FC2ブログ

181海老名駅入口:大山街道(6)

oh19kai1810m.jpg
 海老名駅入口交差点

oh19kai1810mo.jpg
 赤矢印の場所が海老名駅入口交差点だろう。

oh19kai1811.jpg
 ビナウォークには国分寺の七重塔のモニュメントがある。

oh19kai1812.jpg
中央公園南交差点から大山街道に戻る。

oh19kai1813.jpg
ここが海老名駅入口交差点。今日の旅はここから海老名駅へ行って終了である。次回はここから再開とする。

海老名1306ー1316伊勢原


180銀星:大山街道(6)

oh19kai1800m.jpg
 昼食ためにビナウォークのらーめん処へ。地図の赤丸のあたり。

oh19kai1801.jpg
 5-6軒のお店があるが、今回は銀星へ。

oh19kai1802.jpg
 メニューは、煮干し中華そば780、濃厚煮干し中華そば830、濃厚煮干しつけ麺850、しじみらーめん780など。煮干しらーめんが売りなのかな。帰宅後にネットで調べると本店は高円寺だそうだ。店内の券売機で濃厚煮干し中華そばの食券を買うとすぐにカウンター席に案内された。

oh19kai1803.jpg

oh19kai1804.jpg
 しばらくしてでてきたらーめんは、煮干しの香りのする濁ったスープ。これが「濃厚」なのかどうかの判断はつきにくい。煮干し中華そばを注文し、店内で煮干し粉(無料)をいただいた方がよかったかな、とも思った。


179大ケヤキ:大山街道(6)

oh19kai1790m.jpg
 (29)大欅(けやき)

oh19kai1790mo.jpg
 矢印の場所が大欅の場所だろう。

oh19kai1791.jpg
 国分寺跡から元の場所に戻る。

oh19kai1792.jpg
 まっすぐ進むと大欅があった。

oh19kai1793.jpg
 推定樹齢は560年以上で、漁師が舟を繋ぐ杭を打ちこんだところその杭から芽がでたという伝説があるそうだ。国分宿の西には海(川)が広がっていたのだ。

――――――――――
神奈川県指定天然記念物
海老名の大ケヤキ
  昭和29年3月29日指定
 このケヤキは、かつて船つなぎ用の杭として打ったものが発芽して大きくなり、以来、人々が保護し育ててきたものと伝えられている。根回り15.3メートル、目通り7.5メートル、樹高20メートルに達する大ケヤキである。
 ケヤキはニレ科の温帯性落葉高木で、県下でも沖積地や台地斜面などに自生しているため昔から親しまれてきた。屋敷内には植栽されることも多く、しばしばケヤキの見事な屋敷林も見かける。
 もともとこのあたりでは、ケヤキ林が自然植生として栄えていた。昔の人が生活の知恵から打ちつけた杭も、ちょうどこの土地に合ったものを使ったため、現在見られるほどの見事なケヤキに生長したものと推定される。郷土を代表する木として、永く保存する必要があり、県指定天然記念物に指定したものである。
 神奈川県教育委員会
――――――――――

oh19kai1794.jpg
 歩道橋を渡らずにまっすぐ進む。

oh19kai1795.jpg
 旧国道246号線と合流し、ここを右へ。

oh19kai1796.jpg
国分坂下交差点を直進。

oh19kai1797.jpg
中央公園入口を右折する。


178温故館:大山街道(6)

oh19kai1780m.jpg
 (26)温故館→赤丸の場所に移転

oh19kai1780mo.jpg
 赤丸の場所が移転した温故館の場所

oh19kai1781.jpg
 温故館は国分寺跡の近くに移転していた。気がついてよかった。

oh19kai1782.jpg
 中に入って学芸員(?)の方の説明を聞いた。当然ながらよく知っている。国分寺だけでなく、この周辺でいろいろな遺構が発見されているようである。来館記念のスタンプはいろいろなものがそろっている。

oh19kai1783.jpg
 温故館のパンフレットをいただいた。元は海老名村の村役場で、昭和57(1982)年から海老名市郷土資料館となり、平成23(2011)年に移転再オープンとなったようだ。

――――――――――
温故館の歴史
 温故館は、相模国分寺跡が国指定史跡となった大正10(1921)年に国分寺跡保存整備事業の一環として、考古資料等を保管・展示するため、尋常高等海老名小学校(現在の海老名市立海老名小学校)の校庭に設置された「遺物陳列館」がその始まりです。
 温故館は、関東大震災により倒壊しましたが、まもなく海老名村役場敷地に再建され、その後国分寺中門跡付近など数度の移転を経て、旧海老名村役場の保存を機に、同建物を温故館とすることになりました。昭和57(1982)年に開館した海老名市温故館ですが、老朽化のため耐震補強工事が必要となり、現在の場所に移築し、平成23(2011)年に再オープンしました。(パンフレットより)
――――――――――


177相模国分寺跡(3):大山街道(6)

oh19kai1771.jpg
 相模国分寺跡の説明文があった。

oh19kai1772.jpg
 法隆寺に似た建物配置で、東西240メートル、南北300メートル以上と有数の規模を誇っていたようだ。

――――――――――
 奈良時代、聖武天皇は仏教の力で国の安寧を図るため諸国に国分寺の建立を命じました。相模国分寺もその一つで、8世紀後半には建築が始まったとみられます。七重塔と金堂を東西に、講堂を北側に配置する法隆寺に似た建物配置をとり、回廊と築地塀で周囲を囲んでいます。その外側は素堀りの溝で区画され、寺の範囲は東西240m、南北300m以上と諸国の国分寺跡の中でも有数の規模を誇ります
 七重塔や僧房などの建物は、多くの瓦が出土していることから瓦葺きだったとみられます。瓦は乗越瓦窯(横須賀市)、その後、瓦尾根瓦窯(東京都町田市)などで焼かれたものが使用されています。また、塔跡や金堂跡などの礎石は中津川上流から運ばれています。相模国分寺跡近くの逆川跡は、これらの資材を運ぶために人工的に開削された運河とみられています。
 通常国分寺は国府の近くに建立されますが、相模国では、国府は大住郡(平塚市)、国分寺は国府から約12キロも離れた高座郡(海老名市)におかれました。これは大住郡と高座郡の郡司が壬生氏という同じ氏族であったからではないかとされています。ここから500mほど北には、相模国分尼寺も置かれ、二寺が並び立つ様子は壮観だったことでしょう。
 相模国分寺は平安時代中頃まではこの場所で存続していたとみられますが、中世には判然としなくなります。江戸時代には現在の東光山国分寺の場所へと移り、その法灯が受け継がれています。
――――――――――

oh19kai1773.jpg
 「National Historic Site Sagami Kokubunji Temple Remains」。英語表記がなんだかオシャレだね。

oh19kai1774.jpg
 ここは寺の僧が生活していた僧房跡である。東西81メートル以上と長い建物で、9区画に仕切られていた。

oh19kai1775.jpg
 僧房の遺構も埋め戻して保存してあるそうだ。

――――――――――
 ここに、国分寺の僧が集団生活をしていた施設である僧房がありました。僧房は塔や金堂、講堂とともに奈良時代の寺院を構成するために必要な建物でした。1966年と1996年に行われた発掘調査により、東西81m以上の長大な建物で、東西9m、南北6.57mを1居住単位とし、9区画以上に仕切られていたことなどが確認されました。
 柱穴を調べたところ、柱の下部を地中に埋める掘立柱建物から、柱を礎石の上に建てる礎石建物へ建て替えられたことも判明しました。柱は直径約30cmと推定され、柱が沈み込まないよう根元に石や瓦を置く礎板も見つかりました。さらに、掘りなおされた痕跡が確認されたもの、柱穴の中に焼けた瓦や土器が廃棄されたもの、焼けた土で埋め戻されたものが確認されました。
 これらのことから、火災などによって2回の建て替えがあったものと考えられます。
 見つかった僧房の遺構は、長く将来に伝えていくために埋め戻し保存し、その上に僧房の規模や構造がわかるよう、壁や柱の位置を表示しています。
――――――――――


176相模国分寺跡(2):大山街道(6)

oh19kai1761.jpg
 ここは七重塔の跡である。

oh19kai1762.jpg
 七重塔です! 三重でも五重でもありません。高さ65メートル、基壇一辺は20メートルと壮大です。8世紀によくこんな建造物をつくったものです。

――――――――――
 ここは741(天平13)年の「国分寺建立詔」をうけて建てられた七重塔の跡です。国分寺の塔には、国家の平安を祈る金光明最勝王経が安置されていました。
 1966(昭和41)年と1993(平成4)年に行った発掘調査で基壇(建物の基礎となる土盛)は、一辺の長さが20.6m、高さは1.3mの規模であったことが確認されました。残存する礎石から、塔の初重の広さは、10.8m四方で、塔の高さは約65mあったと推定されています。
 塔跡のまわりからは屋根瓦(布目瓦)や水煙等の遺物が出土しています。
 また、基壇周辺で発掘された石敷や盛り土から2回の修理もしくは建て替えが行われたことも分かりました。
創建時の基壇は、現在復原されているように、四辺ともに切り石積み(壇正積)でしたが、後に北側の辺だけが川原石積み(乱石積み)につくり替えられています。
 石質調査の結果、切り石は相模川上流から、礎石は丹沢方面から運ばれたものと推定され、両方とも凝灰岩質の石です。
 10個の礎石は当時のままですが、失われた礎石は国分寺跡から運び出されたといわれる礎石3個と新たな石4個を使って復原・補充しました。
 基壇の高さは、基壇周辺の遺構を保護するために盛り土したので、創建時の基壇よりも35㎝低く復原しました。
――――――――――

oh19kai1763.jpg
 立派な七重塔の想定復元図である。


175相模国分寺跡(1):大山街道(6)

oh19kai1750m.jpg
 (27)相模国分寺跡

oh19kai1750mo.jpg
 赤丸のあたりだろう。

oh19kai1751.jpg
 細い道を進むと右側が広大な広場になっている。ここが国分寺跡である。

oh19kai1752.jpg
 史跡相模国分寺跡という石碑がたっている。大正14年に建立されている。

oh19kai1753.jpg

oh19kai1754.jpg
 中門と回廊跡である。遺構は地下に埋め戻してあるそうだ。

――――――――――
ここには、塔・金堂など主要な建物を囲む回廊とその中に入るための正門である中門がありました。
 1966年と1993年に行われた発掘調査の結果、中門は東西21m×南北11m程の土台(基壇)上に建つ瓦葺きの建物だったと推定されています。
 廊跡からは、礎石上に柱の痕跡があるものが7基みつかり、周辺から瓦が多く出土しました。回廊は一般的に東西南北に廻らされますが、相模国分寺では東面が築地塀であったことが確認されており、西面についての詳細は不明です。
 現在、遺構は地下に埋め戻して保存し、その上に中門と回廊の範囲を表示しています。
――――――――――

oh19kai1755.jpg
 民家の向こうにはViNA WALKの看板が見える。海老名駅にもかなり近い場所なのである。


174道標:大山街道(6)

oh19kai1740m.jpg
 (25)道標

oh19kai1740mo.jpg
 明治地図では赤矢印のあたりであろう。このあたり(国分宿)の街道沿いにも民家が多い。南北の道は八王子道らしく、大山街道と交差し、とても賑わっていたらしい。

oh19kai1741.jpg
 左へ行くと国分寺台へ行くが、ここを直進する。

oh19kai1742.jpg
 右側に道標などが集まっている。

oh19kai1743.jpg
 「東 江戸・つる間 南 藤沢・かま倉」

oh19kai1744.jpg
 「西 大山・あつ木 北 八王子・ほしのやと」。ほしのやととは座間の「ほしのや観音」のこと。

oh19kai1745.jpg
 さらに進む。

oh19kai1746.jpg
 右側に案内板がある。

oh19kai1747.jpg
 「史跡相模国分寺跡歴史公園案内板」で相模国分寺跡の説明がある。現在地のすぐ近くの赤い建物は(26)温故館だが、空き地になっていて何もない(一つ前の写真参照)。

oh19kai1748.jpg
 仕方がないのでこの細い路地を通って相模国分寺跡に行ってみる。


173伊勢山自然公園・逆川碑:大山街道(6)

oh19kai1730m.jpg
 (23)伊勢山自然公園、(24)逆川碑

oh19kai1730mo.jpg
 赤丸で伊勢山自然公園、赤矢印は逆川碑の場所。

oh19kai1731.jpg
 伊勢山自然公園脇の道にでた。

oh19kai1732.jpg
 ちょっと公園に寄ってみよう。

oh19kai1733.jpg
 階段と坂道を登っていく。本当に「自然」公園でありところどころにベンチが置いてある程度だ。トイレもない。

oh19kai1734.jpg
 公園から戻ると、そこは伊勢山公園前交差点。

oh19kai1735.jpg
 交差点の右側に史跡逆川という石碑があった。

oh19kai1736.jpg
 逆川とは逆の流れ方をしていた灌漑用と運送用に掘られた運河のことだ。日本最古の運河らしい。

――――――――――
逆川の由来
 逆川(さかさがわ)は大化の改新が行われたころ条里制による海老名耕地のかんがい用と運送用に掘られた川といわれています。
 その全長は約2.5キロメートル、ここから凡そ1キロ上流で目久尻川を堰き止めて分水し、この地点で相模横山をよこぎり西北方に流れをとり、今泉境で耕地に注ぎ出ました。このような逆の流れ方をしていたので「逆川」の名が生まれたのでしょう。
 なお舟着場と呼ばれたところから下流は日本最古の運河として平安中期まで利用されていたようでその遺構は今なお地下に眠っています。
 後世、流れの向きを変えて「新堀」といい昭和15年ごろまで国分・大谷・今里・杉久保・上河内・中河内・本郷・門沢橋・倉見・宮山などの田をうるおしていました。
 現在この地点より先は埋め立てられ舟着場付近のみわずかにむかしの面影を残しています。
 昭和57年3月27日 海老名市教育委員会
――――――――――

oh19kai1737.jpg
 先ほどの目久尻橋と石橋供養塔で出てきた、目久尻橋にかけた石橋の石がこれである。

――――――――――
 この石は、その昔大山街道の交通の便をはかるため、目久尻川にかけた石橋の石で、大正12年の関東大地震のとき川に落ちたものを昭和52年12月河川改修のとき引き上げたものです。これに宝暦7年(1757)に国分の重田七三郎翁が企てた石橋勧進帳の木版が残っておりこの架橋のありし日を物語っています。
 昭和57年3月27日
――――――――――


172道祖神・石橋供養塔:大山街道(6)

oh19kai1720m.jpg
 (20)道祖神、(21)目久尻川、(22)石橋供養塔

oh19kai1720mo.jpg
 (20)道祖神を赤丸で、(22)石橋供養塔を赤三角で記した。

oh19kai1721.jpg
 児童公園から坂をくだる。

oh19kai1722.jpg
 正面には大山がくっきりと、と言いたいところだが山頂には雲がかかりはじめた。

oh19kai1723.jpg
 さらに道を下り、つきあたりを右に曲がると右手に道祖神がある。

oh19kai1724.jpg
 旧国道246号線に出て左に進む。

oh19kai1725.jpg
 すぐある川は目久尻川。

oh19kai1726.jpg
それほど大きな川とは思えないが一級河川ということだ。

oh19kai1727.jpg
目久尻橋を渡るとすぐに国分コミセン前交差点。

oh19kai1728.jpg
 そこを右折して目久尻川に沿って歩くと右側のフェンス越しに石橋供養塔がある。目久尻橋を石橋に架け替える募金活動を行った重田七三郎の功績をたたえてある。

oh19kai1729.jpg
 ここを左折する。

oh19kai1729a.jpg
 細い道を進む。


171馬頭観音:大山街道(6)

oh19kai1710m.jpg
 (19)馬頭観音

oh19kai1710mo.jpg
 明治地図では赤丸あたりだろう。

oh19kai1711.jpg
 望地交差点を渡り、正面右側の登り坂の道を進む。

oh19kai1712.jpg
 正面には県営海老名さつきハイツ集会所がある。

oh19kai1713.jpg
 その反対側に馬頭観音があった。

――――――――――
昭和50年5月建立  馬頭観世音
施主 井上富松
――――――――――

oh19kai1714.jpg
集会所の隣には望地道下児童公園がある。


170望地交差点:大山街道(6)

oh19kai1700m.jpg
 (18)望地交差点

oh19kai1700mo.jpg
 明治地図ではこのあたり。

oh19kai1701.jpg
 左手の専門学校とは湘央生命科学技術専門学校のことである。「第31回全国専門学校軟式野球選手権大会 準優勝」や「第16回東日本学生救命救急技術選手権 総合優勝」など活躍しているようだ。

oh19kai1702.jpg
 望地(もうち)という地名は、見晴らしがよかったのか、あるいは芒地すなわち「ススキが茂った土地」からついた地名らしい。

oh19kai1703.jpg
 旧道らしいカーブを進む。

oh19kai1704.jpg
ここが望地交差点だ。五差路になっていて車の往来が多い。

oh19kai1705.jpg
 平成地図の文教堂はドラッグストアに変わっていた。


169道標・渡辺崋山案内板:大山街道(6)

oh19kai1690m.jpg
 (12)渡辺崋山案内板

oh19kai1690mo.jpg
 おそらく赤矢印の場所であろう。

oh19kai1691.jpg
 このわかれ道の左手前に道標や案内板などがある。

oh19kai1692.jpg
 ガイドブックには向かいのマンション内の公園に道標があるとなっているが、ここに道標がある。
 「向二 右 小園・早川・綾瀬村小園」と書いてある。

oh19kai1693.jpg
 こちらは「向二 右 国分・厚木 左 大塚・原町田」となっている。

oh19kai1694.jpg
 道標の横に渡辺崋山案内板がある。

――――――――――
崋山ゆかりの道
 ここから右手に向かう道は、古東海道との言い伝えがあります。
 天保2年(1831)渡辺崋山は、絵の弟子高木梧庵を伴って江戸から大山街道を下り、この古道から小園村に入り少年期に世話になった「あこがれのお銀さま」を訪ねたのでした。
 崋山は本名を登といい、政治家として画家として、また幕末の先覚者として有名な人です。
  昭和63年3月 綾瀬市教育委員会
――――――――――

 「ここから右手に向かう道」とは、3枚前の写真の左手に向かう道のことである。

oh19kai1695.jpg
 向かいのマンション内の公園にはこんな石碑があった。

oh19kai1696.jpg
 さらに歩みを進める。


168不動明王:大山街道(6)

oh19kai1680m.jpg
 (11)不動明王

oh19kai1680mo.jpg
 赤矢印が不動明王の場所だろう。

oh19kai1681.jpg
 赤坂のバス停を過ぎる。

oh19kai1682.jpg

oh19kai1683.jpg
 これが不動明王。ひび割れしていてなんと書かれているかわからない。

oh19kai1684.jpg

oh19kai1685.jpg
 矢部酒米店の柱に大山街道ステッカーがあった。


167富士塚庚申塔:大山街道(6)

oh19kai1670m.jpg
 (8)動物病院、(10)富士塚庚申塔

oh19kai1670mo.jpg
 明治地図の富士塚庚申塔の場所は赤丸のあたりと思われる。

oh19kai1671.jpg
 ガイドブックには土屋獣医病院となっていたが、かしわだい動物病院になっていた。この脇の細い道を進む。

oh19kai1672.jpg
 家の間を通り過ぎ、

oh19kai1673.jpg
 畑のそばを通り、

oh19kai1674.jpg
 こんな細い道になった。本当にあるのかな?と疑心暗鬼になっていると、

oh19kai1675.jpg
 ありました! よかった!

oh19kai1676.jpg
 こちらには「西 あつぎ・大山 東 江戸」と書いてある。


166大塚本町:大山街道(6)

oh19kai1660m.jpg
 さらに西へ向かい大塚本町を目指す。

oh19kai1660mo.jpg
 明治地図では赤矢印の場所である。「字 大塚」という地名も下に見える。ここからしばらくは街道沿いに民家が続いていた様子がわかる。

oh19kai1661.jpg
 大塚本町交差点である。道はそれほど広くないが交通量は多い。

oh19kai1662.jpg
 平成地図のスーパーと書かれた場所。マンションのようだが、1階は閉鎖されている。

oh19kai1663.jpg
 昔は東急ストアだった。今はない。

oh19kai1664.jpg
 さらに道を進む。

oh19kai1665.jpg
 右手に湘陽かしわ台病院が見え、その横には大山が顔を出す。

oh19kai1666.jpg

oh19kai1667.jpg
 さらに進むとパブコという会社の前に来た。


165さがみ野駅:大山街道(6)

oh19kai1650m.jpg
 (53)から歩みを進める。

oh19kai1650mo.jpg
 明治地図ではさがみ野駅は赤枠のあたりであろう。

oh19kai1651.jpg
 赤矢印の場所。左側の道を進む。

oh19kai1652.jpg
 まっすぐ歩くとさがみ野二丁目交差点へ。ここで大山街道石碑を探すが見当たらず。

oh19kai1653.jpg
 そのまま進むとさがみ野駅入口交差点へ。

oh19kai1654.jpg
 さがみ野駅にちょっと寄り道。

oh19kai1655.jpg
 ここが踏み切り。平成地図では赤丸の場所。

oh19kai1656.jpg
 そして左側からの道と合流する。平成地図で青矢印の場所。

oh19kai1657.jpg
 このあたりは「さがみ野商店会」である。


164国道246号越え:大山街道(6)

oh19kai1640m.jpg
 西鶴寺の前をまっすぐ進み国道246号線を迂回して越える。

oh19kai1640mo.jpg
 国道246号線との交差はおそらくこのあたり。

oh19kai1641.jpg
 細い道を進んでいく。

oh19kai1642.jpg
 国道246号線とぶつかる。直進したいのだが迂回しなければならに。

oh19kai1643.jpg
 国道246号線を右に行き相模向陽館高校交差点(以前はひばりが丘高校前交差点)へ。ここで国道246号線を渡る。

oh19kai1644.jpg
 しばらく左へ歩くと大山街道の延長線上に出る。


163大和斎場入口:大山街道(6)

oh19kai1630m.jpg
 大和斎場、(52)西鶴寺

oh19kai1630mo.jpg
 赤矢印が(52)あたりだと思われる。

oh19kai1631.jpg
ここが大和斎場入口交差点。

oh19kai1632.jpg
 交差点を右に入るとすぐ右に大和斎場の看板がある。告別式でもあったのが多くの車が大和斎場に入っていく。

oh19kai1633.jpg
 その手前に石碑がある。

――――――――――
 矢倉沢往還(やぐらさわおうかん)。江戸青山(港区)から瀬田(渋谷区)・長津田(横浜市)・伊勢原(伊勢原市)を通過し、矢倉沢(南足柄市)に至る江戸時代の古道。大山街道・青山街道とも呼ばれていました。江戸時代には県内の東西を結ぶ、政治・経済上重要な街道でした。
――――――――――

oh19kai1634.jpg
 その隣には西鶴寺がある。修理中であった。


162泉の森入口:大山街道(6)

oh19kai1620m.jpg
 (50)泉の森看板

oh19kai1620mo.jpg
 街道の南側の等高線から考えて泉の森看板は(50)あたりだと推測する。

oh19kai1621.jpg
 右側には森永の工場がある。

oh19kai1622.jpg
街道の左手の(50)の場所には「泉の森本通り商店街」という看板がある。

oh19kai1623.jpg
 散策路にもなっている。

oh19kai1624.jpg
 右側にはサンホーム鶴間という特養(特別養護老人ホーム)がある。

oh19kai1625.jpg
 左には成和クリニック。

oh19kai1626.jpg
 そして西鶴間八丁目交差点となる。


161道標:大山街道(6)

oh19kai1610m.jpg
 旧国道246号線を西に向かう。赤丸印あたりに道標があった。

oh19kai1610mo.jpg
 明治地図では街道沿いに民家は少ない。

oh19kai1611.jpg
 松屋を出てから国道246号線を右へ。

oh19kai1612.jpg
 すぐに鶴間駅交差点の信号になる。

oh19kai1613.jpg
 右側には船のオブジェが。居酒屋(とれたて酒場 山海船)の看板だった。

oh19kai1614.jpg
 しばらく行くと西鶴間交差点。

oh19kai1615.jpg
 その先の右側に比較的新しい道標があった。

――――――――――
矢倉沢往還
 この石は、全国の「大和」という市町村で構成している「まほろば連邦」の加盟国である茨城県大和村より産出されている御影石(花崗岩)を使用しています。

 この道路は矢倉沢往還と呼ばれた古道であり、江戸時代には東海道の脇往還として重要な交通路となっていました。東京都港区青山を起点とし南足柄市関本、矢倉沢、足柄峠へと至る街道です。また、大山街道とも呼ばれ、江戸時代中期以降は大山信仰や富士信仰の行者が利用する道として栄えました。
――――――――――

 前回の鶴間駅到着する手前にも大山街道説明板があり、「まほろば連邦」加盟の自治体の石を使っていた。すごいな! まほろば連邦!

oh19kai1616.jpg
 次は西鶴間小学校入口交差点である。


160鶴間駅:大山街道(6)

 2019年12月22日、大山街道歩きの第六弾である。

oh19kai1600m.jpg
 伊勢原駅から鶴間駅へ移動する。

oh19kai1600mo.jpg
 明治地図での鶴間駅は赤枠の場所であろう。

oh19kai1601.jpg
 伊勢原駅を7時38分発の電車に乗り、相模大野で8時4分発の各停片瀬江ノ島行きに乗り換える。

oh19kai1602.jpg
 2面2線の鶴間駅が見えてきた。

oh19kai1603.jpg
 鶴間駅到着。

oh19kai1604.jpg
 西口に降りる。

oh19kai1605.jpg
 目の前の松屋で朝食。

oh19kai1606.jpg
 プレミアム牛丼ミニ330に生玉子70を追加した。エネルギーを補充してこれから歩くぞ!

伊勢原0738ー0759相模大野
相模大野0804ー0812鶴間



プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター