FC2ブログ

33桜新町:大山街道1

oh19kai330m.jpg
 平成地図の左上に桜新町駅が見える。「東急新玉川線」となっているが、渋谷~二子玉川園(現二子玉川)は2000年(平成12年)8月に新玉川線から田園都市線となり、渋谷~中央林間までがすべて東急田園都市線となった。それ以前の編集の地図であろう。

oh19kai330mo.jpg
(17)このあたりが桜新町駅であろう。

oh19kai331.jpg
 桜神宮から西へ向かい桜新町駅を目指す。

oh19kai332.jpg
 この地図の左側から歩いてきて、桜新町駅の南口へ着いた。(この写真は後ほど撮影したもの)
 
oh19kai333.jpg

oh19kai334.jpg
 そして三井住友銀行の手前を左折するとそこはサザエさん通りである。作者の長谷川町子が居住していたためのネーミングである。この先には長谷川町子美術館もある。

oh19kai335.jpg

oh19kai336.jpg
 西口近くにはご覧のような登場人物像があり、花でできたサザエさんの顔型もあった。

oh19kai337.jpg
 今日は桜新町駅で終了としよう。この西口の階段を下りて駅に向かう。

oh19kai338.jpg
 13時32分の準急でも中央林間到着は同じだが、少しでもいろいろな列車に乗るために13時26分発の各停中央林間行きに乗った。

桜新町1326ー1343鷺沼 中央林間行き
鷺沼1345ー1405中央林間 準急中央林間行き
中央林間1409ー1414相模大野 相模大野行き
相模大野1417ー1437伊勢原 快速急行小田原行き
伊勢原駅北口1445 バス大山ケーブル行き


32桜神宮:大山街道1

oh19kai320m.jpg
 ★5「神習教本祠」というのが桜神宮のようだ。

oh19kai320mo.jpg
 明治地図では神社記号も見当たらない。

oh19kai321.jpg
 ゆるやかな旧道カーブに沿って歩いていく。

oh19kai322.jpg

oh19kai323.jpg
 右側に桜神宮という大きな神社があった。

oh19kai324.jpg
==========
古式神道本宮  桜神宮
創建
 勤皇の志士として梁川星厳、西郷隆盛、伊藤博文らと深く親交のあった大中臣65代の後裔で伊勢皇大神宮筆頭禰宜・神宮支庁東京出張所(現在の東京大神宮)所長であった芳村_正もちが神代より脈々と受け継がれる古式神道を蘇らせるため明治15年5月15日、明治天皇の勅許により教派神道13派の1派特立を果たす。名称も神宮奉職中の荒祭宮で神託によって授かった「神習いの教」とした。以来、当宮は古式神道を受け継ぐ大神の宮として、また教えの本山として親しまれる。(後略)
==========

oh19kai325.jpg
 拝殿も立派だ。

oh19kai326.jpg
 数多くの絵馬も納められている。

31善養院:大山街道1

oh19kai310m.jpg
(14)新町一丁目交差点
(16)善養院
★4:久富稲荷神社

oh19kai310mo.jpg
(14)新町一丁目交差点
★4:久富稲荷神社
 明治地図では善養院の場所はわかならかった。そのかわり★4には久富稲荷神社が描かれている。

oh19kai311.jpg
ここが新町一丁目交差点だ。ここを右斜めへ進む。

oh19kai312.jpg
 そして城南信金の前を左折すると善養院がある。

oh19kai313.jpg

oh19kai314.jpg
 山門と本堂があった。逆光だったので写真が暗い。

30庚申堂:大山街道1

oh19kai300m.jpg
(12)駒沢大学駅前交差点
(13)庚申堂
(14)新町一丁目交差点

oh19kai300mo.jpg
(13)庚申堂
(14)新町一丁目交差点
 明治地図でははっきりしないが新町一丁目はこのあたりだろうか。

oh19kai301.jpg
 上馬バス停を過ぎる。

oh19kai302.jpg
真中(駒沢大学駅前)交差点を直進する。

oh19kai303.jpg
駒沢交差点もそのまま進む。

oh19kai304.jpg
 (13)のところに庚申堂があった。

29宗円寺:大山街道1

oh19kai290m.jpg
(10)上馬交差点
(11)宗円寺

oh19kai290mo.jpg
 ここらあたりも明治地図でははっきりしない。

oh19kai291.jpg
 上馬交差点に近づいてきた。

oh19kai292.jpg
 ここが上馬交差点だ。

oh19kai293.jpg
 環状七号線がアンダーパスしている。

oh19kai294.jpg
 こちらが宗円寺。

oh19kai295.jpg
==========
八幡山 宗円寺(曹洞宗)
 開基は心覚宗円大庵主北条左近太郎入道成願で、文保元年(1317)10月23日寂した。
 当時は若宮八幡宮の別当寺であった。本尊は釈迦如来坐像、創立当時は小さな草庵であったが、寛永10年(1633)喜山正存和尚が中興した。
 境内に木像の「しょうづかの婆様」の小堂がある。江戸時代初期の頃からまつられたもので、疫病よけに霊験あらたかであるといわれている。
     昭和54年3月 世田谷区教育委員会
==========

oh19kai296.jpg
 「しょうづかの婆様」の小堂はおそらくこれであろう。

oh19kai297.jpg
 旭小学校発祥の地の石碑もあった。昔はお寺で寺子屋があり、それが発展して小学校になったのだろうかと推測する。

28中里通り:大山街道1

oh19kai280m.jpg
(8)中里通り
(9)地蔵尊

oh19kai280mo.jpg
 明治地図ではこのあたりがわかりにくい。あまり特徴のない道だからだろうか。周囲には楢の文字が多い。楢の林に囲まれていたのだろう。

oh19kai281.jpg
 通りをわたり、さらに中里通りを進む。

oh19kai282.jpg
 中里通りの電柱にはこのステッカーが貼られていた。

oh19kai283.jpg
 右側になんだかおもしそうなお店があった。「ヒダリキキ・バル」って何だ?

oh19kai284.jpg
 近づいてみると下記のごとし。

==========
ヒダリキキ = お酒大好き
 昔の大工さんは右手に「金槌」を、左手に「鑿(のみ)」をもって仕事をされます。
 その「鑿(のみ)」と「飲み」をかけた洒落言葉で、左利き=お酒好きとなったようです。
==========

 あぁ、そういうことか。

oh19kai285.jpg
 さらに中里通りを進む。

oh19kai286.jpg
 再び大山街道ステッカー。

oh19kai287.jpg
 旧道カーブが美しい。
 
oh19kai288.jpg
 ここが(9)の地蔵尊だ。

oh19kai289.jpg
 この先で玉川通りと再合流する。

27伊勢丸稲荷大明神と蛇崩川緑道:大山街道1

oh19kai270m.jpg
(4)中里通り分岐
(5)伊勢丸稲荷大明神
(6)蛇崩川緑道

oh19kai270mo.jpg
 明治地図ではどこから中里通りかははっきりしない。

oh19kai271.jpg
 三軒茶屋のバス停を過ぎる。

oh19kai272.jpg
 ここが(4)の場所で右が玉川通り、左が中里通りである。もちろん左へ進む。

oh19kai273.jpg
 ゆるやかな旧道カーブが心地よい。

oh19kai274.jpg
ここが(5)の伊勢丸稲荷大明神。

oh19kai275.jpg

oh19kai276.jpg
 かなり狭い場所にある。

oh19kai277.jpg
 こちらが(6)の蛇崩川緑道だ。

==========
蛇崩川(じゃくずれがわ)緑道
 この蛇崩川緑道(茶屋下橋~薄橋)は、公園等の管理協定制度に基づき、地域の皆さんにより清掃活動などの管理活動が行われています。
 公園等の管理協定制度は、維持管理活動に意欲のある地域の団体が、世田谷区と協定を結び、区と役割分担をしながら公園等の維持管理活動を行っていく制度です。
 利用するみなさんも、公園利用のマナーを守り、楽しく快適に利用できる公園の環境づくりにご協力をお願いします。
(管理協定団体)上馬東町会・世田谷区
==========

oh19kai278.jpg
 暗渠の上に遊歩道ができている。

26中華そば瀧井:大山街道1

oh19kai261.jpg
 そろそろお腹が空いてきた。スマホアプリのラーメンマップで近くのラーメン屋さんを検索する。表通りに面しているよりも路地裏のお店にしよう。そして中華そば瀧井にやってきた。

oh19kai262.jpg
 カウンターのみのお店。8割くらい席は埋まっている。メニューは、中華そば650、味玉そば720、辛ねぎそば700、チャーシューそば900、タンメン780、みそそば680、つけ麺800、大盛り+100、黒焼きめし550など。初の来店なので基本であろう「中華そば650」にしよう。

oh19kai263.jpg
 店内のカウンター席はわずか一席にも空いていた。そこに座る。左隣の二人は麺だけだが、右隣の二人は麺と黒焼きめしのセットを食べていた。他の人たちはわからず。中華そばのビジュアルは美味しそうだ。

oh19kai264.jpg
細麺だがこのスープにはよく合っている。毎日でも食べられそうなマイルドは味わいである

25道標:大山街道1

oh19kai250m.jpg
(3)道標

oh19kai250mo.jpg
(3)道標
 明治地図にも玉川通りと世田谷通りは描かれている。茶沢通りはまだなかったのだろう。

oh19kai251.jpg
 世田谷通りは都道3号線だ。

oh19kai252.jpg
 分かれ道の場所に道標があった。立派な道標だ。

oh19kai253.jpg
【正面】には「左相州通、大山道」と書いてある。

oh19kai254.jpg
【左側面】には「右富士、世田谷、登戸道」と読める。

oh19kai255.jpg
【右側面】には「此方、二子通」となっている。

oh19kai256.jpg
==========
道標
銘文
(正面)左相州通、大山道
(左側面)右富士、世田谷、登戸道
(背面)天下太平国土安穏 寛延2年(巳巳)建立 以下略
(右側面)此方、二子通

年代
 寛延2年(1749)、文化9年(1812)再建
伝来
 大山道は、矢倉沢往還の俗称である。この道標は、旧大山道(代官屋敷前経由)と、文化・文政期_ごろに開通したといわれる新大山道(桜新町経由)との分れ道にあった石橋楼(三軒茶屋の地名の起こりの茶屋の一つ)の角に建てられていた。
 大山は、古い民俗信仰である石尊信仰と山岳仏教の信仰とが結合し、相模の修験道場として重きをなし、将軍をはじめ多くの人々に尊崇された。とくに文化文政期以降は江戸町人などの大山詣りが盛んになり、その案内のため大山道沿道に多くの道標が建てられた。
 この道標は、玉川電車の開通や、東京オリンピック(注:1964年のもの)の道路拡張などにより点々と移されたが、昭和58年5月に三軒茶屋町会結成50周年記念事業の一つとして、元の位置近くに複された。
備考
 一、この道標は、本来は渋谷方面に向いて建てられていた。
 一、相州通・二子通は、ほぼ現在の玉川通りである。
 一、富士・世田谷道・登戸道は、ほぼ現在の世田谷通りである。
     昭和59年3月   世田谷区教育委員会
==========

 都市開発の中で、埋もれないでよく残っていたものだなぁ。

oh19kai256t.jpg
 手ぬぐいのこの道標のことなんですね。

oh19kai257.jpg
 エコー仲見世など路地裏の商店街もあり、個人的には好きな街だ。

 三軒茶屋は、江戸時代に大山街道が世田谷上町へ向かう大山道(上町線)・登戸道と、新町方面に向かう大山道(新町線)とに分離する三差路に、三軒の茶屋(田中屋、信楽(石橋楼)、角屋)があったことから名づけられた。

24三軒茶屋:大山街道1

oh19kai240.jpg
 ここで大山街道は二手に分かれる。三軒茶屋から用賀までは(1)世田谷通りを通る「上町線」と(2)国道246号線に沿った「新町線」となり、用賀から二子玉川までは(3)行善寺を通る「行善寺線」と(4)慈眼寺を通る「慈眼寺線」である。今回は(2)の新町線と(3)の行善寺線を歩くこととし、(1)と(4)は後日に歩くこととする。


oh19kai240m.jpg
(40)三宿交差点
(41)三軒茶屋駅

oh19kai240mo.jpg
(40)三宿交差点
(41)三軒茶屋駅

oh19kai241.jpg
 旧道をひたすら歩く。

oh19kai242.jpg
 ここで玉川通り(国道246号)と合流する。

oh19kai243.jpg
 (40)の三宿交差点だ。

oh19kai244.jpg
 左側に学校が見えた。昭和女子大学だ。写真を撮ろうとすると警備員の人ににらまれた(ように感じた)ので、この写真だけの撮影としよう。

oh19kai245.jpg
 徐々に三軒茶屋に近づいてきた。

oh19kai246.jpg
 斜め左方向に向かうと厚木へ行く。

oh19kai247.jpg
 玉川通り(国道246号)と世田谷通りと茶沢通りの交差点になっている。

oh19kai248.jpg
 こちらにも成人式を迎える振り袖姿の女性がいた。誰を待ってるのかな?

23池尻稲荷神社:大山街道1

oh19kai230m.jpg
(39)池尻稲荷神社
(40)三宿

oh19kai230mo.jpg
(39)池尻稲荷神社
(40)三宿

oh19kai230t.jpg
 江戸大山まいりすごろくの手ぬぐいにも池尻のそばに池尻稲荷神社が描かれている。

oh19kai231.jpg
 ここが池尻稲荷神社の入口である。この神社は池尻・池沢両村の村人によって建てられ、子育て、火伏せの稲荷として信仰されていた。境内には薬水の井戸があり、大山街道、富士街道の旅人や付近の農村の人々の飲料水に使われていた。薬水と井戸は涸れずの井戸とも呼ばれていた。

oh19kai232.jpg
 旧大山道と書かれた石碑があった。

oh19kai233.jpg
 涸れずの井戸の由来が書いてあった。

==========
涸れずの井戸(かれずのいど)
 この池尻稲荷神社の入口わきに、昔「涸れずの井戸」と呼ばれる井戸がありました。これはどんなに日照りが続いても、涸れることなしに、いつも豊かな水をたたえていたので、こう言われていました。この前の大山道旧道を往き来する旅人や野菜を運ぶ農民ののどをうるおし、まわりの人々に大変尊ばれました。とくに、雨乞いのための大山詣の際には、必ずここに立ち寄ったと言われます。現在も、この水は、境内の中にあり、みなさんにおいしい水を提供しています。
 この像は、江戸後期近くの商店に奉公に来ていた少女が、奉公先の子どもといっしょに、ここに水を汲みに来た際、たぶんついでに「かごめかごめ」の遊びをしたであろう様子を想像してつくったものです。どうぞ、昔の風景を思いうかべてみてください。
     平成元年3月 世田谷区

     せたがや百景(2) 大山道と池尻稲荷  昭和59年10月選定
==========

oh19kai234.jpg
 子供たちが「かごめかごめ」で遊んでいる様子だ。

oh19kai235.jpg

oh19kai236.jpg
 池尻稲荷神社と拝殿である。またも旅の安全を祈願した。

22旧道と庚申堂:大山街道1

oh19kai220m.jpg
(38)旧道入口
★3:庚申堂
(39)池尻稲荷神社
(40)三宿交差点

oh19kai220mo.jpg
(38)旧道入口
★3:庚申堂
(39)池尻稲荷神社
(40)三宿交差点

oh19kai221.jpg
 (38)の分岐部を左に入れば大山街道の旧道である。

oh19kai222.jpg
 ゆるやかな旧道カーブが続く道をゆっくりと歩いていく。

oh19kai223.jpg
 こんなステッカーが貼ってあった。

oh19kai224.jpg
 コンビニ手前の路地を左折して庚申堂へ寄り道する。

oh19kai225.jpg
 すると右側に黒住教の建物があった。いろいろな宗教があるのだなぁ。

oh19kai226.jpg
==========
黒住教(くろずみきょう)
 黒住教(本部:岡山市)は、江戸時代後期に岡山藩の守護神社今村宮の神職であった黒住宗忠(1780~1850)が、昇る朝日を拝んで立教なった(1814)神道教団で、江戸末期より”神道の教えの大元”と称えられ、多くの人々から”開運の宗教”として信仰されてきました。黒住教東京大教会所・宗忠神社東京分社は、”心の時代”・”宗教の時代™といわれる今日に、一人でも多くの方が本教を通して心身ともに健やかで幸せな人生を過ごしていただくことを念願しています。
 どなたでも自由にお参りください
     黒住教東京大教会所・宗忠神社東京分社
==========

 帰宅後に調べてみると、天理教、金光教とともに幕末三大新宗教の一つなのだそうだ。

oh19kai227.jpg
 さらにその先へ進んでいく。

oh19kai228.jpg
 平成地図の★1庚申堂のところに到着した。

oh19kai229.jpg
==========
池尻庚申会
 現在区内で確認されている205体の庚申塔の中、2体がこのお堂に安置されている。1体は延宝8年(1680)の庚申の年。他の1体は次の申(サル)年の元禄5年(1692)の造立となっている。
 この庚申塔は邪鬼をふんづけた姿の青面金剛とその下に三猿を彫った石仏である。この石仏は江戸築城の際、集めた石工に造らせたと云われており江戸時代以降の石仏を特に庚申塔と呼ぶようである。
 庚申信仰は古く平安の世に中国から伝わり時の貴族の間に広がり時代が江戸となり庶民信仰として口づてにそのありがたさが農民の間にも受け入れられ300有余年も連綿と継承されて今日のお祭り行事にまで続いている。
 お祭りは毎年4月15日目黒常円寺の住職により先祖の供養と参拝者の幸せを祈りお経をあげ盛大に行われている。この長い歴史と先人の心を支えてきた庚申様を守護し地元の人々との親睦を深めて次の世代に引き継ぎたいものである。
     平成18年 池尻庚申会
==========

21目黒川:大山街道1

oh19kai210m.jpg
(36)大橋交差点
(37)目黒川

oh19kai210mo.jpg
(36)大橋交差点
(37)目黒川

oh19kai211.jpg
 ここが大橋病院入口交差点だ。

oh19kai212.jpg
 この地図の上から下へ歩いてきた。

oh19kai213.jpg
 進行方向右側にはご覧のような目黒川緑道が整備されている。

oh19kai214.jpg
 目黒川にかかるこの橋が大橋だそうだ。

oh19kai215.jpg
 進行方向左側には目黒川が流れている。春には花見で大賑わいするのだろう。

20氷川神社:大山街道1

oh19kai200m.jpg
(34)氷川神社

oh19kai200mo.jpg
(34)氷川神社

oh19kai201.jpg
 上目黒氷川神社の入口。

oh19kai202.jpg
 こんな急勾配の階段を登っていくのだ。

oh19kai203.jpg
==========
氷川神社   大橋2-16-21
 祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)を主神とし、天照大御神、菅原道真を合祀しています。旧上目黒村の鎮守で、天正年間(1573~1592)に上目黒村の旧家加藤氏がこの地に迎えたといわれています。
 正面の石段は文化13年(1816)に造られましたが、明治38年(1905)に前を通る大山街道(現、玉川通り)を拡張する際に、現在の急勾配な石段に改修されました。境内には、花崗岩造りの4基の鳥居や小松石造りの2対の狛犬があります。
 また、石段の下には「武州荏原郡菅刈荘目黒郷」と刻まれた供養塔や、天保13年(1842)に建てられて大山道の道標があります。大山道は江戸時代、石尊参り(現、神奈川県伊勢原市の大山への参詣)をする多くの人々が利用しました。
 境内には、目切坂上(現、上目黒1-8付近)にあった目黒元富士から石碑などが移され、「目黒富士」と称す登山道が築かれています。
==========

oh19kai204.jpg
 階段を登ると拝殿と東屋があった。

oh19kai205.jpg
 上から見下ろすとこんな感じだ。

19道標:大山街道1

oh19kai190m.jpg
(34)氷川神社
(35)道標

oh19kai190mo.jpg
(34)氷川神社

oh19kai191.jpg
 氷川神社の入口に大山道の道標があった。【正面】には「大山道、せたがや道、玉川通」と書かれている。

oh19kai192.jpg
【右】には「ひろう、めぐろ、池がみ、品川みち」と書かれている。「ひろう」は広尾のことか?

oh19kai193.jpg
【左】には「青山、あざぶみち」と書かれている。

18大坂橋:大山街道1

oh19kai180m.jpg
(33)大坂

oh19kai180mo.jpg
(33)大坂入口

oh19kai181.jpg
 本来の大山街道はここを直進していたようだが、今ではその道はない。

oh19kai182.jpg
 左折してすぐの大坂橋下の信号機の場所を横断する。

oh19kai183.jpg
 玉川通り(国道246号)と山手通り(都道317号)の交差点である。

oh19kai184.jpg
 山手通りを横断し今度は登り坂である。

oh19kai185.jpg
玉川通り(国道246号)に戻ると、分岐した首都高が頭上を覆っており、立体的で都会らしい重々しさがある。

17大坂:大山街道1

oh19kai170m.jpg
(31)大坂上バス停
(32)大坂入口
(33)大坂

oh19kai170mo.jpg
(32)大坂入口

oh19kai171.jpg
 道玄坂上交差点で再び国道246号線と合流した。ここからしばらくは首都高を見上げながら歩くことになる。

oh19kai172.jpg
 少し歩くと神泉町交差点に着く。

oh19kai173.jpg
 (31)の大坂上バス停。

oh19kai174.jpg
 この分岐の右側の下り坂を行く。

oh19kai175.jpg
==========
大坂(おおさか)
 厚木街道(江戸から厚木まで)の間にあった四十八坂のうち、急坂で一番大きな坂であったので、大坂と呼ぶようになったといわれる。この坂標識の北側の坂が旧道で、南側の坂が新道である。
==========
大坂と言っても、なおみではない(笑)

oh19kai176.jpg
 右側の道を進んでみる。

oh19kai177.jpg
 徐々に下り坂になっている。

oh19kai178.jpg
 かなり下ってきた。この大坂は、落とした団子が坂下まで転がるほどの急坂だったことから団子坂とも言われた。

16道玄坂道供養碑:大山街道1

oh19kai160m.jpg
(29)百軒店商店街
(30)道玄坂道供養碑

oh19kai160mo.jpg
(29)百軒店商店街
(30)道玄坂道供養碑

oh19kai161.jpg
 紅白のカーテンに隠れるように供養碑がある。

oh19kai162.jpg
 与謝野晶子がふるさとを詠んだ短歌の碑があった。

oh19kai163.jpg
==========
母遠うて 瞳したしき 西の山  相模か知らず 雨雲かかる
 歌人与謝野晶子が詠んだこの短歌は、明治35年(1902)四月に発行された東京新詩社の機関紙「明星」に収められています。
 晶子は、前年に、郷里の大阪府から単身上京し、渋谷道玄坂の近傍に住んで、与謝野_寛と結婚しました。処女詩集の「みだれ髪」も刊行しています。詩歌の革新をめざした寛との新婚生活でしたが、晶子によって、身心の負担は思いもよらず大きなものでした。
 歌人として、また妻としての多忙な日々のひとときに、住まいから近い道玄坂の上にしばしたたずんで、西空の果てに連なる相州の山々を眺めていたのです。その山々の方向にあたる遠い堺の生家を思い、母親を懐かしんだのでした。
 みずから生家を離れて、新しい生活を渋谷で始めた晶子が、当時ひそかに抱き続けていた真情の一端を、この一首の短歌は語っているのです。
 なお、この歌碑に彫られている筆跡は、晶子自身の書簡による集字です。
     渋谷区教育委員会
==========

oh19kai164.jpg
==========
渋谷道玄坂
 渋谷氏が北条氏綱に亡ぼされたとき(1525年)その一族の大和田太郎道玄がこの坂の傍に道玄庵を造って住んだ。それでこの坂を道玄坂というといわれている。江戸時代ここを通る青山街道は神奈川の人と物を江戸へ運ぶ大切な道だった。やがて明治になり品川鉄道(山手線)ができると渋谷附近もひらけだした。近くに住んだ芥川龍之介、柳田國男がここを通って通学したり、坂下に新詩社ができたり林芙美子が夜店を出した思い出もある。これからも道玄坂は今までと同じくむしろ若者の街として希望と夢を宿して長く栄えてゆくことだろう。
   樋口清之
==========
 ここに書かれている大和田道玄は実は山賊の親分で、この大山街道を行く旅人を襲ったという歴史がある。

15道玄坂:大山街道1

oh19kai150m.jpg
(28)道玄坂
★1渋谷109

oh19kai150mo.jpg
(28)道玄坂

oh19kai151.jpg
 スクランブル交差点から少し進むと渋谷109がある。

oh19kai152.jpg
 さらに道玄坂を進む。

oh19kai153.jpg
 道玄坂交差点があった。

oh19kai154.jpg
 右手には渋谷百軒店商店街があり、ここが昔の渋谷の中心だった。百軒店は1923年(大正12年)の関東大震災で被災した店を受け入れてできた繁華街である。

14スクランブル交差点:大山街道1

oh19kai141.jpg

oh19kai142.jpg

oh19kai143.jpg

oh19kai144.jpg
 道玄坂を登る前に、交差点の一角に立ちスクランブル交差点をグルっと眺める。



oh19kai146.jpg

oh19kai147.jpg
 今はそれほどではないが、テレビの映像などを見る限り、混んでいる時にはこの比ではないであろう。

13渋谷駅:大山街道1

oh19kai130m.jpg
(21)宮益坂
(26)渋谷川
(27)忠犬ハチ公像
(28)道玄坂

oh19kai130mo.jpg
 明治地図には(26)渋谷川がある。川の水が鉄分を含み渋色をしていたから渋谷となった。
大山街道と渋谷川の交わるあたりが渋谷駅だろう。

oh19kai131.jpg
 左手に工事中の鉄道施設と大きなビルを見ながら坂を下る。

oh19kai132.jpg
 宮益坂下交差点に着いた。渋谷川は暗渠になっているのだろう。

oh19kai133.jpg
 正面にはJRの高架がある。

oh19kai134.jpg
 ガードをくぐると渋谷スクランブル交差点だ。

oh19kai135.jpg
 渋谷駅前に向かうと東急の昔の車両が待ち合わせ場所になっていた。

oh19kai136.jpg
 もちろん忠犬ハチ公像での待ち合わせも健在である。

oh19kai137.jpg
 渋谷駅の建物は数多くの広告看板で覆われている。

oh19kai138.jpg
 これから道玄坂を登っていく。

12御嶽神社:大山街道1

oh19kai120m.jpg
(22)御嶽神社

oh19kai120ma.jpg
 江戸情報地図によると御嶽神社に向かう道には富士見坂と書かれている。おそらくここから富士がよく見えたのであろう。

oh19kai120mo.jpg
(22)この神社記号が御嶽神社なのだろう。

oh19kai121.jpg
 本来の富士見坂はちょっと左手だと思われる。ヒカリエ方面へと左折する。

oh19kai122.jpg
 この坂が昔の富士見坂なのだろう。今となっては建物に囲まれて見晴らしは全く期待できない。成人の日なので振袖姿の若いお嬢さんが慣れない草履で歩いていた。

oh19kai123.jpg
 平成地図には東急文化会館となっているが、ここは現在では渋谷ヒカリエとなっている。渋谷駅周辺の変わりようは著しい。

oh19kai124.jpg
 宮益坂に戻り御嶽神社入口にやってきた。都内のど真ん中にある神社の雰囲気がよくでている。

oh19kai125.jpg
 階段を登るとさらに鳥居と拝殿があった。

oh19kai126.jpg
 この大山街道の旅の安全を祈願した。宮益の地名はこの御嶽神社の御利益で益々栄える町ということに由来する。

11宮益坂上:大山街道1

oh19kai110m.jpg
 ★3 宮益坂上交差点

oh19kai110mo.jpg
 ★3 宮益坂上

oh19kai111.jpg
 宮益坂上交差点に着いた。

oh19kai112.jpg
 こちらは(1)の金王坂である。


 歩道橋の上から宮益坂上を眺めてみる。五差路になっており大きな交差点である。

oh19kai114.jpg
 (2)が国道246号線で(3)はこれから進む宮益坂。

oh19kai115.jpg
(1) は金王坂。
(2) は国道246号線

oh19kai116.jpg
(4) は右折する道。

10青山学院:大山街道1

oh19kai100m.jpg
★1 南青山五丁目交差点
(19)青山学院
(20)国連大学
★2 (23)金王八幡宮・(25)東福寺への道

oh19kai100mo.jpg
★1 南青山五丁目交差点
(19)青山学院
(20)国連大学
★2 (23)金王八幡宮・(25)東福寺への道
 青山学院があるところには葡と書いてある。葡萄畑があったのだろう。他にも梨や李(もも)などの果樹園もあったらしい。梅や櫻や桑の文字も見える。(23)八幡社(金王八幡宮)や(25)東福寺も記載されている。

oh19kai101.jpg

oh19kai102.jpg
 表参道交差点を進む。このあたりは日曜日の朝にもかかわらず人通りも多い。

oh19kai103.jpg
 さらに進む。

oh19kai104.jpg

oh19kai105.jpg
 南青山五丁目交差点をさらに進む。

oh19kai106.jpg

oh19kai107.jpg
 (19)の青山学院大学である。今年(2019年)の箱根駅伝では惜しくも準優勝で5連覇ならず。優勝したのは我が母校の東海大学! 来年も連覇を目指そう!

oh19kai108.jpg
 こちらが(20)の国連大学。こんな大学があることを初めて知った。

09善光寺別院:大山街道1

oh19kai090m.jpg
(16)南青山三丁目交差点
(17)善光寺別院
(18)表参道交差点

oh19kai090mo.jpg
(16)南青山三丁目交差点
(17)善光寺別院
(18)表参道交差点
 明治地図ではこのあたりにも茶畑が多い。街道沿い以外には住居はそれほど多くない。

oh19kai091.jpg
 外苑前交差点を進む。

oh19kai092.jpg

oh19kai093.jpg
 成城石井も24時間営業してるのですね。

oh19kai094.jpg
 ここが南青山三丁目交差点。2018年10月には児童養護施設(港区子ども家庭総合支援センター)の建設に地元住民が反対というニュースがあったが、このあたりなのだろうか。

oh19kai095.jpg
 そして(17)の善光寺に着いた。明治地図にも善光寺と書いてあるのが読める。

oh19kai096.jpg
 南命山善光寺別院という。徳川家康が信濃の善光寺から勧請して谷中村に建てたものをここへ移転した。

oh19kai097.jpg
 立派な本堂が正面に見えた。

08梅窓院:大山街道1

oh19kai080m.jpg
 平成地図では(15)が梅窓院である。

oh19kai080mo.jpg
 明治地図でも(15)の近くに卍記号があり、その近くに梅窓院と書いてあるのが読める。

oh19kai081.jpg
 ここが梅窓院の入口である。

oh19kai082.jpg
 竹林の中の参道を進む。

oh19kai083.jpg

oh19kai084.jpg
 不老門という山門があった。

oh19kai085.jpg
 正式には長青山寳樹寺梅窓院というそうだ。

07青山一丁目:大山街道1

oh19kai070m.jpg
 ここから(11)の青山一丁目交差点に向かう。

oh19kai070mo.jpg
 明治地図ではおそらく(11)の場所が今の青山一丁目交差点であろう。南側には埋葬地や墓地の文字がみられ現在の青山墓地と一致する。畑や茶という文字も散見される。

oh19kai071.jpg
 清々しい空気の中を西へ向かう。

oh19kai072.jpg
 赤坂郵便局の前を進む。

oh19kai073.jpg
 ちぃばすが運行しており乗客を乗せて出発した。

oh19kai074.jpg
 ここが青山一丁目交差点。大きな交差点になっている。

oh19kai075.jpg

oh19kai076.jpg
 そして明治神宮外苑の文字が見える。

oh19kai077.jpg
 今日は成人の日で祝日。日の丸が掲揚されていた。

oh19kai078.jpg
 地下鉄の外苑前駅のそばまでやってきた。

06高橋是清記念公園:大山街道1

oh19kai060m.jpg
 平成地図では(10)の場所である。

oh19kai060mo.jpg
 明治地図では(10)に相当する場所である。昔は赤坂役所があったのだろうか。この先の南側には茶や畑の文字が見える。赤坂と青山の間に茶畑があったとは現在からはとても想像できない。

oh19kai061.jpg

oh19kai062.jpg
 高橋是清記念公園に着いた。

oh19kai063.jpg
 公園内は閑散としている。公園内を清掃担当の方々が掃除していた。

oh19kai064.jpg
 公園の奥に高橋是清像があった。高橋是清は第20代内閣総理大臣であるが、財政家として知られているため総理大臣より大蔵大臣(当時)としての評価が高いそうだ。1936年(昭和11年)2月26日いわゆる「2・26事件」で殺害され83歳の生涯を閉じた。

oh19kai065.jpg

oh19kai066.jpg
 公園の隣にはカナダ大使館がある。大使館があるということはここが赤坂役所のあった場所かもしれない。

oh19kai067.jpg
 道路の反対側は広大な赤坂御用地である。

05牛啼(鳴)坂:大山街道1

oh19kai050m.jpg
 これから(7)牛啼坂を進む。(8)弾正坂や(9)薬研坂を横切り(10)の高橋是清翁記念公園まで行こう。

oh19kai050ma.jpg
 江戸情報地図にもはっきりと「牛啼坂」と書かれている。

oh19kai050mo.jpg
 明治地図の(7)が牛啼坂である。

oh19kai051.jpg
 横断歩道の上からの眺め。左斜め前方の道を進む。

oh19kai052.jpg
 牛啼坂である。道路左側は現在ビルの工事が行われている。こちらは牛鳴坂と書かれている。
==========
牛鳴坂(うしなきざか)
 赤坂から青山に抜ける厚木道で、路面が悪く車をひく牛が苦しんだために名づけられた。さいかち坂ともいう。
==========
 皀角(さいかち)の花がたくさん咲いていたのだろうか?

oh19kai053.jpg
 なんだか立派な門が見えてきた。

oh19kai054.jpg
 山脇学園という私立女子校の敷地内にあるようだ。

oh19kai055.jpg
 説明には次のように書かれていた。
==========
重要文化財 武家屋敷門
 長屋門、桁行21.8m、梁間4.7m、二階建、切妻造、片流面出番所付属、本瓦葺

 この武家屋敷門は、江戸城東廊八重洲大名小路(千代田区丸の内東京中央郵便局付近)にあった幕府老中方屋敷の表門で、文久二年(1862)の火災後、当時の老中であった本多美濃守忠民(三河国岡崎藩)によって再建されたとみられる。
 当時は桁行五十八間(実長約120m)にも及ぶ長大な長屋門であったが、左右両側が切り縮められて、門と左右番所のみが移築されている。数少ない江戸城下の大名屋敷遺構のなかでも、五万石以上の諸侯または老中職に許された長屋門の形式をもつ唯一の遺構である。
==========

oh19kai056.jpg
 そして(8)の場所で右を向くとご覧のような弾正坂。
==========
弾正坂(だんじょうざか)
 西側に吉井藩松平氏の屋敷があり、代々弾正大弼(だいひつ)に任せられることがおおかったため名づけられた。
==========
 ちなみに弾正大弼とは、風俗の取り締まりなどをする役所「弾正台」の次官である。昔から風俗を取り締まるということが行われたいたとは興味深い。

oh19kai057.jpg
 このあたりはコミュニティバスのちぃばすが走っている。

oh19kai058.jpg
 そして(9)の薬研坂。薬研のような形をしているからということだ。
==========
薬研坂(やげんざか)
 中央がくぼみ両側の高い形が薬を砕く薬研に似ているために名づけられた。付近住民の名で、何右衛門坂とも呼んだ。
==========
 しかし、明治地図を見るとここから少し離れた場所に「ヤケンザカ」と書かれている。時代とともに坂が移動したのかどうかは謎である。

oh19kai058a.jpg
 これが薬研。底があり両端が高くなっている。

oh19kai059.jpg
 ここで国道246号と再合流した。

04豊川稲荷東京別院:大山街道1

oh19kai040m.jpg

oh19kai040mo.jpg
 赤坂見附交差点を直進してゆるやかな登り坂を進む。明治地図では青い点線で示している。

oh19kai041.jpg
 道路を挟んだ左側を見ると「一ツ木通り」という看板が見えた。ロス・インディオス&シルビアのベストヒット♪別れても好きな人♪(1979年)の2番に「ちょっぴり寂しい乃木坂 いつもの一ツ木通り」という歌詞があったのを思い出した。へぇー、ここだったのか。

oh19kai041a.jpg
 江戸情報地図にもここに一ツ木町があったことが記されている。

oh19kai042.jpg
 大山街道を歩むにはこの歩道橋を渡る必要があるが、その前にちょっと豊川稲荷に寄り道する。

oh19kai043.jpg
 ここが豊川稲荷である。地図の(6)だが明治地図には記載がない。

oh19kai044.jpg
 豊川稲荷の手前で右に下る坂は九郎九坂という。
==========
九郎九坂(くろぐざか)
 江戸時代の一ツ木町名主秋元八郎左衛門の先祖、九郎九が住んでいて坂名になった。鉄砲練習場があって鉄砲坂ともいう。
==========

oh19kai045.jpg
豊川稲成は、正式には豊川稲荷東京別院というらしい。

oh19kai046.jpg
==========
豊川稲荷縁起
 豊川稲荷は稲穂を荷い白狐に跨り給うお姿の豊川●枳尼真天にましまし 今から凡そ七百余年の昔 順徳天皇第三皇子寒厳義_尹禅師によってはじめて感見され それより代々伝えられて嘉吉元年(西暦1441年)_旧十一月二十二日豊川の霊場豊川閣妙厳寺に奉祀されました 尓来福徳の善_神として広く御信者の皆様に信仰せられて今日におよんでおります
 当山は愛知県豊川閣の東京別院で江戸時代の名奉行大岡越前守忠相公が生涯の守護神として日夜信仰せられた由緒ある豊川●枳尼真天の御尊像をおまつりする霊場であります
==========

 豊川稲荷の唯一の直轄別院(飛び地内境内)ということだ。さすが大岡越前である。なお当初は大岡邸内にあったが、小学校を建てるために明治20年(1887年)にこの地に移転したということだ。そのため明治地図(明治14年測量)には記載がなかったのであろう。

oh19kai047.jpg
 こちらが拝殿となる。これからの旅の無事を祈った。

oh19kai048.jpg
 さて歩道橋へ引き返し、これから大山街道を進むべく道の向こう側にわたることとする。


プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター