FC2ブログ

駿豆線ぶらり旅22 三島コロッケ

sun14zu221.jpg

sun14zu222.jpg

 大鳥居の前の通りの向こう側にみしまコロッケの幟を発見! 三島のB級グルメです。

sun14zu223.jpg

 お店の名前はせせらぎ蘖(ひこばえ)庵です。「蘖(ひこばえ)」とはあまり耳にしない言葉ですが、太い幹に対して、若い芽のことを孫(ひこ)に見立てて孫生え(ひこばえ)といい、俳句では春の季語になっているそうです。

sun14zu224.jpg

 さっそく買って店前のベンチで食べてみます。箱根西麓の三島馬鈴薯(メークイン)のみを使っているそうです。揚げたてなのでホクホクです。

sun14zu225.jpg

 三島市役所方面に歩いていくと、つるべっ子がありました。白滝公園入口にあった「めぐみの子」と同じようにからくり仕掛けで湧き水を飲む事ができます。まさに湧水の街三島ならではです。


FC2ブログランキング

駿豆線ぶらり旅23 三島田町駅

sun14zu231.jpg

 三嶋大社から歩いて10分ほどで三島田町駅に着きました。

sun14zu232.jpg

 駅前には水の仕掛けがあり、そばのベンチで休憩することもできます。

sun14zu233.jpg

sun14zu234.jpg

 新旧の駅名標です。

sun14zu235.jpg

 三島田町駅は大きな駅です。駅舎側のホームと、島式ホーム(2線)の2面3線で、島式ホームとの連絡は地下道になっています。


FC2ブログランキング

駿豆線ぶらり旅24 特急踊り子106号

sun14zu241.jpg

sun14zu242.jpg

 特急踊り子106号が三島田町駅にやってきました。


特急踊り子106号@三島田町駅

sun14zu243.jpg

 一日乗車券の旅助けがあれば、自由席に乗ることができますので、三島駅までの区間を乗車しました。特急踊り子106号は、伊豆箱根鉄道からJRへの渡り線を通ってJR三島駅のホームに停車しました。わずか3分の特急の旅でした。

三島田町1258ー(特急踊り子106号)ー1301三島


FC2ブログランキング

駿豆線ぶらり旅25 伊豆の味そば処(三島駅)

sun14zu251.jpg

 JRのホームから連絡通路を通って伊豆箱根鉄道の改札口をでました。その脇には伊豆の味そば処がありました。

sun14zu252.jpg

 JR東海の富士運転区間区内の駅そばグランプリで31票を得て見事グランプリに輝きました。

sun14zu253.jpg

 いろいろなメニューがあるなか、おすすめメニューの椎茸そばを注文しました。

sun14zu254.jpg

 ビジュアルはこんな感じです。椎茸のだしがよくでていてホッとする美味しさです。

 食後に三島駅から熱海駅乗り換えで小田原まで行き、小田急線で帰宅しました。

 楽しい楽しい日帰りの旅でした。

三島1327ー1341熱海1402ー1424小田原1425ー1554伊勢原


FC2ブログランキング

ヒート

141209a-book.jpg
[題名]ヒート
[著者]堂場瞬一
[発行]実業之日本社
[定価]749円
[発行日]2014/6/15
日本男子マラソンの長期低迷傾向に歯止めをかけるべく、神奈川県知事の号令のもと新設された「東海道マラソン」。県庁職員の音無は日本陸上界の至宝・山城悟のペースメーカー役に、孤独なランナー・甲本剛を起用する。果たして世界最高記録達成はなるか。数多の人間の欲望と情熱を乗せたレースは、まさかの展開にー。箱根駅伝を描いた『チーム』の続編。


 堂場瞬一のスポーツ小説コレクションはどれも楽しいですね。読んでいて手に汗をにぎってしまいます。箱根駅伝の「チーム」の続編ですが、マラソンの話しです。「東海道マラソン」と書いてあるので、数百キロのマラソンかと思ってしまいましたが、横浜付近の東海道を中心に走る42.195kmのマラソンでした。ゴールの手前で思わせぶりに終わっている小説は、また続編への期待が持てます。


FC2ブログランキング

テツぼん(1)〜(11)

130905c-book.jpg
[題名]テツぼん(1)
[著者]永松 潔
[発行]小学館
[定価]680円
[発行日]2010/3/4

【マンガ】急逝した国会議員の父の後を継いで二世議員になったのは、鉄道マニアのフリーター。政治にはド素人ですが、鉄道マニアの知識を生かして、思わぬ方法で政治問題を解決するという設定が新鮮です。

ビッグコミックオリジナルに連載中ですが、単行本も(1)〜(11)まで発行されています。


FC2ブログランキング

紫式部の欲望

141013b-book.jpg
[題名]紫式部の欲望
[著者]酒井順子
[発行]集英社
[定価]518円
[発行日]2014/4/25
日本で最も古く、最も有名な恋愛長編小説、『源氏物語』。30歳を過ぎて原文で読み始めた著者は、ある時、思う。「これは、作者である紫式部が、秘めた『欲望』を吐き出すために書いた物語なのでは」と。「秘密をばらしたい」「ブスを笑いたい」「専業主婦になりたい」などなど、20の「欲望」から読み解く、まったく新しい『源氏物語』解説書。古典がぐっと身近になる、笑いとうなずきに満ちたエッセイ集。


 日本語で書かれた小説の中で最も有名なものの一つである源氏物語。そこには作者紫式部の欲望が隠されていた。「あのようにされてみたい」「このようにしてみたい」など欲望が物語り全体にちりばめられている。
「娘に幸せになってほしい」
「モテ男を不幸にしたい」
「専業主婦になりたい」
「都会に住みたい」
「正妻に復讐したい」
などなど、紫式部の欲望がそのまま目次になっています。三浦しをんの解説もわかりやすくて秀逸です。


FC2ブログランキング

沈みゆく大国 アメリカ

141226-book.jpeg
[題名]沈みゆく大国 アメリカ
[著者]堤 未果
[発行]集英社
[定価]777円
[発行日]2014/11/19
鳴り物入りで始まった医療保険制度改革「オバマケア」は、恐るべき悲劇をアメリカ社会にもたらした。「がん治療薬は自己負担、安楽死薬なら保険適用」「高齢者は高額手術より痛み止めでOK」「1粒10万円の薬」「自殺率1位は医師」「手厚く治療すると罰金、やらずに死ねば遺族から訴訟」。これらは、フィクションではない。すべて、超大国で進行中の現実なのだ。石油、農業、食、教育、金融の領域を蝕んできた「1%の超・富裕層」たちによる国家解体ゲーム。その最終章は、人類の生存と幸福に直結する「医療」の分野だった!


 “国民皆保険”という錦の御旗を掲げたオバマケアですが、その実態を知ればしるほど、おそろしいものだいうことが理解できます。そして、我が国の国民皆保険制度のありがたさを実感します。このよき制度を守らねばならないと心から思います。アベノミクスで、本当にいいのかな?


FC2ブログランキング

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター