チーム


[題名]チーム
[著者]堂場瞬一
[発行]実業之日本社
[定価]720円
[発行日]2011/9/1
箱根駅伝出場を逃がした大学のなかから、予選で好タイムを出した選手が選ばれる混成チーム「学連選抜」。究極のチームスポーツといわれる駅伝で、いわば“敗者の寄せ集め”の選抜メンバーは、何のために襷をつなぐのか。東京〜箱根間往復217.9kmの勝負の行方はー選手たちの葛藤と激走を描ききったスポーツ小説の金字塔。巻末に、中村秀昭(TBSスポーツアナウンサー)との対談を収録。


新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
さて、この本は、箱根駅伝に出場する“学連選抜”を題材にした物語です。混成チームならではの悩みとチャレンジ。感動のスポーツ小説です。

今年は母校が予選会で負けてしまい出場できません。学連選抜を応援しましょうか。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

風が強く吹いている

121106-book.jpeg
[題名]風が強く吹いている
[著者]三浦しをん
[発行]新潮社
[定価]882円
[発行日]2009/7/1
寛政大学4年の清瀬灰二は肌寒い三月、類まれな「走り」で夜道を駆け抜けていく蔵原走に出くわし、下宿の竹青荘に半ば強引に住まわせる。清瀬には「夢と野望」があった。もう一度、走りたい、駅伝の最高峰、箱根駅伝に出て、自分の追求する走りを見せたい。その「夢と野望」を「現実」にするにはあと一年しかない。そしていま強力な牽引者が彼の目の前に現れたのだ。竹青荘は特異な才能に恵まれた男子学生の巣窟だった。清瀬は彼らを脅しすかし、奮い立たせ、「箱根」に挑む。たった十人で。蔵原の屈折や過去、住人の身体能力と精神力の限界など、壁と障害が立ちはだかるなか、果たして彼らは「あの山」の頂きにたどりつけるのか。


昨日に続いて箱根駅伝関連です。

「背中を押してもらえた作品」第一位ということが帯に書いてありますが、この帯に惹かれたわけではなく、箱根駅伝を題材にした堂場瞬一作の「チーム」を読んでから、同じテーマの本として読みました。よく取材して書かれています。設定に多少は無理があるものの、箱根の一区から十区までの特徴とランナーの個性などをうまく組み合わせています。

 さて今年の箱根駅伝はどの大学が優勝するのでしょうか? そしてシード校争いは?

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

ロスト・トレイン


[題名]ロスト・トレイン
[著者]中村 弦
[発行]新潮社
[定価]620円
[発行日]2012/5/1
奥多摩の廃線跡を訪ねた牧村は、鉄道マニアの平間老人と出会い、世代を超えて酒を酌み交わす仲に。だが、「まぼろしの廃線跡」の話をしてほどなく、老人は消息を絶ってしまう。テツ仲間という菜月と共に行方を追うなか、浮上する「キリコノモリ」。その言葉を手がかりに東北へと向かう二人の前で、ある列車が動き出したとき、全ての謎が解けていくのだー旅への郷愁を誘う青春小説。


正真正銘のファンタジーです。こんな廃線跡があったなら、すぐにでも駆けつけていきたいものです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

九州・中国紀行27:唐津線・筑肥線(西線)

(2007年の旅です)

 食事を終えて佐賀駅に戻ります。今度は唐津線西唐津駅行きの2両セミクロスワンマン列車に乗り換えます。東多久駅・中多久駅・多久駅と多久とつく駅が“たく”さんあります(笑)。多久駅を過ぎてしばらくすると峠を越えたようです。山本駅で下車し、筑肥線に乗り換えます。

kyuchu270.jpg
9月20日の行程

kyuchu271.jpg kyuchu272.jpg
西唐津行き列車

kyuchu273.jpg kyuchu274.jpg
車窓

 山本駅で伊万里行き(1両セミクロスワンマン、トイレあり)に乗り換えます。筑肥線は、路線の変更があったために、姪浜駅~唐津駅の通称“筑肥東線(42.6km)”と、この山本駅~伊万里駅の通称“筑肥西線(25.7km)”に分断されてしまいました。木造の駅舎は涼しげに見えますが、実はうだるような暑さなのです。

kyuchu275.jpg kyuchu276.jpg
山本駅

kyuchu277.jpg kyuchu278.jpg
伊万里行き列車

 山本駅を出て、一旦東側へそれてから、唐津線を乗り越えるようにして(オーバークロス)、西側へと進みます。そこからは由緒正しき山里のような景色の中を伊万里に向かいます。

kyuchu279.jpg
唐津線をオーバークロス

kyuchu2791.jpg
車窓

 伊万里駅に到着しました。焼き物の町だけのことはあり、なんと駅名標が陶器製でした。伊万里駅では、松浦鉄道伊万里駅との間に道路があるために、松浦鉄道に乗り換えるには、一度2階に上がってから向こう側にわたり、そして1階におりなければいけないようですが、多くの人は道路を渡っていました。松浦鉄道の佐世保行きと有田行き列車が停車していました。

kyuchu2792.jpg kyuchu2793.jpg
JR伊万里駅

kyuchu2794.jpg kyuchu2795.jpg
松浦鉄道佐世保行き列車 ◇ 松浦鉄道有田行き列車

 今度は伊万里駅から唐津行きに乗り換えます。といっても、今乗ってきた車両が折り返すだけです。金石原駅で下車したおじいさんが帽子を車内に忘れたことに、私が気付き、運転手さんに声をかけて車外まで届けました。ホッとして車内に戻ると、そのおじいさんは手ぬぐいも忘れている! また運転手さんに断り、ダッシュでおじいさんのもとに届けました。あぁ疲れましたが、こんなことができるのもローカル線ならではのことでしょう。

kyuchu2796.jpg kyuchu2797.jpg
車窓

 山本駅からは下校の高校生が大量に乗車してきました。そして列車は松浦川に沿って唐津市内に進んでいきます。

kyuchu2798.jpg
車窓(松浦川)

 唐津駅からは、筑肥東線を走ってきた3両ロングワンマン列車に乗り換え西唐津駅へ向かいます。市街地の向こうに唐津城が見えます。西唐津で唐津線完乗となりました。

kyuchu2799.jpg
唐津駅名標

kyuchu27991.jpg kyuchu27992.jpg
西唐津行き列車

唐津線【佐賀13:10~14:05山本】普通
筑肥線【山本14:12~14:51伊万里】普通
筑肥線【伊万里15:18~16:09唐津】普通
唐津線【唐津16:23~16:26西唐津】普通 [唐津線完乗]

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

プロ野球「衝撃の昭和史」


[題名]プロ野球「衝撃の昭和史」
[著者]二宮清純
[発行]文藝春秋
[定価]788円
[発行日]2012/10/20
江夏の二十一球は十四球のはずだった
沢村栄治、戦場に消えた巨人への恩讐
天覧試合、広岡が演出した長嶋の本塁打
初めて明かされる「大杉のホームランの真相」
江川の投じた最速の一球
宿敵阪急を破った野村野球の原点
遺恨試合オリオンズvs.ライオンズ、カネやん大乱闘の仕掛け人
落合博満に打撃の師匠がいた
ジャイアント馬場は好投手だった
打倒王貞治「背面投げ」の誕生
三連勝四連敗、近鉄加藤「巨人はロッテより弱い」発言の真相
「清原バット投げ事件」の伏線
数々のドラマに彩られた昭和のプロ野球。江夏の21球は球史に残る名勝負として称えられ、巨人の大エース沢村の名は今も褪せることがないー。だが、その舞台裏には、これまで明かされることのなかった新事実が埋もれていた。


野球ファン必見です。相当に面白い本です。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

九州・中国紀行28:筑肥線(東線)・博多南線・一竜@博多

(2007年の旅です)

kyuchu280.jpg
9月20日の行程

kyuchu281.jpg kyuchu282.jpg
西唐津駅

kyuchu283.jpg
筑前前原行き列車

 折り返す列車に乗り、博多方面へ向かいます。唐津駅から高校生が大量に乗車してきました。東唐津駅からは海沿いを走るようになり、きれいな唐津湾を望むことができます。

kyuchu284.jpg kyuchu285.jpg
車窓

 筑前前原駅では2分で福岡空港行きに乗り換えます。同じホームの反対側なので2分でも余裕です。筑肥線は姪浜駅までで、そこから先は福岡市地下鉄になるります。姪浜駅で筑肥線完乗です。

 博多駅からは、一番安く新幹線車両に乗れるという博多南線に乗ります。これは山陽新幹線の延長なのでJR九州ではなくJR西日本の管轄です。そのため周遊きっぷでは利用できず、別途運賃を支払います。10分間とはいえ、新幹線車両に乗ることができるのにもかかわらず、わずか290円です。

kyuchu286.jpg kyuchu287.jpg
博多南行き表示 ◇ きっぷ

kyuchu288.jpg kyuchu289.jpg
博多南駅 ◇ 博多行き

 すぐさま博多に戻り、Yodobashi Hakataのレストラン街にある“しばらく”へ行こうとしたら、お店が“一竜”に変わっていました。他のお店に行くのも疲れるし、一竜でとんこつラーメンを食べてホテルにチェックインしました。今日のホテルは、東横イン博多口駅前です。

kyuchu2891.jpg kyuchu2892.jpg
ラーメン@一竜

筑肥線【西唐津16:36~17:24筑前前原】普通
筑肥線・福岡市地下鉄【筑前前原17:26~18:06博多】普通 [筑肥線完乗] 姪浜~博多 290円
博多南線【博多18:22~18:32博多南】 290円 [博多南線完乗](運賃 190円 + 特定特急券 100円)
博多南線【博多南19:07~19:17】 290円(運賃 190円 + 特定特急券 100円)

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

笑いのセンス 日本語レトリックの発想と表現


[題名]笑いのセンス 日本語レトリックの発想と表現
[著者]中村 明
[発行]岩波書店
[定価]1,302円
[発行日]2011/10/14
第1章 笑いをめぐる理論
第2章 笑いのレトリック
第3章 笑いの文学史
第4章 ユーモアの文体論
川柳、落語、漫才、小説を題材にして、言語表現が生み出す笑いのメカニズムを、レトリック論の立場から明快に分析し、ユーモラスに解説する。「何を笑うかでセンスがわかる。問われているのはまるごとの人間なのだ」(「あとがき」)と考える著者が、コミカルな笑いからしみじみとしたユーモアまで多彩な文例を選び、笑いを誘う勘どころと「笑いのセンス」を縦横無尽に語る。


笑いについてまじめにそして多角的にとりあげた本です。奥が深いですねぇ。だけど普段笑う時にはそこまで考えていないような気もします。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

九州・中国紀行29:鹿児島本線3

(2007年の旅です)

kyuchu291.jpg
9月21日の行程

 周遊きっぷの有効期間も今日が最後です。そして最後を飾るべく、一番乗り換えの多い日なのです。せっかく博多へ来たので朝からラーメンです(笑)。
 
kyuchu292.jpg kyuchu293.jpg
ラーメン@まるうま

 博多からは、まず特急ハウステンボスで二日市駅まで行きます。何度も繰り返しますが、周遊きっぷらしい乗り方です。博多駅を出発する特急ハウステンボスは、長崎行きの特急かもめと、佐世保行きの特急みどりと併結されています。

kyuchu294.jpg kyuchu295.jpg

kyuchu297.jpg kyuchu298.jpg

kyuchu296.jpg
特急ハウステンボス

 二日市駅は太宰府天満宮の最寄り駅なので、駅名標も鳥居の形をしています。二日市からは3両転換クロスの荒木行きに乗り換えます。博多方面から来たこの列車は8両編成でしたが、後ろの5両は切り離されてまた博多に引き返すようです。JR九州ではこのような列車の連結や切り離しが多い印象があります。

kyuchu299.jpg kyuchu2991.jpg
二日市駅(太宰府天満宮案内)

kyuchu2992.jpg kyuchu2994.jpg

kyuchu2993.jpg
荒木行き列車

鹿児島本線【博多08:25~08:39二日市】特急ハウステンボス3号
鹿児島本線【二日市08:49~08:55原田】普通

 原田駅に着きました。ここから筑豊本線に乗り換えます。九州では「原」は“はる”と発音することが多く、“はらだ”ではなく“はるだ”と読みます。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

コンビニたそがれ堂

121205c-book.jpg
[題名]コンビニたそがれ堂
[著者]村山早紀
[発行]ポプラ社
[定価]567円
[発行日]2012/6/3
コンビニたそがれ堂
手をつないで
桜の声
あんず
あるテレビの物語
駅前商店街のはずれ、赤い鳥居が並んでいるあたりに、夕暮れになるとあらわれる不思議なコンビニ「たそがれ堂」。大事な探しものがある人は、必ずここで見つけられるという。今日、その扉をくぐるのは…? 慌しく過ぎていく毎日の中で、誰もが覚えのある戸惑いや痛み、矛盾や切なさ。それらすべてをやわらかく受け止めて、昇華させてくれる5つの物語。


欲しいものがなんでも手に入るコンビニを中心とした物語です。とは言っても物質欲を満たすのではなく、心を温めてくれるものが手に入るのです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

カラット探偵事務所の事件簿1

121121b-book.jpeg
[題名]カラット探偵事務所の事件簿1
[著者]乾 くるみ
[発行]PHP研究所
[定価]680円
[発行日]2011/5/20
卵消失事件
三本の矢
兎の暗号
別荘写真事件
怪文書事件
三つの時計
謎解きだけを専門に扱う探偵事務所に持ち込まれた六つの事件を、探偵・古谷が鮮やかに解決!メールのやりとりから夫の浮気をあぶり出す「卵消失事件」、三つの和歌からお宝を掘り当てる「兎の暗号」、差出人不明の手紙から父の居場所を見つけ出す「別荘写真事件」など、『イニシエーション・ラブ』『リピート』で大反響を巻き起こし、練達の愛好家を唸らせつづける著者の連作短篇集、待望の文庫化。


 いろいろなトリックや謎が隠されています。そしてそれを解決するのですが、その筋道が楽しいのです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

九州・中国紀行30:筑豊本線

(2007年の旅です)

 原田(はるだ)駅から筑豊本線に乗り換えます。筑豊本線は本線と行ってもローカル線で、特に原田駅~桂川(けいせん)駅間は1日わずか7本しか列車が走っていない閑散区間です。この区間を通称“原田線”とも呼んでいます。単線非電化の筑豊本線のホームにはすでに9時19分発の列車(1両転換セミクロスワンマン)が入線していましたがドアが開いていません。この暑さの中、先に乗車させてくれてもよいのではないでしょうか? しばらくしてからエアコンの利いた休憩室から運転手が出てきて、ゆっくりゆっくりこちらに向かって来ました。やっと乗車できます。しかし、車内のエアコンは効き過ぎていて、寒いくらいです。

kyuchu300.jpg
9月21日の行程

kyuchu301.jpg kyuchu302.jpg
原田駅

kyuchu303.jpg kyuchu304.jpg
桂川行き列車  ◇ 車窓

 のどかな山あいをのんびり走って桂川駅に到着しました。跨線橋を渡り乗り換えです。ここからは電化・複線であり、今までと様子が違い近代的な路線となります。門司港行きの4両転換クロス車両であり、車掌もいます。この博多駅~桂川駅~直方駅~折尾駅~黒崎駅を通称“福北ゆたか線”と呼んでいます。

kyuchu305.jpg
桂川駅名標

kyuchu306.jpg kyuchu307.jpg

kyuchu308.jpg
門司港行き列車

 直方駅で後ろの2両を切り離し、2両編成となります。車掌もおりてここからはワンマンです。折尾駅で下車しましたが、折尾駅舎から約150m離れている場所に停車しました。これは、筑豊本線から鹿児島本線に乗り入れる列車のみの特別なホームなのです。そのため少し歩いて折尾駅に向かわねばなりません。人の流れに乗って折尾駅舎に向かいます。折尾駅は秋葉原駅のようにクロス型のホームで2階建てになっています。今度はここから若松駅へ向かいます。

kyuchu309.jpg
折尾駅名標(乗り入れ専用ホーム)

kyuchu3091.jpg
折尾駅舎

 若松行きの列車は2両セミクロスで、複線だが非電化区間です。折尾駅を出発すると、たちまちに若松駅に着き、筑豊本線完乗です。若松駅からは若戸大橋の橋脚がちょこっと見えます。

kyuchu3092.jpg
若松行き列車

kyuchu3093.jpg kyuchu3094.jpg
若松駅

kyuchu3095.jpg
若戸大橋

 折り返しの列車で折尾へ戻りましょう。

筑豊本線【原田09:19~09:47桂川】普通
筑豊本線【桂川09:50~10:41折尾】普通
筑豊本線【折尾10:50~11:08若松】普通 [筑豊本線完乗]
筑豊本線【若松11:15~11:33折尾】普通

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

カラット探偵事務所の事件簿2

121231-book.jpg
[題名]カラット探偵事務所の事件簿2
[著者]乾 くるみ
[発行]PHP研究所
[定価]680円
[発行日]2012/8/1
小麦色の誘惑/昇降機の密室/車は急に…/幻の深海生物/山師の風景画/一子相伝の味/つきまとう男
“あなたの頭を悩ます謎を、カラッと解決いたします”-閑古鳥の啼く「謎解き専門」の探偵事務所に持ち込まれた七つの事件を、探偵・古谷が鮮やかに解決!密室状態の事務所から盗まれたあるものを見つけ出す「昇降機の密室」、駐車場の追突事件の真相を暴く「車は急に…」、急死した父親が残した秘伝のたれのレシピを探す「一子相伝の味」など、ミステリの名手による連作短篇集。待望のシリーズ第二弾。


このシリーズは気楽に読めて楽しいですね。第三弾が待ち遠しいです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

九州・中国紀行31:香椎線

(2007年の旅です)

kyuchu310.jpg
9月21日の行程

kyuchu311.jpg kyuchu312.jpg
折尾駅(少し複雑)

 折尾からは鹿児島本線の大牟田行き快速(7両転換クロス)に乗り香椎駅を目指します。乗った快速は途中から3分遅れになりました。次の香椎駅では元々6分の乗り換え時間しかありませんが、このままでは3分くらいに短くなりそうです。列車が1本遅れると、大幅に予定が狂うので、何とか予定通りに乗り換えをしたいものです。車掌さんに尋ねると特に連絡はしていませんが、急げば乗り換えられるでしょうという、心許ない答えでした。

kyuchu313.jpg
香椎駅名標

kyuchu314.jpg
鹿児島本線をオーバークロス

 階段を走って予定通りの列車(2両セミクロスワンマン)に乗り換えできまし。香椎駅を出ると、鹿児島本線を跨ぎながら海の中道を西に向かいます。

kyuchu315.jpg kyuchu316.jpg
海の中道駅 ◇ 車窓

kyuchu317.jpg kyuchu318.jpg

kyuchu319.jpg
西戸崎駅

kyuchu3191.jpg
駅から博多湾を望む

 折り返す列車で、今度は香椎線の反対側の終着駅である宇美(うみ)駅に向かいます。西戸崎駅は海のそばにありましたが、宇美駅は“海”ではなく内陸部にあります。宇美八幡宮の最寄り駅である宇美駅に到着し、香椎線も完乗となりました。

kyuchu3192.jpg kyuchu3193.jpg

kyuchu3194.jpg
宇美行き列車

kyuchu3195.jpg kyuchu3196.jpg

kyuchu3197.jpg
宇美駅

 お腹が空いてきたので、宇美駅前のお店でたこ焼きを買い、車内で食べました。列車旅では、ゆっくりと食事をとる時間のないことも多くなります。

kyuchu3198.jpg
たこ焼き

鹿児島本線【折尾11:38~12:18香椎】快速
香椎線【香椎12:21~12:44西戸崎】普通
香椎線【西戸崎12:53~13:53宇美】普通 [香椎線完乗]

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

「初恋の湯」殺人事件

120804b-book.jpeg
[題名]「初恋の湯」殺人事件
[著者]吉村達也
[発行]講談社
[定価]610円
[発行日]2011/5/13
初恋の思い出を綴るイベントに参加したのを機に、島崎藤村ゆかりの小諸の温泉に出かけた志垣警部が、謎めいた殺人に遭遇!多数のりんごを浮かべた風呂に青年が沈み、嫌疑はふたごの姉妹にかけられた。事件を担当する杉山優花刑事は出産退職まであと6日。奮闘する彼女を助けるため、志垣が立ち上がる。


西洋リンゴと和リンゴがあるとは知りませんでした。そしてそれに絡んだいくつかのトリック。自分が犯人だと思ってしまう関係者が複数いることの心理的背景などは興味深いです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

九州・中国紀行32:篠栗線・後藤寺線・日田彦山線・魁龍@小倉

(2007年の旅です)

 また折り返す列車で篠栗(ささぐり)線の乗換駅である長者原(ちょうじゃばる)駅で下車します。そしてわずか2分の乗り換え時間で博多行き列車(2両転換クロス)に乗り換えです。

kyuchu320.jpg
9月21日の行程

kyuchu321.jpg
長者原駅名標

kyuchu322.jpg
博多行き列車

 吉塚駅では反対側ホームの電車に乗り換えるので、わずか1分ですが可能なのです。

kyuchu323.jpg
新飯塚駅名標

kyuchu324.jpg kyuchu326.jpg

kyuchu325.jpg
田川後藤寺行き列車

 新飯塚駅では20分の余裕があります。次の15時43分着の列車でも間にあるのですが、平日のこの時間帯は高校生が多いので、座席確保のために早めに到着したかったのです。これで篠栗線も完乗となりました。
 1両転換クロス(1+2列タイプ)ワンマンは、予想通りに43分着の列車からの大量の高校生の乗車で立ち客がでるようになりました。

 田川後藤寺駅に着き、日田彦山線ホームへ移動しようと、跨線橋を渡ると思い掛けない場面に遭遇しました。跨線橋の通路で高校生が堂々とタバコを吸っているのです。それも20人!くらい。女子高生も5人くらい混ざっていました。私は一人で注意することもできませんでした。日田彦山線のホームの端でタバコを吸っている高校生もいました。いったいどうなっているのだろう。いずれにしても後藤寺線も完乗しました。

 日田彦山線の2両クロスシートワンマン、トイレ付きの列車がやって来ました。行き先は日田です。この列車に乗って夜明駅まで行くのです。

kyuchu327.jpg kyuchu328.jpg
田川後藤寺駅名標 ◇ 車両

kyuchu329.jpg kyuchu3291.jpg
車窓 ◇ 筑前岩屋駅

kyuchu3292.jpg kyuchu3293.jpg
車窓 ◇ 宝珠山駅名標

 高校生は添田駅まででほとんどいなくなりました。長いトンネルを抜けると筑前岩屋駅でした。宝珠山駅は、九州で唯一県境にホームがある駅だそうです。やがて夜明駅に到着しました。

kyuchu3294.jpg kyuchu3295.jpg

kyuchu3296.jpg kyuchu3297.jpg
夜明駅

kyuchu3298.jpg
待ち合わせていた久留米行き普通列車

 帰りは約2時間かけて小倉まで行きます。日が暮れており周囲は見えないのが残念ですが、小倉駅到着で、JR九州完全制覇となりました。その足で魁龍へ行き、呼び戻し製法でのこってりとした美味しい豚骨ラーメンを食べて、今日のホテルである東横イン小倉南口へチェックインしました。

kyuchu3299.jpg kyuchu32991.jpg
ラーメン@魁龍

香椎線【宇美14:07~14:21長者原】普通
篠栗線【長者原14:23~14:35吉塚】普通
篠栗線【吉塚14:36~15:26新飯塚】普通 [篠栗線完乗]
後藤寺線【新飯塚15:46~16:08田川後藤寺】普通 [後藤寺線完乗]
日田彦山線【田川後藤寺16:23~17:19夜明】普通
日田彦山線【夜明17:45~19:41小倉】普通 [日田彦山線完乗]

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

セクシィ古文


[題名]セクシィ古文
[著者]田中貴子・田中圭一
[発行]メディアファクトリー
[定価]756円
[発行日]2012/5/15
第1章 すごいアソコ!
第2章 同性愛もOK、OK!
第3章 ひとりエッチ
第4章 THE・変態!
第5章 普通のセックス?
格調が高くて難解、というイメージが強い「古文」だが、本当は大胆な性描写に彩られた、まことに淫靡な世界だった!気鋭の国文学者・田中貴子が『源氏物語』や『宇治拾遺物語』など著名な古典から、あっと驚く24場面を厳選して紹介。奇才・田中圭一による斬新な現代語訳コミックと合わせて、エキサイティングに解説していく。知的で、エロティックで、抜群に面白い「古文」入門。


 なんとセクシィな古文の本です。読むと恥ずかしいくらいエロチックな描写が続きます。こんな柔らかな内容を、学生時代に習っていたら、古文が大好きな学生が増えていたことでしょう(笑)

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

九州・中国紀行33:山陰本線1

(2007年の旅です)

 周遊きっぷの九州ゾーン券も昨日で有効期間が切れ、今日からは<かえり券>を行使します。<かえり券>は、北九州市内~下関~(山陰本線)~益田~(山口線)~新山口~横浜市内であり、2割引きで11,540円となります。

kyuchu331.jpg
9月22~23日の行程

kyuchu332.jpg
周遊きっぷ(かえり)

 昨夜、魁龍へ行ったときに気になっていた資さんうどんで朝食にかしわうどんを食べました。

kyuchu333.jpg kyuchu334.jpg
かしわうどん@資さん

 今朝は、もっとゆっくり出来るのですが、間が持たないので予定より早い列車で下関へ向かいましょう。

kyuchu335.jpg
小倉駅

 下関駅に着いてから、時間がたっぷりあるので、駅周囲を散策します。日本最大級の大聖堂がある下関の結婚式場、セント・ヴァレンタインの建物は立派でした。思わず吸い込まれるように中に入りましたが、バックパックの身には場違いな感じで、すぐに退散しました。

kyuchu336.jpg kyuchu337.jpg
下関駅名標 ◇ 金子みすゞ駅名標

kyuchu338.jpg kyuchu339.jpg
セント・ヴァレンタイン ◇ ふぐの日時計

 駅の喫茶店で時間をつぶしたあと、観光列車の快速みすゞ潮彩1号に乗るべく改札を入りました。長門市で生まれた童謡詩人の金子みすゞの名前を冠した列車です。終点の仙崎には金子みすゞ記念館もあります。

(注)東日本大震災の後のテレビCMで金子みすゞはすっかり有名になりました。

kyuchu3391.jpg kyuchu3392.jpg
快速みすゞ潮彩

kyuchu3393.jpg
みすゞ潮彩列車(記念下敷きから)

kyuchu3394.jpg
記念スタンプ

 さすが観光列車だけあり、指定席の座席はすべて海側を向いています。車体や窓枠も個性的で見ているだけで楽しくなります。綾羅木駅からは団体が乗ってきて指定席は満席となりました。家族連れも多いのです。

kyuchu3395.jpg kyuchu3396.jpg

kyuchu3397.jpg kyuchu3398.jpg

kyuchu3399.jpg kyuchu33991.jpg
車窓

 この観光列車は、日本海がよく見えるビュースポットでは約3分間停車して、ゆっくりと景色を見せてくれます。海の素晴らしい景色に感動したり、家族連れの写真を撮ってあげたり、車内で行われた金子みすゞの紙芝居を見たりして過しているとアッという間に終点の仙崎駅に到着となりました。

kyuchu33992.jpg kyuchu33993.jpg
仙崎駅

kyuchu33994.jpg kyuchu33995.jpg
車両@仙崎駅

 仙崎駅からは、折り返しの快速みすゞ潮彩2号の自由席で長門市まで戻ります。

鹿児島本線【小倉09:12~09:25下関】普通
山陰本線【下関10:40~12:44仙崎】快速みすゞ潮彩1号  指定券 510円 長門市~仙崎 140円
山陰本線【仙崎12:50~12:54長門市】快速みすゞ潮彩2号 自由席 仙崎~厚狭 820円

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

からくり民主主義


[題名]からくり民主主義
[著者]高橋秀実
[発行]新潮社
[定価]620円
[発行日]2009/12/1
国民の声-クレームの愉しみ
自分で考える人びと-統一教会とマインドコントロール
忘れがたきふるさと-世界遺産観光
みんなのエコロジー-諌早湾干拓問題
ガリバーの王国-上九一色村オウム反対運動
反対の賛成なのだ-沖縄米軍基地問題
危険な日常-若狭湾原発銀座、など
賛否入り乱れる基地問題!「反対」で生計を立てている人もいて、ことはそう単純ではありません。民(みんな)が主役の民主主義は、でも実際に現地を訪れると、その「みんな」が意外と見つからないのです。「世論」、「国民感情」、「国民の声」の主は誰か?米軍基地問題、諌早湾干拓問題、若狭湾原発問題-日本の様様な困った問題の根っこを見極めようと悪戦苦闘する、ヒデミネ式ルポ。


2002年に単行本として出版され、2009年に文庫化されました。メディアというフィルターを通した情報ではなく、足でかせいだ当事者や現地の人々の生の声が伝わってきます。様々な社会問題もそんなに単純ではないのですね。沖縄の米軍基地問題や、東日本大震災以来盛んに報道されている原発問題(ここでは若狭湾の原発)の章を読むと、そのことがよく認識されます。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

九州・中国紀行34:美祢線・山陰本線2

(2007年の旅です)

kyuchu340.jpg
9月22~23日の行程

kyuchu341.jpg
長門市駅名標

kyuchu342.jpg
厚狭(あさ)行き列車

 長門市からは美祢線の1両ロングワンマンに乗り換えます。渋木駅を出ると徐々に登りとなりやがて峠を越えます。渋木駅から次の於福駅までの駅間距離は10kmもあります。厚保(あつ)駅あたりから少し雨が降ってきました。厚狭駅についてもまだ小雨が続いています。

kyuchu343.jpg
厚狭駅名標

kyuchu344.jpg
仙崎行き列車(折り返し)

 折り返す列車に乗り、厚狭駅出発の頃になったら雨が止んできました。

kyuchu345.jpg
車窓

 長門湯本駅で大量に下車しました。2分の遅延となりましたが、長門市では同じホームでの乗り換えだったので1分の接続時間でも問題はありません。

kyuchu346.jpg
益田行き車両

 山陰本線は海の見える区間が多いのです。観光列車でなくても、変化のある海の景色を満喫できます。

kyuchu347.jpg kyuchu348.jpg

kyuchu349.jpg kyuchu3491.jpg

kyuchu3492.jpg kyuchu3493.jpg

kyuchu3494.jpg
車窓

 益田駅に到着しました。考えてみれば今日は朝からかしわうどんしか食べていないので、お腹が空いてきました。駅前に出てみると左手に大阪王将という看板が目に入ったので入りました。ラーメンと餃子を食べて空腹を満たしました。

kyuchu3495.jpg kyuchu3496.jpg
益田駅

kyuchu3497.jpg kyuchu3498.jpg
ラーメン&餃子

 出雲市行きの列車(1両セミクロスワンマン)で浜田駅を目指します。やはり高校生の乗客が多いようです。こちらの高校生は田川後藤寺駅の高校生に比べると行儀ははるかによいです。今日のホテルは、島根浜田ワシントンプラザホテルです。

kyuchu3499.jpg
出雲市行き列車

kyuchu34991.jpg
浜田駅名標

美祢線【長門市13:13~14:18厚狭】普通 [美祢線完乗]
美祢線【厚狭14:26~15:33長門市】普通
山陰本線【長門市15:36~17:26益田】普通
山陰本線【益田18:04~19:06浜田】普通 [山陰本線完乗] 益田~浜田 740円

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

九州・中国紀行35:山口線

(2007年の旅です)

 さて長旅も終焉を迎える時が来ました。浜田駅からは当初は特急スーパーおき1号で一気に新山口駅に行こうとしていましたが、昨日みた海の景色をもう一度ゆっくりと見たくなり、普通列車(2両セミクロスワンマン)で益田駅まで行くことにしました。

kyuchu350.jpg kyuchu351.jpg
9月22~23日の行程 ◇ 浜田駅舎

kyuchu352.jpg kyuchu353.jpg
益田行き列車

 海岸はミニリアス式海岸のように、木立があったと思うとトンネルであり、海が見え、またトンネルというように変化に富んでいて楽しい。

kyuchu354.jpg kyuchu355.jpg

kyuchu356.jpg
車窓

 益田駅からの普通列車は約3時間後なので、特急スーパーおき1号を利用しました。

kyuchu357.jpg kyuchu358.jpg
日原駅 ◇ 転車台@津和野

 岩日線のレールが延びてくるはずだった日原駅からは、山口県内最高峰の安蔵寺山へのハイキングコースがあるようです。津和野駅には転車台があります。これがあるからこそ、SLやまぐち号が運転できるわけなのです。

kyuchu359.jpg
SLやまぐち号@新山口

 新山口駅に到着したら、隣のホームにはSLやまぐち号が煙をはきながら出発を待っていました。

kyuchu3591.jpg kyuchu3592.jpg
ふくすし

 新山口駅のホーム売店でふくすしを買い、これが今日の朝食です。新幹線の車内では長旅の疲れがでたのかぐっすりと眠ることができました。静岡駅あたりを走行中に車内で急病人が発生しましたが、新横浜駅に救急車を要請し搬送をお願いすることができました。
 自宅に帰って来てホッとします。やっぱり自宅は落ち着くのです。これでJR九州と中国地方のJRを完乗したことになります。次はどこへ乗りつぶしに行くかはまだ考えていません。

山陰本線【浜田07:42~08:30益田】普通 浜田~益田 740円
山口線【益田08:40~10:13新山口】特急スーパーおき1号 特急券 1,150円 [山口線完乗]
山陽新幹線【新山口10:26~14:47新横浜】のぞみ16号 特急券 7,320円 グリーン券 7,400円
横浜線【新横浜14:57~15:18町田】普通 長津田~町田 150円
小田急線【町田15:26~15:51伊勢原】急行 町田~伊勢原 300円

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

大便通


[題名]大便通
[著者]辨野 義己
[発行]幻冬舎
[定価]819円
[発行日]2012/11/30
序章 私はなぜ「大便通」になったのか
第1章 大便は何でできているのかー善玉菌と悪玉菌
第2章 腸高齢化社会ニッポンー便秘はなぜよくないのか
第3章 大腸は病気の発生源
第4章 腸内細菌研究の最前線ー現代医療のトップランナー
第5章 これであなたにも「大便通」が訪れるー腸内環境をコントロールする食生活

日本人は一生に約8.8トンの大便をする。が、ふつうはそれから目を背けて生活している。しかし、便とは自らの健康状態を知らせる体からの「便り」である。では、そもそも大便とは何でできているのか。固形成分の3分の1を占め、大腸内の環境に多大の影響を及ぼす「善玉」「悪玉」と呼ばれる腸内細菌は、それぞれどんな働きや悪さをするのか?大腸と腸内細菌の最前線を読み解き「大便通」になることで「大便通」が訪れる、すぐに始められる健康の科学。


 タイトルの通りに「大便」の本です。乳酸菌やビフィズス菌などのなじみのある言葉が頻繁に出てきます。著者の名前も“べんの”さんです(笑)

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北海道東・道北紀行1:準備

(2012年10月の旅です。写真をクリックすると大きくなります。)

 2012年10月3日から、遅い夏休みがやっと取れました。それもうれしいことに、なんと一週間も。世の万物に感謝です(笑)。どこへ行こうかといろいろと考えましたが、一週間あればやっぱり北海道かなぁ。妻や次男と一緒に行こうかと思えど、仕事のある身ではそうそう一緒に休みは取れないなぁ、ということで、まず「北海道一人旅」が決定しました。2006年にも行ったのですが、その時は今はなき北海道フリーパス(グリーン車用)を利用したので、必然的に特急列車の利用が多くなりました。そこで今回は、往復は飛行機を利用して、道内は北海道フリーパスを使って、鈍行列車(普通列車)中心に旅をしようと考えました。そして、懇意にしているESツアーに「ANAフリープラン北海道 ホテルチョイス1泊」とJRの「北海道フリーパス」を申し込みました。

 しばらくしてESツアーのSさんから連絡があり、JRの「北海道フリーパス」は25,500円ですがANAスカイホリデーのオプションとしての「北海道フリーパス」はJRバスの利用はできませんが24,000円です、とのことでした。JRバスを利用する予定はないので、ANAスカイホリデーの「北海道フリーパス」をお願いしました。これで1,500円安くなりました。Sさん、どうもありがとうございました。

hokkai2012do3001.jpeg
道内時刻表2012年10月号

 細かな計画を立てるのは、もちろん全国版の時刻表で可能ですが、旅に携帯することを考えると「道内時刻表」を手に入れた方が便利です。8月号が厚木の有隣堂にあったのは確認していたので、10月号も販売しているのだろうと思っていたのですが、一抹の不安があり、9月号の発売時期に行ってみると道内時刻表がありません。注文カウンターで、店員さんに道内時刻表の10月号を注文すると、手元に届くのは発売日から二週間ほど時間がかかるとのことでした。おいおい、それでは出発する日になってしまうでしょう。もう一度確認するも答えは同じでしたので、注文はキャンセルし、ネットで本体500円+郵送料100円を加え600円で、発売翌日には自宅に宅配されていました。これじゃぁ、本などをネットで購入する人が増えるでしょうね。街の本屋さんにもがんばってほしいものです。

hokkai2012do3002.jpeg
レールウエイマップル北海道

 鉄道に特化した地図は少ないのですが、その中でもデフォルメせずに鉄道中心のわかりやすい地図は、昭文社から出版されているレールウェイマップルのシリーズです。6年前には発売されていなかったのですが、今回の旅の強力なお供になること間違いなしです。


FC2ブログランキング

北海道東・道北紀行2:出発

(2012年10月の旅です。写真をクリックすると大きくなります。)

 そんなこんなでやってきました10月3日。携帯のアラームは5時にセットしましたが、4時55分に自然起床しました。何なんでしょう、この現象は。もう目覚ましいらずになってしまったのでしょうか? 隣でぐっすり眠っている妻を起こさぬように、抜き足差し足忍び足で家を出て、伊勢原駅前のなか卯で和風牛丼ミニの朝食です。安いし美味しいし、量もちょうどいいので満足です。

 伊勢原駅を出てしばらくすると、外が明るくなってきました。平日でもこの時間帯はさすがに乗客も少なく座席の3割ほどで、そのうちの半分以上は目を閉じています。

 羽田空港に着き搭乗口に向かうとそこは高校生で溢れています。板橋高校の修学旅行です。生き生きとした高校生っていいですね。見ているだけで楽しそうです。搭乗口で待っていると、リアルタイムブログを見た友人からメールが来ました。リアルタイムブログ復活を喜んでくれているようです。これはリアルタイムブログを続けなければいけませんね(笑)。

hokkai2012do3011.jpg hokkai2012do3012.jpg
羽田空港 ◇ ポケモンジェット

 ポケモンジェットもすぐ隣の搭乗口で出発を待っていました。女子高校生には大変な人気でした。

 満員の乗客を乗せたはずのANA53便ですが、窓際の私の座席の隣の2席は乗客はありません。ゆったりとした気分で北海道の地へ向かいました。

hokkai2012do3013.jpg hokkai2012do3014.jpg
苫小牧港 ◇ ウトナイ湖

 着陸態勢に入ってから苫小牧港やウトナイ湖が見えました。ウトナイ湖鳥獣保護区は1991年に日本で四番目のラムサール条約登録湿地となりました。

hokkai2012do3015.jpg
新千歳空港

 新千歳空港に無事に到着しました。ここまでは順調です。これから北海道の鉄道を楽しむことにします。

伊勢原
0530
|  小田急線  急行相模大野行き
0540
海老名
0549
|  相模鉄道  急行横浜行き
0621
横浜
0629
|  京浜急行  特急青砥行き
0642
京急蒲田
0647
|  京浜急行 急行羽田空港行き
0658
羽田空港国内線ターミナル

羽田空港
0800
|  ANA 53便
0935
新千歳空港


FC2ブログランキング

プロ野球「もしも」読本 もし長嶋茂雄が南海に入団していたら


[題名]プロ野球「もしも」読本 もし長嶋茂雄が南海に入団していたら
[著者]手束 仁
[発行]イースト・プレス
[定価]1,000円
[発行日]2012/11/30
第1章 もし長嶋茂雄が南海に入団していたら
第2章 もし野村ヤクルトが誕生していなかったら
第3章 もし江川卓がメジャーに挑戦していたら
第4章 もし金本知憲が阪神に来なかったら
第5章 もし桑田真澄が早稲田に進学していたら
第6章 もし阪神がパ・リーグに入っていたら
第7章 もしFA制度がなかったら
第8章 もしNPB全盛期にWBCがあったらーファンの夢編

もし長嶋茂雄が南海に入団していたら?
もし松井秀喜が阪神に入団していたら?
もし金本知憲が広島に残っていたら?
など、プロ野球ファンなら誰でも知りたい球史の「もしも」を徹底シミュレーション。
あの事件がこうなっていたら、プロ野球の歴史は全然違うものになっていた?


タイトルに興味を引かれてネットで注文しましたが、、、、、、踏み込みが少なく、内容が浅くて残念でした。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北海道東・道北紀行3:千歳〜追分

hokkai2012domap31.jpg hokkai2012do3021.jpg
地図 ◇ ANAスカイホリデー 北海道フリーパス

 新千歳空港のANAカウンターでクーポン券を見せ北海道フリーパスを入手しました。そのためこの写真は使用後のものです。予定より早く新千歳空港駅に着いたので、まず快速エアポート101号(6両3ドア)で千歳駅までいくことにします。当初の計画では快速エアポート103号に乗り、南千歳で新夕張行きに乗り換える予定だったのです。快速エアポート103号は札幌から旭川まで特急スーパーカムイになるので、特急型車両のはずです。実際に乗った快速エアポート101号の車両は寒冷地仕様の二重ドアになっています。

hokkai2012do3022.jpg hokkai2012do3023.jpg
列車表示 ◇ 車内

hokkai2012do3024.jpg hokkai2012do3025.jpg
千歳駅

 千歳駅は高架の大きな駅で駅前にホテルもありました。夜遅く新千歳空港に到着した場合の宿泊先には便利かも知れません。

hokkai2012do3026.jpg
列車表示

 ここ千歳駅発10時31分の新夕張行きに乗り換えます。南千歳までは逆戻りなので重複するのですが、フリーパスなので経路は関係ないのです。車両は単行(1両)でボックス型セミクロスシート、ワンマン、トイレ付きです。車内は暖房が効いていて暑いくらいなのですが、窓が開けられるので調節できそうです。

hokkai2012do3027.jpg hokkai2012do3028.jpg

hokkai2012do3029.jpg
新夕張行き車両

 定刻通りに千歳駅を出発しました。南千歳に停車すると近くに座っていた中国人中年夫婦の男性から片言の英語で、「追分駅へ行きたいのだが、この列車でいいのか?」と確認されました。尖閣諸島国有化を受けての中国本土での反日デモ(我が国では、あれはデモではなくテロだろうという認識が強くなりました)と日本企業の工場や店舗への襲撃などを思い出しましたが、私はやさしく、そしてこちらも片言の英語で、「この列車で間違いないあるよ」と伝えました。座席に戻ったのもつかの間、また私のところにやって来ました。今度は「この列車にトイレはついているのか?」という質問です。「前方にあるあるよ(笑)」と丁寧に教えてあげました。これで日中関係が少しでも緩和されれば、、、、、、そんなはずないか。

 西早来(にしはやきた)信号場で対向の特急スーパーおおぞら4号と列車交換するのですが、定刻より7分遅れていると車内アナウンスがありました。そのままじっと待つばかりです。周囲を見渡すとトンボがたくさん飛んでいます。木々の緑がほんのわずか黄色や赤に色づいており、北海道にはゆっくりと秋の訪れが感じられました。西早来信号場を出発するとすぐに室蘭本線をオーバークロスし、そして室蘭本線に寄り添うように追分駅に到着しました。

hokkai2012do3029a.jpg
追分駅名標

新千歳空港
1004
|  千歳線 快速エアポート101号  札幌・小樽行き
1011
千歳
1031
|  千歳線・石勝線  新夕張行き
1105
追分


FC2ブログランキング

北海道東・道北紀行4:追分〜新夕張

(2012年10月の旅です。写真をクリックすると大きくなります。)

hokkai2012domap32.jpg

 追分駅到着は6分遅れですが、ここで10分停車することになっていたので遅れを挽回できるかと思いました。しかし、室蘭本線岩見沢行きの待ち合わせとともに、石勝本線自体の遅れの影響を受けている特急スーパーとかち3号の停車・通過待ちもあり、追分駅からの出発は4分遅れました。乗客はわずか4人です。発車前に運転士さんに新夕張駅での接続の確認をしたところ、同じホームの向かい側での乗り換えなので問題ないでしょうとのことでした。

hokkai2012do3031.jpg
スーパーとかち3号@追分駅


スーパーとかち3号@追分駅

hokkai2012do3032a.jpg hokkai2012do3032b.jpg
東追分駅 ◇ 川端駅

 川端駅で貨物列車と待ち合わせで6分遅延。さらに滝ノ下信号場で特急スーパーおおぞら6号を待ち合わせます。新夕張駅到着が遅れても、夕張行き列車は待っていますのでご安心をという車内放送が流れました。ここから夕張川と併走し、徐々に高度を上げていきます。竜仙峡が右手に見えると、ハイキングをしている人が目立ってきました。

hokkai2012do3033.jpg
竜仙峡(の近く)

hokkai2012do3034.jpg hokkai2012do3035.jpg
滝ノ上駅 ◇ 十三里駅

 滝ノ上駅は9分遅れ、十三里(とみさと)駅は8分遅れで、新夕張駅にも8分遅れの11時56分に到着しました。予定では8分の乗り換え時間があったのですが、出発と同時刻に到着ということになってしまいました。ただちにホームの向かい側の列車に乗り換えたのです。こちらの車両も今まで乗ってきたものの同様でした。ただちに夕張行きの列車は出発しました。ところが、出発してすぐに帽子を車内に置き忘れたことに気づきました。もう、ぼうしようもありません(笑)。旅を続ける上で必ず必要なものではないのですが、後で連絡をしてみましょう。

追分
1113
|  石勝線   新夕張行き
1156
新夕張


FC2ブログランキング

北海道東・道北紀行5:新夕張〜夕張

(2012年10月の旅です。写真をクリックすると大きくなります。)

hokkai2012domap33.jpg hokkai2012do3034a.jpg
地図 ◇ 清水沢駅

 清水沢駅に到着しました。ここは三菱大夕張鉄道の始発駅でした。清水沢〜大夕張炭山までの路線でしたが、1973年に南大夕張〜大夕張炭山が廃止となり、清水沢〜南大夕張までのわずか7.6kmの路線となりました。そして1987年7月には残念ながら全面的に廃止されました。写真で見ると、こちらのホームを向こう側の駅舎との間に、おそらく三菱大夕張鉄道の線路が敷かれていたものと推測されます。客車とともに石炭を積んだ貨物列車が頻繁に行き来していた様子が想像できます。わずか30年〜40年くらい前のことなんですがね。


交通公社時刻表(1980年10月号より)

 1980年の時刻表を見ると、列車は朝1本、夕2本の合計3本で、料金が60円だったことがわかります。

hokkai2012do3036.jpg hokkai2012do3037.jpg
夕張駅名標 ◇ (到着した)車両

hokkai2012do3038a.jpg hokkai2012do3038b.jpg
車両側面 ◇ 車止め

 列車は登り坂を苦しそうな音を出しながら、石勝線夕張支線の終点の夕張駅に到着しました。この夕張駅は三代目で、初代から徐々に南側に移り、路線が短くなってきています。

新夕張
1156
|  石勝線(夕張支線)  夕張行き
1222
夕張


FC2ブログランキング

錯覚学 ー知覚の謎を解く


[題名]錯覚学 ー知覚の謎を解く
[著者]一川 誠
[発行]集英社
[定価]777円
[発行日]2012/10/22
第1章 「百聞は一見にしかず」と言うけれど
第2章 人間に「正しく」見ることは可能か
第3章 二次元の網膜画像が三次元に見える理由
第4章 地平線の月はなぜ大きく見えるのか
第5章 アニメからオフサイドまでー運動の錯視
第6章 無い色が見えるー色彩の錯視
第7章 生き残るための錯覚学
あらかじめ分かっていたとしても、人は錯覚してしまう。むしろ、常に生じる錯視を利用しているからこそ、3D映像などが成立している。人は、なぜ、どのように、錯覚しているのだろうか。なぜ地平線近くの夕陽は大きく見え、高速で回転する車輪は逆方向に回っているように見えるのだろう?曲がって見える直線、揺れて動くように見える図、実在と違って見える写真など、さまざまな事例を示しながら、錯覚について分かりやすく解説。知覚のミステリーを解きながら、日常に潜む錯覚リスクについても論じる。


錯覚学という学問の本です。サッカーのオフサイドやテニスの判定の誤審などには錯覚学なりの理由が存在するのです。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
FC2ブログランキング

北海道東・道北紀行6:夕張駅周辺

(2012年10月の旅です。写真をクリックすると大きくなります。)

hokkai2012do3041.jpg hokkai2012do3042.jpg
駅舎&夕張市観光案内センター ◇ 夕張夫妻

 夕張駅には夕張市観光案内センターが併設されています。そしてその手前には、夕張夫妻という顔出しパネルが設置されています。「ここが噂の終着駅 そして愛の始発駅」という洒落たコピーが書かれています。

hokkai2012do3043.jpg hokkai2012do3044.jpg
ホテルマウントレースイ ◇ レースイリゾート前バス停

 駅の隣にはホテルマウントレースイがあり、ホテルの前にはレースイリゾート前バス停があり、ここから札幌行きのバスが出ています。1日3本と本数はそれほど多くありませんでしたが、これではますます列車の利用者が減ってしまうのではないでしょうか?

hokkai2012do3045.jpg
セイコーマート

 北海道では定番のコンビニのセイコーマートも駅のすぐそばにあります。

 おっと、新夕張駅に電話をしなければなりません。携帯で電話番号を調べて電話をし、帽子を車内に忘れた経緯を説明すると、その列車はまだ駅のホームに停車中であること、これから見に行くが駅員が自分一人なので、後ほどもう一度電話を欲しいと言われました。親切な対応に感謝いたしました。

 もう一つ電話をします。明後日の厚岸へのかきめしの予約です。おそらく予約しなくてもいいのでしょうが、念には念を入れてというわけです。かきめしで有名な氏家待合所は明日の木曜日が定休日なので、今日(水曜日)中に明後日(金曜日)の予約をするのです。

hokkai2012do3046.jpg hokkai2012do3047.jpg
夕張カレーそばパンフ表紙 ◇ 鹿の谷3丁目食堂@パンフ

 夕張市観光案内センターに入ると、とてもきれいな女性が案内係をしていました。こんなことならもっと早く中に入ればよかったなぁ、などとオヤジっぽいことを考えていると、夕張カレーそばのパフレットが目に入りました。隣の夕張屋台村の鹿の谷3丁目食堂で食べられることを、念のために、本当に念のためにきれいな女性に確認しました。幻の味の元祖・藤の家直伝のカレーそばのようです。お腹も空いてきたので、ここで昼食としましょう。


FC2ブログランキング

北海道東・道北紀行7:バリー食堂(夕張屋台村)

(2012年10月の旅です。写真をクリックすると大きくなります。)

hokkai2012do3051.jpg hokkai2012do3052.jpg
夕張駅前屋台村 ◇ 通称“バリー屋台”

 “ゆうばり”なので、通称はバリー屋台となっています。ばりばりのオヤジギャグのようで、個人的には好きです(笑)。

hokkai2012do3053.jpg
カレーそば幟

hokkai2012do3054.jpg hokkai2012do3055.jpg
鹿の谷3丁目食堂

 鹿の谷3丁目食堂は店内はカウンター7席ですが、オープンスペースが広く、どちらでも食事できます。店内のカウンターの隅の席だけが空いていたのでそこに座り「カレーそば」を注文しました。

hokkai2012do3056.jpg hokkai2012do3057.jpg
カレーそば

 とろみのあるカレー餡が溢れるばかりたっぷりかかっています。食べてみると、スパイスがかなり利いています。豚バラ肉とタマネギの具もしっかりとしていて存在感があり、なかなか食べ応えがありました。これが夕張のカレーそばなんですね。美味しくいただきました。

 食後の13時15分、再度新夕張駅に電話してみました。すると私の帽子が車内でみつかり保管していただいているとのことでした。夕張駅を13時27分発の列車に乗れば新夕張駅には13時48分に着きます。この列車は追分まで行くのですが、ここで途中下車して駅舎で帽子を受け取り、新夕張15時09分の特急スーパーとかち6号で南千歳へ行き、そして苫小牧へ向かおうと思い、「夕張駅発13時27分の列車でそちら(新夕張駅)へ向かいますので、よろしくお願いします。」と話すと、「ちょっと待って下さいね、、、、、えーっと、、、、、それでは一本列車が遅れてしまいますので、私がホームに届けます。」という予想外のうれしい返事が返って来ました。親切な駅員さんだなぁと感激してお礼を言って電話を切りました。親切にされるとなんだか気分がよくなります。今回の旅はなんだかとても素敵な旅になるような予感がしてきました。


FC2ブログランキング

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター