北海道 地図の中の鉄路

150114b-book.jpg
[題名]北海道 地図の中の鉄路
[著者]堀 淳一
[発行]亜璃西社
[定価]6,480円
[発行日]2014/12/4
日本エッセイスト・クラブ賞受賞の地図エッセイの名手が、自らの地形図コレクション新旧のべ200枚を駆使し、いま乗れるJR北海道全14線をオールカラーで走破!  新旧の地図でその歴史と変遷をたどりながら、移り変わる車窓風景に隠された地形の魅力までを解説。読む者を「各駅停車・地図の旅」へと誘う、地形図でたどる道内全鉄道の沿線案内! 各線の駅名一覧を掲載したほか、特別付録として《戦前の昭和19年と戦後の昭和41年の道内鉄道路線図復刻ポスター》もついた、地図&鉄道ファン必読の書。


これは力作です。時代の異なる地形図・地勢図200枚を駆使し、鉄路の変遷と車窓の変化を淡々と述べられている。余計なものは何もない。まず炭鉱や鉱山から港へと鉄路は敷かれ、そこへ町ができてきた。鉄路は時代とともに電化や複線となり、トンネル掘削技術の進歩から路線の変更・改良が行われてきた。分水嶺にも詳しい著者だが、礼文華峠付近の特徴的な分水嶺にも触れてほしかったなぁ。


FC2ブログランキング

古地図めぐり28 元湯陣屋

ise14kochi281.jpg

ise14kochi282.jpg

地図の(27)の場所に来ました。

ise14kochi283.jpg

ise14kochi284.jpg

 右側には鶴巻温泉随一の元湯陣屋の案内看板があります。

ise14kochi285.jpg

 路地を進むと、ご覧のような自然豊かな元湯陣屋の入口があります。ゆっくりと寛げる場所で、時々利用しています。

 また、ここは将棋の陣屋事件でも有名です。

ise14kochi286.jpg

 この陣屋は、鎌倉幕府の時、源頼朝の側近で四天王の一人であった和田義盛公の陣地だったようです。


FC2ブログランキング

古地図めぐり29 鶴巻温泉駅北口

ise14kochi291.jpg

ise14kochi292.jpg

 (27)の陣屋から(28)を通って(29)まで行きましょう。

ise14kochi293.jpg

 同じような幅の道が続いていて、この先は三叉路になります。

ise14kochi294.jpg

 右へ行くと、弘法山公園吾妻山へ、すぐ左には弘法の里湯と宮永岳彦記念美術館があります。

ise14kochi295.jpg

 ここにも道祖神がありました。地図では(28)の場所です。

ise14kochi296.jpg

 三叉路を左折すると鶴巻温泉駅へ向かいます。

ise14kochi297.jpg

 駅へ向かう右側には弘法の里湯があります。ここにはサウナもあるので、時々利用しています。

ise14kochi298.jpg

 鶴巻温泉駅前広場が見えてきました。

ise14kochi299.jpg

 ここが鶴巻温泉駅の北口駅前広場です。


FC2ブログランキング

伊勢原古地図めぐり30 鶴巻温泉駅

ise14kochi301.jpg

ise14kochi302.jpg

 (29)の場所が鶴巻温泉駅になります。本来の旧道は駅を横切っていたようですが、これは歩けませんので、駅の東側の踏切で南口へ移動します。

ise14kochi303.jpg

ise14kochi304.jpg

 こちらは鶴巻温泉駅北口の改札です。

ise14kochi305.jpg

 北口改札口の横には箱根そばがあります。

ise14kochi306.jpg

 駅前には写真のようなモニュメントがあります。

ise14kochi307.jpg

 北口に駅周辺の地図がありましたので、実際に歩いた道を青い点線で描いてみました。

ise14kochi308.jpg

ise14kochi309.jpg

 駅東側の踏切です。ここは朝夕は混雑する場所です。

ise14kochi3091.jpg

 線路を渡って、南口に来ました。この脇の細い道を進んで行きましょう。


FC2ブログランキング

古地図めぐり31 鶴巻温泉駅南口

ise14kochi311.jpg

ise14kochi312.jpg

 鶴巻温泉駅南口から(30)に向かって歩みを進めましょう。

ise14kochi313.jpg

 南口の脇を進むとこのような状況です。

ise14kochi314.jpg

 ここを左折します。

ise14kochi315.jpg

 ここが古地図の旧道と一致します。

ise14kochi316.jpg

ise14kochi317.jpg

 この細い道を登っていきます。

ise14kochi318.jpg

 登り坂が続いています。


FC2ブログランキング

紅鮭 炭火炙り焼き おにぎり

150206.jpg
今日のおにぎりは、紅鮭 炭火炙り焼き おにぎりです。「期間限定」の文字に弱いんです(笑)。
こだわりのお米、赤穂の焼あらじお、金のおむすび、などうんちくが書かれています。
191kcalで、190円です。

では、いただきます!

古地図めぐり32 延命地蔵尊

ise14kochi321.jpg

ise14kochi322.jpg

 (30)の場所にやってきました。

ise14kochi323.jpg

 遠くの社でお参りしている人たちがいます。

ise14kochi324.jpg

ise14kochi325.jpg

 ここは延命地蔵なんです。旧道沿いであることは間違いありません。

ise14kochi326.jpg

 落幡延命地蔵尊の由来が書いてあります。ちなみに落幡とは鶴巻の旧地名です。

ise14kochi327.jpg

 社の中には大きめなお地蔵さんが鎮座しています。

ise14kochi328.jpg

 参道の表示がありました。

ise14kochi329.jpg

 延命地蔵のすぐ近くの交差点は、延命地蔵尊前交差点です。


FC2ブログランキング

古地図めぐり33 サンライフ入口

ise14kochi331.jpg

ise14kochi332.jpg

 (30)から(31)へ向かって歩きましょう。

ise14kochi333.jpg

ise14kochi334.jpg

 延命地蔵尊の隣には鶴巻中部自治会会館がありました。

ise14kochi335.jpg

 南へと進みます。

ise14kochi336.jpg

 右側には生協(コープ)スーパーマーケットのMia Cucina(ミアクチーナ)鶴巻店があります。

ise14kochi337.jpg

 その隣にはガスト鶴巻店があります。

ise14kochi338.jpg

 そして左側にはリサイクルショップなっとくやがあります。伊勢原市役所通りのお店の姉妹店だそうです。

ise14kochi339.jpg

 その先の左側にはセブンイレブンがあります。

ise14kochi3391.jpg

 その角の信号がサンライフ入口交差点で、地図の(31)の場所です。


FC2ブログランキング

旅と鉄道 2015/3月号

150125a-book.jpg
[題名]旅と鉄道 2015/3月号
[発行]朝日新聞出版
[定価]1,000円
[発行日]2015/1/21
【巻頭特集 冬の絶景鉄道】
●釧網本線、大雪原を行く
●冬こそ美しい蒸気機関車
●冬の風物詩、ラッセル列車の鼓動
●銀世界を行く 絶景鉄道
●雪の鉄道モノクローム劇場
●中井精也指南 ゆる鉄、冬の絶景鉄道撮影講座
●冬列車、絶景路線20選

【追悼 高倉健】
健さんの「鉄道映画」

さようなら、ありがとう。種村直樹先生


 今回の特集は冬の絶景鉄道です。北海道や東北の鉄道が今回の主役です。確かに冬の鉄道は絵になりますよね。雪の上にレールが伸びている光景は本当に美しいものです。どこかに乗りに行きたくなってしまいました。


FC2ブログランキング

古地図めぐり34 鶴美ヶ丘バス停

ise14kochi341.jpg

ise14kochi342.jpg

 さて、(31)から(32)へ進んでみましょう。

ise14kochi343.jpg

 ガソリンスタンドの前を直進していきます。

ise14kochi344.jpg

 鶴美ヶ丘バス停です。行き先表示のいくつかは黄色いテープで隠されています。路線バスが廃止されたのかも知れません。それにしても鶴美ヶ丘という名前は新たに作られた名前でしょうね。そんな感じがします。

ise14kochi345.jpg

 その先には小僧寿しがあります。

ise14kochi346.jpg

ise14kochi347.jpg

 右側には門倉ガラス建材があります。道は右にカーブしながら下っていきます。

ise14kochi348.jpg

 右側には中華料理桂林があります。
 

FC2ブログランキング

筍いなりおにぎり 〜小海老入り〜

150210.jpg
今日のおにぎりは、筍いなりおにぎり〜小海老入り〜です。だし香る筍の味わいと書いてあります。
130円で187kcalです。

新発売に弱いなぁ(笑)

伊勢原古地図めぐり35 東海大学前駅入口

ise14kochi351.jpg

ise14kochi352.jpg

 さて、ぶらぶら歩きの旅も終点に近づいてきました。(32)から(33)へラストスパートです。

ise14kochi353.jpg

 右側には飲食店が何軒か長屋のように連なっています。

ise14kochi354.jpg

 こちらはとんかつ屋です。

ise14kochi355.jpg

 これは大根川を渡る大根橋です。

ise14kochi356.jpg

 大根橋から左を見ると下流方向になります。

ise14kochi357.jpg

 大根橋から右を見るとサービス付き高齢者向け住宅のココファン東海大学前があります。

ise14kochi358.jpg

 大根橋を渡った左側にはマックスバリュー平塚真田店です。このあたりはこの道路の右側が秦野市で左側が平塚市のようです。

ise14kochi359.jpg

ise14kochi3591.jpg

 正面に信号が見えてきました。東海大学前駅入口交差点です。昔は大根駅でしたが、1987年3月から東海大学前駅に改称されました。

ise14kochi3592.jpg

 東海大学前駅入口交差点を右折するとグルメシティダイエーがあります。このダイエーという呼称ももうすぐなくなってしまいます。

 今回の探索はここまでです。今回は、国道246号線の伊勢原交差点から、東海大学前駅入口交差点まで歩いてみました。次回は、伊勢原交差点から北へ(日向、七沢方面)を予定しています。


FC2ブログランキング

まぐろたたき巻

150210b160:158
祝日ですが、今日も仕事です(涙)

今日の昼食はキハダ・びん長まぐろのたたき巻です。
160円で158kcalです。

では、いただきます!

南三陸紀行1 準備

mina14san011.jpg
三陸鉄道南リアス線全図

 2014年4月に全線再開通した三陸鉄道。昨年(2014年)7月には北リアス線に乗ってきました。あまちゃん人気もあり、大賑わいで車内も大混雑でした。今度は南リアス線です。昨年の11月下旬の連休を利用して行ってきました。

 三陸鉄道南リアス線は盛(さかり)駅(大船渡市)から釜石駅まで全長36.6kmで、全部で10の駅がありますが、できるだけ多くの駅で乗下車しようと思い、計画をたてました。ローカル線は列車の本数が少ないので、順番に一駅ごとに乗り降りしていると効率が悪いのです。そこで、下の図のように行ったり来たりを繰り返すと、より多くの駅を体験することができます。

mina14san012.jpg

 この南リアス線では、A:盛駅、B:陸前赤崎駅、C:綾里駅、D:恋し浜駅、E:甫嶺駅となります。具体的に鉄道ダイヤに当てはめるとわかりやすいかも知れません。実際に三陸鉄道南リアス線の時刻表をダイヤ形式にしたものが下の図(手作り)です。

mina14san013.jpg

 このようにすると、A→B→C→D→EよりもA→C→B→E→Dの方が効率のよいのがわかると思います。

mina14san014.jpg

 今回の使用きっぷは、7月と同じく三連休乗車券です。これはJR東日本管内のJRだけでなく、三陸鉄道にも乗り放題なのです。今回は行きませんが、他にも、JR北海道の中小国〜函館、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、北越急行、富士急行、伊豆急行にも乗り放題です。今回の大船渡線BRT(Bus Rapid Transit)にもこのきっぷで乗ることができます。


FC2ブログランキング

スパイシードライカレーおにぎり

150212.jpg
今日はスパイシードライカレーおにぎりです。
焙煎カレー粉使用ですので、香ばしいいい香りがします。
140円で190kcalです。
あっ、やはり新発売です(笑)

では、いただきます!

南三陸紀行2 出発

 さて出発の日は11月22日(土)。語呂合わせで“いい夫婦の日”と呼ばれるようになって26年になります。

 午前中はいつもの土曜日と同じように仕事です。そして自宅へ帰り昼食を食べてから、バックパックを背負って伊勢原駅へ向かいます。

伊勢原1325ー1427新宿 小田急線 急行

 新宿行き急行の最後尾の車両へ座ります。堂場瞬一の文庫本を読んでいるとあっという間に新宿です。みずほ銀行新宿南口支店のATMで現金引き下ろしと通帳記入をしてから、新宿駅南口からJR中央線の快速で東京駅へ向かいます。都心の銀行支店のATMは平日はきっと大混雑なのでしょうが、土曜日はがら空きでした。

新宿1446ー1500東京 中央線 快速  三連休乗車券

 東京駅八重洲口の改札を出たところの本屋で立ち読みしながら時間をつぶします。通常の新宿〜一ノ関までの乗車券ですと、都区内は途中下車できませんので、これも三連休乗車券のいいところです。

mina14san021.jpg

mina14san022.jpg

 東北新幹線の待合室やホームは三連休の初日なので混雑しています。三連休の混雑は予想していたので、行きと帰りの新幹線は指定席を購入していました。

mina14san023.jpg

mina14san024.jpg

 窓側の指定された席に座り窓の外を眺めます。やがて日が沈み暗くなってきました。約2時間半で一ノ関に到着しました。いつも思うのですが、新幹線は早くて便利です。便利すぎます。

東京1536ー1810一ノ関 東北新幹線 やまびこ57


FC2ブログランキング

黒糖いなり

150213.jpg
今日は、黒糖いなり3個入りです。
200円で289kcalです。

では、いただきます!

南三陸紀行3 割烹松竹

 一ノ関駅前のいわぶち屋旅館・食堂には「準備中」の札がかかり閉まっています。ここのソース鶏カツ丼を一度食べてみたいのですが、いったいいつになったら食べられるのでしょうか?

mina14san030.jpg
“幻の”ソース鶏カツ丼@いわぶち屋食堂

 こんなこともあるかと思い、調べておいたすぐ近くの松竹食堂へ。

mina14san031.jpg

 入口脇の幟に「元祖ソーツカツ丼」と書いてあります。店内に入ると、ホール係の女性の元気で活気のある声が響いています。テーブル席へ案内されメニューをみます。

mina14san032.jpg

 注文はもちろん「ソースカツ丼」です。メニューには「お急ぎのお客様は、ソースカツ丼をお勧めします」という主旨のコメントが書かれています。駅前食堂らしい心配りです。

mina14san033.jpg

 店内には食事をする人、お酒とつまみで気持ちよくなっている人などでにぎわっています。その中をホール係の女性がまさに飛び回っています。夕食時なのでちょうど忙しい時間帯なのでしょう。やっと私の注文したソースカツ丼が出てきました。

mina14san034.jpg

mina14san035.jpg

mina14san036.jpg

mina14san037.jpg
ソースカツ丼 870円

 ごはんの上にキャベツの千切りがほどよくのり、その上にカラッと揚げられたカツが3枚あります。肉自体の旨味もあるし、厚さもちょうどよいし、ソースの味も私の好みです。キャベツもよいアクセントとなっています。


FC2ブログランキング

南三陸紀行4 ジャズ喫茶ベイシー

mina14san041.jpg

mina14san042.jpg

 ホテルへチェックインしてからジャズ喫茶 ベイシーへ向かいます。ホテルから徒歩10分ほどでした。

mina14san043.jpg

mina14san044.jpg

 ジャズは全くの素人ですが、フジテレビの日曜夜のヨルタモリという番組でタモリが扮している「岩手のジャズ喫茶のマスター」のモデルであり、一部のジャズファンからは「伝説のジャズ喫茶」と呼ばれているということで興味を持ったのです。

mina14san045.jpg

mina14san046.jpg

 さっそく店内に入ると、大きなスピーカーからはヘビーなサウンドが流れています。身体を包み込まれるようなサウンドです。魂をふるわせるかのような音が流れ続けています。お店の素敵な女性といろいろと話しをし、明日は釜石に泊まるというと釜石のお勧めのジャズ喫茶を紹介され、マスターの“こんの”さんによろしくお伝えくださいと付け加えられました。きれいな女性に勧められて、伝言まで頼まれたら行かなきゃなぁ(笑)。

 ホテルに帰る途中にあったコンビニでアルコールとつまみを購入。ホテルの大浴場とサウナをゆっくりと楽しみ、そして部屋でアルコールを飲みながら明日の予定の確認をしてベッドに入りました。


FC2ブログランキング

テツはこんな旅をしている 鉄道旅行再発見

150125b-book.jpg
[題名]テツはこんな旅をしている 鉄道旅行再発見
[著者]野田 隆
[発行]平凡社
[定価]820円
[発行日]2014/3/14
鉄道ブームもすっかり定着。車窓から絶景を眺め、観光列車にも乗った。それも楽しいけれど、もっと深く鉄道旅行を楽しみたい…。そこでテツ歴半世紀余の著者が、こだわりと工夫に満ちた8つの鉄道旅を開陳!


(1)あえて「裏道」を行く、(2)海を眺め、船にも乗る「半島」の旅、(3)「人名列車」に乗りに行く、(4)自分でプランする、ぐるり周遊の旅、(5)「鉄道系博物館」を訪ねるミニトリップ、(6)切符から発想する旅、(7)時刻表を片手に小説の中の旅をたどる、(8)ご利益求めて「参詣鉄道」の旅、の八つの章から成り立っています。

 私もテツですが、人名列車に興味はないし、信心深くないので参詣鉄道もあまりそそらない。自分でプランするのは当たり前だし、この本のような旅をテツがしていると思われるのもなんだか残念だなぁ。


FC2ブログランキング

みそ煮込みうどん

150215.jpg
今日の昼食は、愛知県豊田市の山本屋 山水で、妻と長男夫婦と四人でみそ煮込みうどんです。あの山本屋総本家ののれん分けのお店です。シコシコ麺と渋めのみそ味が美味しいです。

サーモンオニオン巻

150216.jpg
今日の昼食は、サーモンオニオン巻です。
180円で180kcalです。

やっぱり新発売です(笑)

南三陸紀行5 一ノ関駅

mina14san051.jpg

 目覚めて部屋から外を見ると天気は雨。テレビの天気予報では、朝方は雨だがこれから徐々によくなり青空が見えてくるらしいというので一安心です。昨夜の長野北部での地震のことが話題になっていました。午後10時頃に震度6弱の地震があったようです。岩手県では全く揺れを感じませんでした。

mina14san052.jpg

 一ノ関駅まで傘をさして約5分ほどの歩きます。いわぶち旅館・食堂は朝から営業しているというのですが、未だに「準備中」です。

mina14san053.jpg

 一ノ関駅前には大槻三賢人像がありました。医学や哲学、言語学に貢献があったようです。

 一ノ関駅にコンビニがあり、どうしようか迷いましたが、焼そばパンを買って、待合室で朝食を食べました。結果的にはこれが大正解だったのです。昼食にありつけなかったのですから(笑)。

mina14san054.jpg

mina14san055.jpg

mina14san056.jpg

 発車時刻が近づいてきましたので、改札を入ります。3番ホームに気仙沼行きの大船渡線の列車が発車を待っています。大船渡線は一ノ関から気仙沼を経て大船渡市の盛まで結んでいるのですが、気仙沼〜盛の海沿いの線路は東日本大震災で被災し、現在ではBRT(Bus Rapid Transit)という名前のバス輸送になっています。ちなみに前谷地〜気仙沼を結ぶ気仙沼線も、柳津〜気仙沼間はBRTです。

mina14san057.jpg

 大船渡線はドラゴンレールとも呼ばれます。線路がなべツルの形になっているのです。当初は一ノ関〜千厩〜気仙沼とほぼ直線の予定でしたが、摺沢(すりさわ)出身の立憲政友会の代議士の影響で計画が変更され、その後、千厩(せんまや)出身の憲政党の代議士の影響で現状のような路線になりました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行6 大船渡線ホーム

mina14san061.jpg

mina14san062.jpg

 右側が一ノ関駅の3番ホームです。

mina14san063.jpg

 左側の2番ホームには盛岡行きの列車が停まっています。車体には世界遺産平泉がプリントされています。「世界遺産」になって集客効果が抜群なのでしょうが、どこでも世界遺産、世界遺産となるとちょっと食傷気味です。

mina14san064.jpg

mina14san065.jpg

 こちらが大船渡線の列車です。2両でワンマンです。

mina14san066.jpg

mina14san067.jpg

 車体にはドラゴンレール大船渡線のロゴがあり、車内はこんな感じのセミロングシートで、トイレ付きです。


FC2ブログランキング

南三陸紀行7 一ノ関〜陸中松川

mina14san071.jpg
大船渡線(一ノ関〜柴宿)

mina14san072.jpg

 大船渡線の列車は定刻に一ノ関を出発しました。

mina14san073.jpg

 列車最後部からの写真です。左側には東北本線が分かれていきます。

mina14san074.jpg

mina14san075.jpg

 青い跨線橋と東北新幹線をアンダークロスします。


一ノ関駅出発

mina14san076.jpg

 真滝、陸中門崎、岩ノ下と停車しながら、陸中松川が近づいてきました。車窓には砕石場と思われる山肌が見えました。帰宅後に調べると、石灰岩の砕石が行われていたようです。

mina14san077.jpg

 陸中松川に到着しました。ここで対向列車行き違いのため3分停車します。


FC2ブログランキング

南三陸紀行8 陸中松川〜千厩(せんまや)

mina14san081.jpg
大船渡線(陸中門崎〜小梨)

mina14san082.jpg

 対向列車を待ってから再度出発します。


陸中松川駅出発

mina14san083.jpg

 観光地である猊鼻渓(げいびけい)の最寄り駅に到着しましたが、駅舎のない棒線駅の小さな駅でした。バスか自家用車を利用して、列車ではこないのでしょうね。

mina14san084.jpg

mina14san085.jpg

 摺沢(すりさわ)駅はわりと大きな駅舎でした。

mina14san086.jpg

 摺沢から千厩(せんまや)の途中では少し紅葉が楽しめました。


摺沢〜千厩

mina14san087.jpg

mina14san088.jpg

 千厩駅に到着しました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行9 千厩(せんまや)〜気仙沼

mina14san091.jpg
大船渡線(摺沢〜新月)

mina14san092.jpg
mina14san093.jpg

 千厩駅を出発しました。


千厩駅出発

mina14san094.jpg

 小梨、矢越と停車して、折壁に到着しました。

mina14san095.jpg

mina14san096.jpg

 新月を出ると、線路は大川沿いに下り坂となり軽やかに進みます。

mina14san097.jpg

 気仙沼駅構内に入ってきました。左に見える道路は、気仙沼線BRT(気仙沼〜柳津)の路線で、専用のバスが走る部分です。以前は線路が敷かれていましたが、現在はバス専用道路になっています。なんだかむなしいものです。

一ノ関0718ー0841気仙沼 大船渡線


FC2ブログランキング

南三陸紀行10 気仙沼駅

mina14san101.jpg

 気仙沼駅に到着しました。ここは大船渡線と気仙沼線の接続駅で、三方向へ列車が走っていたのですが、現在では今乗って来た一ノ関方面だけが列車で、柳津方面と大船渡・盛方面へはバス路線となっています。

mina14san102.jpg

mina14san103.jpg

 柳津へ向かう気仙沼線のBRTはこちらの1番線ホームから発着していますが、これから乗る大船渡線(気仙沼〜盛)のBRTは駅前の観光案内所の前のバス停から発着しています。

mina14san104.jpg

mina14san105.jpg

mina14san106.jpg

 バス乗り場を遠目に見るとすでに行列ができています。空いていればバスの一番前に乗ろうと思っていましたが、これはあきらめましょう。駅周囲をブラブラしてみましょう。


FC2ブログランキング

乗りつぶし支援ツール比較検証

150125c-book.jpg
[題名]乗りつぶし支援ツール比較検証
[著者]乗りつぶしオンライン
[発行]乗りつぶしオンライン
[定価]300円
[発行日]2014/12/28

 乗りつぶしを支援する印刷物(出版物)や、乗りつぶしをコンピュータで管理するものを比較検証しています。相変わらずのキメの細かさに脱帽です。


FC2ブログランキング

南三陸紀行11 気仙沼駅前

mina14san111.jpg

mina14san112.jpg

 気仙沼駅舎です。

mina14san113.jpg

mina14san114.jpg

 駅前広場の反対側には「ようこそ気仙沼へ!」と書かれた灯台のモニュメントがありました。


FC2ブログランキング

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター