伊勢原古地図めぐり1 準備

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。今年は「伊勢原古地図めぐり」からスタートします!

ise14kochi011.jpg

 写真のような古地図が手元にあります。「神奈川県相模国大住郡伊勢原村」とあり、今住んでいる伊勢原の古地図なのです。
 陸地測量部(現国土地理院)発行で、「明治前期測量 2万分の1フランス式彩色地図」です。地図の左下には陸軍省御用掛 横山番安と参謀本部測量課雇 萩原太郎という二人の名前も記されています。軍部として正確な地図が必要だったのでしょう。

ise14kochi012.jpg

 左上を拡大すると、明治15年12月第2測期第3測回と書いてあり、明治15年の地図ということがわかります。西暦に直すと、明治15年は1882年となり、今から約130年前の地元の姿なのです。なんだか興奮してきました(笑)。

ise14kochi013.jpg

 右上の絵には、三ノ宮村比々多神社南面が描かれています。比々多神社は地元では今でも有名な神社ですが、明治前期にもこの地域を象徴する存在だったのでしょう。

ise14kochi014.jpg

 地図自体はこんな感じです。右上の集落には伊勢原村と書いてあります。その西(左)側に板戸村、白根村、神戸(ごうど)村、串橋村などの文字が見えます。昔は多くの村があったのですね。明治21年(1888年)には町村合併標準提示により全国的に町村合併が行われ(いわゆる「明治の大合併」)、結果として町村数は約5分の1になりましたが、この地図はその合併の前の表記なのです。

ise14kochi015.jpg

 これは前の写真と同じ地域の、現在の様子を伝える国土地理院発行の2万5千分の1の地形図です。当然といえば当然ですが、130年の時を経てここまで変わってきました。

 さて2014年10月19日(日)に、古地図に載っている道を歩いてきました。まずは自宅近くの伊勢原交差点から、小田急線東海大学前駅(旧大根駅)入口交差点までです。


FC2ブログランキング

古地図めぐり2 伊勢原〜片町入口

ise14kochi021.jpg

ise14kochi022.jpg

 ①は国道246号線の伊勢原交差点です。①から②に向かって西へ歩いていきましょう。新地図で青い点線で描いているのが古地図の道です。

ise14kochi023.jpg

ise14kochi024.jpg

 出発地点の伊勢原交差点です。交差点の北西角には長塚自転車屋があります。自転車修理はここにお願いしています。Nさん、ご無沙汰しています。

ise14kochi025.jpg

 伊勢原交差点から約50m行ったところの右側にやきとり大吉があります。全国チェーン店なのですが、この店は居心地のよいお店なので時々利用しています。T店長、これからもよろしくお願いいたします。

ise14kochi026.jpg

 さらに進んだ左側には伊勢原ボウルがあります。一昨年の7月にリニューアルオープンとなりました。2階にはレストランCIZAがあります。オープンデッキもありビアガーデン風に利用することもできます。今年の7月に利用しましたが、天気もよくビールも料理も美味しくいただきました。

ise14kochi027.jpg

 そろそろ②の片町入口交差点が近づいてきました。古地図の②にあるちょっとした曲がりは、写真にはありませんが栄屋酒店の前の駐車場スペースかと思われます。


FC2ブログランキング

古地図めぐり3 片町入口〜八雲神社前

ise14kochi031.jpg

ise14kochi032.jpg

 今度は②から③に向かって歩きます。

ise14kochi033.jpg

 片町入口交差点からほど近くの右側に横浜らーめん壱勢家があります。国道246号線沿いには横浜ラーメン(家系)が多いのが特徴です。最近ご無沙汰していますが、また伺いますので、どうぞよろしくお願いします。

ise14kochi034.jpg

 壱勢家の反対側に板戸バス停(鶴巻温泉駅方面)があります。

ise14kochi035.jpg

 少し先の右側にはやっと大山が見えてきました。今日は天気がいいのですが、130年前もおそらく同じように見えていたことでしょう。現在よりも家が少ないので、街道の至る所から大山がもっともっと大きく見えていたに違いありません。

ise14kochi036.jpg

 左側にはりんどう246デイサービスセンターがあります。超高齢社会に突入した我が国では、もはやこのような施設が当たり前になってしまいました。

ise14kochi037.jpg

 ③の八雲神社前バス停(鶴巻温泉駅方面)に到達しました。
 

FC2ブログランキング

きみまろ「夫婦川柳」傑作選

141007-book.jpg
[題名]きみまろ「夫婦川柳」傑作選
[著者]綾小路きみまろ
[発行]小学館
[定価]1,080円
[発行日]2014/6/22
ありそうでなかった!川柳+ライブの決定版。
お待たせしました! ”中高年のスーパーアイドル”綾小路きみまろの爆笑ネタをもとにした「夫婦川柳」、略して「フー川(フーセン)」の傑作選ができました!
「熟年悲哀」編から「夫婦バトル」編、「おとなの会話」編、「緊縮家計」編、そして「客席トーク」編まで、180句の秀作ぞろい。まさに一家に1冊の必需本です。

おなじみの鉄板ネタから……

◎シワ深く 流す涙は すぐ真横
◎贅肉を 寄せて集めて Cカップ
◎「連れ合い」も 10年経つと 「つれない」に
◎「別腹」が 外から見える 妻の腹
◎がんばって いただきたいの その顔で

最近の流行語・トピックを盛り込んだネタまで……

◎あったっけ? 夜の亭主の 「お・も・て・な・し」
◎食品の 「偽装」怒れぬ 妻の顔
◎「ツマノミクス」 小遣い下げて チン下げる↓
◎若返る 薬あるなら 毛根も…
◎奥様も 化粧落とせば ゆるキャラに

これら夫婦にまつわるネタを、五・七・五の川柳に織り込
  んで、さらにその作品ごとに、ライブトークを再現しています。もちろん、ジィジ、バァバへの”笑いのプレゼント”にもぴったり!
これ1冊で、夫婦そろって笑えます。


 確かに楽しい川柳がライブ感覚で並んでいます。それも連発で書かれています。でも、以前DVDできみまろのライブを見ているので、それと同じ川柳がたくさん出てくるのはちょっとなぁ。いくら傑作選でもDVD見た人はもう読まなくてもいいんじゃない。そこが残念!


FC2ブログランキング

古地図めぐり4 板戸交差点界隈(1)

ise14kochi041.jpg

ise14kochi042.jpg

 さて③の八雲神社バス停の先に歩道橋があります。ここが④の八雲神社前交差点です。そして④の近くの神社記号が八雲神社です。

ise14kochi043.jpg

 古地図をみると、ここから現在の国道246号線と少し離れることがわかります。

ise14kochi044.jpg

 歩道橋の上から俯瞰してみましょう。神奈川日産のディーラーの脇の細い道が古地図に描かれている道のようです。

ise14kochi045.jpg

 神奈川日産の看板の横に大山がちょこっと見えました。

ise14kochi046.jpg

 その細い道の入口の様子です。いにしえの姿はあまり感じられませんね。

ise14kochi047.jpg

 この細い道は、板戸交差点(新地図⑤の矢頭下で38という水準点のある交差点)の50mほど北で、県道611号線とぶつかります。


FC2ブログランキング

伊勢原古地図めぐり5 板戸交差点界隈(2)

ise14kochi051.jpg

ise14kochi052.jpg

 ⑤から先へ進んでみましょう。

ise14kochi054.jpg

 旧道と県道611号線との交点には写真のように横断歩道はありません。

ise14kochi053.jpg

 板戸交差点(新地図⑤の矢頭下で38という水準点のある交差点)まで回り道して県道611号線の向こう側へ行きました。

ise14kochi055.jpg

 近くの駐車場からはご覧のように大山の全貌がきれいに見えてきます。

ise14kochi056.jpg

 ごく普通の細い道が続きます。

ise14kochi057.jpg

 このあたりに住んでいる人はこの道が130年以上前からここにあるということを知っているのでしょうか? 何だか教えてあげたくなっちゃいました。

ise14kochi058.jpg

 ちょっと登り坂になり、国道246号線に近づいてきました。

ise14kochi059.jpg

 国道246号線に合流しました。


FC2ブログランキング

古地図めぐり6 中屋敷

ise14kochi061.jpg

ise14kochi062.jpg

 国道246号線に戻りました。⑥へ向かって歩きます。

ise14kochi063.jpg

 右側は神奈川トヨタです。この辺りは自動車メーカーのディーラーが多いのです。

ise14kochi064.jpg

 その先の左側には横浜トヨペットがあります。先日、ここでマイカーの点検を行いました。Tさん、いつもお世話になってます。でもまだ新車は買いませんよ(笑)

ise14kochi065.jpg

 そして右側にはすき家があります。悪名高きワンオペで、昨今話題を提供していましたが、改善されたのでしょうか?

ise14kochi066.jpg

 近くには白根バス停(伊勢原駅方面)があります。

ise14kochi067.jpg

 その先の小さな交差点が中屋敷交差点です。地図の⑥の場所です。


FC2ブログランキング

古地図めぐり7 貞晃寺

ise14kochi071.jpg

ise14kochi072.jpg

 ⑥から⑦へ進みます。

ise14kochi073.jpg

 中屋敷交差点の右側に松木酒店があります。

ise14kochi074.jpg

 その先の右側に貞晃寺(じょうこうじ)があります。

ise14kochi075.jpg

 ちょっと見にくいですが、旧地図には記載があります。新地図は卍の記号があります。

ise14kochi076.jpg

 きれいなお寺でした。

ise14kochi077.jpg

 地図の⑦の場所でまた少しだけ国道246号線と離れます。


FC2ブログランキング

古地図めぐり8 白根自治会館

ise14kochi081.jpg

ise14kochi082.jpg

 ⑦から⑧に向かって進んでみましょう。

ise14kochi083.jpg

 国道246号線とほぼ平行の旧道です。箱根駅伝の鶴見中継所のような感じです。実際に市町村対抗のかながわ駅伝の第二中継所になっています。今年は2月8日に開催されます。昨年は大雪で中止になってしまいました。今年は天候に恵まれてほしいものです。

ise14kochi084.jpg

 脇に反れて国道246号線をアンダークロスする細い道があります。古い地図にも点線で描かれています。ここは毎週土曜日の仕事の時に、自転車で通る道なのです。

ise14kochi085.jpg

 その先の右側には紳士服のAOKIがあります。

ise14kochi086.jpg

 隣には古着買取のリサイクルショップのDonDonDownがあります。ここはまだ一度も入ったことがありません。数年前までは本屋でしたが、その時はたびたび寄っていました。

ise14kochi087.jpg

 ⑧の所に白根自治会館があります。自治会館って公民館のことなのでしょうか? かなり立派な建物です。公民館は旧道に沿ったところに存在する可能性が高そうです。


FC2ブログランキング

古地図めぐり9 かみむら食堂

ise14kochi091.jpg

ise14kochi092.jpg

 ⑧から⑱に至るまでは現在の幹線道路である国道246号線と旧道はかなり異なります。この理由は後ほど明らかになります。まずは⑧から⑨まで歩みを進めましょう。

ise14kochi093.jpg

 白根自治会館からはおそらく北海道十勝豚丼なまらうまいっしょR246伊勢原店の駐車場(写真中央〜右)を旧道が通っていたと思われます。

ise14kochi094.jpg

 駐車場を通り抜けるのは気が引けるので、道沿いに一度国道246号線に出て白根交差点を右折することにします。

ise14kochi095.jpg

 交差点の北西の角にはステーキガスト伊勢原店があり、なまらうまいっしょとの間を進んでいきます。

ise14kochi096.jpg

 正面には大山の勇姿が顔をのぞかせています。

ise14kochi097.jpg

 ⑨の地点に来ました。右側には小宮ストアが、そして左側にはかみむら食堂があります。

ise14kochi098.jpg

 土曜日の仕事帰りの昼食にかみむら食堂へは時々寄っています。昭和レトロの雰囲気の残る昔ながらの大衆食堂ですが、定食・麺類ともに美味しいです。ご主人と奥様、これからもよろしくお願いします。


FC2ブログランキング

外国人が選んだ日本百景

141221-book.jpg
[題名]外国人が選んだ日本百景
[著者]ステファン・シャウエッカー
[発行]講談社
[定価]961円
[発行日]2014/3/19
外国人が選ぶ「日本遺産」のトップ100には、「足立美術館」など、意外な場所ばかりが登場!! 世界遺産の富士山だけじゃない、貴方の古里にもある素晴らしい日本を再発見。その素晴らしさを、外国人が知っていて日本人が知らないなんて、恥ずかいじゃないか!


 ジャパンガイド(http://www.japan-guide.com/)という日本を紹介する英語のウェブサイトを立ち上げた著者が、外国人からみた日本の観光地をランキング形式で紹介している本です。日本人とは異なる見方があるようで面白いランキングになっています。


FC2ブログランキング

伊勢原古地図めぐり10 つりぼり山本園

ise14kochi101.jpg

ise14kochi102.jpg

さらに⑨から先に歩みを進めましょう。

ise14kochi103.jpg

 本当によい天気に恵まれました。むしろ汗ばむくらいです。

ise14kochi104.jpg

 両側にカーブミラーのある交差点に来ました。この地点が地図の⑪です。

ise14kochi105.jpg

 ⑪から左に曲がったこちらが旧道なのですが、ちょっと寄り道して、このまままっすぐに進みましょう。

ise14kochi106.jpg

 道ばたには柿が美味しそうな実をつけています。

ise14kochi107.jpg

 新地図の⑩の建物がこのつりぼり山本園です。


FC2ブログランキング

古地図めぐり11 白根神明社

ise14kochi111.jpg

ise14kochi112.jpg

 旧地図の⑩の横に神明という文字が見えます。新地図の神社記号と一致します。

ise14kochi113.jpg

 つりぼり山本園の脇に細い道がありますので、進んでみましょう。

ise14kochi114.jpg

 大きなイチョウの木に向かって、さらに奥に行けますね。

ise14kochi115.jpg

 神社の境内に横から入ることができました。

ise14kochi116.jpg

 大鳥居の近くには「ここは、神様のお庭です。遊び場ではありません。」と書いてあります。正式には神明社というようですが、地元では白根神社と呼んでいるようです。三ノ宮比々多神社の所管の一つのようです。

ise14kochi117.jpg

 お祭りでもあるのか、やぐらを荷台に乗せた軽自動車とともに、地元の若い衆がなにやら相談事をしていました。

ise14kochi118.jpg

ise14kochi119.jpg

 樹齢500年で40〜50メートルの高さを誇った杉のご神木があったようですが、1933年(昭和8年)の秋台風で倒れてしまったようです。ところで、ここの本当の名前は白根神明社なのでしょうね。ちなみに昭和8年の秋ってことは私の母が生まれた頃です。


FC2ブログランキング

古地図めぐり12 向原

ise14kochi121.jpg

ise14kochi122.jpg

 寄り道はこれくらいにして⑪から⑫へと進みましょう。

ise14kochi123.jpg

 ⑪から少し行った右側にピンク色の外観のマンションが見えてきました。かなり個性的な外観ですね。

ise14kochi124.jpg

 そして民家やアパートなどが続きます。

ise14kochi125.jpg

 小さな橋のような場所にきました。

ise14kochi126.jpg

 以前は小川があったと思われますが、現在は写真のようにふたをされ、暗渠になっています。古地図の黒矢印あたりでしょう。

ise14kochi127.jpg

 道はやや右にカーブし、その先でやや左にカーブしています。

ise14kochi128.jpg

 前方に信号が見えてきました。⑫の場所です。

ise14kochi129.jpg

 信号の手前左側にはセブンイレブンがあります。

ise14kochi1291.jpg

ise14kochi1292.jpg

 向原は「むかいはら」と読むのですね。


FC2ブログランキング

古地図めぐり13 鈴川橋

ise14kochi131.jpg

ise14kochi132.jpg

 ⑫から西へ(⑬へ)向かいます。

ise14kochi133.jpg

 交差点を渡ると細い道が続いており、周りは民家です。

ise14kochi134.jpg

 静かな住宅地の中を進みます。

ise14kochi135.jpg

 前方に橋が見えてきました。

ise14kochi136.jpg

 自動車がすれ違えるほどの道幅はないようです。

ise14kochi137.jpg

ise14kochi138.jpg

 この鈴川橋は大正15年12月に完成したようです。古地図の⑬にも橋がかかっているのがわかりますが、この橋ではなく先代の橋のようです。

ise14kochi139.jpg

 鈴川の上流には写真のように東名高速道路が大山の景観を奪ってしまっています。

ise14kochi1391.jpg

 下流はこのような感じになっています。

ise14kochi1392.jpg

ise14kochi1393.jpg

 鈴川橋を渡りきった右側に道祖神がありました。昔からある旧道に間違いなさそうです。


FC2ブログランキング

古地図めぐり14 大山の景観

ise14kochi141.jpg

ise14kochi142.jpg

 またまたちょっと寄り道して大山を眺めてみます。⑭の場所へ移動してみます。

ise14kochi143.jpg

 お地蔵さんの脇の細い道を進みます。

ise14kochi144.jpg

 そして東名高速道路の下をくぐって向こう側に出ます。

ise14kochi145.jpg

 そこからは写真のように大山がくっきり綺麗に見えました。


FC2ブログランキング

伊勢原古地図めぐり15 吉川醸造

ise14kochi151.jpg

ise14kochi152.jpg

 ⑬の鈴川橋へ戻り、先に進みましょう。

ise14kochi153.jpg

 鈴川橋を渡ると道は左に急カーブしています。

ise14kochi154.jpg

 その先には民家やアパートが所狭しと建っています。

ise14kochi155.jpg

ise14kochi156.jpg

 今度は右にカーブして続いています。このあたりに住んでいる人はこの道が130年以上昔から地図に描かれている幹線道路ということは知らないことでしょう。

ise14kochi157.jpg

ise14kochi158.jpg

 まだまだ道は続きます。

ise14kochi159.jpg

 三叉路が見えてきました。古地図の⑮の先の点線の道との交差点だと思われます。

ise14kochi1591.jpg

 そして三叉路の右側には、菊勇の銘柄で地元で有名な吉川醸造があります。菊勇にはいつもお世話になっています。K氏と奥様、ご無沙汰しております。


FC2ブログランキング

鉄道でゆく凸凹地形の旅

141209b-book.jpg
[題名]鉄道でゆく凸凹地形の旅
[著者]今尾恵介
[発行]朝日新聞出版
[定価]842円
[発行日]2014/6/30
都内・観光地の有名路線を中心に、困難な凸凹地形をどのように電車が走っているのかを徹底的に検証。さらに急勾配やカーブを乗車しながら楽しめるポイントを伝授していく。普段何気なく乗っている電車の見方が180度変わる一冊。


 日本は国土の7割が山なので、鉄道も凸凹との戦いです。急勾配やカーブを詳細に観察しており、楽しい内容になっています。山手線がこれほど山あり谷ありとは知りませんでした。


FC2ブログランキング

古地図めぐり16 駿河屋

ise14kochi161.jpg

ise14kochi162.jpg

 さらに⑮から⑯へ歩みを進めましょう。

ise14kochi163.jpg

 吉川醸造の隣では、写真のような曲げわっぱに似たものが干されていました。何に使うのでしょうか。

ise14kochi164.jpg

 古地図の黒矢印に来ました。ここを左折します。ちなみにここを右折すると三ノ宮比々多神社に向かいますので、その参道を逆向きに歩いていることになります。

ise14kochi165.jpg

 まぶしい太陽の方向へ進んでいきます。

ise14kochi166.jpg

 右側にはご覧のような門構えの立派な家もあります。さすが旧道沿いですね。

ise14kochi167.jpg

 その近くの右側に駿河屋があります。地図の⑯のあたりです。お店には入ったことはありませんが、静岡県出身の人が創業したお店なのでしょうか。

ise14kochi168.jpg

 さらに南へ続きます。


FC2ブログランキング

古地図めぐり17 坂間医院

ise14kochi171.jpg

ise14kochi172.jpg

 ⑯から⑰へと向かいます。

ise14kochi173.jpg

 さらに南へ歩みを進めると小さな交差点があります。

ise14kochi174.jpg

 その角には祠に覆われた道祖神がありました。

ise14kochi175.jpg

 その先の右側には地魚料理田中屋という看板があります。さすがに三ノ宮比々多神社の参道だけありますね。130年前も賑やかな参道だったことでしょう。

ise14kochi176.jpg

 左側には神戸(ごうど)公民館がありました。ハッピを着た地元の人が集まっていました。やはりお祭りの相談でしょうか。

ise14kochi177.jpg

 同じく左側にはあさひ薬局が見えてきました。

ise14kochi178.jpg

 そしてその隣には坂間医院があります。地図では⑰です。S先生、いつもお世話になっています。


FC2ブログランキング

古地図めぐり18 比々多

ise14kochi181.jpg

ise14kochi182.jpg

 ⑰から⑱へ歩みを進めましょう。

ise14kochi183.jpg

 道の左側には黒塀が続いています。

ise14kochi184.jpg

 右側には御菓子司 新店(しんみせ)があります。大正5年創業の老舗です。これも三ノ宮比々多神社の参道にお店を構えたのでしょう。最近、ここでクルリンどらやきを買いました。

ise14kochi185.jpg

 もう少しで国道246号線に合流します。

ise14kochi186.jpg

 右側の角には伊勢原警察署比々多交番があります。

ise14kochi187.jpg

 合流地点は地図の⑱で、比々多交差点です。

 さて、⑧から⑱までかなり遠回りしている理由ですが、おそらく次の理由だと思われます。

ise14kochi188.jpg

 これは明治時代前期の低湿地の地図(国土地理院ホームページから参照)です。黄色い部分が低湿地の地域です。この低湿地帯を避けるように旧道が迂回していたのです。自然の地形に逆らわずに生活していたわけですね。(5)や(7)もそのような理由だと思います。


FC2ブログランキング

古地図めぐり19 山王橋

ise14kochi191.jpg

ise14kochi192.jpg

 さて国道246号線と合流した⑱から西へ(⑲へ)進みましょう。

ise14kochi193.jpg

 国道246号線です。平日の朝夕は混雑しており渋滞も発生します。

ise14kochi194.jpg

 右を見ると大山の勇姿が見えます。

ise14kochi195.jpg

 左側にはオロチョンラーメン利しりがあります。ここは辛いラーメンで有名ですが、基本のラーメンのスープはやや甘めなんですよ。

ise14kochi196.jpg

ise14kochi197.jpg

 利しりと隣の炭火やきとり・釜飯のほていやの間に、写真のようなものがありました。字も読み取れずになんだかわかりませんでした。

ise14kochi198.jpg

ise14kochi199.jpg

 小さな橋を渡ります。

ise14kochi1991.jpg

ise14kochi1992.jpg

 次の信号は山王橋交差点です。ということはさっきの橋は山王橋なのでしょう。地図の⑲です。


FC2ブログランキング

チャーシュー煮玉子おにぎり

150123.jpg
今日の昼食は、チャーシュー煮玉子おにぎりです。
職場近くのファミリーマートで購入しました。
150円で225kcalです。

では、いただきます!

伊勢原古地図めぐり20 西河内

ise14kochi201.jpg

ise14kochi202.jpg

 まだまだまっすぐ⑲から⑳へ向かいます。

ise14kochi203.jpg

 左側に伊勢原総合ホールがあります。ここも度々訪れることがあります。通夜か告別式がほとんどですが。

ise14kochi204.jpg

 右側には中華そば幸楽苑伊勢原店があります。

ise14kochi205.jpg

 その並びには焼肉きんぐ伊勢原店があります。郊外型の飲食店が多いエリアです。

ise14kochi206.jpg

ise14kochi207.jpg

 その先の西河内(にしこうち)交差点に到達しました。地図の⑳の場所です。旧地図の場所はもう少し⑲よりかも知れません。


FC2ブログランキング

古地図めぐり21 串橋

ise14kochi211.jpg

ise14kochi212.jpg

 さて⑳から(21)へ向かいましょう。

ise14kochi213.jpg

 右側の店舗は以前はリンガーハットだったのですが、どうやら閉店したようです。その奥には華屋与兵衛が見えています。

ise14kochi214.jpg

ise14kochi215.jpg

 その先に信号が見えてきました。串橋交差点です。

ise14kochi216.jpg

 (21)から先は左の脇道が旧道です。


FC2ブログランキング

ビブリア古書堂の事件手帖6 〜栞子さんと巡るさだめ〜

150119a-book.jpg
[題名]ビブリア古書堂の事件手帖6 〜栞子さんと巡るさだめ〜
[著者]三上 延
[発行]メディアワークス
[定価]615円
[発行日]2014/12/25
太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていたのだ。過去と現在、まるで再現されるかのような奇妙な巡り合わせに、薄気味悪さを感じる二人。それは偶然か必然か? 深い謎の先にある真実とは?


 シリーズ六作目です。今回はすべて太宰治を題材にしています。貴重な古書収集に異常な情熱を燃やす人々が起こす事件を栞子さんが解決します。ミステリーの行方とともに、栞子さんと大輔君の恋の行方も気になります。あとがきを読むと、このシリーズも次かその次で終わりとか。なんだか寂しいですね。

 書店で購入したら、下のような葉書をいただきました。
 
150119b-book.jpg


FC2ブログランキング

古地図めぐり22 桜坂

ise14kochi221.jpg

ise14kochi222.jpg

 さて(21)から(22)へ向かってみましょう。新地図ではわかりずらいのですが、国道246号線の脇道があり、その脇道が旧道だと思われます。

ise14kochi223.jpg

 写真のように左側の脇道はやや登り坂になっています。

ise14kochi224.jpg

 車両は一方通行になっています。

ise14kochi225.jpg

 そしてやや下り坂になっています。

ise14kochi226.jpg

 右側には写真のような鶴巻温泉の大きな案内看板があります。

ise14kochi227.jpg

 今、歩いてきた道を振り返ってみました。

ise14kochi228.jpg

 (22)の地点です。ここからは国道246号線に別れを告げ、県道612号線沿いに進みます。


FC2ブログランキング

チーズデミオムライスおにぎり

150127.jpg
今日のおにぎりは、チーズデミオムライスおにぎりです。
224kcalで140円です。

では、いただきます!!!

古地図めぐり23 笠窪公民館前

ise14kochi231.jpg

ise14kochi232.jpg

 (22)は地図にありませんが、黒矢印の場所です。黒矢印から(23)へ向かいます。旧地図と新地図と比べると、ちょっと違うのですが、それらしき道がみつかりませんでしたので、県道612号線に沿って歩きます。

ise14kochi233.jpg

 その前に(22)の左側にはパル音楽産業があります。伊勢原市内にはボックススタジオいせはらもあります。Nさん、いつもありがとうございます。

ise14kochi234.jpg

 進行方向左側には藪そばが、右側にはローソンがあります。

ise14kochi235.jpg

 左側には笠寿しがあります。笠窪にあるから笠寿しでしょうか。

ise14kochi236.jpg

 さらに進むと登り坂になります。そして左側にはバス停の停車スペースがあります。

ise14kochi237.jpg

 笠窪バス停(鶴巻温泉駅方面)です。

ise14kochi238.jpg

ise14kochi239.jpg

 そして笠窪バス停至近の交差点は、笠窪公民館前交差点です。地図の(23)の場所です。写真にはありませんが、笠窪バス停の脇には笠窪公民館があり、やはり旧道に間違いないようです。


FC2ブログランキング

古地図めぐり24 箕輪駅跡

ise14kochi241.jpg

ise14kochi242.jpg

 さて、(23)から(24)へ向かいます。

ise14kochi243.jpg

 まだ登り坂です。

ise14kochi244.jpg

 登り切った場所に着きました。

ise14kochi245.jpg

ise14kochi246.jpg

 右側には史跡箕輪駅跡があります。伊勢原市の指定文化財になっています。

 以下ホームページからの抜粋です。
=========================================
   10世紀(平安時代)に完成・施行された「延喜式(えんぎしき)」という法典に、当時の東海道に置かれた「箕輪駅」というのが登場します。この箕輪駅の所在地として、伊勢原市笠窪字三ノ輪を比定して「箕輪駅跡」として史跡に指定されました。

 「駅」とは「駅家(うまや)」で、飛鳥時代から平安時代にかけて、東海道のような主要幹線路に置かれたものです。中央から地方へ、地方から中央へとスムースな情報伝達のため4〜5里(16〜20キロメートル)の間隔で駅家と呼ばれる施設が設置されました。駅には当時の最速の乗り物である馬を置きました。駅は公式な施設で食事や宿泊の場としても利用されました。駅路の沿線には、国府や郡家(ぐうけ)と呼ばれる地方支配のための役所が置かれました。

  箕輪駅の所在地には伊勢原説の他、秦野説、平塚説がありました。伊勢原説は字三ノ輪という地名だけでなく、当地点あるいは近くを古東海道が通過していたという考えによります。これは相模国府の所在地と関連するものです。かつて相模国府三遷説(海老名市→大住郡→大磯)が唱えられていました。大住国府の位置を三之宮比々多神社から遠くない伊勢原市内にあったであろうとの説です。
=========================================


FC2ブログランキング

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター