京都2:梅小路蒸気機関車館(2)

kyo15to110.jpg
 梅小路蒸気機関車館の全体図です。扇形車庫と転車台に注目です。

kyo15to111.jpg
 ちびっこ達と一緒に入館しました。ちびっこ達は元気がいいですね。

kyo15to112.jpg
 扇形車庫の中には、蒸気機関車がたくさん並んでいます。全部で19両の蒸気機関車を保存してあり、動態保存車両は7両です。定期的に点検・整備されているのでしょうね。

kyo15to113.jpg
 閉館まであと94日とカウントダウンの看板の前で記念写真を撮影しました。

kyo15to114.jpg
 妻も同様に記念撮影です。

kyo15to115.jpg
 こちらは幼稚園児でしょうか。先生の言うことをちゃんと聞いているようですね。


FC2ブログランキング

京都3:梅小路蒸気機関車館(3)

kyo15to121.jpg
 有名な扇形車庫はこちらです。現役で使われているのですね。すばらしいことです。

kyo15to122.jpg
 いろいろな蒸気機関車が並んでいます。D50やD52などが見えています。

kyo15to123.jpg
 こちらはちょっとレトロな蒸気機関車です。

kyo15to124.jpg
 これは菊の御紋がついていることを考えるとお召し列車を牽引していたのでしょうね。


FC2ブログランキング

稲定観15-16

雨模様の天気が続いたので、久しぶりの自転車通勤です。

150903a.jpg
稲が稲らしくなってきました。

150903b.jpg
黄金色の実が重くなってきているようです。
もう少しかな?

京都4:梅小路蒸気機関車館(4)

kyo15to131.jpg
 車庫の中には階段があり、屋根の上の高さから蒸気機関車たちを眺めることができます。このアングルはなかなかありません。ドローンに乗って見ているようです。

kyo15to132.jpg
 黒々とした車体が美しく見えます。

kyo15to133.jpg

kyo15to134.jpg
 質実剛健といった感じで機関車が並んでいます。

kyo15to135.jpg
 車庫内から転車台を見下ろすと、こんな感じです。次は転車台に行ってみましょう。


FC2ブログランキング

京都5:梅小路蒸気機関車館(5)

kyo15to141.jpg
 円形の転車台にはいくつもの線路がつながっています。曲線と直線が美しく交わっています。

kyo15to142.jpg
 ここでも記念写真を撮ってみました。

kyo15to143.jpg
 妻も道連れです(笑)。私よりポーズが決まっています。鉄子になってきたのかも知れませんね。

kyo15to144.jpg
 扇形車庫の脇には、客車も保存してありました。

kyo15to145.jpg
 自由に中に入れます。エアコンが効いていて涼しい空間です。休憩できるようになっているのでしょう。


FC2ブログランキング

高校野球部OB会


これから高校野球部OB会です。
テストを兼ねてスマホから送信します。
(なお、写真と記事は一切関係ありません(^^))








家族という病

150814-book.jpg
[題名]家族という病
[著者]下重暁子
[発行]幻冬社
[定価]842円
[発行日]2015/3/25
日本人の多くが「一家団欒」という言葉にあこがれ、そうあらねばならないという呪縛にとらわれている。しかし、そもそも「家族」とは、それほどすばらしいものなのか。実際には、家族がらみの事件やトラブルを挙げればキリがない。それなのになぜ、日本で「家族」は美化されるのか。一方で、「家族」という幻想に取り憑かれ、口を開けば家族の話しかしない人もいる。そんな人達を著者は「家族のことしか話題がない人はつまらない」「家族写真入りの年賀状は幸せの押し売り」と一刀両断。家族の実態をえぐりつつ、「家族とは何か」を提起する一冊。


 家族とは楽しみもあり、しがらみもあり、複雑なものです。世の中はどんどん変化しているのに、家族に求められるものは昔の面影です。納得できる内容です。しかし、子供を育てたことのないあなたがそこまで言及できるのでしょうか? 子供を育て、そして家族の中で悩んだ人に論じてもらいたかったです。


FC2ブログランキング

京都6:梅小路蒸気機関車館(6)

kyo15to150.jpg
 スチーム号に乗るには乗車整理券が必要です。

kyo15to151.jpg
 さぁ、これからSLスチーム号へ乗りましょう。

kyo15to152.jpg
 徐々にお客さんが多くなってきました。

kyo15to153.jpg

kyo15to154.jpg
 遠足のチビッコ達や家族連れも次々と乗り込んできます。

kyo15to155.jpg
 まずはバックで山陰本線をアンダークロスして梅小路公園に沿って進みます。


FC2ブログランキング

母校の女生徒もがんばっています。

母校の女子バンドが紹介されています。
150906読売新聞
「あつぎミュージックフェステイバル新人発掘オーディション」で軽音楽部の1年生女子バンドが大賞に輝きました。
結成4ヶ月での快挙だそうです。

がんばれ! 「CReal'm」!

(2015年9月6日 読売新聞)

〜こっせん(宮崎弁)

150828読売新聞
「〜こっせん」とは、文末に添えて相手に軽く同意を求めながら尋ねる時に使う宮崎弁だそうです。
宮崎といえばいなか仁さんです。
この言葉は、宮崎では使ってるこっせん?

(2015年8月28日 読売新聞)

京都7:梅小路蒸気機関車館(7)

kyo15to161.jpg
 しばらくして止まりました。そして今度は進行方向を変えて進みます。


SLスチーム号

kyo15to162.jpg
 SLスチーム号を撮影している人もいます。

kyo15to163.jpg
 ハンモックでくつろいでいる人たちもいます。

kyo15to164.jpg
 SLスチーム号から降りました。このようにチビッコ達も順番を待っています。楽しい旅になるといいですね。


FC2ブログランキング

稲定観15-17

150911a.jpg
台風や大雨で、1週間ぶりの自転車通勤です。
今朝は清々しい晴天です。
写真上部には富士山が見えています。
また写真右下には撮影している私の影が・・・(笑)


150911b.jpg
稲穂もだいぶ黄金色になってきました。
そろそろ稲刈りでしょうか?
この地域の田んぼでは、まだ稲刈りをした田んぼはありません。

京都8:美々卯&ますだ&茶寮都路里

kyo15to171.jpg
 京都駅に戻り、伊勢丹のレストランフロアの美々卯で昼食です。妻は湯葉うどんです。京都らしい和風の感じです。

kyo15to172.jpg
 私も京都らしくにしんそばを食べました。美々卯はうどんで有名なので、うどんかそばか迷いましたが。

kyo15to172a.jpg
 食後に細見美術館で琳派四百年古今展を楽しみました。

kyo15to173.jpg
 その後、私は平安神宮近くで仕事のために妻と別れました。

kyo15to174.jpg
 ある団体の社員総会に参加しました。

kyo15to175.jpg
 夕食は妻と落ち合い、先斗町のおばんざいのお店のますだでいただきました。あの司馬遼太郎先生も常連だったとか。由緒正しき老舗でした。

kyo15to176.jpg
 祇園四条界隈を散歩しながら、デザートは祇園辻利の茶寮都路里で抹茶パフェです。あれだけ食べたのに、甘いものは別腹なんですね(笑)。


FC2ブログランキング

名鉄トヨタホテル


昨日から愛知県に来ています。
宿泊は、駅と電車が部屋から見える名鉄トヨタホテルです。
テストを兼ねて送信します。







豆庵


昼食は豊田市駅近くの豆庵でいただきました。







遺品整理士という仕事

150802a-book.jpg
[題名]遺品整理士という仕事
[著者]木村榮治
[発行]平凡社
[定価]820円
[発行日]2015/3/13
故人の部屋を片づける大事な「遺品整理」。だが、社会の高齢化や家族のありかたが変化する中で、遺族が行うことが難しくなってきている。そこで、遺族の心に寄り添い、よい「お別れ」を助けるプロフェッショナル、「遺品整理士」の仕事が脚光を浴びている。整理するのは、「もの」だけではない。「心」だ。遺族の思い出を守る、その仕事の神髄。


 昨今は孤独死などもメディアの話題となっていることから、そういった方々の死後の遺品を片付ける人の話しかと思っていました。しかし、本書の中身は全く違っていました。一言でいうと、遺族の気持ちにそった整理を行うということです。単なる物の後片付けだけではありません。物であっても感情であっても残すものは残すのです。著者は2011年に一般社団法人遺品整理士認定協会を設立し、現在まで1万人の遺品整理士を誕生させています。情熱の人です。


FC2ブログランキング

京都9:宇治

kyo15to201.jpg
 2日目はまず京都からJR奈良線に乗って宇治駅まで行きます。京都発の列車は満席でしたが、二つ目の稲荷駅でほとんどの乗客が下車しました。ここは伏見稲荷の最寄り駅ですので、外国人を含めた観光客が下車したのはわかるのですが、大学生らしき若者も大量下車したので、すぐにスマホで調べると近くに龍谷大学深草キャンパスがあるのですね。ここの学生さん達でしょう。

kyo15to202.jpg
 宇治駅前には茶壺型のポストがありました。「この茶壺型ポストは2001年3月23日『宇治市制施行50周年』を記念して設置されました。」という説明がされていました。なかなかユニークです。

kyo15to203.jpg
 駅前には観光地らしく宇治市観光案内所がありました。抹茶ソフトクリームやだんごがおいしそうです(笑)。ここに寄って観光案内図をいただきました。

kyo15to204.jpg
 宇治駅前から平等院へ向かう表参道の両側には、観光客相手の飲食店やお土産店が数多く並んでいます。そんな中、「うちが“かんばやし”のお茶の本家ですよ」などという声がかかりました。調べてみると、京都の一澤帆布の騒動と似ているようです。詳しくはかんばやしの争いをどうぞ。まぁ、平等院へ行く観光客にはどうでもいいことですが、なんだか寂しいですねぇ。仲良くやれないものなのでしょうか。誠に残念です。そうこうしているうちに平等院表参道の鳥居まで来ました。平等院までもうすぐです。


FC2ブログランキング

京都10:平等院鳳凰堂(1)

kyo15to211.jpg
 宇治平等院に到着しました。まずは10円玉で有名な平等院鳳凰堂の姿を見ようとしましたが、写真のように修学旅行生を中心にかなりの混雑です。

kyo15to212.jpg
 前の方へ移動してパチリ。なかなかきらびやかです。中学生の時にも来ているとは思いますが、全く記憶がありません(笑)

kyo15to213.jpg
 少し斜めから全体像をパチリ。池に写る姿も美しいものです。

kyo15to214.jpg
 あらかじめ時刻指定の内部拝観券を購入しておきました。


FC2ブログランキング

京都11:平等院鳳凰堂(2)

kyo15to221.jpg
 鳳凰堂内部拝観の時間が来ましたので、中に入ります。解説付きのミニツアーのような感じです。中央にたたずむ、木造の阿弥陀如来像には圧倒されました。鳳凰堂から灯籠を入れて写真をとりました。

kyo15to222.jpg
 内部はこんな感じです。

kyo15to223.jpg

kyo15to224.jpg
 屋根はこんな感じになっています。うまく表現できませんが、色合いが鮮やかです。

kyo15to225.jpg
 鳳凰堂内部の説明を受けた後に、最初に写真を取った場所に移動すると、阿弥陀如来像の顔の部分の格子が空いているのがわかります。これもガイドさんに説明されました。
 この後、平等院ミュージアム鳳翔館に寄りましたが、写真はとれませんでした。


FC2ブログランキング

京都12:宇治公園&宇治神社&宇治上神社

kyo15to231.jpg
 平等院ミュージアム鳳翔館を出た後、さらに歩みを進めて、喜撰橋を渡り、宇治公園へと入りました。写真右側には宇治公園内の十三重石塔が写っています。宇治公園から今度は朝霧橋を渡り川の向こう岸に出ました。

kyo15to232.jpg
 川を渡ってすぐに宇治神社があります。重要文化財になっています。

kyo15to233.jpg
 そして川岸の小さな公園には、宇治十帖モニュメントがあります。写真の背景の橋は朝霧橋です。

kyo15to234.jpg
 宇治神社の奥に、宇治上神社があります。こちらは世界文化遺産に登録されています。

kyo15to235.jpg
 正面には拝殿があります。本殿はこの裏のようですね。

kyo15to236.jpg
 本殿に行く途中に桐原水がありました。これは宇治茶にかかせない「宇治七名水」の一つですが、他の六ヶ所はすでになくなってしまい唯一残っているものだそうです。

kyo15to237.jpg
 こちらが本殿です。茅葺き屋根でとても渋い感じになっています。さすがは世界文化遺産ですね。


FC2ブログランキング

東京駅丸の内口


今夜は、東京駅に来ています。
これから旅の始まりです。







サンライズ瀬戸 シングル


寝台特急サンライズ瀬戸のシングルに乗り込みました。







東海道線ホーム


窓からは東海道線のホームが見えます。あちらは日常ですが、こちらは非日常です。
もうすぐ出発します。







中国山地:姫路〜新見

san15in_map19a.jpg
東京からサンライズ瀬戸で姫路へ。
そして姫新線で中国山地を横断して新見駅まで行きます。

姫路駅に到着


約10分遅れで姫路に着きました。







本竜野駅


本竜野駅で途中下車。
ここは童謡赤とんぼの故郷らしい。







播磨新宮駅


ここでも途中下車しました。







佐用駅


ここでも途中下車?
左様でござる。







津山駅


途中ウトウトしちゃいましたが、津山に着きました。







新見駅


新見駅に無事に到着しました。








プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター