バナナの皮はなぜすべるのか?


[題名]バナナの皮はなぜすべるのか?
[著者]黒木夏美
[発行]水声社
[本体価格]2,000円
[発行日]2010/04
バナナの皮で笑うわけ/バナナの皮は誰かの手製/バナナの涙/
世界に冠たるバナナの皮/お笑いに王道あり/永遠のお約束/
バナナの皮の文学史/戦前日本のバナナの皮/アメリカ喜劇映画の神々/
バナナの皮がギャグになるまで/バナナの皮の罪と罰/
ストップ・ザ・スリップ/バナナの皮のモラル 踏み出す一歩
人類の誕生以来、最もポピュラーなギャグ=“バナナの皮すべり”は、いつ、どこで、誰によって、どうやって生みだされたのか─?この素樸な疑問を解決するべく、マンガ、映画、文学作品、TV番組、ウェブサイトなど、さまざまなメディアに描かれたバナナの皮を踏んで検証する、“バナナ愛”にあふれためくるめく必滑書。


チャップリンやキートンなどの名前が何度か登場します。誰もが知っているこのギャグはワールドワイドだったのですね。そして、どうしてこのギャグがポピュラーになったのか? これでもか、これでもかという感じで検証してあります。
一番すべりやすいのは、どのような状態なのか知ってますか? 答えは本書の中にあります。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

恋する日本語


[題名]恋する日本語
[著者]小山薫堂
[発行]幻冬舎
[本体価格]495円
[発行日]2009/4
「あえか」「紐帯」「那由他」「玉響」…耳にしたことはあるけれど、意味がよくわからない日本語。たとえば、「赤心」とは「偽りのない心」のこと。「一曲」とは「ちょっとすねる」こと。言葉の意味をひもといてみると、そこには恋人たちの何気ない日常の瞬間が溢れている。日本語の美しい響きと甘く切ない恋心が堪能できる35のショートストーリー。


テレビでミニドラマに取り上げられていたので本を買って読んでみました。日本語って本当に美しい言葉ですね。タイトルのように、日本語に恋をしてしまいそうです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

老いる準備 ー介護することされることー


[題名]老いる準備 ー介護することされることー
[著者]上野千鶴子
[発行]朝日新聞出版
[本体価格]660円
[発行日]2008/11/7
プロローグ ー峠を越すー
第一章 向老学の時代へ
第二章 介護と家族
第三章 介護保険が社会を変える
第四章 市民事業の可能性
第五章 ニューシルバーが老いを変える
大ベストセラー『おひとりさまの老後』の著者が、自らの老いと 向き合い、老後や介護、自立、ケアワーク、家族について、気負わず、わかり やすく語る。家族による介護は本当に幸せか、介護保険で何が変わったか、団 塊世代はどのように老いるのか、人生の秋を味わうためにどんな準備や心構え が必要か、などをふだん着の言葉でつづった一冊。これさえ読めば、もう「老 い」は怖くない!


誰でもみんな、生きていれば老いて高齢者になるのです。
そのためにどんな準備をしていればよいのかが書いてあります。
しかし、どんなに準備しても、その通りになるとは限らないので、
イザという時のために、何が起こっても驚かないという覚悟も必要のようです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

こんなの、はじめて?


[題名]こんなの、はじめて?
[著者]酒井順子
[発行]講談社
[本体価格]1,400円
[発行日]2010/5/28
いつまでも、初体験。 「右肩下がり時代のシュウカツ」「『婚活』に違和感、に違和感」「JAL凋落」「容姿格差から永ちゃん、森光子まで」今すぐ読みたい全54編を収録。


相変わらずに楽しく読んでいます。
酒井順子さんの視点には本当に感心させられます。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

こんぶおにぎり


今日の手作りおにぎりは、こんぶです。

師匠!


[題名]師匠!
[著者]立川談四楼
[発行]武田ランダムハウスジャパン
[本体価格]640円
[発行日]2008/8/8
師の女好きと自分の恋の間で揺れる花門(『講師混同』)、自死し た師に精進を誓う由蔵(『先立つ幸せ』)、不自由な右足を見込まれて一座を手 伝うかん吉(『はんちく同盟』)―。師匠に惚れ、先輩に憧れた五人の若手噺家 の純情を描く傑作短編集。著者解説(その後の落語界・下)を収録。


落語界を元にした話しぜよ。まっこと、面白いぜよ。
ちっくと読んでみてくださいな。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

ロイヤルホールヨコハマ


今日は、横浜で仕事です。明日からのAPECに備えて駅などでの警備が厳重です。

シャレのち曇り


[題名]シャレのち曇り
[著者]立川談四楼
[発行]武田ランダムハウスジャパン
[本体価格]680円
[発行日]2008/7/10
談志一門協会脱退!
”屈折十三年”談四楼の胸に去来するものは――。
今を生きる噺家自身が描く傑作小説。

昭和末期の落語界を揺るがせた一大事件・立川流旗揚げを背景に、
入門から前座修業、甘く苦い若気の恋、売れない焦燥、真打昇進、師弟の情、
ライバルとのすれ違いなど、芸人の心情を可笑しくも切なく描いた連作小説。
著書自身による解説<その後の落語界・上>を収録。



何たって、本のタイトルがおやじギャグですからね。
内容もそれはそれは楽しい話しが満載です。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

松山・高知紀行1

1985年に結婚した私たち夫婦は今年で25周年を迎えました。そうなんです、銀婚式なんです。というわけで、坂の上の雲で盛り上がっている松山と龍馬伝で盛り上がっている高知へ行くことにしました。

10月28日の仕事を終えた後、伊勢原21時49分の小田急線急行に乗り小田原へ向かいます。伊勢原は強い雨が降っていて気温も低く、そして四国へは季節外れの台風14号が近づいている中での旅立ちとなりました。

小田原からは東海道線で熱海まで行き、そこでサンライズ瀬戸に乗り換えます。


今回ははじめてサンライズツインが取れましたので夫婦水入らずでの車中となりました。二人連れで行く時はサンライズツインが便利だと思いますが、部屋数が4つと少ないのでなかなか取りにくいようです。


岡山へ到着したのは定刻通りの6時27分でした。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

松山・高知紀行2

岡山駅でサンライズ瀬戸と出雲を切り離すのでホームのその場所には人だかりができています。私たちはそれを無視して、朝食を取るためにいったん改札口を出ます。マクドナルドは6時から営業していましたが、他のお店は7時からの営業が多いようでした。再び改札内へ入り、駅そばのお店めん処 吉備が開店するのを待ってからスペシャルうどんの食券を買って入りました。


これがスペシャルうどんです。海老天・油揚げ・肉・かまぼこ・わかめが乗った、いわゆる「全部乗せ」ということですね。写真ではわからないと思いますが、ダシは透明に近い感じです。関西風のダシなのでしょう。

さて、岡山7時23分のこだまに乗り新尾道駅で下車します。駅前のトヨタレンタカーで所定の手続きをして、今回の旅のお供であるヴィッツに乗り込みます。天気は予想に反して、青空が見えています。幸先のよいスタートになりました。


尾道といえばやはり千光寺公園でしょう。展望台からは、川のように見える瀬戸内海の向こうには向島がすぐ近くに見えます。NHKの朝の連続ドラマの「てっぱん」の舞台として盛り上がっているようです。

千光寺公園から下り、しまなみ海道を目指します。いくつもの島をつないで本州と四国を結んでいる橋の一つです。


生口島ICで降りて、平山郁夫美術館へ寄ります。幼少期の絵なども展示してありましたが、まさに「栴檀は双葉より芳し」といった趣です。


館内の写真撮影は禁止でしたので、これは絵はがきです。

しまなみ海道に戻り、四国へ入ります。今治で高速道路が途切れているので、一般道を少し走ってから松山自動車道に入ります。松山を越えて、内子・五十崎ICで下車し、内子へ向かいます。


細い路地の奥にひっそりと内子座があります。大正5年(1916年)に創建された芝居小屋でまだ現役です。


内部はこんな感じになっています。荘厳な雰囲気が漂っています。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

松山・高知紀行3

そろそろお腹が空いてきました。昼食の時間です。内子座の近くのお食事処 りんすけに入りました。


私はむぎとろを、


妻はたいめしを、


そしてじゃこカツを食べました。


店内にはこんなポスターが貼ってありました。
「南予に行くなら今なんよ」って、なかなかいい響きですね(笑)

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

松山・高知紀行4

食事が終わり、りんすけのすぐ近くにある商いと暮らし博物館へ行きました。大正時代の薬屋の暮らしを人形を使って再現してあります。

10102911.jpg
こちらは商談の様子です。

10102911.jpg
こちらは家族団欒の食事の様子です。

10102911.jpg
その後は、内子の町並みをブラブラ歩きます。

10102911.jpg
きれいな色をしたとうもろこしが吊るしてありました。のどかな雰囲気です。


石屋さんの前には、石でできたゴジラが置いてありました。

10102911.jpg
お相撲さんもありました。

内子を堪能した後は、松山自動車道に戻って西宇和まで南下します。


卯之町の町並みがあるのです。内子の同じような感じですが、こちらの方が観光地化されていなくて新鮮です。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

鯖の味噌煮定食


今日は、市内某所で夜勤です。
夕食は、鯖の味噌煮、煮物、サラダです。

では、いただきます!

マネー・ボール


[題名]マネー・ボール
[著者]マイケル・ルイス (著), 中山 宥 (翻訳)
[発行]ランダムハウス講談社
[本体価格]760円
[発行日]2006/3/2
メジャーリーグの球団アスレチックスの年俸トータルはヤンキースの3分の1でしかないのに、成績はほぼ同等。この不思議な現象はゼネラルマネージャーのビリー・ビーンの革命的な考え方のせいだ。その魅力的な考え方はなんにでも応用できる。マイケル・ルイスはこの本で、その考え方を、切れ味のいい文体で、伝記を書くように書いた。ここには選手たちがたどる数々の人生の感動と、人が生きていくための勇気が溢れている。


楽天の岩隈投手のポスティングシステムによるアメリカメジャーリーグ挑戦で、単独交渉権を得たオークランド・アスレチックスのゼネラル・マネジャーのビリー・ビーンの手腕を描いた物語りです。当然ながら岩隈のことではなく、2000年前後の事実に基づいています。ブラッド・ピット主演での映画も、来年には公開されるかも知れません(現在、撮影中)。

グラウンドで起こっているのではないけれど、まさしく「野球」のノンフィクションです。

某球団も高額で李スンヨプとか取らずに、ビリー・ビーンの考え方を少し学んだ方がよさそうですね(笑)

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

松山・高知紀行5

卯之町を後にして、松山自動車道で松山まで戻り、道後温泉本館に向かいます。


駐車場に車を置き、階段の途中から見た道後温泉本館です。


正面はこちらです。霊の湯2階席休憩付きのコースを選んで中に入ります。お風呂の写真はありませんが、お湯の出口には「明治三十二年・・・」などの文字が読み取れて、歴史の重みを感じながらの入浴になりました。


風呂から上って休憩処に行くとお茶が出されます。こんなに高い台にお茶が乗っています。なんだか少し偉くなった気がします(笑)


休憩してから館内の案内をしてもらえます。皇室専用の湯殿の又新殿(ゆうしんでん)や、夏目漱石を偲んで作られた坊ちゃんの間などを見学しました。


道後温泉本館の前の公園には写真撮影用にでしょうか、こんな人形たちが待っていました。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

松山・高知紀行6

ホテルへチェックインをしてから、町へ繰り出します。大街道から一本路地を入ったところにある四季瀬戸の味 たにたに入りました。まずは生ビールで乾杯し、おかみさんにオススメなどを聞きながら、注文しました。


はぜの薄造りです。


おこぜの薄造りです。


かきフライです。


穴子の照り焼きです。


焼酎です。切り子のグラスがきれいです。


お店には済美高等学校の野球部のサイン入りの大きなボールがありました。昨日(10月28日)のドラフト会議で広島東洋カープから一位指名を受けた福井優也投手(早稲田大学)の名前もありました。


お店を出てホテルまでの帰り道で、こんな看板を見つけました(笑)

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

いせはら健康家族フェスティバル


今日は、伊勢原市総合運動公園で仕事です。

ちなみに昨日は横浜で仕事。なかなか休めせんね(笑)

松山・高知紀行7


宿泊したのは松山全日空ホテルです。


朝食後、徒歩で萬翠荘(写真)へ行き、その後坂の上の雲ミュージアムへ入ります。坂の上の雲ミュージアムでは写真撮影が禁止なので写真はありません。そして秋山兄弟生誕地も行きましたが、写真を撮るのを忘れました。


ホテルに戻り、駐車場から車を出して子規堂に向かいます。


最古の軽便機関車の「坊ちゃん列車」や、「子規と野球の碑」も見ることができます。


裏の墓地の入り口には「子規の埋髪塔」があります。


子規堂を後にして、民芸伊予かすり会館へ向かいます。なかなか大掛かりで楽しい場所です。おみやげもこれでもかといわんばかりに、たくさん販売しています。


民芸伊予かすり会館

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

【新店】麺食堂 杜屋(伊勢原)


基 伊勢原店があった場所に11月13日(土)に麺食堂杜屋(もりや)が開店しました。
渡辺樹庵さんのお店の基から、やはり樹庵さんのお店の「麺食堂 杜屋」に生まれ変わりました。
店内の構造は以前と変わりありませんが、ガラス張りになったので、
店外から中の様子がよく見えるようになりました。


駐車場には「味噌タンメン」という大きな看板が掲げられています。
これは国道246号線からよく目立ちます。


メニューは、基本的には白味噌タンメンと赤味噌タンメンで、それぞれ味玉やチャーシューがトッピングできます。
また醤油ラーメンや醤油つけめん、餃子などもあります。
妻と二人で行ったので、白味噌タンメンと赤味噌タンメンの食券を買いました。


【白味噌タンメン】スープは甘めの味噌スープで、野菜炒めがたくさん乗っています。野菜の旨味もスープに溶け込んでいます。具は、野菜炒め・チャーシュー・コーンなど。


麺は、自家製の中太縮れ麺。加水率が少なめでよくスープと絡みます。


【赤味噌タンメン】麺と具は白味噌タンメンと同じです。違うのはスープの辛さ。赤味噌タンメンの方が少し辛くなっています。味に変化をつけているのでしょうね。

これからどのようなお店になっていくか、期待していきたいと思います。

麺食堂 杜屋
[住所]伊勢原市板戸271-5
[電話]0463-96-1555
[営業時間]1100-  ,   -2100(中休みあり、詳細未定)
[定休日]水
[アクセス]小田急線伊勢原駅下車。大山方面に徒歩約15分。
[ジャンル]味噌タンメン
[座席]カウンター×12、小上がりに卓袱台4×1
[駐車場]店前に7-8台あり

松山・高知紀行8

そろそろお腹が空いてきました。昼食は、三崎漁師物語り 松山店へ行きました。やはり海産物が食べたくなってきたのです。


私は、ご飯の上に味のついた鰺が乗ったあじ飯を、


妻は刺身定食を食べました。二人とも満足です。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

松山・高知紀行9

さて、午後は、松山から少し離れた砥部へ向かいます。ここは砥部焼が有名です。
砥部の町の一番奥の方にある梅山窯の売店によってから、砥部焼観光センター炎の里にも寄りました。


かめです。


こちらもかめなんです(笑)

砥部から松山市内へ戻り、今度は松山城へ向かいます。


ロープウェイとリフトがあり、二人はリフトに乗りました。ゆっくりとしたスピードですが、楽しく感じます。


天守閣内には入らず、山頂から市内を眺めていました。


伊予かんソフトクリームがあったので、二人で仲良く食べました(笑)

帰りもリフトにのって下に降りてきました。二日後が、妻の○○回目の誕生日なのでプレゼントを買ってから、伊予かすり会館の隣にあった久万の台温泉へ行って一風呂浴びました。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

松山・高知紀行10


車をホテルの駐車場に停めて、夕食は何にしようかと町をブラブラしているとこんな面白い看板を発見しました!
こんな政党ならのんべぇは一票投じてしまいそうです(笑)

食事は海の幸が続いたので、結局、町家ダイニング ぶんちんで、もつ鍋を食べました。


自家製ポテトサラダ


手羽先


もつ鍋

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

神奈川県内ラーメン繁盛店2011年版


[題名]神奈川県内ラーメン繁盛店2011年版
[発行]湘南海童社
[本体価格]1143円
[発行日]2010/11/3
神奈川県内のラーメン店を地元出版社が完全網羅。掲載店は県内全域300軒強。しかもその内約60軒は今年度新規掲載です。


知る人ぞ知る、神奈川県のラーメン本のスタンダード。
【伊勢原】からはドレファラシドと屋台ラーメンが掲載されています。
近隣では、
【厚木】本気うま亭、きんか本舗、虎一、かねこ、ぎょうてん屋、壱八家、富士栄、○屋製麺店、くらかど、らーめん研究所、本丸亭、麺や食堂、厚木家、ZUND-BAR、やまびこ、厚木、一期一会
【平塚】元助、空、秀膽、うまみ屋、八雲、味噌一、哲麺、飛附亭
【秦野】ZIPANG、がつん堂、二宮、道楽、望星、麺一真、三憩園、なんつっ亭、二代目家
などが掲載されています。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

松山・高知紀行11

10月31日になりました。今日は高知へ移動します。その途中に祖谷渓とかずら橋に立ち寄ります。松山自動車道を東へひたすら走り、川之江ジャンクションと川之江東ジャンクションを抜けて徳島自動車道へ入ってすぐの井川池田インターで降ります。そして国道32号線を南下していきます。


道の駅「大歩危」で少し休憩します。駐車場からの大歩危の眺めは素晴らしいものでした。


川の水はとても透明度が高く川の底がきれいに見えます。


売店をのぞいてみるとかめを発見!かめコレクションがさらに充実してきました。


国道32号線から左へ入り、祖谷地方へ入ります。


これが祖谷のかずら橋です。下の川が透けて見えるので、高所恐怖症の人は渡るのが恐いかも知れませんね。


かずら橋のすぐ近くに琵琶の滝があります。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

松山・高知紀行12

そうこうしているうちにお昼になりました。


祖谷地方はそばの産地として有名です。清流のそば処 祖谷美人に入り、ざるそばを食べました。


そしてお店の裏側をのぞいてみると、祖谷渓谷に向かって小便をしているたぬきがいました(笑)


渓谷はかなり深く、木々は一部色づいています。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

そば処 なか道@伊勢原


民家がお店の十割そばです。こういうお店は隠れ家みたいでいいですね。
玄関を開けると、ご夫婦が迎えてくれます。我が家へ帰ってきたような感じさえします。


八畳間が二つ続いた空間と廊下がお店です。


庭も芝生もきれいです。
メニューは、せいろそば650、天せいろそば1,100、かやくご飯100、そば大盛+100、
けしの実うどん650、天せいけしの実うどん1,100、釜揚げうどん650、カレーうどん700、
うどん大盛+50とシンプルです。

天せいろそばを注文しました。


出てきた天せいろそばは、写真のように十割そばと天ぷらの組み合わせ(当たり前か)。


天ぷらは、海老・サツマイモ・ギンナン・ニンジン・ナスなど身近な食材が中心です。
お新香も美味しくいただきました。


もちろんおそばも美味しくて、これなら大盛にしておけばよかったと後悔しました。

そば処 なか道(そばどころ なかみち)
[住所]伊勢原市上粕屋1301-2
[電話]0463-94-1298
[営業時間]1100-1430
[定休日]月~水
[アクセス]小田急線伊勢原駅下車。北口から大山ケーブル行きバスで山王原バス停下車。進行方向右手へ徒歩2分。
[座席]座敷に約14名
[駐車場]数台

松山・高知紀行13

食事をした後、大豊から高知自動車道に入り、南国インターで降りて、安芸を目指します。

大河ドラマで龍馬伝をやっているので、高知では県をあげて土佐・龍馬であい博が開催されています。


安芸市では岩崎弥太郎生家があります。そのまま残っているということがすごいことです。


こちらは野良時計です。


安芸市役所の隣には岩崎弥太郎こころざし社中がありました。ここは土佐・龍馬であい博のサテライト会場の一つです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

よみうりホール


今日は、有楽町のよみうりホールで仕事です。

クリスマスイルミネーション


八重洲です。
もうこんな季節になりましたね。

青いロマンスカー


新宿から青いロマンスカーで帰ります。
ラッキー(^-^)v

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター