伊勢原カレンダー2月

伊勢原カレンダー1602
2月のタイトルは「雪の大山」で、小山壽太郎氏の撮影です。
雪の大山の手前には、東海大学病院と中沢中学校とロマンスカーが写っています。


FC2ブログランキング

JR東日本カレンダー2月

JR東日本1602
E259系 N’EX 成田線(成田〜空港第2ビル)

成田エクスプレスだけに、バックの飛行機がよく似合います。


FC2ブログランキング

鉄道の旅カレンダー2月

鉄道の旅1602
釧網本線(網走〜知床斜里)

オホーツクの流氷越しに列車を見ています。


FC2ブログランキング

山陰山陽37:出雲市駅2

san15in371.jpg
 出雲大社の社を模した出雲市駅北口です。今日の旅はここからスタートします。

san15in372.jpg
 こちらは出雲市駅南口です。

san15in373.jpg
 駅構内には、プラレールを使った観光案内模型がありました。日御碕灯台や出雲大社、出雲ドームや一畑電車や宍道湖、そして寝台特急サンライズ出雲なども描かれています。

san15in374.jpg
 これは出雲大社の一部なのか、この地方の遺跡なのか、よくわかりません。

san15in375.jpg
 そしてこれは重要文化財で近代化産業遺産であるJRの旧大社駅です。

san15in376.jpg
 これは隣の西出雲駅近くにあるJR西日本の車両基地の様子です。蒸気機関車とブルートレイン、特急車両とサンライズ出雲などが並んでいます。鉄道好きにはいろいろと楽しめる駅ですね。

san15in377.jpg
 少し早めにホームに入ります。ホームには6時40分発の特急スーパーおき1号が到着しました。米子始発5時52分で終点の新山口には10時14分に到着予定です。


出雲市駅:スーパーおき1号到着

san15in379.jpg
 これから乗る6時51分発の浜田行きです。2両編成でトイレ付き、車掌さんは女性です。

san15in379a.jpg
 座席はご覧の通りボックス席で、窓は手動で開くタイプです。


FC2ブログランキング

山陰山陽38:出雲市〜田儀

san15in380m.jpg
 今日の前半の行程です。浜田で乗り換えて益田へ向かいます。益田で昼食の予定です。

san15in381.jpg
右側に島根半島の山々の稜線が見えています。標高は400-500m程度ですが、急峻にそびえているように見えます。

san15in382.jpg

san15in383.jpg
 小田を過ぎると、右手に日本海が広がります。今日は天気もよくて穏やかな日本海です。この景色を見たくて旅に出たのです。

san15in384.jpg

san15in385.jpg
 動画も撮ってみました。


小田〜田儀

san15in387.jpg
 小田の集落の西側に小さな港がありました。

san15in388.jpg

san15in389.jpg
 その先も写真のような絶景が続きます。

2015/9/20
出雲市0651ー0910浜田 山陰本線


FC2ブログランキング

山陰山陽37:出雲市駅2【追記】

san15in374.jpg
 これは出雲大社の一部なのか、この地方の遺跡なのか、よくわかりません。

【追記】古代出雲大社の復元模型ではないかとご指摘をいただきました。
なんと高さが48mあったそうです。JR出雲市駅の横にあったとすると、

san15in374b.jpg

こんな具合になるようです。駅舎がとても小さく見えてしまいます。

山陰山陽39:田儀駅

san15in391.jpg
 田儀駅に着きました。ここで対向列車交換のために10分間停車します。

san15in392.jpg
 まずやってきたのは、特急スーパーまつかぜ4号です。益田始発5時52分で、終点の鳥取には9時27分到着予定です。

san15in393.jpg
 側面には島根のゆるキャラしまねっこが描かれています。

san15in394.jpg san15in395.jpg
 田儀駅ホームからも日本海が見渡せます。


田儀駅ホームから

san15in397.jpg
 田儀駅の隣に手引ヶ丘公園の入口がありました。

san15in398.jpg
 しばらくすると別の列車が来ました。浜田駅発5時30分の出雲市行き普通列車です。

 それにしてもこのあたりには二文字の駅名が多い印象があります。小田(おだ)、田儀(たぎ)、羽根(はね)、久手(くて)と四駅連続ですし、大田市を過ぎてから仁万(にま)、馬路(まじ)などもあります。


FC2ブログランキング

dancyu2016年2月号

160128c-book.jpg
[題名]dancyu2016年2月号
[発行]プレジデント社
[定価]880円
[発行日]2016/1/6
ラーメン イズ ビューティフル

「がんこ」に生きる。
106年のラーメン史が5分でわかる
ラーメンの「ラ」
「八雲」の支那そばを大解剖!
東京で本当に美味しいラーメン12軒&13杯
味噌は冬景色
銀座六丁目十二番の奇跡
「らぁ麺 やまぐち」の自作ラーメン教室
そこにずっと昔からある。
マドリードでラーメンが人気?
日本の最北端でラーメンを食べる

蕪とカリフラワー
ジビエのことが知りたい。
大間でマグロを獲るということ。

甘く不思議なルポ - 名古屋の小倉トースト
取り寄せカタログ - 活け締め鮟鱇
シリーズ「学校」1 - テキーラの学校


さすがdancyuです。質が高くて興味深いのです。最新のラーメン状況がよくわかりました。老舗の情報も満載ですよ。これで880円とはお買い得。


FC2ブログランキング

山陰山陽40:田儀〜大田市

san15in401.jpg
 田儀駅を出てすぐに小さな港がありました。その付近の集落には赤い色をした石州瓦の屋根が見えます。

san15in402.jpg san15in403.jpg
 トンネルを超えて大田市に入るとまた海に近づきます。


田儀〜羽根

san15in405.jpg san15in406.jpg
 海が見えると短いトンネルに入り、そしてトンネルが終わるとまた海が見えるといった具合です。

san15in407.jpg
 線路から海を見下ろす感じになります。

san15in408.jpg
 羽根の集落は、石州瓦が目立ちます。

san15in409.jpg
 そろそろ羽根駅が近づいてきました。そしてその次が大田市駅です。

2015/9/20
出雲市0651ー0910浜田 山陰本線


FC2ブログランキング

山陰山陽41:大田市〜仁万

san15in411.jpg
 大田市駅は世界遺産である石見銀山の最寄駅の一つです。石見銀山へ行かないのか?  はい、もちろん行きません(笑)

san15in412.jpg san15in413.jpg
 五十猛駅を出ると、線路はまた海に近づきます。穏やかな日本海です。窓を開けて写真や動画を撮っていますので、風の音も録音されています。


五十猛〜仁万

san15in415.jpg
 そして仁万に集落に近づくと、鮮やかな石州瓦が目に飛び込んできます。

san15in416.jpg san15in417.jpg
 仁万駅に着きました。高校生が数多く下車しました。地図を見ると県立邇摩(にま)高校が近くにありました。

 このあたりは島根県邇摩(にま)郡仁摩(にま)町大字仁万(にま)町と表記していた時期もありましたが、2005年に大田市と合併したため、邇摩(にま)郡と仁摩(にま)町は消滅しました。

 また仁万駅近くには仁摩サンドミュージアムがあります。こちらには「仁摩」の文字が残っています。もちろん行きませんよ(笑)。

2015/9/20
出雲市0651ー0910浜田 山陰本線


FC2ブログランキング

山陰山陽42:仁万〜江津

san15in421.jpg
 馬路の集落にも石州瓦の屋根が多いです。

san15in422.jpg
 馬路駅に着きました。マジです。駅から徒歩5分で、鳴り砂で有名な琴ヶ浜海水浴場がありますが、もちろん行きません(笑)

 馬路からは、湯里、温泉津と山あいを走りますので海は見えません。

san15in423.jpg
 石見福光駅を出ると福光川越しに日本海が見えてきます。

san15in424.jpg
 黒松駅は江津市です。こちらも石州瓦が目立ちます。

san15in425.jpg san15in426.jpg
 黒松〜浅利〜江津にかけての海岸沿いでは風力発電が行われています。普段は風が強いのしょうね。今日は穏やかです。

san15in427.jpg
 浅利〜江津でも海沿いを走ります。

san15in428.jpg
 江の川を江の川橋梁(486m)で渡ります。向こうに見える橋は江津バイパスです。


浅利〜江津

san15in429.jpg
 江の川橋梁を渡り終えると、三江線が左側から合流します。もうすぐ江津駅です。

2015/9/20
出雲市0651ー0910浜田 山陰本線


FC2ブログランキング

山陰山陽43:江津駅

san15in431.jpg
 江津駅に着きました。ここで10分の停車時間があります。快速アクアライナー(7時44分益田発、11時06分米子着)と列車交換するためです。

san15in432.jpg
 この列車で浜田まで向かいます。

san15in433.jpg
 向かって右側にカーブしている線路が三江線です。


FC2ブログランキング

山陰山陽44:江津〜浜田

san15in441.jpg
 都野津(つのづ)駅手前でも海が見えます。

san15in442.jpg
 都野津駅に着きました。

san15in443.jpg
 都野津からは、敬川(うやがわ)、波子(はし)、久代(くしろ)、下府(しもこう)、浜田とほとんど海は見えません。山あいを走りますので緑がきれいです。

san15in444.jpg
 こちらでも石州瓦の家並みが目立ちます。

san15in445.jpg
 波子駅に着きました。こちらの駅舎の屋根も石州瓦ですね。

san15in446.jpg
 そして波子駅を過ぎると右側にしまね海洋館アクアスが見えてきます。

san15in447.jpg
 久代駅です。音だけだと、釧路駅と同じです。

san15in448.jpg
 こちらの駅は下府(しもこう)駅です。読むのが難しいですね。

san15in449.jpg
 海の青と木々の緑、そして空の青がきれいです。

2015/9/20
出雲市0651ー0910浜田 山陰本線


FC2ブログランキング

山陰山陽45:浜田駅

san15in451.jpg
 浜田駅に着きました。この列車の終点です。北口には浜田医療センターができていました。

san15in452.jpg
 次に乗る列車は9時53分発の快速アクアライナーですが、43分時間があるので途中下車します。

san15in453.jpg
 途中下車印が押されました。女性駅員でした。男性駅員よりも女性駅員の方が途中下車印を押してくれますね。

san15in454.jpg
 二階の改札を出ると北口方面には、どんちっち三魚と書かれた大きな看板と、浜田医療センターを示す小さな看板がありました。どんちっち三魚とは、どんちっちアジ、どんちっちのどぐろ、どんちっちカレイのことだそうです。

san15in455.jpg
 こちらが浜田駅南口です。市民サロンが併設されています。

san15in456.jpg
 浜田駅舎の全体像です。新しくなりとても綺麗になりました。

san15in457.jpg
 駅前ロータリーには石見神楽からくり時計がありました。


石見神楽からくり時計

san15in458.jpg
 ロータリーから街中へ向かうところにも「どんちっちタウン」と書かれていました。

san15in459.jpg
 南口駐車場から、浜田医療センター(左側)と浜田医療センター付属看護学校(右側)を望みます。


FC2ブログランキング

旅と鉄道2016年3月号

160128b-book.jpg
[題名]旅と鉄道2016年3月号
[発行]朝日新聞出版
[定価]1,000円
[発行日]2016/3/21
[特集]冬の日本海紀行
●Trains & Travel POPPO-EYE
●ひと目でわかる! JR 観光列車 運行カレンダー
●タビテツ 旬々インタビュー vol.03 高橋団吉

【巻頭特集】冬の日本海紀行
●日本海冬の旅
●富山から石川へ、氷見線と「花嫁のれん」冬を味わう 北陸の旅
●北陸で輝き始めた観光列車の新星たち
●花嫁のれん
●べるもんた
●のと里山里海号
●「みすゞ潮彩」 と歴史をめぐる山陰本線
●羽越本線で日本海を北上「きらきらうえつ」 で行く新潟の酒造探訪
●絶景ポイントを網羅 日本海縦断紀行
●「丹後の海」がデビュー !! 京都の海を走る京都丹後鉄道

●雪に立ち向かう 弘南ラッセルの冬
●豪雪地帯に除雪車あり 雪と闘う鉄道史


今回は冬の日本海の特集です。五能線、羽越本線、小浜線、山陰本線など私の好きな路線ばかりです。


FC2ブログランキング

山陰山陽46:浜田〜周布

san15in461.jpg
 そろそろ出発時刻が近づいてきました。益田までは快速アクアライナーで移動します。快速といっても浜田〜益田は各駅に停車します。

san15in462.jpg
 雲ひとつない青空です。素晴らしい!

san15in463.jpg
 快速アクアライナーが定刻(9時47分)に到着しました。6分間停車してから出発です。2両、ワンマン、ボックス席、トイレ付きです。

san15in464.jpg
 浜田駅を出て1km過ぎで右手に港が見えてきます。

san15in465.jpg san15in466.jpg
 西浜田駅の手前でも右手に浜田港がぐーっと広がります。


浜田〜西浜田

san15in468.jpg
 西浜田〜周布(すふ)間にはソーラーパネルがありました。

2015/9/20
浜田0953ー1044益田 山陰本線 快速アクアライナー


FC2ブログランキング


山陰山陽47:周布〜折居

san15in471.jpg san15in472.jpg
 周布〜折居間はトンネル、海、トンネル、海、トンネル、海の連続です。

san15in473.jpg san15in474.jpg
 海の変化を楽しむことができます。

san15in475.jpg san15in476.jpg
 日本海の絶景が続きます。

san15in477.jpg
 まだ続きます。

san15in478.jpg
 やっと折居駅に着きました。

2015/9/20
浜田0953ー1044益田 山陰本線 快速アクアライナー


FC2ブログランキング

山陰山陽48:折居〜三保三隅

san15in481.jpg san15in482.jpg
 折居駅を出てからしばらく海岸線に沿って走ります。

san15in483.jpg
 透き通っていて海底が見えています。


折居〜三保三隅

san15in485.jpg san15in486.jpg
 本当にきれいな海岸線です。

2015/9/20
浜田0953ー1044益田 山陰本線 快速アクアライナー


FC2ブログランキング


山陰山陽49:三保三隅〜鎌手

san15in491.jpg
 三保三隅駅を出発すると、右手前方に見えるのはおそらく三隅火力発電所です。

san15in492.jpg
 三隅川を渡って、岡見駅に着きました。

san15in493.jpg
 岡見駅を出てから車窓右には三隅火力発電所の高い煙突がみられます。

san15in494.jpg san15in495.jpg
 相変わらず美しい海が続きます。

san15in496.jpg san15in497.jpg
 こちらも同じです。

san15in498.jpg san15in499.jpg
 岩場や砂浜など多彩な海の景色をみせてくれます。

2015/9/20
浜田0953ー1044益田 山陰本線 快速アクアライナー


FC2ブログランキング


山陰山陽50:鎌手〜石見津田

san15in501.jpg
 鎌手駅を出てからすぐに右手に大浜の港がみえてきます。

san15in502.jpg
 大浜の港を右手にみることができます。

san15in503.jpg san15in504.jpg
 いろいろな姿の日本海です。

san15in505.jpg
 石見津田駅の近くの集落の屋根には石州瓦です。

2015/9/20
浜田0953ー1044益田 山陰本線 快速アクアライナー


FC2ブログランキング


山陰山陽51:石見津田〜益田

san15in511.jpg
 石見津田駅を出てからしばらく海岸沿いを走ります。

san15in512.jpg san15in513.jpg
 穏やかな波が漂っています。


石見津田〜益田

san15in515.jpg san15in516.jpg
 なかなか見ごたえがあります。

san15in517.jpg san15in518.jpg
 波打ち際までしっかり見えています。

2015/9/20
浜田0953ー1044益田 山陰本線 快速アクアライナー


FC2ブログランキング


地図の中の札幌 街の歴史を読み解く

151226a-book.jpg
[題名]地図の中の札幌 街の歴史を読み解く
[著者]堀 淳一
[発行]亜璃西社
[定価]6,480円
[発行日]2012/11/28
 地図を用いて札幌の歴史を語る。その任に最もふさわしい人といえば、堀淳一さんが筆頭であろう。札幌にすでに80年近くお住まいで、旧制中学生の時には市内の自宅を実測して「堀」という図名の200分の1地形図を作成された。北海道大学物理学教授としてのお仕事の傍ら地図を長年にわたって研究し、やがて地図エッセイストを本業として今日に至っている。

 その著作は約100冊にのぼり、日本だけでなく外国を含むさまざまな地図を守備範囲とし、土地の「風貌」を伝達する雄弁な道具としての地図の表現について的確に、時に厳しく批評を展開すると同時に、地図ーー特に地形図の多面的な奥深い楽しみ方を、多くの読者に提示してくれた。もちろん中学生の時に堀さんの本に出会った私も、その恩恵に与った一人である。

 本書に掲載された札幌の地図は、明治初年の黎明期の貴重なものから、人口200万に手が届きそうな現在の地形図、そして土地条件図などまで多岐にわたり、千古斧を知らぬ扇状地に切り拓かれた計画都市の、近代の急激な変貌を手に取るようにたどることができる。札幌市民のみならず、多くの地理・歴史愛好者に本書を座右に置いていただきたい


 昔の地図から現代の地図までを取り上げて、今や巨大都市となった札幌の明治初期から現在までの歴史を紐解いた画期的な本である。地形や土地利用など開発・開墾の歴史も知ることができるし、鉄道(路面軌道含む)・道路・水路の変遷も取り上げられている。昨年12月、札幌市電が400m延伸して環状になり、また歴史が一つ変わった。


FC2ブログランキング

山陰山陽52:益田駅

san15in521.jpg
 10時44分の定刻に益田駅に着きました。「人麿と雪舟の里」と書いてあります。

san15in522.jpg
 改札前にも「柿本人麿 生誕の地 益田へ」「なつかしの国石見へようきんさった!」と方言が迎えてくれました。

san15in523.jpg
 駅スタンプにも、「人麻呂と雪舟ゆかりの駅」と書いてあります。

san15in524.jpg
 益田駅舎です。快晴でとても暑い日差しです。

san15in525.jpg
 益田駅前ロータリーです。ホテルや飲食店が見えます。

san15in526.jpg
 ロータリーの反対側から益田駅舎を見てみます。

san15in527.jpg
 BSジャパンの番組で「聞き込みローカル線 気まぐれ下車の旅」というのがあります。これが何故だかお気に入りで録画してから見ています。益田駅での乗り換えに何と2時間43分もの時間があったので、似非「聞き込みローカル線 気まぐれ下車の旅」をやってみました。まずは駅前の「旅のサロン」と表示してある益田市観光案内所へ行きました。担当の女性にご挨拶してから、「この近くにどこかお勧めのお土産屋さんはありますか?」と尋ねてみると、ロータリーの反対側を指差して、「向こう側の白い建物のお店が森谷(もりたに)さんで、山陰地方のお土産が置いてありますよ」と丁寧に教えてくれました。お礼を言ってから、森谷さんへ向かいます。

san15in528.jpg
 この白い建物がお土産の森谷さんです。いろいろなお土産があるので迷ってしまいましたが、いくつか選んで自宅まで発送してもらいました。そして、「お昼ご飯をこれから食べるのですが、この近くでお勧めのレストランはありますか?」と尋ねると、「道の向こう側に豊味軒という中華屋さんがあります。あそこは美味しいと評判ですよ」とこちらも丁寧に教えてくれました。


FC2ブログランキング


山陰山陽53:豊味軒

san15in531.jpg
 お土産屋さんの森谷さんで教えていただいた豊味軒です。渋い感じのする外観です。

san15in532.jpg san15in533.jpg
 店内は喫茶店と間違うような革張りの椅子が並んでいます。とても中華料理屋さんには見えない内装です。さて何を食べましょうか。メニューは、麺・餃子、湯(スープ)、飯類、一品料理、定食の他に、洋食類(カレーライス、チキンライス、オムライス、トンテキ、トンカツ)も揃っています。昨日の昼と夕がラーメンだったので、今度は焼きそばにしてみましょう(笑)。かた焼きそば(750円)を注文しました。

san15in534.jpg
 たちまち出てきたかた焼きそばは、ボリューム満点! 

san15in535.jpg
 大きめなラーメン丼に揚げた麺が入っており、その上に餡がこぼれんばかりにたっぷりと乗っかっています。

san15in536.jpg
 麺は昔懐かしい自宅近くにあった小松食堂の揚げ麺に似ています。餡の中にも具がたっぷり! なんとか全部食べきりました。満足、満腹です。どうもごちそうさまでした。


FC2ブログランキング


山陰山陽54:益田〜戸田小浜

san15in540m.jpg
 今日の午後は、ひたすら山陰本線を西進してから南下して下関へ向かいます。

san15in541.jpg
 10時44分から2時間43分待って、やっと出発時刻の13時27分が近づいてきました。特急スーパーおき3号に乗って、新山口から山陽本線に乗り換えれば16時12分に下関に着くのですが、あえて山陰本線の普通列車に乗り続けます。

san15in542.jpg
 これが長門市行きの列車です。単行、ワンマン、トイレ付きです。

san15in543.jpg
 車内はボックスシートです。窓も開けることができます。

san15in544.jpg san15in545.jpg
 益田駅を出て、山口線を左へ分けてから、309mの高津川橋梁を渡ります。そして持石海水浴場から一気に海岸線に出るのです。


益田〜戸田小浜1

san15in547.jpg san15in548.jpg
 再び海岸沿いを走っています。海沿いに公園も見えてきます。


益田〜戸田小浜2

2015/9/20
益田1327ー1518長門市 山陰本線


FC2ブログランキング


山陰山陽55:戸田小浜〜飯浦

san15in551.jpg san15in552.jpg
 戸田小浜を出てからも海沿いを走ります。天気もよく海もきれいです。

san15in553.jpg san15in554.jpg
 集落の家々の屋根には石州瓦が使われており壮観です。


戸田小浜〜飯浦

san15in556.jpg
 上の動画の最後に見られる海の中の島にある神社は、衣毘須(えびす)神社です。満潮時には歩いていけないみたいです。

san15in557.jpg
 そろそろ飯浦(いいのうら)に近づいてきました。

2015/9/20
益田1327ー1518長門市 山陰本線


FC2ブログランキング


山陰山陽56:須佐〜宇田郷

 飯浦〜江崎〜須佐は山あいを走ります。江崎駅から山口県に入ります。

san15in561.jpg
 須佐を出た列車からの車窓です。いい絵ですね。

san15in562.jpg san15in563.jpg
 少し高いところから海を眺めます。


須佐〜宇田郷

san15in565.jpg
 もうすぐ宇田郷です。

2015/9/20
益田1327ー1518長門市 山陰本線


FC2ブログランキング


山陰山陽57:宇田郷〜木与

 宇田郷駅を出ると、しばらく海沿いを走ります。


宇田郷〜木与

san15in571.jpg
 トンネルを超えるとまた海が見えてきます。沖にみえる丸っこい島はおそらく姫島だと思います。

san15in572.jpg
 この左手沖の島が姫島です。

san15in574.jpg san15in575.jpg
 そしてまた海沿いです。

2015/9/20
益田1327ー1518長門市 山陰本線


FC2ブログランキング


廃線跡の記録 失われゆく、鉄道大国ニッポンの原風景

150824-book.jpg
[題名]廃線跡の記録 失われゆく、鉄道大国ニッポンの原風景
[発行]三才ブックス
[定価]1600円
[発行日]2010/4/1
断崖絶壁の上に取り残されたレール、草に埋もれる廃車両、崩落の進む廃隧道 etc...。
日本の近代的発展を足元から支えながらも、不要と判断され廃止されてしまった鉄道路線“廃線跡”。
そこには見る者の心を揺さぶる魅力的な風景が数多く存在する!


 「廃線跡の記録」シリーズは、1〜4まで発行されています。私が知った当時は3と4は買えたのですが、1と2は買えませんでした。廃線ならぬ出版中止になってしまったのでしょうか? ところが先日ブックオフへ行くと偶然にもこの本(1)が買えました。写真が多くて楽しめます。日本全国いたるところに廃線跡があるのですね。都内にもあるとは知りませんでした。貴重な記録の本となりました。


FC2ブログランキング

山陰山陽58:奈古〜長門大井

san15in581.jpg
 奈古〜長門大井は海沿いを走ります。正面の島は大島、右側の二つ見える島のうち大きな右側は男鹿島、小さな左側は女鹿島です。

san15in582.jpg san15in583.jpg
 正面の平たい島が大島です。


奈古〜長門大井

 山陰本線は海沿いを走っていますが、海とトンネルの連続で、この動画のように2分間海沿いというのは珍しいことです。(トンネルが一つ入っていました)

san15in585.jpg san15in586.jpg
 変わった形の岩もありました。ネットで調べると立岩というようです。なるほど、立っているような感じですね。

san15in587.jpg
 長門大井駅に着きました。

2015/9/20
益田1327ー1518長門市 山陰本線


FC2ブログランキング



プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター