日本人も悩む日本語

150114a-book.jpg
[題名]日本人も悩む日本語
[著者]加藤重広
[発行]朝日新聞出版
[定価]842円
[発行日]2014/10/30
「許せない日本語」は次から次へと現れる。本当の正しさはどこにあるのか?万物が流転するように、ことばも変化し続ける。間違った表現も多くの人が使えば、「正しいことば」になるのだろうか?本書では、歴史やことばの成立過程をもとに誤用にまつわる謎をすっきり解説。複雑な日本語の世界は、不合理で時に人間的、そしてかくも奥深かった!


日本語の使い方を安易に「正しい」か「間違っている」か、クイズのような感覚で決めるのは実は難しいのだという考え方を解説している本です。時代とともに人が知っていることが変わり、常識だったことも常識でなくなり、新しい常識が増えてきます。社会状況や言葉を使う人間の知識や考え方に影響を受けています。と言っても基本的な日本語は抑えておきたいですね。


FC2ブログランキング

チキンカツサンド

150302.jpg
今日の昼食は職場近くの手作りパン屋のこなやのチキンカツサンドです。
291円で、カロリーはわかりませんが、500kcalくらいはあるでしょうか?

では、いただきます。

南三陸紀行17 三陸鉄道盛駅売店

 三陸鉄道盛駅には売店が併設されいろいろなグッズが売られています。復興支援の一環としていくつか買ってきました。

mina14san17991.jpg

 三陸鉄道手ぬぐいです。今回の全線運転再開を記念しています。

mina14san17992.jpg

mina14san17993.jpg

 手作り車両マグネットです。

mina14san17994.jpg

 赤字せんべいです。

mina14san17995.jpg

 盛から恋し浜ゆきの乗車券です。

mina14san17996.jpg

 恋し浜手ぬぐいです。


FC2ブログランキング

メンチキャベツ

150303.jpg
今日の昼食は、こなやのメンチキャベツです。
216円で、カロリーは300kcalくらいでしょうか?

では、いただきます。

南三陸紀行18 三陸鉄道盛駅

mina14san171.jpg
三陸鉄道南リアス線(盛〜吉浜)

mina14san172.jpg

 三陸鉄道盛駅です。JRよりも駅舎は小さいのですが、活気はこちらの方がありました。

mina14san173.jpg

 階段を上らずにホームへ行くルートもあるのですが、あえて、跨線橋を渡って向こう側のホームへ行きました。

mina14san174.jpg

mina14san175.jpg

 通路にはなぜかカラフルな手袋がたくさん展示してあります。

mina14san176.jpg

mina14san177.jpg

 駅名標です。「椿の里 盛」となっています。大船渡市は椿の自生する北限で、市の花にもなっているようです。

mina14san178.jpg

mina14san179.jpg

 2両編成ですが2両目は団体専用の貸し切りとなっています。ワンマン、セミクロス、トイレ付きの列車です。1両目にも団体客が多く、相席で通路側にやっと座ることができました。今年の7月の三陸鉄道北リアス線と同様に、この南リアス線も乗客が多いのかも知れません。


FC2ブログランキング

南三陸紀行19 綾里駅

 釜石行きの列車が盛駅を出発しました。わずか12分で二つ目の綾里駅に到着しました。

mina14san181.jpg


綾里駅出発

盛1100ー1112綾里(りょうり) 三陸鉄道南リアス線(釜石行き)

mina14san182.jpg

mina14san183.jpg

 駅名標には「綾姫の里 綾里」とあります。綾姫が機織を伝えたという伝説があるそうです。

mina14san184.jpg

 跨線橋には子供たちの絵が飾ってあります。

mina14san185.jpg

 こちらは盛方面です。

mina14san186.jpg

 そしてこちらは釜石方面です。

mina14san187.jpg

 駅スタンプもありました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行20 綾里物産観光センター

mina14san188.jpg

mina14san189.jpg

mina14san1891.jpg

 綾里駅には物産観光センター銀河という売店があります。

mina14san1892.jpg

mina14san1893.jpg

 綾里駅舎です。駅舎の前には三鉄ファンクラブの会員名簿がありました。

mina14san1894.jpg

mina14san1895.jpg

 津波てんでんこ(「津波が来たら、取る物も取り敢えず、肉親にも構わずに、各自てんでんばらばらに一人で高台へと逃げろ」「自分の命は自分で守れ」という教え)や、暴れ狂った海として「災害は忘れた頃にやってくる」という言葉とともに過去の大津波の被害情報の書かれたボードも駅前にありました。このボードは東日本大震災の4年前の平成19年(2007年)6月の設置ですから、以前からこのような教えや注意が行き届いていた地域もあるのですね。


FC2ブログランキング

南三陸紀行21 綾里駅前

mina14san191.jpg

mina14san192.jpg

 さらに駅舎の横には綾里大権現保存庫がありました。中を覗きましたが、展示されていませんでした。大権現とは獅子舞のことで、東北では大権現と呼ぶことが多いそうです。YouTubeで巨大な綾里大権現の勇姿を見ることができます。

mina14san193.jpg

mina14san194.jpg

 駅前道路を少し下っていくと、「大船渡市指定史跡 宮野貝塚」がありました。縄文前期中頃から晩期末までの長期にわたって生活の場と利用されていたようです。三陸沿岸では貴重な史跡のようです。

mina14san195.jpg

mina14san196.jpg

 むき出しで保存されているようですが、ワイルドだなぁ。


FC2ブログランキング

南三陸紀行22 陸前赤崎駅

mina14san200.jpg
三陸鉄道南リアス線(盛〜三陸)

 さて、綾里駅からは陸前赤崎駅へ一つ戻ります。列車は単行、ワンマン、セミクロスでした。盛から綾里へ来たときと同じ顔ぶれが数多く見えました。どうしてだろうと思いましたが、時刻表を見て納得しました。おそらく彼らは団体で、

盛1100ー1119恋し浜1141ー1156盛

のコースで恋し浜駅に行ったに違いありません。これでも22分の時間があります。なにしろ恋し浜駅は大人気だそうですから。もちろん、私もこの後に行くことになっています。あっという間に陸前赤崎駅に到着しました。

mina14san201.jpg


陸前赤崎駅出発

綾里1145ー1151陸前赤崎 三陸鉄道南リアス線(盛行き)

mina14san202.jpg

 駅名標には「貝塚めぐり 陸前赤崎駅」と書いてあります。また貝塚ですね。周辺には縄文時代の貝塚の遺跡が多いそうです。

mina14san203.jpg

 陸前赤崎駅の近くには何もありません。入口も写真のように表示しないとわかりにくようです。


FC2ブログランキング

捏造の科学者 STAP細胞事件

150301-book.jpeg
[題名]捏造の科学者 STAP細胞事件
[著者]須田桃子
[発行]文藝春秋
[定価]1,728円
[発行日]2014/12/30
このままの幕引きは科学ジャーナリズムの敗北だ。「須田さんの場合は絶対に来るべきです」   はじまりは、生命科学の権威、笹井氏からの一通のメールだった。ノーベル賞を受賞したiPS細胞を超える発見と喧伝する理研の記者会見に登壇したのは、若き女性科学者、小保方晴子。発見の興奮とフィーバーに酔っていた取材班に、疑問がひとつまたひとつ増えていく。「科学史に残るスキャンダルになる」 STAP細胞報道をリードし続けた毎日新聞科学環境部。その中心となった女性科学記者が、書き下ろす。誰が、何を、いつ、なぜ、どのように捏造したのか?「科学史に残るスキャンダル」の深層


 「世紀の大発見」から一転して「世界の三大不正論文スキャンダル」へ急展開したSTAP細胞問題。毎日新聞記者である著者が、関係者への取材やメールのやりとりなどから問題点を提起する。小保方氏、笹井氏、若山氏など論文作成に関わった個人の責任も大きいものがあるが、組織としての理研そしてCDB(Center for Developmental Biology:発生・再生科学総合研究センター)の責任が最も大きい。iPS細胞への対抗意識が強すぎて、物事の真偽をうやむやにしてしまったことも問題だが、最大の問題は事後処理の稚拙さだ。外部の有識者だけで構成された「研究不正再発防止のための改革委員会」は、最終会合で理研の改革案の提言書をまとめ、理研への不信感から、その日のうちに記者会見で発表した。“小保方氏のずさんな採用プロセス、STAP研究の閉鎖的状況、研究者任せのずさんなデータ管理。改革委員会はこれらの複合的な原因は、“いずれもCDBが許容し、その組織体制に由来する”と分析。STAP問題の背景には、“研究不正行為を誘発する、あるいは抑止できない、組織の構造的な欠陥があった”と結論づけた。さらにその大元には、CDBが2000年4月の発足以降、ほぼ同じメンバーで運営されてきたことによる「トップ層のなれ合い関係によるガバナンス(組織統治)の問題」があると指摘したのだ。

最後に、自ら命を絶った笹井氏のご冥福をお祈りします。


FC2ブログランキング

南三陸紀行23 陸前赤崎駅前

mina14san211.jpg

 海沿いなので被災したのか、駅も場所が少し東側に移り、駅舎ももちろん新しくできたようです。見渡す限り何もなく、事前にネットで調べた飲食店の姿さえ全く確認できません。

mina14san212.jpg

mina14san213.jpg

 駅舎のある高台から平地へ降りてきました。住居の基礎やコンクリートブロックは残っていますが、住居があったと思われる場所にはまだ雑草が生い茂っています。ところどころにプレハブの仮設住居が見られます。

mina14san214.jpg

 秋葉山、山神と書いてあります。秋葉山といって思い出すのは、静岡県浜松市の秋葉山ですが、何か関係があるのでしょうか? 新しく白いセメントで補強されているので、震災で倒れたのかも知れません。

mina14san215.jpg

 南海と船体に書いてある小型ボートです。いったい何のためにここにあるのでしょうか?  東日本大震災で漂着したものなのでしょうか。後ろにある白い築堤は南リアス線の線路です。真っ白いので、新しくしたものだということがわかるでしょう。


FC2ブログランキング

ますの押し寿司

150310.jpg
今日の昼食は、ますの押し寿司です。
170円で127kcalです。

では、いただきます!

南三陸紀行24 太平洋セメント大船渡工場

mina14san221.jpg

 海沿いに出てみました。大船渡湾です。逆光に輝いています。


大船渡湾

mina14san222.jpg

 海沿いを右に行くと太平洋セメント大船渡工場があります。この近くにあったと思われる飲食店は何もありません。この工場も海沿いのためにかなり被災したと思われますが、現在では何の問題もなく稼働しているようです。

mina14san223.jpg

さらに進んでいくと巨大な煙突が!  道路を挟んで双方に工場があるようです。

mina14san224.jpg

 工場が終わる頃に写真のよう線路が現れました。

mina14san225.jpg

 地図では、黒矢印で示している貨物駅の赤崎駅(岩手開発鉄道)です。

mina14san226.jpg

mina14san227.jpg

 写真のような状況です。駅舎が被災したようで、こちらの駅舎も新しくなっていました。


FC2ブログランキング

まぐろたたき巻

150311.jpg
今日の昼食は、まぐろたたき巻です。
160円で158kcalです。

では、いただきます!

南三陸紀行25 盛川河口

 時刻は12時半を過ぎています。昼食はまだ食べてませんが、昼食を食べられそうな場所すら見当たりません。盛川河口(すでに大船渡湾か?)を渡ってみることにしました。

mina14san231.jpg

 この橋から北(盛駅方面)を見るとこんな感じです。

mina14san232.jpg

mina14san233.jpg

 橋の中央部ではこのような工事が行われていました。何の工事でしょうか? 新しい橋のための橋桁の工事でしょうか?

mina14san234.jpg

 もう少しで対岸という場所からみた景色です。時が止まったような感じです。

mina14san235.jpg

 対岸の巨大なコンクリートの塊には「津波はここまでやってきました」という青い表示がされていました。津波に負けない巨大な橋を作っているのでしょうね。

 対岸まで行くも食事ができるような場所は皆無であり、人の往来もなく、今来た道を引き返します。


FC2ブログランキング

南三陸紀行26 中赤崎商店街

mina14san241.jpg

 太平洋セメント大船渡工場に沿った道を戻ってきました。「大船渡の未来を考える会」の「復興が遅い! 流れを変えよう」という看板が目立ちます。確かに復興が遅いとは思います。たまたま今日は大船渡市長選挙の日でした。後日確認すると、自民、民主、公明推薦の現職が再選されていました。無所属新人(元大船渡市議会議員)との対決でしたが、12,062票対9,400票ってかなりの接近してましたね。

mina14san242.jpg

 しかたなく、昼食抜きで列車に乗ろうとトボトボと陸前赤崎駅へ向かっていると中赤崎商店街という看板がありました。あれっ、商店街なんてあったかな? と思いながら矢印方向へ向かうと、プレハブの仮設住居と思っていた建物が目指す商店街であることがわかりました。

mina14san243.jpg

mina14san244.jpg

 二棟あり、一棟には美容院のみ、そしてもう一棟には三軒のお店がありました。

mina14san245.jpg

 飲食店はどうかというと、、、、、、、スイーツのお店がありました!


FC2ブログランキング

ポークロールとシチューパン

150313.jpg
今日の昼食は、職場近くのこなやのポークロールとシチューパン(名前はうろ覚え)です。
二つで367円です。600kcalくらいはあるでしょうか?

では、いただきます!

南三陸紀行27 oiseau sweets

mina14san251.jpg

 ここがoiseau(オアゾー) sweetsです。九死に一生を得て、わらをもつかみ、捨てる神あれば拾う神あり、掃き溜めに鶴(ちょっと違うか?)といった心境です。

mina14san252.jpg

 チーズケーキ(200円)、自家製プリン(280円)、アイスコーヒー(250円)をチョイスし、ちょっとしたイートインコーナーでの昼食となりました。空腹の私にとっては救いのスイートとなり助かりました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行28 再び陸前赤崎駅

mina14san261.jpg

 改めて見上げてみると、駅舎はかなり高い場所にあります。

mina14san262.jpg

 てくてく登り駅舎内で列車を待ちます。

mina14san263.jpg

 駅舎内は写真のようにきれいな状態を保っています。

mina14san264.jpg

 ホームから山側を見ると、こちらは以前の建物が数多く残っているように感じました。

mina14san265.jpg


陸前赤崎駅到着

 盛から釜石行きの列車が到着しました。これに乗って甫嶺まで行きます。


FC2ブログランキング

健康で文化的な最低限度の生活(1)(2)

150216a-book.jpg

150216b-book.jpg
[題名]健康で文化的な最低限度の生活(1)(2)【マンガ】
[著者]柏木ハルコ
[発行]小学館
[定価]596円
[発行日](1)2014/9/3、(2)2015/2/4
新卒公務員の義経えみるが配属されたのは福祉事務所。えみるはここでケースワーカーという生活保護に関わる仕事に就くことになったのだが、そこで生活に困窮した人々の暮らしを目の当たりにして。
 新聞メディアはもちろん、現職のケースワーカー、医療、福祉関係者の方も注目する本格派ドラマ!


 【マンガ】生活保護担当の福祉事務所勤務となった新人の義経えみる。生活保護の現実に直面して面食らうえみる。多重債務者が発覚する人、精神的な問題を抱えてもそれを極力隠そうとする人、などなど。生活保護者数がどんどん増加する中、福祉事務所職員による就労支援や不正受給の実態も描かれています。


FC2ブログランキング

南三陸紀行29 恋し浜駅停車

mina14san270.jpg

 列車は普通列車で、観光列車ではないのですが、恋し浜駅に数分停車しました。

mina14san271.jpg

 お客さんはほぼ全員が途中下車しています。「恋」という字が駅名にあるのは、母恋駅(ぼこい:室蘭本線:室蘭市)恋ケ窪駅(こいがくぼ:西武国分寺線:国分寺市)恋山形駅(こいやまがた:智頭急行線:鳥取県智頭町)とここ恋し浜駅の四つしかないという希少価値の駅なのです。実はもう一つ恋路駅(こいじ:のと鉄道能登線:石川県能登町)があったのですが、2005年にのと鉄道能登線の廃止とともに無くなりました。

mina14san272.jpg

mina14san273.jpg

 またホームには幸せの鐘があり、越喜来(おきらい)湾の絶景が眺められるという場所に駅はあるのです。それ以外にも待合室内にホタテ貝の絵馬掛けもあるため、見所となっているのです。そのために乗客はいろいろと写真を撮っています。私は後でまた来るので、周囲の様子を頭に入れていました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行30 甫嶺駅

mina14san281.jpg

mina14san282.jpg

 恋し浜の次の駅の甫嶺で途中下車しました。


甫嶺駅出発

陸前赤崎1345ー1403甫嶺(ほれい) 三陸鉄道南リアス線(釜石行き)

mina14san283.jpg

mina14san284.jpg

 駅名標には「金のしずく」と書いてあります。昔はこの近くの鉱山で金が採掘されていたそうです。

mina14san285.jpg

 山の木々は少し紅葉しているものもあります。

mina14san286.jpg

 こちらは恋し浜・盛駅方面です。

mina14san287.jpg

 階段を降りてみました。駅前ロータリーには地元のおばあちゃんと嫁さんがタバコをすっていました。なんでこんな場所でタバコを吸っているのでしょうか。自宅が禁煙なのでしょうか?


FC2ブログランキング

南三陸紀行31 甫嶺駅前

mina14san291.jpg

 甫嶺駅から海岸まで歩いてみましょう。このように壊れたブロックがあるところには住居があったのでしょう。まさに「兵どもが夢の跡」といった感じです。

mina14san292.jpg

 海の手前での工事のために、海沿いまで近づくことはできません。

mina14san293.jpg

 高い場所に上って海沿いを見ることができました。工事のまっただ中といったところでしょう。

mina14san294.jpg

mina14san295.jpg

 甫嶺駅に戻りましょう。線路沿いには「三陸鉄道 甫嶺駅植樹祭 2014/6/26」と記されています。半年前に植樹が行われていたようです。これからの成長を期待しましょう。


FC2ブログランキング

南三陸紀行32 甫嶺〜恋し浜

mina14san300.jpg
三陸鉄道南リアス線(盛〜三陸)

 甫嶺からは恋し浜駅に戻ります。

mina14san301.jpg

 甫嶺駅の待合室です。とてもきれいな待合室です。

mina14san302.jpg

mina14san303.jpg

mina14san304.jpg

 恋し浜方面の列車に乗り込みました。車窓からは写真のようなすばらしい景色が楽しめます。工事が完成したらどのように景観が変わるのでしょう。

mina14san305.jpg

 乗った列車はレトロ車両のため車内のシートもご覧のような特別仕様になっています。

甫嶺1445ー1453恋し浜 三陸鉄道南リアス線(盛行き)


FC2ブログランキング

南三陸紀行33 恋し浜駅

mina14san311.jpg

mina14san312.jpg

 2両編成の車両が恋し浜駅に到着しました。この列車も数分停車するため乗客の多くはホームに降りて景色を眺めたり写真を撮ったりしています。

mina14san313.jpg

 駅名標には「愛の磯辺」と書いてあります。


恋し浜駅出発

 ホームに降りた乗客のほとんどはまた列車に乗り込み去って行ってしまいました。結局下車したのは、私以外では、男性2人と女性3人の若者5人組だけでした。私を入れれば3対3になるよ、という心の叫びは当然ながら届くわけなく、もちろん別行動です。

mina14san314.jpg

 こちら側は盛駅方面です。

mina14san315.jpg

 そしてこちら側は釜石駅方面です。トンネルに挟まれた駅であることがわかります。

mina14san316.jpg

mina14san317.jpg

 高台にある駅から長い階段を降りてきました。


FC2ブログランキング

南三陸紀行34 小石浜漁港

mina14san321.jpg

 高台にある恋し浜駅から港に向かって歩いていきました。徐々に海が近づいてきます。

mina14san322.jpg

 途中には「東日本大震災津波到達地点」と書かれたものがありました。駅舎は被害を免れたようですが、海抜15mくらいまで津波が来たようです。

mina14san323.jpg

mina14san324.jpg

 「小石浜水産物荷捌き施設」の上には「水産業経営基盤復旧支援事業」という文字が書いてあります。

 恋し浜駅は1985年10月に新設されましたが、当初の駅名は地名から小石浜(こいしはま)駅でした。2009年7月に地元で直販されているホタテブランド「恋し浜」にちなんで駅名を恋し浜駅に変更しました。

mina14san325.jpg

 もう漁は終えたようです。和やかな時間が流れています。水面にはかもめでしょうか、白い鳥たちが戯れています。

mina14san326.jpg

 漁港の先端では釣り人が釣り糸を垂れています。

mina14san327.jpg

mina14san328.jpg

 越喜来湾の景観をしばし楽しみました。


FC2ブログランキング

謎解きはディナーのあとで(3)

150216c-book.jpg
[題名]謎解きはディナーのあとで(3)
[著者]東川篤哉
[発行]小学館
[定価]734円
[発行日]2015/1/10
お嬢様刑事の宝生麗子と、毒舌な執事探偵の影山のコンビが活躍する、シリーズ累計400万部突破の国民的ユーモアミステリ第3弾。
宝生邸に眠る秘宝が怪盗に狙われる「怪盗からの挑戦状でございます」、体中から装飾品を奪われた女性の変死体が発見される「彼女は何を奪われたのでございますか」をはじめ、続々と発生する難事件に麗子はピンチ。しかしながら、「お嬢様は無駄にディナーをお召し上がりになっていらっしゃいます」--影山の毒舌と推理は絶好調! そして、影山、麗子、風祭警部の3人の関係にもついに変化が訪れて・・・・・・
文庫版の特典として、「名探偵コナン」との夢のコラボレーション短編「探偵たちの饗宴」も収録。コナンと影山が力を合わせて、パーティ会場で起きた奇怪な殺人事件に挑む!!


文庫化されてから読んでみました。相変わらず軽妙なタッチの謎解きが続きます。ビブリア古書堂の事件簿を読むと栞子さんが剛力彩芽に頭の中で置き換わるのと同じように、このシリーズでは宝生麗子さんが北川景子に、執事の影山が櫻井翔に置き換わります。文庫版特典として最後に「名探偵コナン」とのコラボ短編小説の「探偵たちの饗宴」も収録されています。シリーズ第4弾が今から楽しみです。


FC2ブログランキング

北斗星クリアファイル

北斗星のクリアファイルです。いなか仁が、ten.Yさんからいただいた物を私に譲っていただきました。

150322file1.jpg
青い機関車の写真の裏側には、

150322file2.jpg
青い夜空が描かれ、

150322file3.jpg
赤い機関車の写真の裏側には、

150322file4.jpg
赤い夕焼け空(?)が描かれています。

ポケットが一つだけでなく、二つ入るようになっており、素材もしっかりしており、今後の鉄道旅のお供にちょうどよいものです。

いなか仁さん、ten.Yさん、どうもありがとうございました。
またよろしくお願いします。

真珠婚式

タイトルのように真珠婚式を迎えました。結婚30周年です。

先週末に長男夫妻と次男から、食事に誘われました。
蔵造りのおしゃれな空間で、美味しい料理と美味しいお酒をご馳走になりました。

そして最後に出てきたのが写真のプレートのデザートです。

15032130th1.jpg
もったいなくて食べたくなかったのですが、そういうわけにもいかずに、美味しくいただきました。

15032130th2.jpg
そして、さらに四角い箱に入った花もいただきました。

息子達にお祝いしてもらえるなんて、言葉で表せないくらいに感慨深いものです。

あっという間の30年でしたが、50年を迎えるくらいまでは元気でいたいですね。

南三陸紀行35 恋し浜駅ホーム

mina14san331.jpg

mina14san332.jpg

 もう一度ホームに戻ります。駅名標ももう一度。「三鉄の 藍(藍)の磯辺の 小石(恋し)浜 かもめとまりて 汐風あまし」。これは1985年に三陸鉄道が開通し、同時にこの地にこの駅が誕生した際に、地元の人が詠ったものなのです。

mina14san333.jpg

 ホームの端には「クウェート国からのご支援に感謝します」と書かれたパネルがありました。鉄道の復興に多大な協力をいただいたようです。

mina14san334.jpg

 幸せの鐘です。周りに誰もいないので、鳴らしてみました。


恋し浜駅幸せの鐘

mina14san335.jpg

 再び越喜来湾を見下ろします。太陽の角度が変わると、若干印象が異なります。


FC2ブログランキング

プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター