うまい酒の科学

170407-book.jpg
[題名]うまい酒の科学
[著者]酒類総合研究所
[発行]SBクリエイティブ株式会社
[定価]1,028円
[発行日]2016/1/31
酒好きにはたまらない酒のウンチク本!  清酒から焼酎、ビール、ウイスキー、ワインなど、酒にはいろいろな種類があり、それぞれにたまらない魅力があります。その魅力を日本で古くから酒について研究してきた酒類総合研究所の豊富な資料をもとにわかりやすく解説。すべての酒好きに贈る究極の一冊!


はい。酒好きです。その酒好きに贈る究極の一冊とやらを読んでみました。うんちくがすごいですねぇ。ここまで知らなくても酒は美味しく飲めますよ! と言いたくなっちゃうほど、細かなうんちくに満ち溢れています。


FC2ブログランキング



日本全国 ソウルフードを食べにいく

160220-book.jpg
[題名]日本全国 ソウルフードを食べにいく
[著者]飯窪敏彦
[発行]文藝春秋
[定価]756円
[発行日]2015/10/10
地元では日常的に親しまれているのに、一歩その土地を離れると、なかなかお目にかかれなくなる「食」。郷土を離れた人たちが帰郷して、いの一番に食べたいと思う「食」ー
そんな愛すべき日本全国の〈ソウルフード〉を写真と文で紹介!

帯広の豚丼・仙台の冷し中華・会津若松のソースカツ丼・富津のあなご丼・名古屋の小倉トースト・博多うどんなど、メジャーなものから、ハントンライス・えびめし・白熊・ホルモン焼きそばまでーー人々と店が長い時間をかけてつくりあげた、情熱・魂がこもった土地の味をお試しあれ。


日本全国のご当地B級グルメをソウルフードと称しており、その食べ歩きの本。まだまだ食べたいソウルフードがたくさんある!!!


FC2ブログランキング



dancyu2016年2月号

160128c-book.jpg
[題名]dancyu2016年2月号
[発行]プレジデント社
[定価]880円
[発行日]2016/1/6
ラーメン イズ ビューティフル

「がんこ」に生きる。
106年のラーメン史が5分でわかる
ラーメンの「ラ」
「八雲」の支那そばを大解剖!
東京で本当に美味しいラーメン12軒&13杯
味噌は冬景色
銀座六丁目十二番の奇跡
「らぁ麺 やまぐち」の自作ラーメン教室
そこにずっと昔からある。
マドリードでラーメンが人気?
日本の最北端でラーメンを食べる

蕪とカリフラワー
ジビエのことが知りたい。
大間でマグロを獲るということ。

甘く不思議なルポ - 名古屋の小倉トースト
取り寄せカタログ - 活け締め鮟鱇
シリーズ「学校」1 - テキーラの学校


さすがdancyuです。質が高くて興味深いのです。最新のラーメン状況がよくわかりました。老舗の情報も満載ですよ。これで880円とはお買い得。


FC2ブログランキング

あのメニューが生まれた店

140411-book.jpg
[題名]あのメニューが生まれた店
[著者]菊地武顕
[発行]平凡社
[定価]1,728円
[発行日]2013/11/13
ハヤシライス、ナポリタンなど普段よく食べているメニューは、いつ、どんな店で生まれたのか?   「食」を愛する著者が、丹念な取材をもとにそのルーツを探った60余の物語。


 60余りの食べ物の発祥のお店を丁寧に取材した一冊です。週刊文春の名物連載だそうですが、週刊誌は読みませんのでそちらはよくわかりません。明治、大正、昭和と年代別に並んでいます。やはり同じ食べ物でも、できれば老舗で、それも発祥のお店で食べたいものです。一つ一つ時間を作って行って食べてみたいですね。


FC2ブログランキング

炭水化物が人類を滅ぼす  糖質制限からみた生命の科学


[題名]炭水化物が人類を滅ぼす  糖質制限からみた生命の科学
[著者]夏井 睦
[発行]光文社
[定価]924円
[発行日]2013/10/20
自分の身体で糖質制限を試し、効果や危険のなさを確かめた著者は、糖尿病の糖質制限治療の第一人者である江部康二氏と親交を深めながら、栄養素としての糖質の性質や、カロリーという概念やその算出法のいいかげんさ、そしてブドウ糖からみえてくる生命の諸相や進化などについて独自の考察や研究を開始。本書では、糖質からみた農耕の起源についても新説を展開、穀物栽培により繁栄への道を得た人類が、穀物により滅亡への道をたどりつつあることも指摘する。著者のHPに日々寄せられる、多くの糖質セイゲニストからの体験談の一端も紹介。糖質を切り口に様々なことを考える。


 今、話題の糖質制限食を肯定する本。なかなか面白い仮説をちりばめて、楽しく読める物語になっている。だけど、今までの常識とはちょっと違う。作者は常識を破るのが好きなようだ。これから将来にわたっての展開も気になるところ。


FC2ブログランキング

ファミリーレストラン

140202b-book.jpg
[題名]ファミリーレストラン
[著者]今 柊二
[発行]光文社
[定価]861円
[発行日]2013/1/20
ファミリーレストラン前史
(1)外食の誕生
(2)デパート食堂の隆盛
(3)戦後の食の多様性
外食文化の復興、高度経済成長、そしてファミリーレストランの誕生
ファミリーレストランの時代
ファミリーレストランで食べる
「食べる場所」から「いる場所」にー1980年代
大きく変化するファミリーレストラン、同時に変質する「ファミリー」の利用ー1990年代
専門料理に特化するファミリーレストラン、次の「ファミリー」レストラン

日本で、「家族」という単位での「外食」が本格的に開始されたのは、明治以降だった。鉄道や海上交通が発達するにつれ、駅弁や駅前食堂、大衆食堂、デパート食堂といったものもまた、発展していった。その後、戦時中の食糧難、戦後のアメリカ洋食の影響などを経て、ファミリーレストランの誕生へとつながっていく。その前史から、一九七〇年代に迎えた黄金期、「食べる場所」から「いる場所」へと変化した一九八〇年代、「ファミリー」の変化とともに変質する一九九〇年代、そして低価格化と専門料理化の流れのなかで進化する現代を、「日常食」研究の第一人者が俯瞰して綴る。楽しい食べ歩きコラム付き。


 定食に関する著書で今  柊二氏の名前は知っていたが、この本はファミリーレストランを主体に「外食」の近現代史をテーマにしています。私が子供の時は電車やバスでデパートへ行き大食堂でお子様ランチとクリームソーダを食べることがとてもうれしかったものでした。それからファミリーレストラン(ちなみに和製英語)がロードサイドに進出してきて外食自体が大きく変わってきたようなのです。身近な存在なのでとても楽しく読みました。


FC2ブログランキング

そうだ、ローカル線、ソースカツ丼

121031-book.jpeg
[題名]そうだ、ローカル線、ソースカツ丼
[著者]東海林さだお
[発行]文藝春秋
[定価]520円
[発行日]2011/4/10
ローカル線の旅をしたいなー。夢を叶えるべく、水戸から2輌編成の単線に揺られたショージ君。水族館で山椒魚に会い、しゃも料理を堪能し、袋田の滝の前に無言で佇んでみた―内田百〓(けん)を真似て用事もないのに列車に乗る、京都に定食・群馬にソースカツ丼を食べにいく等、ショージ君流旅の愉しみ方が満載。


2008年に出版された単行本が文庫化されました。相変わらずのゆるゆるで、でれでれの文章が綴られています。紹介されているお店のいくつかには行ってみたくなりました。


FC2ブログランキング

昭和、あの日あの味

120827b-book.jpg
[題名]昭和、あの日あの味
[著者]月刊『望星』編集部
[発行]新潮社
[定価]500円
[発行日]2010/5/15
「食うこと」が大変な時代があった  ー戦前・戦中の記憶から(昭和元年〜20年)
復興を支えたそれぞれの食事情  ー敗戦後の困難の中で(昭和20年〜30年)
「生活」が変わったあの時期に・・・  ー高度経済成長期を挟んで(昭和30年〜40年)
豊かな国の「表」と「裏」で  ー「食うには困らぬ時代」だったが(昭和40年〜64年)
忘れられない“異文化の味”  ー食の世界の広がりを知って
誰にでも忘れられない味がある。そしてその味は、懐かしい風景を蘇らせてくれる。食糧事情が悪化した戦時中、給料をはたいて鶏の唐揚げをむさぼった幸福感。輸送船の甲板で口にした大和煮の缶詰のうまさ。戦後、洋菓子店に並ぶケーキへの憧れ。台風取材の合間に食べた炊出しのおにぎり。時々無性に恋しくなる母のいなりずし…。66人の食の記憶で紡がれる昭和史。


昭和の食生活・食事情が年代別に66人の著者により蘇ります。

『要するに食い物とは、料理それ自体に客観的に価値(美味)があるのではなく、それを食う人間の状態(空腹・飢え)によって、うまくなるものだ(中略)』とは、「清貧の思想」を書いた中野孝次氏の言葉です。まさにその通りだなぁと賛同いたします。


FC2ブログランキング

丼大好き

130319b-book.jpg
[題名]丼大好き
[著者]今柊二
[発行]竹書房
[定価]800円
[発行日]2012/8/3
第1章 山手線一周がっつり丼巡り
第2章 五大丼食べ歩き
第3章 首都圏丼探訪
第4章 日本全国地方丼行脚
ある時は揚げたてサクサクの天丼を頬張り、またある時には濃厚なだし汁とともに肉のうまみが口いっぱいに広がるカツ丼に舌鼓を打ち、またある時には新鮮な魚介類が敷き詰められた海鮮丼をもりもりとかき込んでいく…。日本各地のステキな丼を食べ歩いてきた、お馴染み定食評論家・今柊二氏が死ぬ前に一度は食べたい丼の数々を紹介します。


 あぁ面白い本ですねぇ。いろいろな丼が取り上げられてます。白米はどんなおかずにも合いやすいのでしょう。白米万歳! といった心境です。


FC2ブログランキング

にっぽん全国百年食堂

130319a-book.jpg
[題名]にっぽん全国百年食堂
[著者]椎名誠
[発行]講談社
[定価]1,470円
[発行日]2013/1/30
ずーっと続いているのがエライ!北は釧路から南は石垣島まで。和食洋食からラーメン、ジャンクフードまで。おらが街の名物食堂42店。汗をかきかき、ビールをぐびぐび。どこへいっても楽しかったうまかった、4年がかりの探訪記。


「めし」「定食」好きでおなじみの著者が、日本各地で100年ほど続いている大衆食堂を訪ね歩き、その魅力を綴ります。お店と味わい深い料理とのショッキングな出会いと魅力、親父さん女将さん看板娘との面白&温かいエピソード、めしや食堂のシーナ流ウンチク、旅の騒動などを、肩の力を抜いて描く珍道中記。椎名テイスト&椎名ワールドが炸裂します。


 「長く続いているからすべて美味しいというわけではありません」というフレーズが何度か出てきますが、長く続いている理由がどこかにあるのです。グルメ本ではありません。楽しい本です。


FC2ブログランキング

麺喰らう旅

120520a-book.jpg
[題名]HO Vol.49 麺喰らう旅
[発行]ぷらんとマガジン社
[定価]580円
[発行日]2011/10/25
で、今食べたい麺料理は(12軒)
嬉しいような悲しいような…専門以外が評判になっちゃって(6軒)
わざわざ行きたいこの一杯(12軒)
産地ならではの味が待ってます!(11軒)
技アリですよ! その麺料理(14軒)
まずはスープを一口 きっとうなずきますよ(7軒)
はぐれておりますが、探して行く価値アリアリです!(6軒)
アララそうなの?(4軒)

何かと面食らうことの多い世の中ですが、
アツアツの麺をすすれば元気になります。
日ごろの嫌なことは、湯気のようにフーッと吹き飛ばしましょう。
今年もお届けします麺の旅。
ラーメンも、そばも、うどんだって、いつでもあなたの味方ですよ。


ラーメンもそばもうどんも紹介されています。食べたいのですが・・・・・・
HOは北海道の情報誌でした。遠いなぁ・・・・

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

無敵のB級グルメ

120520b-book.jpg
[題名]HO Vol.別冊 無敵のB級グルメ
[発行]ぷらんとマガジン社
[定価]780円
[発行日]2011/10/20
トリコになります、トリ料理(25軒)
みんな大好きハンバーグ(4軒)
思いたったら、すぐ餃子(5軒)
王道メニュー直球対決(14軒)
そこに行かないと食べられない究極の「地産地消めし」(2軒)
まだまだあります、てんこ盛り劇場(14軒)
よくあるランチに別れをつげて(7軒)
地上で食べたい、空港弁当(5軒)
ワンコインランチの底力(8軒)
一般人も大歓迎な社員食堂(4軒)

恒例のB級グルメ特集。
何度やってもその懐の深さに脱帽です。
掟破りの料理あり、キャラ立ち店主ありで、個性が際立つ分、
好き嫌いが分かれるのもB級グルメならでは。
つまるところ、自分にとって旨いと思える味が最強なのである。
仮にレシピがあったとしても、決して同じ味にはならない。
その店の、オヤジの、カアサンの「愛情スパイス」が
ドバドバ振りかかった味は、もう無敵なのだ。


でっかいどう! 北海道! の各地のB級グルメが、これでもかっていうくらい紹介されています。まだまだ隠れた情報もありそうですね。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

発掘! 路地裏B級グルメ

120516e-book.jpg
[題名]HO Vol.39 発掘! 路地裏B級グルメ
[発行]ぷらんとマガジン社
[定価]580円
[発行日]2010/12/24
路地裏の評判店
 札幌(22軒)
 函館(5軒)
 室蘭(2軒)
 小樽(7軒)
 江別(1軒)
 旭川(5軒)
 帯広(1軒)
 釧路(1軒)
 北見(3軒)
オンナの路地裏はしご酒(2軒)
ローカル線で路地裏巡り in美唄(4軒)
あの頃の街角へ・帯広(4軒)

通り一帯に漂う焼き鳥の香ばしい香り。
暖簾越しに聞こえる常連客の笑い声。
スナックのドアを突き抜けるカラオケの歌声。
空間のひだ、奥行き、深み・・・。
時空のひずみのような場所で、路地の磁場に引き寄せられるようにさまよい歩き。
表通りから一本入っただけで、がらりと変わる風景は、
どこか懐かしく、ちょっぴり切ない。
路地裏には、小さいけれど魅力的な店が多い。
路地裏の店は、客とのコミュニケーションが強い。
分かりにくい場所だからこそ、本物の価値が問われる。
いつの時代にも、通には通の情報が求められている。
それは実は、路地の奥にあるものなのかも知れない。


表通りの店は、数多くの人の目に触れるため、一見の観光客を始めとしてそこそこのお客さんがあるのが常ですが、路地裏はそうは行きません。そんな路地裏のお店の情報が全道から集まっています。江別や北見や美唄まで! さすがは地元の会社の強みです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

麺喰らう旅 第二弾

120516d-book.jpg
[題名]HO Vol.38 麺喰らう旅 第二弾
[発行]ぷらんとマガジン社
[定価]580円
[発行日]2010/11/24
嗚呼、懐かしの昭和ラーメン(4軒)
湯気の向こうにドラマあり 物語のラーメン店へ(3軒)
北海道四大ご当地ラーメン 初めて物語
  函館ラーメン/札幌ラーメン/旭川ラーメン/釧路ラーメン
「鶏ガラ」よりも「人ガラ」でいい味出してます 店主に会いたい(5軒)
ご当地「名物麺料理」を食べに行く(13軒)
わざわざ行きたい、地元人気の「この一杯」(27軒)
意外な店の評判ラーメン(4軒)
大盛り、激盛り、まんぷく劇場(6軒)
流行の先端を走って行列ができるラーメンもあれば、
もてはやされずともおいしいラーメンもある。
修業を積んだ職人が作るラーメン、素人が始めたおばちゃんのラーメン。
それも、これもラーメンである。
旨い麺料理はラーメンだけではない。
北海道は全国一のそば生産地。そば好きにとってもうれしい土地なのだ。
うどんの名店もある。地元の小麦を使ったパスタの逸品もある。
麺が恋しいど真ん中の季節です。
存分に「麺の旅」と楽しんでください。


麺喰らう旅の第二弾です。北海道は広いですね。全道からいろいろなお店の情報が入っています。行きたいお店がたくさんありすぎて、困っちゃいますね。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

麺喰らう旅 第一弾

120516c-book.jpg
[題名]HO Vol.37 麺喰らう旅 第一弾
[発行]ぷらんとマガジン社
[定価]580円
[発行日]2010/10/25
なるほど納得! 「意外な店」の評判ラーメン(18軒)
大盛り、激盛り、まんぷく劇場(9軒)
隠れ家うどん、はぐれラーメン、秘境そば(8軒)
わざわざ食べに行きたい「この一杯」(38軒)

暑い夏もようやく過ぎました。
温かい麺料理が恋しい季節です。そこで、集めました、全道から。
「こんなラーメン」、そば、うどん、スパゲティ、パスタ・・・。
いずれもこだわった素材に、創意あり工夫あり、です。
そこに店主の情熱というスパイスをドカドカと。
旨くないはずがありません。
まるで遠距離恋愛のように、ワクワクしながら訪ねる「麺の旅」。
今週末はどこで「ズズーッ」しますか?


ラーメン屋ではないお店で食べる美味しいラーメン、隠れ家で食べる麺類などの北海道の情報がたくさん詰まっています。見ているだけで、食欲増します!

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

ほんわか 懐かし B級グルメ

120516b-book.jpg
[題名]HO Vol.28 ほんわか 懐かし B級グルメ
[発行]ぷらんとマガジン社
[定価]580円
[発行日]2010/1/25
B級ざんまい
屋台めしをはしご喰い(20軒)
ゆったり、ほっこり駅前食堂(23軒)
おやつの至福(8軒)
[札幌]おひとり様の昼ごはん(11軒)
走るB級グルメ みんなの移動販売車(5軒)
探す楽しみ
市場B級発掘グルメ
さっぽろ朝市(6軒)
場外市場(5軒)
海の駅ぷらっとみなと市場(6軒)

B級グルメ特集も、ついに第三弾となりました。調べれば調べるほど、
突き詰めれば突き詰めるほど、その懐の深さに感動です。
「うちはB級グルメではないので」と取材拒否もありました。
では、B級グルメとは?
わたちたちも、きっちり定義しているわけではありません。
大事なのは、安くて、おいしく、身の丈で楽しめる料理であること。
ただずまい、メニューの意外性、店主のキャラクターなども重要な要素です。
何よりも、ポイントは地域に愛されているか、ということ。
1週間もたつとたまらなく行きたくなる、オヤジの顔が見たくなる。
そんな「自分の店」というとっておき感がでる店は、本物ではないでしょうか。
今回はB級グルメのファイナル特集。原点ともいうべき、屋台、駅前食堂、市場の懐かしい味をお届けします。


札幌にある会社が編集・発行している雑誌です。地元ならではの北海道の情報が満載です。特に駅前食堂は数多く紹介されていて圧巻です。いつか、のんびりと行きたいものです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

B級ご当地グルメ 関東周辺

120326a-book.jpg
[題名]B級ご当地グルメ 関東周辺
[発行]昭文社
[定価]880円
[発行日]2011/11/15
ご当地グルメ 全部見せ! 156連発。実食ご当地ラーメンかってにランキング。旨すぎる焼き麺実食リポート!!。SA&PAグルメ旅、など関東周辺の県別のご当地B級グルメを多数ご紹介!


地元伊勢原の“いせはら豚ティーヤ”も62ページに紹介されています。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

大衆食堂パラダイス!


[題名]大衆食堂パラダイス!
[著者]遠藤哲夫
[発行]筑摩書房
[定価]882円
[発行日]2011/9/10
第1章 望郷食堂編 食べればしみじみ故郷(わが望郷食/食べればしみじみ故郷の食堂たち)
第2章 ぶらぶら食堂編(1)通りがかりの食堂とめしとまち(ビフテキも大衆めし(東京都北区・天将)/神戸、大衆食堂は街の生きものだ(神戸市・皆様食堂ほか) ほか)
第3章 ぶらぶら食堂編(2)大衆食堂の影を慕いた(悩ましい大衆食堂(東京都台東区・神谷バーと中央区・たいめいけん)/江戸期の残像(長野県小諸市・一ぜんめし 御休處 揚羽屋) ほか)
第4章 追憶食堂編 変わりゆくまちと大衆食堂(場所の記憶。変貌する戦後闇市跡と大衆食堂/老いと、再開発と ほか)
第5章 ウンチク食堂編 大衆食堂の楽しみ(大衆食と「普通にうまい」。大衆食堂が伝える近代の食事と味覚/トラッドな外めし、大衆食堂の楽しみ方 ほか)
「大衆食堂」…上京者にとっては、消えてしまった故郷に最も近い場所。サバ味噌定食と、うどんとカレーとステーキと、ジュースが平気でならぶその場所はまた、日本人が近代このかた何を食べてきたのかを示す、記憶の一大集積所でもある。そんな日本の「大衆食堂」の数々をめぐって紹介し、その魅力、愉しみ方、めしくう快楽を語りつくす。日本人よ、今こそ、気取らず力強く飯を食え。


この本は大衆食堂のお店のガイドブックではありません。大衆食堂を語る本です。しかしこれほど大衆食堂が語れるとはすごいことです。駅前にある大衆食堂などは私の琴線に触れるので、機会があったらいろいろな食堂にいってみましょう。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

極みのローカルグルメ旅

120414-book.jpg
[題名]極みのローカルグルメ旅
[著者]柏井寿
[発行]光文社
[定価]882円
[発行日]2012/2/20
第1章 美味しい“食”の見つけ方(これぞローカルグルメー長崎の朱いカレーほか)
第2章 全国ご当地麺を求めて(名古屋“駅きしめん”と“あんかけスパゲッティ” ほか)
第3章 ニッポンのホッとする味、ごはん(日本に鰻があってよかったーニッポン鰻行脚 ほか)
第4章 ローカル居酒屋紀行(日本一の居酒屋は近江草津にありー『滋味康月』 ほか)
そこに行かないと味わえない食。その地で食べてこそ美味しさが輝くもの。日本中を旅して見つけ、出会った旨いものを「ローカルグルメ」と呼ぶことにし、それらの店を、その見つけ方とともに紹介していく。それを目的として旅に出るのもいい。旅の途上でふと目について食べるのもいい。その地の空気と一緒に食べる。それがローカルグルメの醍醐味である。最初にお断りしておきたいのは、本書はいわゆる〈食通〉の方に向けたものではないということ。と言って〈B級マニア〉の方向けでもない。日本には、まだまだ知られざる〈食〉があることに、心を動かされる方にこそお読みいただきたいと願っている。〈食〉をランクづけしたり、星の数で評価しようとなさる向きにはお役にたてないだろうことを、あらかじめお断りしておく。(「はじめに」より抜粋)


ちょっと豪華なグルメ旅です。寿司、鰻、ワインなどがたびたび出てきます。うらやましいですね。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

ラーメンと愛国


[題名]ラーメンと愛国
[著者]速水健朗
[発行]講談社
[定価]798円
[発行日]2011/10/20
第1章 ラーメンとアメリカの小麦戦略(安藤百福の見た闇市の支那そば屋台ほか)
第2章 T型フォードとチキンラーメン(技術より生産力が決め手になった太平洋戦争ほか)
第3章 ラーメンと日本人のノスタルジー(『渡鬼』の五月(泉ピン子)はなぜラーメン屋に嫁いだのかほか)
第4章 国土開発とご当地ラーメン(ご当地ラーメンは郷土料理ではないほか)
第5章 ラーメンとナショナリズム(メディアを通して体験された湾岸戦争ほか)
ラーメンから現代史を読み解くスリリングな試み。


一杯のラーメンからいろいろなことをいっぱい語った本です。それにしても田中角栄を通して、国土開発とご当地ラーメンなどおもしろい考察がいっぱいです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

日本ラーメン秘史


[題名]日本ラーメン秘史
[著者]大崎裕史
[発行]日本経済新聞出版社
[定価]893円
[発行日]2011/10/11
第1章 「国民食」となるまで
第2章 この10年でラーメン業界の何が変わったのか
第3章 人気店の「系譜」を分析する
第4章 つけ麺がこんなに流行った理由
第5章 さらに進化を遂げるラーメンの姿
第6章 全国のご当地にある「究極の一杯」とは
「『無化調』は本当に美味しいの?」「つけ麺はなぜこんなに流行ったのか」「行列店が儲かっているとは限らない?」-。自称“日本一ラーメンを食べた”著者が、知られざる歴史・製法から、地域性、流行の変遷、店を見極めるポイントまで、「一杯」の楽しみ方を語りつくす。


最近10年ほどの間に日本のラーメンはどのように変わったのかを取り上げています。そして全国のご当地ラーメンをかなり深く掘り下げて書いています。実践的な本でもありますが、娯楽的に楽しみながら読むこともできます。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

最新ラーメンの本2012 神奈川・多摩


[題名]最新ラーメンの本2012 神奈川・多摩
[発行]交通タイムス社
[定価]680円
[発行日]2011/11/17
新店・名店156軒掲載。3大ご当地ラーメン食べくらべ! 横浜家系・武蔵野油そば・八王子ラーメン。ガッツリ系特大図鑑


ガッツリ系とはボリュームが多くて「男めし」というようなラーメンで、神奈川エリアでブレイクしているようです。二郎インスパイアのようなイメージです。

秦野市の「なんつッ亭」「孔明」「麺屋 弘法」「麺屋 AJITO」「北海道味噌ラーメン 熊澤」、厚木市の「一歩」「中華そば うづまき」「虎一」「麺や食堂」「ZUND-BAR」「○屋製麺店」、平塚市の「じぇんとる麺」「めん屋 元助」などが紹介されています。

伊勢原市からは「麺食堂 杜屋」が紹介されていますが、すでに別のお店に代ってしまっています・・・・・

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

ラーメンWalker神奈川2012

120205b-book.jpg
[題名]ラーメンWalker神奈川2012
[発行]角川マガジンズ
[定価]680円
[発行日]2011/12/27
神奈川のラーメン事情を徹底紹介!2011ニューオープンの店徹底チェックから、気鋭の店主達のインタビュー、さらにはジモトスポーツ選手オススメの一杯まで。これなくして2012の神奈川ラーメンは語れません


ラーメン情報が満載です。伊勢原では、ドレファラシド、風林火山、いなば、はちが、厚木では、うづまき、本丸亭、麺処明かり家、ZUND-BARが、平塚では、うまみ屋、日の出らーめん、秀膽(ひでたん)が、秦野では、なんつッ亭、ジェイタン、麺屋弘法、麺屋AJITO、桜亭2号店、麺や阿闍梨、ZIPANGが掲載されています。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

ラーメンの繁盛店(2012年版) 神奈川県内


[題名]ラーメンの繁盛店(2012年版) 神奈川県内
[発行]湘南海童社
[定価]1,200円
[発行日]2011/11/7
神奈川ラーメン本の定番。毎年出ているラーメンの繁盛店。


毎年定番の神奈川本。伊勢原市の「屋台ラーメン」「ドレファラシド」、厚木市の「本丸亭」「熱烈たんめん きんか本舗」「中華そば うづまき」「汁力ラーメン 厚木店」「ぎょうてん屋厚木本店」「麺処 富士栄」「○屋製麺店」「麺や食堂」「厚木家」「ZUND-BAR」「らーめん研究所」「らーめん虎一」、秦野市の「なんつッ亭」「がつん堂」「麺や 道楽」「麺一真」「三憩園」、平塚市の「味の味噌一」「じぇんとる麺」「ICHIROKUめん@Bar」「飛附亭」「めん屋 元助」「うまみ屋」などが紹介されています。

伊勢原の「麺食堂 杜屋」も紹介されてますが、すでに別のお店になってしまいました・・・

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

最新つけめんの本 首都圏版

110919d-book.jpg
[題名]最新つけめんの本 首都圏版
[著者]石山勇人
[発行]交通タイムス社
[定価]830円
[発行日]2011/7/26
超最新つけめん17連発
あの有名店が作る ネオ冷やし中華
最新トレンド2011 イタリアンつけめん
「東池袋大勝軒」のすべて
話題の新店42軒
新作まぜそば大集合
伝説のつけめん36杯

つけ麺はブームになっていますね。どこのラーメン屋さんでもメニューにあるようになりました。これからどのように進化していくのか楽しみです。


ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

めんの本 東京麺150


[題名]めんの本 一生添い遂げたい、東京麺150
[発行]京阪神エルマガジン社
[定価]780円
[発行日]2011/6/15
東京めんライフ(柑橘麺・汁なし担々麺・担々麺・やきそば・ちゃんぽん・アジア麺・酸辣湯麺・カレーうどん・クリーム・冷麺・あっさり汁麺・ミートソース・ナポリタン・トマト系)
うどん時代十番勝負
東京中華そば
リラク麺
日帰り麺ジャーニー

ラーメンだけでなく、いろいろな麺があるのですね。東京に行った際には食べてみましょう。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

「ラーメン」の謎

110312-book.jpg
[題名]「ラーメン」の謎―みんな大好き!ニッポンの国民食のヒミツにせまる!
[発行]イースト・プレス
[定価]500円
[発行日]2011/1/27
ラーメンを取り巻く近年の動向
第一章 有名店のヒミツ
第二章 ご当地ラーメンのヒミツ
第三章 つけ麺のヒミツ
第四章 チェーン店のヒミツ
第五章 カップラーメンのヒミツ
第六章 ラーメン全般のヒミツ

ラーメンに関するいろいろな事柄がとてもコンパクトにまとまっています。ラーメンオタクには物足りないかも知れませんが、入門書としてはコストパフォーマンスが高い本です。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

にっぽん「食謎」紀行~名物食のルーツを探せ!~


[題名]にっぽん「食謎」紀行~名物食のルーツを探せ!~
[著者]伊丹由宇
[発行]ワニブックス
[定価]840円
[発行日]2010/4/25

第1章 餃子  日本一の餃子街は何処だ?
第2章 河豚の卵巣  一匹で人間30人を殺す卵巣、食すべし
第3章 鰻  鰻を食べたくなる話
第4章 弁当&駅弁  ワクワク気分で、レッツ・ゴー
第5章 焼きそば、焼うどん  どっちが旨いか大対決!
第6章 夕張メロンとコシヒカリ  メロンと米の意外な共通点とは?
第7章 洋食  このハイカラな食べもの
第8章 鍋  古今東西鍋料理
第9章 蕎麦  誰よりも蕎麦を愛す
第10章 うどん  愛しくも可愛いヤツ
第11章 寿司  世界に誇る日本の食文化Sushi
第12章 肉じゃが  にっぽん肉じゃが物語
第13章 おにぎり&天むす  おにぎり、素晴らしき伝統
第14章 豆腐  豆と水のちから
第15章 唐辛子・にんにく  唐辛子は日本から韓国に伝わった?
第16章 モツ、ホルモン料理  我が親愛なる友
第17章 明太子  その発祥の謎を追う
第18章 オムライスvsハヤシライス  洋食のチャンピオン
第19章 山葵  これぞ日本の味である
第20章 焼き鳥  安くて旨い庶民の味方
第21章 丼  丼料理の真髄について
「日本一の餃子街はどこだ?」「焼きそばVS焼きうどん、どっちが旨い!対決」「夕張メロンとコシヒカリの奇妙な共通点」「奇怪? 河豚の卵巣を食べる地域」などなど、我々、日本人の大好物たちにまつわる、素朴で奥深い疑問の数々を、食にまつわる人気エッセイスト・伊丹由宇氏が自らの足と舌と財布で、まったりと解決してゆきます。慣れ親しんだメニューの意外なルーツを探る旅は、面白くかつスリリング。食べ歩きの好きな人々、食文化に興味のある人にとっては、手に取らざるを得ないまさに必読の書となるはずです。


目次を見るだけでわかるようにありとあらゆる食文化の歴史をたどっています。力作です。
B級グルメ好きな私にピッタリです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

関西人と関東人の味の違いに驚かされる本

110514c-book.jpg
[題名]関西人と関東人の味の違いに驚かされる本
[著者]博学こだわり倶楽部
[発行]河出書房新社
[定価]570円
[発行日]2010/3/16
1.薄~い関西と濃い関東 大違いな味のヒミツ
2.関西の料理vs関東の料理 味のガチンコ10番勝負
3.ビミョーな味の差こそ東西の意地とこだわり
4.関西の人間が粉もんを愛するワケ
5.西のうどん、東の蕎麦 さて、あなたはどっち派
6.東の人間には理解できぬ西の味覚と「食」のナゾ
7.関西、関東とも一味違う全国・食のオモシロ常識
関東と関西、この二大地域の味の違いの起こりと変遷の歴史とは? 東西の地域性や県民性のナゾを徹底検証し、東西の“食”に関するオモシロ雑学も満載! これ1冊で“食通”になれる美味しい博学知識本!

この手の“著者が一人ではない本”なりの軽さは否めませんが、移動時に読むにはほどよく楽しいです。B級グルメの通になれます。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

東京・横浜 百年食堂


[題名]東京・横浜 百年食堂 永い歴史を重ねる地元に愛される・味の食堂56軒
[発行]日本出版社
[定価]1,000円
[発行日]2011/3/10
地元に永く愛されているめし屋「百年食堂」、大衆食堂浪漫 もっと大衆食堂へ、無言のモノたちが語る百年食堂遺産、私的「大衆食堂」慕情


「津軽百年食堂」の小説や映画に触発されたのかも知れないが、こんな本がでました。この本での「百年食堂」の定義は、
(1)地域の庶民に愛されている「めし」を供する廉価な大衆食堂であること(高級専門店や高級料亭ではないこと)
(2)百年、三代・四代と続いていること(ただし百年に満たずとも戦前から70年近く続く店であればよい)
(3)家族経営もしくはそれに準じた私的経営形態であること(つまり企業化されたチェーン店ではない)
となっています。
一部、準百年食堂として取り上げられているお店もあります。
このような大衆的で昔からの味を守っている飲食店は大好きです。
機会があれば行ってみようと思います。


ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター