タブーの正体! ~マスコミが「あのこと」に触れない理由~

120428b-book.jpg
[題名]タブーの正体! ~マスコミが「あのこと」に触れない理由~
[著者]川端幹人
[発行]筑摩書房
[定価]882円
[発行日]2012/1/10
序章 メディアにおけるタブーとは何か
第1章 暴力の恐怖ー皇室、宗教タブーの構造と同和タブーへの過剰対応
第2章 権力の恐怖ー今も存在する政治家、官僚タブー
第3章 経済の恐怖ー特定企業や芸能人がタブーとなるメカニズム
第4章 メディアはなぜ、恐怖に屈するのか
どれだけ重大な事実であろうと、マスコミが口を閉ざしてしまうことがある。大物政治家の不正疑惑、大手企業が引き起こした不祥事、有名タレントの薬物使用疑惑…。「報道の自由」を掲げながらも、新聞やテレビ、出版各社が、過剰な自主規制に走ってしまうのはなぜか?『噂の眞相』副編集長時代に右翼から襲撃を受けた経験を持つフリージャーナリストが、闇に葬られた数々の実例を取り上げながら、ネット時代の今もメディア・タブーが増殖し続けるメカニズムに鋭く迫る。


さすが「噂の真相」の元副編集長です。右翼・同和問題から、政治家、宗教団体、検察、警察、企業、芸能人など、具体的な名前をあげて実例が豊富に紹介されています。東京電力をはじめとする原子力・電力業界からの広告宣伝費は年間一千億円以上なので、メディアは全面的な批判はできないのですね。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか


[題名]新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか
[著者]上杉隆
[発行]PHP研究所
[定価]756円
[発行日]2012/2/29
第1章 記者たちの「癒着メモ」を暴く
第2章 政府に情報を売るマスメディア
第3章 忘れてはいけない震災報道「9のウソ」
第4章 新聞・テレビはなぜ「ウソ」をつくのか
第5章 腐りきった「記者クラブ」の正体
第6章 「ニューメディア」への言われなき中傷
第7章 世界標準のジャーナリズムをめざして
現職大臣を辞任に追い込んだ「放射能つけちゃうぞ」発言は、完全なるでっちあげだったー真相を隠蔽して虚報を流し、バレても責任を取らない。それでいて正義の旗を振りかざす横暴ぶり。新聞・テレビの罪深き欺瞞は、「ただちに危険はない」との政府発表を垂れ流しつづけた原発・震災報道で決定的となった。政治との悪質な癒着。ネットメディアの台頭によって、情報を管理できる時代は終わった。国民を騙しつづけた先にはマスメディアの死が待っている。ジャーナリスト休業を宣言した著者が放つ、記者クラブへの最後通告。


「記者クラブ」のあり方が、我が国のジャーナリズムの大きな問題点であることがわかりました。こういう仕組みになっているんだ、と改めて認識しました。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

大往生したけりゃ医療とかかわるな


[題名]大往生したけりゃ医療とかかわるな  ~「自然死」のすすめ~
[著者]中村仁一
[発行]幻冬舎
[定価]798円
[発行日]2012/1/30
第1章 医療が“穏やかな死”を邪魔している
第2章 「できるだけの手を尽くす」は「できる限り苦しめる」
第3章 がんは完全放置すれば痛まない
第4章 自分の死について考えると、生き方が変わる
第5章 「健康」には振り回されず、「死」には妙にあらがわず、医療は限定利用を心がける
終章 私の生前葬ショー
3人に1人はがんで死ぬといわれているが、医者の手にかからずに死ねる人はごくわずか。中でもがんは治療をしなければ痛まないのに医者や家族に治療を勧められ、拷問のような苦しみを味わった挙句、やっと息を引きとれる人が大半だ。現役医師である著者の持論は、「死ぬのはがんに限る」。実際に最後まで点滴注射も酸素吸入もいっさいしない数百例の「自然死」を見届けてきた。なぜ子孫を残す役目を終えたら、「がん死」がお勧めなのか。自分の死に時を自分で決めることを提案した、画期的な書。


その通りだと思います。延命処置を拒否するために必要な事前指示書の書き方も載っています。年老いたらこういう考え方を持った医師に主治医になって欲しいものです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

インストール


[題名]インストール
[著者]綿矢りさ
[発行]河出書房新社
[定価]399円
[発行日]2005/10/20
学校生活&受験勉強からドロップアウトすることを決めた高校生、朝子。ゴミ捨て場で出会った小学生、かずよしに誘われておんぼろコンピューターでボロもうけを企てるが!?押入れの秘密のコンピューター部屋から覗いた大人の世界を通して、二人の成長を描く第三八回文藝賞受賞作。書き下ろし短篇を併録。


綿矢りさのデビュー作。なんで今ごろと思うかも知れませんが、急に読みたくなったのです。17歳の高校二年生の作品らしく、内容・構成・文体含めて新鮮です。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

ことばから誤解が生まれる


[題名]ことばから誤解が生まれる 「伝わらない日本語」見本帳
[著者]飯間浩明
[発行]中央公論新社
[定価]840円
[発行日]2011/5/10
第1章 「ムショクですか?」-音声から生まれる誤解
第2章 「部長も絵はお上手ですね」-文法から生まれる誤解
第3章 「塩ピーナッツは、お菓子じゃないよ」-語義から生まれる誤解
第4章 「先生はこちらにいらっしゃいますか?」-状況から生まれる誤解
第5章 「月がきれいですね」-表現意図から生まれる誤解
第6章 「…」「何か言うことがあるだろう」-話したくない
第7章 「世間をお騒がせし、おわび申し上げます」-決まり文句の両面
「ムショクですか」は無職か、無色か?「部長も絵はお上手ですね!」は出世できない言い方?「ことばから誤解が生まれるのは避けられない」と語る日本語学者が、そのしくみを徹底分析。


ことばの誤解のオンパレード(古!)です。なるほど、このような原因から誤解が生まれるわけですね。気をつけましょう!

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

極みのローカルグルメ旅

120414-book.jpg
[題名]極みのローカルグルメ旅
[著者]柏井寿
[発行]光文社
[定価]882円
[発行日]2012/2/20
第1章 美味しい“食”の見つけ方(これぞローカルグルメー長崎の朱いカレーほか)
第2章 全国ご当地麺を求めて(名古屋“駅きしめん”と“あんかけスパゲッティ” ほか)
第3章 ニッポンのホッとする味、ごはん(日本に鰻があってよかったーニッポン鰻行脚 ほか)
第4章 ローカル居酒屋紀行(日本一の居酒屋は近江草津にありー『滋味康月』 ほか)
そこに行かないと味わえない食。その地で食べてこそ美味しさが輝くもの。日本中を旅して見つけ、出会った旨いものを「ローカルグルメ」と呼ぶことにし、それらの店を、その見つけ方とともに紹介していく。それを目的として旅に出るのもいい。旅の途上でふと目について食べるのもいい。その地の空気と一緒に食べる。それがローカルグルメの醍醐味である。最初にお断りしておきたいのは、本書はいわゆる〈食通〉の方に向けたものではないということ。と言って〈B級マニア〉の方向けでもない。日本には、まだまだ知られざる〈食〉があることに、心を動かされる方にこそお読みいただきたいと願っている。〈食〉をランクづけしたり、星の数で評価しようとなさる向きにはお役にたてないだろうことを、あらかじめお断りしておく。(「はじめに」より抜粋)


ちょっと豪華なグルメ旅です。寿司、鰻、ワインなどがたびたび出てきます。うらやましいですね。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

出張ついでのローカル線


[題名]出張ついでのローカル線
[著者]野田隆
[発行]メディアファクトリー
[定価]777円
[発行日]2011/10/31
まえがき ローカル線は出張中にこそ楽しもう
第1章 絶景が車窓に広がる路線
第2章 季節を感じられる路線
第3章 名物を味わえる路線
第4章 鄙びた空気を醸し出す路線
第5章 温泉でのんびりできる路線
第6章 知られざるお楽しみ路線
あとがき 列車に揺られて、ただのんびり過ごせばいい
ローカル線をめぐりたいー。そう望んでも、時間や金銭的な制約から、実際に訪れるのは容易ではない。そこで、出張の機会をちゃっかり利用しよう。札幌、仙台、東京、名古屋、福岡といった「出張先の大都市」からほんの少し足を延ばせば、魅惑のローカル線を味わえるのだ。さあ、なんとか出張中に3時間を捻出しよう。効率的な移動の方法や、人気路線の見どころなど旅のプランは、すべて本書に載っています。


出張帰りに寄り道することは、私はしばしばあります。その時の参考にしたかったのですが、ほとんど乗ったことのある路線でした。まぁ、楽しければ二度でも三度でもいいでしょう。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

携帯の無い青春


[題名]携帯の無い青春
[著者]酒井順子
[発行]幻冬舎
[定価]480円
[発行日]2011/6/10
電話/ピンク・レディー/女子大生ブーム/ユーミン/サンリオ/ドリフと欽ちゃん/オリーブ/竹の子族/口裂け女/金八先生〔ほか〕
黒電話の前で、「彼」からの電話を待つ。そんな、今の若者には信じられないであろう、青春時代の思い出を持つ「バブル」世代。女子大生ブーム、ワンレン、ディスコ、竹の子族、カフェバー、アメカジ、ぶりっ子など、振り返ると、あの頃は、恥ずかしかった…。でも、「良い青春時代だった」とも、思えるのです。イタくもしみじみするエッセイ。


さすがにアラフォーの酒井順子さん! (ひょっとしてもうアラフィフかな?)   高度成長からバブル期、そしてバブル崩壊から不景気な時代、すべてに言及できるんですね。携帯はなかったけど、なかなか楽しい青春時代でしたね。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

語感トレーニング


[題名]語感トレーニング 日本語のセンスをみがく55題
[著者]中村明
[発行]岩波書店
[定価]756円
[発行日]2011/4/20
第1部 言った“人”はどんな人?-「ピザ」と「ピッツァ」の違いとは(表現主体の陰翳)
第2部 言われた“もの”はどんなもの?-「紅顔」と「赤ら顔」、思い浮かべる顔は(表現対象の履歴)
第3部 “ことば”のにおいを感じるためにー「ニホン、チャチャチャ」となぜ言わないか(使用言語の体臭)
結び 日本語の語感を考えるー“体系”づくりの試み
日本語をもっと使いこなそう!「快調」「好調」「順調」、もっとも調子がいいのはどれ?「過日」「先日」「この間」、どう使い分ける?誰もが思いあたる、「些細」だけれど「瑣末」ではない日本語の感触の違いを、語感研究の第一人者が解説する。Q&A形式で楽しく読める、“伝えたい思い”を“適切なことば”で送り届けるための55のヒント。


普段、何気なく使っている日本語ですが、やまと言葉、漢語、外来語などいろいろな出自により意味(というより語感)が異なる場合があるのです。母国語ですので、なるほどといった印象ですが、日本語を外国語として学ぶ人達にとっては、とても難しいと思われるのでしょうね。

文字を書く時代から文字を打つ時代になってきましたので、自筆の柔らかさは表現できないのでせめて語感を意識したセンスのよい言葉を書きたい、じゃなかった打ちたいものです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

大衆食堂パラダイス!


[題名]大衆食堂パラダイス!
[著者]遠藤哲夫
[発行]筑摩書房
[定価]882円
[発行日]2011/9/10
第1章 望郷食堂編 食べればしみじみ故郷(わが望郷食/食べればしみじみ故郷の食堂たち)
第2章 ぶらぶら食堂編(1)通りがかりの食堂とめしとまち(ビフテキも大衆めし(東京都北区・天将)/神戸、大衆食堂は街の生きものだ(神戸市・皆様食堂ほか) ほか)
第3章 ぶらぶら食堂編(2)大衆食堂の影を慕いた(悩ましい大衆食堂(東京都台東区・神谷バーと中央区・たいめいけん)/江戸期の残像(長野県小諸市・一ぜんめし 御休處 揚羽屋) ほか)
第4章 追憶食堂編 変わりゆくまちと大衆食堂(場所の記憶。変貌する戦後闇市跡と大衆食堂/老いと、再開発と ほか)
第5章 ウンチク食堂編 大衆食堂の楽しみ(大衆食と「普通にうまい」。大衆食堂が伝える近代の食事と味覚/トラッドな外めし、大衆食堂の楽しみ方 ほか)
「大衆食堂」…上京者にとっては、消えてしまった故郷に最も近い場所。サバ味噌定食と、うどんとカレーとステーキと、ジュースが平気でならぶその場所はまた、日本人が近代このかた何を食べてきたのかを示す、記憶の一大集積所でもある。そんな日本の「大衆食堂」の数々をめぐって紹介し、その魅力、愉しみ方、めしくう快楽を語りつくす。日本人よ、今こそ、気取らず力強く飯を食え。


この本は大衆食堂のお店のガイドブックではありません。大衆食堂を語る本です。しかしこれほど大衆食堂が語れるとはすごいことです。駅前にある大衆食堂などは私の琴線に触れるので、機会があったらいろいろな食堂にいってみましょう。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

有栖川有栖の鉄道ミステリー旅


[題名]有栖川有栖の鉄道ミステリー旅
[著者]有栖川有栖
[発行]光文社
[定価]540円
[発行日]2011/10/20
第1章 ヰタ・テツアリス
第2章 この鉄ミスがすごい!
第3章 日本列島殺人のない鉄旅(北海道ー最果てのローカル本線/東北ー地下の国のアリスツアー/上越ーやがて沈む鉄路 ほか)
車窓を流れる汽車の黒煙。基地に佇む機関車の勇壮な姿。幼少期の朧な記憶。大学生のときに出合った一冊の本が、有栖川青年に眠っていた「テツごころ」を覚醒する。学生時代、友人との貧乏旅行、車窓にかぶりつく道楽亭主の隣で熟睡する妻とのふたり旅…。著者が、乗りテツ遍歴を明かし、ミステリーと鉄道の親和性を説く。「この鉄ミスがすごい!ベスト60」収録。


ミステリーだけの鉄道ではなく、その他の魅力も十分に取り上げています。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

あの日にドライブ

111016b-book.jpg
[題名]あの日にドライブ
[著者]荻原浩
[発行]光文社
[定価]650円
[発行日]2009/4/20
牧村伸郎、43歳。元銀行員にして現在、タクシー運転手。あるきっかけで銀行を辞めてしまった伸郎は、仕方なくタクシー運転手になるが、営業成績は上がらず、希望する転職もままならない。そんな折り、偶然、青春を過ごした街を通りかかる。もう一度、人生をやり直すことができたら。伸郎は自分が送るはずだった、もう一つの人生に思いを巡らせ始めるのだが…。


本当に切ないです。主人公は43歳ですが、ここまで切なくなるものなんでしょうか? 過去にはこだわらないが、でも、でも過去を思い出してしまう・・・・・   未来を見ていればよいように思いますが、人生ってきっとそういうものなのでしょう・・・・・

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

「メアドな日本語」略語クイズ


[題名]「メアドな日本語」略語クイズ どれだけ知ってる?
[著者]藤井青銅
[発行]小学館
[定価]500円
[発行日]2010/9/20
第1章 だから略語は面白い!(取説/遠恋/就活 ほか)
第2章 これぞ略語の力技!(ケンタ/スタバ/ロイホ ほか)
第3章 今日も略語は生まれてる!(写メ/塩ビ/読モ ほか)
第4章 日本人は略語が大好き!(おすピー/チャゲアス/カトけん ほか)
メアド、アラフォー、婚活、きもかわ…。懐かしのレトロ略語から最新のネット略語まで、500問の略語をずらりと並べた究極の略語クイズ集。


これでもか! というくらい略語が掲載されています。あなたはいくつわかりますか?

ブログランキングに参加しています。 ↓クリックをお願いします。

FC2ブログランキング

B級ご当地グルメ 関東周辺

120326a-book.jpg
[題名]B級ご当地グルメ 関東周辺
[発行]昭文社
[定価]880円
[発行日]2011/11/15
ご当地グルメ 全部見せ! 156連発。実食ご当地ラーメンかってにランキング。旨すぎる焼き麺実食リポート!!。SA&PAグルメ旅、など関東周辺の県別のご当地B級グルメを多数ご紹介!


地元伊勢原の“いせはら豚ティーヤ”も62ページに紹介されています。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

地図のたのしみ<新装新版>

120503-book.jpg
[題名]地図のたのしみ<新装新版>
[著者]堀淳一
[発行]河出書房新社
[定価]2,625円
[発行日]2012/3/30
地図ブームの魁となった1972年の名著復刊! 日本エッセイスト・クラブ賞受賞作。掲載全地図が新しく製版し直されて生まれ変わった本書を、現在の地形と比較してみる楽しみも!


 初版は1972年1月31日の名著が40年ぶりに復活しました。日本だけでなく海外の地図も含めて、昔から現在とを比較して論じています。神奈川県では横浜駅の変遷や、小田原付近の東海道線などの変遷が興味深い内容でした。
 40年前というと1/25,000の地形図が出始めた頃のようで、そのような記述がしばしば見られます。しかし現在ではインターネットの普及によって地形図自体の需要がかなり減ってきてしまったようです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

ほのエロ記

110909a-book.jpg
[題名]ほのエロ記
[著者]酒井順子
[発行]角川書店
[定価]540円
[発行日]2011/5/25
春のエロ(鶴光-ほのエロはじめの一歩 ほか)/夏のエロ(女性アスリート ほか)/秋のエロ(ダミー・オスカー ほか)/冬のエロ(混浴 ほか)
誰もが一度は体験する胸のときめき、甘酸っぱい記憶…。布団を被ってこっそり聴いた鶴光の「オールナイトニッポン」。落ちていたエロ本を木の枝でめくるもどかしさ。茶の間が一瞬で気まずくなるテレビの入浴シーン、などなど。あったあったと膝を打つ、今となっては、ほのかな、ほのぼのしたエロを徹底研究。思春期に接した懐かしのアイテムから最新グッズまで、日本人が感じるエロティシズムの本質に迫る傑作エッセイ。


今までは「エロ」と言えば男性の特権だったようですが、女性からみた「エロ」とはこのようになるのかなぁ、そして「エロ」とはもう男性の特権では無くなってきているのだなぁということが実感できます。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

アタマひらめき! なぞかけQ

120326b-book.jpg
[題名]アタマひらめき! なぞかけQ
[著者]三遊亭楽生/三遊亭大楽/三遊亭楽市/尾張家はじめ
[発行]新星出版社
[定価]1,050円
[発行日]2010/9/25
なぞかけ1000本で、楽しみながら脳をトレーニング。ビジネス・結婚式に使える実用なぞかけも多数収録。プロの噺家による解説で、なぞかけのコツがつかめる。


「整いました!」で有名になったなぞかけです。なかなか面白いです。引き出しの中身が豊富になりました。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

鉄道地図残念な歴史


[題名]鉄道地図残念な歴史
[著者]所沢秀樹
[発行]筑摩書房
[定価]882円
[発行日]2012/1/10
第1章 「鉄道地図」の拡張と衰退(寂しくなった鉄道地図/ローカル線退治の首謀者、「国鉄再建法」/長大なローカル新線を生んだ、改正「鉄道敷設法」の功罪 ほか)
第2章 官と民と「鉄道地図」(勢力をのばす明治時代の私鉄/官設か私設かで揺れる明治政府の葛藤/明治後期に起こった鉄道地図大統合の変 ほか)
第3章 信条なき「鉄道地図」の行方(私鉄の解体と日本国有鉄道の誕生/北陸鉄道の戦後史にみる時代の趨勢/ついにやってきた「国鉄改革法」と鉄道地図大解体のとき ほか)
赤字路線が生き残り、地方の幹線が分断される。新幹線が通ったせいで、毎日通勤・通学に使う路線がJRではなくなる。鉄道地図に潜む矛盾は、苦悩、迷走、謀略に満ちた歴史から生まれた! 政治家の策略、実業家の野心、官民の対立が渦巻き、線路はかくも歪められる。多数の地図をもとにして、秘められた謎を解き明かす一冊。


この本を読むと、旧国鉄の赤字体質のかなりの部分は政治が影響していることがわかります。採算性を度外視して路線を延ばしていったわけですからね。赤字でも必要な路線もあったのでしょうが、今では赤字ローカル線は存亡の危機に瀕しています。最近では、新幹線が延伸すると並行在来線の存続が話題になっています。鉄道の将来はいったいどうなるのでしょうか?

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

おとなの江戸学入門

120516a-book.jpg
[題名]おとなの江戸学入門 日経おとなのOFF 2012/5月号
[発行]日経BP社
[定価]680円
[発行日]2012/4/6
江戸時代
 人口100万人都市のつくり方
 すべては日本橋に集まった!
 “商都”日本橋の老舗巡り
 江戸時代から愛され続ける理由
 江戸の四季(春は花見、夏は花火、秋は月見、冬は雪見)
 長屋の庶民に学ぶエコ生活
 落語で分かる江戸の名所
 タワーから眺めたような浮世絵師たちの視点の妙
 川跡からたどる江戸の面影
 坂道、低山、富士塚 江戸を感じる名所
 体に優しい“豊かな粗食”江戸めしに学ぼう
 江戸っ子御用達の三大グルメ(うなぎ・てんぷら・握り鮨)
 陸路、水路の十字路 日本橋を錦絵で巡る
明治・大正時代
 江戸から東京に変わる!東京駅誕生の秘密
 辰野金吾が情熱を注いだ 大正の東京駅がよみがえる
 黎明期の鉄道を物語る 赤煉瓦のアーチ探訪
 丸の内歴史建築
 東京文学散歩
昭和時代
 東京タワー誕生秘話
 昭和30年代の東京にタイムスリップ
 昭和を見つける裏道散歩
 昭和が薫るおとなの居酒屋
 東京の名喫茶で昭和の音楽に癒やされる
平成時代
 東京スカイツリーは「和」と「江戸文化」でできている
 東京スカイツリー散歩
 東京スカイツリー お膝元の職人たち
 スカイツリー水路旅
 東京の“タワーの歴史”をアートで振り返る
 懐かしの東京みやげ
 東京手みやげ700年
 新・東京のランドマーク案内
技術や文化の最先端都市・東京。
しかし、一歩横道へ入れば、家康が開府した400年前から現在に至る歴史の足跡が残る。
江戸、明治、大正、昭和、そして平成と、各々の時代に
この町を代表するランドマークがあり、人々の暮らしがあった。
スカイツリー開業で注目が集まる今、東京の歴史をたどる旅に出かけよう。


スカイツリーの開業で注目が集まっていますが、東京の歴史も面白いですね。江戸や明治の名残をみつけに都内へ行くのもいいですね。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

ほんわか 懐かし B級グルメ

120516b-book.jpg
[題名]HO Vol.28 ほんわか 懐かし B級グルメ
[発行]ぷらんとマガジン社
[定価]580円
[発行日]2010/1/25
B級ざんまい
屋台めしをはしご喰い(20軒)
ゆったり、ほっこり駅前食堂(23軒)
おやつの至福(8軒)
[札幌]おひとり様の昼ごはん(11軒)
走るB級グルメ みんなの移動販売車(5軒)
探す楽しみ
市場B級発掘グルメ
さっぽろ朝市(6軒)
場外市場(5軒)
海の駅ぷらっとみなと市場(6軒)

B級グルメ特集も、ついに第三弾となりました。調べれば調べるほど、
突き詰めれば突き詰めるほど、その懐の深さに感動です。
「うちはB級グルメではないので」と取材拒否もありました。
では、B級グルメとは?
わたちたちも、きっちり定義しているわけではありません。
大事なのは、安くて、おいしく、身の丈で楽しめる料理であること。
ただずまい、メニューの意外性、店主のキャラクターなども重要な要素です。
何よりも、ポイントは地域に愛されているか、ということ。
1週間もたつとたまらなく行きたくなる、オヤジの顔が見たくなる。
そんな「自分の店」というとっておき感がでる店は、本物ではないでしょうか。
今回はB級グルメのファイナル特集。原点ともいうべき、屋台、駅前食堂、市場の懐かしい味をお届けします。


札幌にある会社が編集・発行している雑誌です。地元ならではの北海道の情報が満載です。特に駅前食堂は数多く紹介されていて圧巻です。いつか、のんびりと行きたいものです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

ゴーヤ&夕顔 観察記録1

120520goya.jpg
我が家のゴーヤです。
緑のカーテンになるでしょうか?

120520yugao.jpg
こちらは夕顔です。
どんな成長を見せてくれるでしょうか?

麺喰らう旅 第一弾

120516c-book.jpg
[題名]HO Vol.37 麺喰らう旅 第一弾
[発行]ぷらんとマガジン社
[定価]580円
[発行日]2010/10/25
なるほど納得! 「意外な店」の評判ラーメン(18軒)
大盛り、激盛り、まんぷく劇場(9軒)
隠れ家うどん、はぐれラーメン、秘境そば(8軒)
わざわざ食べに行きたい「この一杯」(38軒)

暑い夏もようやく過ぎました。
温かい麺料理が恋しい季節です。そこで、集めました、全道から。
「こんなラーメン」、そば、うどん、スパゲティ、パスタ・・・。
いずれもこだわった素材に、創意あり工夫あり、です。
そこに店主の情熱というスパイスをドカドカと。
旨くないはずがありません。
まるで遠距離恋愛のように、ワクワクしながら訪ねる「麺の旅」。
今週末はどこで「ズズーッ」しますか?


ラーメン屋ではないお店で食べる美味しいラーメン、隠れ家で食べる麺類などの北海道の情報がたくさん詰まっています。見ているだけで、食欲増します!

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

麺喰らう旅 第二弾

120516d-book.jpg
[題名]HO Vol.38 麺喰らう旅 第二弾
[発行]ぷらんとマガジン社
[定価]580円
[発行日]2010/11/24
嗚呼、懐かしの昭和ラーメン(4軒)
湯気の向こうにドラマあり 物語のラーメン店へ(3軒)
北海道四大ご当地ラーメン 初めて物語
  函館ラーメン/札幌ラーメン/旭川ラーメン/釧路ラーメン
「鶏ガラ」よりも「人ガラ」でいい味出してます 店主に会いたい(5軒)
ご当地「名物麺料理」を食べに行く(13軒)
わざわざ行きたい、地元人気の「この一杯」(27軒)
意外な店の評判ラーメン(4軒)
大盛り、激盛り、まんぷく劇場(6軒)
流行の先端を走って行列ができるラーメンもあれば、
もてはやされずともおいしいラーメンもある。
修業を積んだ職人が作るラーメン、素人が始めたおばちゃんのラーメン。
それも、これもラーメンである。
旨い麺料理はラーメンだけではない。
北海道は全国一のそば生産地。そば好きにとってもうれしい土地なのだ。
うどんの名店もある。地元の小麦を使ったパスタの逸品もある。
麺が恋しいど真ん中の季節です。
存分に「麺の旅」と楽しんでください。


麺喰らう旅の第二弾です。北海道は広いですね。全道からいろいろなお店の情報が入っています。行きたいお店がたくさんありすぎて、困っちゃいますね。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

発掘! 路地裏B級グルメ

120516e-book.jpg
[題名]HO Vol.39 発掘! 路地裏B級グルメ
[発行]ぷらんとマガジン社
[定価]580円
[発行日]2010/12/24
路地裏の評判店
 札幌(22軒)
 函館(5軒)
 室蘭(2軒)
 小樽(7軒)
 江別(1軒)
 旭川(5軒)
 帯広(1軒)
 釧路(1軒)
 北見(3軒)
オンナの路地裏はしご酒(2軒)
ローカル線で路地裏巡り in美唄(4軒)
あの頃の街角へ・帯広(4軒)

通り一帯に漂う焼き鳥の香ばしい香り。
暖簾越しに聞こえる常連客の笑い声。
スナックのドアを突き抜けるカラオケの歌声。
空間のひだ、奥行き、深み・・・。
時空のひずみのような場所で、路地の磁場に引き寄せられるようにさまよい歩き。
表通りから一本入っただけで、がらりと変わる風景は、
どこか懐かしく、ちょっぴり切ない。
路地裏には、小さいけれど魅力的な店が多い。
路地裏の店は、客とのコミュニケーションが強い。
分かりにくい場所だからこそ、本物の価値が問われる。
いつの時代にも、通には通の情報が求められている。
それは実は、路地の奥にあるものなのかも知れない。


表通りの店は、数多くの人の目に触れるため、一見の観光客を始めとしてそこそこのお客さんがあるのが常ですが、路地裏はそうは行きません。そんな路地裏のお店の情報が全道から集まっています。江別や北見や美唄まで! さすがは地元の会社の強みです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

レトロカワイイ昭和案内

120516f-book.jpg
[題名]HO Vol.41 レトロカワイイ昭和案内
[発行]ぷらんとマガジン社
[定価]580円
[発行日]2011/2/25
いま、そこにある昭和を愉しむ
 宿(1軒)、銭湯(1軒)、映画館(2軒)、書店(1軒)、
 学校(1軒)、商店街(1軒)、ギャラリー(6軒)
 玩具(1軒)、雑貨・アンティーク(4軒)、駄菓子(3軒)、
 洋食店(3軒)、食堂・居酒屋(10軒)、古民家カフェ(5軒)、
 純喫茶(2軒)、喫茶店(5軒)、おやつ(8軒)、
 ライブハウス(3軒)

六十四年にわたる昭和は、戦争、敗戦、どん底経済から
右肩上がりの高度成長、そしてイケイケドンドンのバブル期と、
世の中がダイナミックにはじけた時代でもあった。
終身雇用の定着で一億総中流意識が芽生え、誰もが「昭和元禄」を大いに満喫した。
異国の生活様式や食文化を取り込む中で人々の暮らしも大きく変わり、
昭和ならではのライフスタイルやファッションが生まれた。
昭和という時代が終わって22年。
少し前のように思えて、遠い昔の記憶のようにも思える。
懐かしいのに、新しい。
そんな昭和風情にどっぷりと浸かってみませんか?


「昭和」ですね。確かに懐かしいです。でも、平成生まれの人が社会に出てきている時代です。これからドンドン世の中が変わっていくことでしょう。いつもでも懐かしい昭和が、街のどこかに残っていて欲しいものです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

旅と鉄道 2012/7月号

120826e-book.jpeg
[題名]旅と鉄道 2012/7月号
[発行]朝日新聞社
[定価]980円
[発行日]2012/5/21
巻頭特集 片道きっぷの魔力
  1.稚内から指宿まで、どんこうにっぽん縦断5641km
     北海道を縦横無尽。いざ、本州へ。
     大河に寄り添い、上信越の山裾を走る。
     金沢から南下して、紀伊、そして山陰・山陽へ。
     広島から四国、九州へ渡り、南端の枕崎へ。
  2.18キッパーのための最長片道きっぷ大研究
     最長片道きっぷの変遷
第2特集 旅のSTYLE BOOK
鉄道写真劇場 もうもうと黒煙をなびかせ、力いっぱいの走りを見せるC57 1

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

家庭菜園1

全体
家庭菜園でいろいろな作物を植えてみました。
全く不慣れですが、どうなるでしょうか?

ナス
ナスは小さな身がついています。

キュウリ
キュウリは黄色い花が咲きました。

ピーマン
これはピーマンです。そのはずです(笑)。

トマト
こちらはトマトです。トマトがなるはずです(笑)。

ゴーヤ&夕顔2

120526a.jpg
ゴーヤが伸びて、ツルがポールを巻いています。

120526b.jpg
これは夕顔。こちらもツルがポールを巻いています。

成長が楽しみです。

薔薇

バラ
近所に住んでいる妻の友人から薔薇の花をいただきました。
本人が丹精込めてガーデニングで咲かせたものなのです。
本当にありがとうございました。

家庭菜園2

キュウリ2
キュウリ

トマト2
トマト

ナス2
ナス

ピーマン2
ピーマン

里芋2
里芋

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター