FC2ブログ

本厚木駅


これから本厚木で高校の同窓会の打ち合わせです。

富士急行の旅5:都留文科大学前~下吉田

fujimap04.jpg
【地図:都留文科大学前~寿】

 都留文科大学前駅を出ると、かなりの急勾配を登る。地図を見ると30~37パーミル(1,000m進むと30~37m高さが変化するころ)と強い勾配を登っているのがわかる。

fuji051.jpg
【車窓@東桂~三つ峠】


【車窓@東桂~三つ峠】

fuji053.jpg
【三つ峠駅名標】

 三つ峠駅でまたまた行き違い列車待ち合わせである。今度はフジサン特急が通過していった。


【フジサン特急@三つ峠駅】

fuji055.jpg
【列車@下吉田駅】

2011/8/5
都留文科大学前
0922
 |   富士急行
0940
下吉田

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

富士急行の旅6:下吉田・月江寺散歩1

fujimap05.jpg
【地図:葭池温泉前~河口湖】

fuji061.jpg
【下吉田駅舎】

fuji062.jpg
【待合室】

 下吉田駅で下車する。駅舎はモダンな感じになっていて、その横には下吉田駅ブルートレインテラスがあった。10時から営業開始のため中には入れなかったが、ブルートレインはしっかりと見ることができた。寝台特急の名前はやはり「富士」だった(笑)。

fuji063.jpg
【ブルートレインテラス】

fuji064.jpg
【寝台特急「富士」】

 そして「富士と昭和を楽しむ下吉田まちめぐり」のパンフレットに沿って、しばし街を散策する。

fuji065.jpg
【小室浅間神社】流鏑馬祭りも行われるそうだ。

fuji066.jpg
【旧下吉田役場】明治末期から大正時代に村役場として建設された建物で昭和26年までは使われていて、その後も市立図書館等として使用された。

fuji067.jpg
【月江寺】

fuji068.jpg
【月江寺の池】かつては透明な湧水を満々とたたえボート遊びができたようだ。

fuji069.jpg
【池の亀】亀を発見!

2011/8/5
下吉田
0945
 |   徒歩
1050
月江寺

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

富士急行の旅7:下吉田・月江寺散歩2

fuji071.jpg
【旧角田医院】大正末期に東京から宮大工を呼んで料亭として建てられた。昭和初期に賑わっていた下吉田のシンボル的建物である。

fuji072.jpg
【路地裏】なんか、いい雰囲気である。

fuji073.jpg
【月の江書店】渋い書店である。

fuji074.jpg
【カフェ月光】こちらも渋い!

fuji075.jpg
【月江寺通り】全体はこんな感じ。内村光良監督の映画「ピーナッツ」の舞台にもなったようだ。

 この後、桜井うどんでうどんを食べたが、ちょっと順番を代えて記載する。

fuji076.jpg
【ふじよしだ街の駅】無料休憩所もあったので、休憩する。お茶をいただいた。今日は天気は曇りだが湿度が高く、蒸し蒸ししている。

 ブラブラ歩いていると、月江寺駅に到着した。

fuji077.jpg
【月江寺駅舎】

fuji078.jpg
【駅名標】

2011/8/5
下吉田
0945
 |   徒歩
1050
月江寺

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

富士急行の旅8:桜井うどん

 さて、今回の旅の目的の一つは「吉田うどん」を食すこと。まずは老舗の一軒の桜井うどんへ。幹線道路から少し路地を入った場所にある。

 お店に入ると若店主から「うちは温かいのと冷たいのしかありませんよ」と声をかけられた。「吉田うどんっていうのを食べたいのですが、、、、」と言いかけると、「うちは温かいのと冷たいのしかありません」と再度言われてしまった。何か機嫌でも悪いのだろうか。基本は温かいのだろうなぁと判断し、温かいのをお願いした。 すぐに出てきたうどんは、キャベツと油揚げの具で、和風ダシスープの美味しいもの。最大の特徴は麺で、四角で頑丈で男性的な麺なのである。男性的だから、menというつもりはない(笑)。他のお客さんには、温かいのと冷たいのを一つずつ食べる人もいた。私は一杯だけにしておこう。

fuji081.jpg
【うどん全容】

fuji082.jpg
【極太麺】

fuji083.jpg
【店舗外観】

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

富士急行の旅9:富士山駅

fujimap05.jpg
【地図:葭池温泉前~河口湖】


【富士山駅に到着】

 月江寺から電車に乗り、次の富士山駅で下車した。以前は富士吉田駅だったが2011年7月1日から富士山駅になった。ここはスイッチバックとなっているので、頭端式のホームになっている。
 駅舎はデパートになっているので立派な駅舎である。大きな待合室や売店もあり活気のある駅である。あちこちに「7月1日から富士山駅となった」旨の表示・掲示がしてある。それにしても「富士山駅」とは大きくでたものである。売店に富士山手拭いがあったので購入した。そして2009年8月9日から富士登山電車(着席券200円必要)も走っている。

fuji092.jpg
【駅名標】

fuji093.jpg
【ホームと駅舎】

fuji094.jpg
【駅舎正面】

fuji095.jpg
【改札口】

fuji096.jpg
【待合室】

fuji097.jpg
【富士登山電車ポスター】

fuji098.jpg
【富士山駅手拭い】

fuji099.jpg
【スイッチバック】


【大月行き列車到着@富士山駅】
 富士山駅のホームで河口湖行きの電車を待っていると、まず河口湖方面から大月行きの普通列車が入ってきました。

2011/8/5
月江寺
1059
 |   富士急行
1104
富士山

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

富士急行の旅10:フジサン特急1


【フジサン特急到着@富士山駅】

 次に大月方面から河口湖へ向かうフジサン特急が富士山駅に到着した。フジサン特急の車体にはいろいろなフジサンのキャラクターが描かれている。

fuji102.jpg
【フジサン特急側面1】

fuji103.jpg
【フジサン特急側面2】

fuji104.jpg
【フジサン特急側面3】

 都留市駅で買ったフジサン特急のシールはこのようになっている。フジニッコリ、ミスターフジ、ビックリフジなど一つずつ名前のついたキャラクターがたくさん出てくる。これが特急列車の車体に描かれているのである。その数なんと101個だそうである。

fuji036.jpg
【フジサン特急シール表】

fuji037.jpg
【フジサン特急シール裏】


【フジサン特急出発@富士山駅】

 富士山駅から河口湖駅へ向かってフジサン特急が出発した。向かって右側の線路から来たが、左側の線路を通って行くのである。次は富士急ハイランド駅であり、アトラクションが駅の至近に見られる。

fuji106.jpg
【富士急ハイランド】

2011/8/5
富士山
1128
 |   富士急行 フジサン特急
1134
河口湖

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

富士急行の旅11:河口湖駅

 河口湖駅に着いた。駅では茅原実里の肉声でのコンサートの案内が流れていた。そして隣のホームにはトーマスランド電車が停車していた。駅舎には大きな売店などで賑わっている。

fuji111.jpg
【駅名標】

fuji112.jpg
【フジサン特急3号車先頭】

fuji113.jpg
【トーマスランド電車】

fuji114.jpg
【河口湖駅】

fuji115.jpg
【モ1号@河口湖駅前】
 駅前広場には、富士急行の前身である富士山麓電気鉄道当時に走行していたモ1号が屋外展示してある。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

伊勢原カタール会看板娘


今日は、久しぶりの伊勢原カタール会です。
看板娘の二人です。

富士急行の旅12:フジサン特急2

 河口湖からの帰りもフジサン特急に乗る。これもフジサン特急フリーきっぷの特典である。ちょこっと指定席の1号車の展望席やサロンに行ってみた。天気がよければ富士山がよく見えるのだが、今日は雲の陰に隠れているようだ。

fuji121.jpg
【フジサン特急@河口湖駅】

fuji122.jpg
【1号車側面1】

fuji123.jpg
【1号車側面2】

fuji124.jpg
【2号車車内】

fuji125.jpg
【シートカバー】

fuji126.jpg
【1号車展望席】

fuji127.jpg
【1号車サロン】

fuji128.jpg
【富士急ハイランド】

2011/8/5
河口湖
1156
 |   富士急行 フジサン特急
1203
富士山

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

富士急行の旅13:はなや

 富士山駅でまた下車して、富士みちを登っていく。たいしたことないと思って歩いていたが、かなりの登り坂である。蒸し暑い日だったので汗が噴き出てきた。直線距離は1kmくらいだが20分くらい歩いただろうか、はなやに到着した。吉田うどんの老舗の店である。

fuji131.jpg
【はなや外観】

 若い頃、川崎で仕事をしていたおじいちゃんと相席になる。メニューは、湯もリ、ざる、皿の三種類。湯もリの並を注文した。

fuji132.jpg
【メニュー】

 目の前のおじいちゃんは、吉田うどんの食べ方の説明をしてくれたり横浜の話しをしたりして楽しめた。ダシはとても薄いので卓上の醤油や辛味噌をお好みで入れて味を整えるのだ。うどんはやや柔らかめ。具は鰹節とほうれん草。他のテーブルのお客さんの中には2杯食べている人も多い。

fuji133.jpg
【お新香】

fuji134.jpg
【湯もり(並)】

fuji135.jpg
【うどん】

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

雪景色!


雪の少ない伊勢原も今朝は雪化粧です。

富士急行の旅14:富士山~立川

 富士みちを歩いて富士山駅まで戻る。今度は下り坂なのでとても楽である。

fuji141.jpg
【フェンス】富士山駅近くのフェンスにも富士山が描かれている。

fuji142.jpg
【夕顔】富士山駅併設のデパートでは大きな夕顔が売られていた。

fuji143.jpg
【ソフトクリーム】富士山駅では美味しそうなソフトクリームが売られていた。でも買わない。

fuji144.jpg
【車両】富士山駅から普通列車で大月へ戻る。

fuji145.jpg
【大月駅前】大月駅前には甲州阿波踊り大会の看板があった。

そして中央本線の普通列車に乗り換えて、一挙に立川まで行った。

fuji146.jpg
【四方津駅】途中の四方津駅北側には有名な長いエスカレーターがある。

2011/8/5
富士山
1329
 |   富士急行
1419
大月
1428
 |   中央本線
1531
立川

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

旅と鉄道 復刊3号 2012/3月号

120826c-book.jpg
[題名]旅と鉄道 復刊3号 2012/3月号
[発行]朝日新聞社
[定価]980円
[発行日]2012/1/21
巻頭特集 夜行列車の冒険
  1.ラストラン間近の「日本海」で青森へ
  2.“星の音”を探しに「北斗星」に乗る。
  3.夜行列車、私の冒険
第2特集 九州おもしろ列車案内
鉄道写真劇場 上野駅・人間模様

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

富士急行の旅15:桜みち

 立川駅徒歩3分のラーメンたま館へ行ったが、中休み時間と重なってしまった。矛先を変えてラーメンスクエアに行ってみた。どこへ入ろうか迷ったが、桜みちの「ラーメンバトル王者の店」という文句に誘われて、黒みそラーメンとグラスビールの食券を店外の券売機で購入してから店内に入った。

fuji151.jpg
【店舗外観】

しかし、厨房には中国人の若い女性が二人。明らかにバイトである。もやしは並で、そしてニンニクを入れるか聞いてきたので入れてもらうようにお願いした。二人は中国語での私語が多いが、意味はもちろんわからない。

fuji152.jpg
【黒みそラーメン】

fuji153.jpg
【もやし】

fuji154.jpg
【麺】

 出てきたラーメンはスープは渋い味噌の味がするが、ニンニクはかなり強い。麺は中太縮れで、具は、チャーシュー・メンマ・もやし(別皿)。「ラーメンバトル」っていう意味はいったい何なのだろう。考えさせられてしまった。

 立川からは八王子に戻り、橋本から律義に(笑)相模線で厚木へ。そして小田急で伊勢原へ戻った。

2011/8/5
立川
1637
 |   中央本線 特快
1648
八王子
1654
 |   横浜線
1706
橋本
1749
 |   相模線
1825
厚木
1833
 |   小田急線 準急
1834
本厚木
1837
 |   小田急線 急行
1844
伊勢原

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

ネクタイ:雪だるま

120125tie.jpg
関東地方にも雪が降りましたが、日本海は大雪に注意です!
そんなわけで、雪だるまのネクタイです。
(買って以来、まだ一度もしたことがありません)

秋田内陸線紀行1:こまちで角館へ

 冬になったので雪を見たい。北へ行きたい。カレンダーを見ると、1月9日が成人の日で祝日となり8日と連休である。これは行くしかないでしょう。きっぷの手配をESツアーにお願いすると、「スリーデーパスを利用した方が安くなりますよ」ということで新幹線特急券とともに購入した。

 7日(土)の仕事を終え、一旦自宅へ戻り、伊勢原から小田急線で本厚木へ、本厚木からは青い車体のロマンスカー(MSE)で優雅に新宿へ。新宿駅南口近くのコンビニでミニカップヌードルを買う。明日の朝食のためだ。そして中央線で東京へ向かう。東京駅の駅ナカの充実には目をみはる。あちこち見て回るだけで楽しい。

akinai011.jpg
【列車案内】

 東京駅からはこまち35号で角館を目指す。

akinai012.jpg
【こまち35号】

akinai013.jpg
【こまち35号】

akinai014.jpg
【ステップ】

 盛岡から先の田沢湖線は在来線と併用区間なので、車体が狭くステップが付いている。車内を見渡すと乗車率は50%前後だろうか、車内はかなり空いている。隣には誰も来ないので一人で二人分の座席を使えるような感じだ。東京を出ると、上野・大宮・仙台・盛岡と停車する。大宮を過ぎても乗客は増えない。盛岡からは雪がちらついてきた。車内放送が「秋田県内大雪のため大曲・秋田接続の在来線ダイヤが大幅に乱れている」ことを伝えている。田沢湖線は単線なので対向列車遅延のため途中で4分遅れとなった。こまち35号の角館到着予定時刻は20時17分である。今日の夕食を予定している駅前のレストランさくら小町のラストオーダーは20時30分であり、これ以上遅れると間に合わなくなる可能性がある。心配しながら真っ暗な窓の外を眺める。

akinai015.jpg
【角館駅名標】

 角館には6分遅延の20時23分。なんとか間に合いそうだ。

akinai016.jpg
【駅構内】

 駅構内はご覧のような雪景色だ。これからさっそくさくら小町に向かおう。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング


2012/01/07
伊勢原
1444
 |   小田急線
1451
本厚木
1454
 |   小田急線 さがみ84号
1539
新宿
1550
 |   中央線
1605
東京
1656
 |   秋田新幹線 こまち35号
2023(6分遅れ)
角館

秋田内陸線紀行2:神代カレー

akinai021.jpg
【さくら小町外観】

akinai022.jpg
【店内】

 さくら小町は今日の宿泊先であるフォルクローロ角館と同じ建物内にある。場所は角館駅前。タイムリミット3分前に到着! なんとか間に合った。大雪という天候だからかレストラン内には私以外に誰もいない。メニューから神代カレー(980円)を選び注文した。メニューの説明には、「秋田県横手市で開催されたB級グルメの祭典「B-1グランプリ2009」で4位を獲得した大人気メニューです。魚肉ソーセージの入った昔風カレーと、現代風カレーのあいがけをお楽しみ下さい!」と書いてある。

akinai023.jpg
【神代カレー】

 神代カレーが出てきた。向かって左側はデミグラスソースのような濃いめの味付けの現代風カレー、向かって右側が昔風カレーで小麦粉っぽい味がしてやや物足りない。現代風カレーには牛肉が入っており、そして昔風カレーには鶏肉が入っている気がしたが、魚肉ソーセージも入っていたのかな? そしてサラダ、味噌汁、いぶりがっこもセットになっている。

akinai024.jpg
【昔風カレーにソース】

 昔風カレーにはソースがついてきており、お好みでかけるようになっている。少しソースをかけると物足りなさがなくなった。ご飯に比べてルーが多い。ルー大柴ならぬ“ルー多すぎ”である(笑)

akinai025.jpg
【秋田内陸線角館駅】

 食事を済ませてからJR角館駅併設の秋田内陸線(正式には“秋田内陸縦貫鉄道”)の駅に向かう。明日と明後日のきっぷを事前に購入するためである。数日前に電話をして駅窓口が開いていることや事前購入可能であることを確認している。吹雪いているため駅の入口もなんだかどんよりしている。
 窓口にて駅員に明日と明後日のきっぷの購入を申し出たら「今日も40分の遅れが出ましたので、明日もどうなるかわかりません。というわけで事前の販売はやめております。先ほどの方にもお断りさせていただきました。」と秋田なまりの標準語で言う。明朝も始発から窓口業務は行っているようなので、明日購入することにした。それにしてもとても正直で親切な駅員さんだ。自分だったら売り上げアップのために販売しちゃいそうな気がする(笑)

akinai026.jpg
【大雪】

 かなりの雪が降っている。神奈川では考えられない雪である。


【雪の角館】

 フォルクローロ角館にチェックインして、おとなしく寝ることにする。フォルクローロに泊まるのは以前家族でフォルクローロ遠野へ泊まって以来になる。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

秋田内陸線紀行3:角館駅

 目覚まし時計を6時にセットしたが、やはり5時30分過ぎには目が覚めてしまう。地元テレビ局のニュースでも秋田市内は大雪だと伝えている。フォルクローロ角館は朝食付きなのだが7時からなので間に合わない。7時8分に角館を出発する列車に乗る予定なのだ。昨日買っておいたミニカップヌードルが今日の朝食となる。そして防寒対策を十分にしてホテルをチェックアウトする。

akinai031.jpg
【JR角館駅】

akinai032.jpg
【角館駅名の由来】

 地名の由来は「桧木内川と院内川が交わった角の地に館がつくられたことから“角館”と呼ばれるようになった」そうだ。

akinai033.jpg
【秋田内陸線角館駅入口】

 秋田内陸線角館駅入口はご覧のような雪化粧。だいぶ厚化粧だ。

akinai034.jpg
【秋田内陸線角館駅窓口】

 窓口にはストーブが焚かれて温かくなっている。昨日と同じ駅員さんがいる。おそらく夜勤だったのだろう。

akinai035.jpg
【ホリデーフリーきっぷ】

 今日のホリデーフリーきっぷ(全線)(2,000円)と明日のホリデーフリーきっぷ(B:角館~阿仁合)(1,000円)を購入する。列車の状況を尋ねると今のところ遅延はないとのこと。相変わらず雪は降っているが、このまま遅れないで走ってほしいものだ。

akinai036.jpg
【除雪作業@角館駅前】

 駅前では除雪作業が黙々と行われている。広い道には除雪車が入っているが、駅前は人力での除雪となるようだ。


【朝の除雪作業@角館駅前】

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

秋田内陸線紀行4:角館~上桧木内


【地図(角館~上桧木内)】

akinai042.jpg
【秋田内陸線角館駅名標】

akinai043.jpg
【内陸線】

 内陸線自体が秋田名物になっている(笑)

akinai044.jpg
【列車】

 角館にやって来た列車は写真のようにすでに雪化粧が完璧だ。

akinai045.jpg
【車内】

 単行の車内はボックスタイプのセミクロスシート。ワンマンだがトイレはある。

akinai046.jpg
【掲示】

 車内の掲示は、日本語と英語だけでなく、中国語とハングルでも書かれていた。

 出発の5分くらい前になると、土曜日の朝にもかかわらず、色白の秋田美人の女子高生がたくさん乗ってきた。というのは、、、、、ウソです、妄想です、願望です。

 おじさんとおばさんと若い鉄ちゃん合わせて4人を乗せた列車は、定刻の7時8分に角館駅を出発した。

akinai047.jpg
【車窓】

 外の景色を楽しみたいが吹雪が強く、道がどこかすらわからない。人っ子ひとり歩いていない。車が時々走っているので、そこが道なのだとわかる。西明寺駅から吹雪きの中を女性が一人乗ってきた。運転手さんと話しているところを見ると、地元の常連さんだろう。松葉駅は昔の国鉄角館線だったころの終着駅であったがとても小さな駅だった。

akinai048.jpg
【手作り簡易ダイヤ】

 当初の計画だと、上桧木内駅で下車し、1.8km離れた左通駅まで歩き、そして羽後中里駅か松葉駅まで戻り、再度阿仁合方面に向かう計画だったが、吹雪のためにあえなく中止とした。決行していたら遭難していたかも知れないのだ。時には予定を変更する勇気も必要なのが、雪国の教えである。(雪国で生活したことはないが・・・)

2012/01/08
角館
0708
 |   秋田内陸線 <ホリデーフリーきっぷ(全線)>
0836
阿仁合

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

秋田内陸線紀行5:上桧木内~阿仁合

akinai051.jpg
【地図(上桧木内~阿仁合)】

 歩くのを諦めて、ひらすら列車に乗っている。戸沢駅を過ぎてしばらくすると5,697mの十二段トンネルに入る。通過に7分ほどかかる。角館側の仙北市から阿仁合・鷹巣側の北秋田市に入った。

akinai052.jpg
【阿仁マタギ駅】

 トンネルを出ると阿仁マタギ駅である。今日は折り返してきてからこの駅で下車して阿仁マタギ温泉に行く予定だ。どんな駅かと思ったら、小さな駅でものすごく吹雪いている。

akinai053.jpg
【奥阿仁駅名標】

 次のトンネルを出るとすぐに奥阿仁駅がある。牛山氏の秘境駅ランキング150位の駅であり、秘境感がかなりある。

akinai054.jpg
【車窓(打当川)】

 車窓には山と木々、そして時おり川が見える。

akinai055.jpg
【比立内駅名標】

 次の駅は比立内駅。ここは昔の国鉄阿仁合線の終着駅だった場所。それだけに構内はやや広い。しかし横殴りの雪のためにあまりはっきりと確認することはできない。

akinai056.jpg
【岩野目駅】

 次の岩野目駅は乗降客数が秋田内陸線で一番少ない駅だそうだ。積雪量に圧倒される。

akinai057.jpg
【笑内駅名標】

 面白い駅名の代表の一つの笑内駅。おかしいのか、おかしくないのか、どっちなのでしょう?

akinai058.jpg
【車窓(木々)】

 車窓からの木々は写真のような状態で雪が横殴りであることがわかる。

akinai059.jpg
【車窓(阿仁川)】

 萱草~荒瀬間では阿仁川と寄り添いながら走っている。

2012/01/08
角館
0708
 |   秋田内陸線
0836
阿仁合

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

秋田内陸線紀行6:阿仁合駅

akinai061.jpg
【阿仁合駅名標】

 阿仁合駅に着いた。大雪なのに定刻通りである。駅構内は一面の雪である。

akinai062.jpg
【列車】

 私が乗ってきた列車もここが終点である。

akinai063.jpg
【ホーム】

 阿仁合駅は1面2線の駅で、秋田内陸線の車庫もある。

akinai064.jpg
【阿仁合:鉱山の歴史の町】

 ホームには「北緯40°鉱山の歴史の町」と書いてあり、阿仁鉱山跡、異人館、郷土文化保存伝承館、森吉山阿仁スキー場などが紹介されている。

akinai065.jpg
【ラッセル車】

 駅構内にはラッセル車があった。ラッセル車が似合うほどの雪である。

akinai066.jpg
【阿仁合駅構内】

akinai067.jpg
【秋田内陸線スタンプ】

akinai068.jpg
【阿仁合駅スタンプ】

 改札を通ると秋田内陸縦貫鉄道のスタンプと阿仁合駅のスタンプがあった。

akinai069.jpg
【阿仁合駅舎】

 駅舎は特徴的な三角形をしている。東北の駅百選に選ばれている。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター