京浜東北線ホームから横浜方面

tsuru09mi13.jpg
京浜東北線ホーム

tsuru09mi14.jpg
中間改札口

tsuru09mi15.jpg
中間改札口

tsuru09mi16.jpg
鶴見線ホームから海芝浦方面 

tsuru09mi17.jpg
行き止まり頭端部

tsuru09mi18.jpg
ドーム状の鶴見線ホーム


2鶴川駅:つるつるステーション

鶴川(つるかわ)駅
(小田急小田原線、OH25、東京都町田市能ヶ谷)
(2009/7/25)

小田急線にはもう二つ“つる”のつく駅があります。 その一つが鶴川です。今回、初めて下車しました。 駅近くにはマンションが多くベッドタウンですね。 「こどもの国」下車駅なんですね。

北口と南口があり、改札は別々に地上にあります。 メインは北口で、南口は自動改札機のみです。 ホームは単式と島式の複合型の2面3線です。 上り(新宿方面)が島式2線、下り(小田原方面)が単式1線になっています。

tsuru09kawa01.jpg

tsuru09kawa02.jpg
こどもの国下車駅

tsuru09kawa03.jpg
北口駅前広場

tsuru09kawa04.jpg
北口改札口

tsuru09kawa05.jpg
南口

tsuru09kawa06.jpg
南口

tsuru09kawa07.jpg
ホームから新宿方面

tsuru09kawa08.jpg
ホームから新宿方面

tsuru09kawa09.jpg
ホームから小田原方面

tsuru09kawa10.jpg
ホームから小田原方面

tsuru09kawa11.jpg
跨線橋から新宿方面

tsuru09kawa12.jpg
跨線橋から小田原方面

tsuru09kawa13.jpg
跨線橋の案内表示


1鶴巻温泉駅:つるつるステーション

鶴巻温泉(つるまきおんせん)駅
(小田急小田原線、OH37、神奈川県秦野市鶴巻北)
(2009/7/25)

かめかめステーションの次はつるつるステーションです!  全国の“つる”のつく駅の特集です。 合計45駅ありますので、いつまでかかるのでしょうか? 楽しみながらやりたいと思います!

トップバッターは地元の伊勢原駅から小田原よりの隣にある鶴巻温泉駅です。 小田急線創設時からありますが、 鶴巻→鶴巻温泉→鶴巻→鶴巻温泉と名前を変えています。 東京の奥座敷として、温泉客が多い時期もありましたが、 時の流れには逆らえず、駅前旅館がマンションに変わってしまいました。 今ではベッドタウンとなっています。

北口と南口があり、改札は別々に地上にあります。 メインは北口で、南口は自動改札機のみです。 ホームは2面2線の相対式になっています。

tsurumaki09onsen01.jpg

tsurumaki09onsen02.jpg

tsurumaki09onsen03.jpg
北口駅前広場

tsurumaki09onsen04.jpg
近くに弘法の里湯がある

tsurumaki09onsen05.jpg
駅前モニュメント

tsurumaki09onsen06.jpg
北口

tsurumaki09onsen07.jpg
北口入口

tsurumaki09onsen08.jpg
改札口

tsurumaki09onsen09.jpg
南口

tsurumaki09onsen11.jpg
跨線橋から新宿方面

tsurumaki09onsen12.jpg
跨線橋から小田原方面

tsurumaki09onsen13.jpg
ホームから新宿方面

tsurumaki09onsen14.jpg
ホームから小田原方面



プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター