伊勢原カレンダー7月

伊勢原カレンダー1707
審査委員特別賞・小中学生の部 日なたぼっこ/柏 篤生

棋士という人生 ー傑作将棋アンソロジーー

170417-book.jpg
[題名]棋士という人生 ー傑作将棋アンソロジーー
[著者]大崎善生 編集
[発行]新潮社
[定価]680円
[発行日]2016/10/1
吹けば飛ぶような駒に人生を賭けた者たち。日々盤面に向かう彼らは何を追い求めるのか。大山康晴、升田幸三、中原誠ら往年の大棋士たちの横顔、才能空しく脚光を浴びずに消えた悲運の棋士の肖像、孤独に戦い続ける若手棋士の苦悩……作家、記者、そして棋士自身が綴った文章の中から二十余の名品を精選。将棋指しという職業の哀歓、将棋という遊戯の深遠さを写し出すアンソロジー。


高いIQを有し、壮絶な戦いを繰り広げている棋士たち。全国から天才少年たちが集まった奨励会を勝ちぬけないと棋士になれない。作家や記者や棋士自身のエッセイを集めたもの。なかなかの名作揃いだ。

藤井聡太四段は30連勝なるか!


FC2ブログランキング



田村道59:伊勢山公園3

tam16ura591.jpg
 こんな観光案内もありました。旧東海道の藤沢宿の江ノ島や東海道の展望ができる伊勢山の説明です。

tam16ura592.jpg
 「東海道分間延絵図」の東海道と伊勢山が描かれています。

tam16ura593.jpg
 「藤沢宿の西、東海道の北側に位置する小高い丘は、かつて神明宮(伊勢神宮の分霊を祭神とする神社)があったため、伊勢山と呼ばれています。ここは眼下に東海道を見下ろすことができるだけでなく、海上の江の島をも望む景勝の地で、昭和の戦前期には時の鐘が置かれていました。

tam16ura594.jpg
 ここが江の島が見える見晴台です。正面に江の島がうっすらと見えています。

tam16ura595.jpg
 拡大するとこうなります。


FC2ブログランキング


田村道60:伊勢山公園4

tam16ura601.jpg
 江の島の反対側の北を望みます。グラウンドの向こうに丘陵地帯が広がっており、住宅やマンションになっています。

tam16ura602.jpg
 小田急江ノ島線がよく見えます。

tam16ura603.jpg
 伊勢山公園には桜がたくさんありました。桜の名所だそうです。

tam16ura604m.jpg
 伊勢山公園へは南側から登りましたが、帰りは東側(赤矢印)へ降りてきました。

tam16ura605.jpg
 降りてきた道を見上げると、こんな感じです。こちらが正面入口なんですね。

tam16ura606.jpg
 そして藤沢本町駅です。今日はここで終了です。小田急線を乗り継いで伊勢原まで帰りました。

 次回は2016年6月12日です。


FC2ブログランキング



田村道61:藤沢本町駅



tam16ura611.jpg
 田村道第三弾は2016年6月12日です。伊勢原から小田急線で藤沢本町まで行き、ここからスタートです。

tam16ura612.jpg
 地図の赤下線の伊勢山橋です。ここから東へ進みます。

tam16ura613.jpg
 地図の赤矢印の白旗交差点です。ここを左折します。


FC2ブログランキング


田村道62:白旗神社1

tam16ura620m.jpg

tam16ura621.jpg

tam16ura622.jpg
 しばらく進むと正面に大きな鳥居が見えてきました。地図(10)の白旗神社です。

tam16ura623.jpg
 白旗神社の説明です。

「御祭神  寒川比古命 源義経公

配神  天照皇大神・大国主命・大山祀命

由緒  古くは相模一の宮の寒川比古命の御分霊を祀って、寒川神社とよばれていた。しかし、創立年代はくわしくはわからない。鎌倉幕府によって記録された『吾妻鏡』によると、源義経は兄頼朝の勘気をうけ、文治五年(一一八九)閏四月三十日奥州(岩手県)平泉の衣川館において自害された。その首は奥州より新田冠者高平を使いとして鎌倉に送られた。高平は、腰越の宿に着き、そこで和田義盛・梶原景時によって首実検が行われたという。伝承では、弁慶の首も同時におくられ、首実検がなされ、夜の間に二つの首は、此の神社に飛んできたという。このことを鎌倉(頼朝)に伝えると、白旗明神として此の神社に祀るようにとのことで、義経公を御祭神とし、のちに白旗神社とよばれるようになった。弁慶の首は八王子社として祀られた。」

 昔の昔は、寒川神社と呼ばれていたのですね。

tam16ura624.jpg
 旧東海道の藤沢宿の地図がありました。

tam16ura625.jpg
 東海道五十三次の藤沢宿の絵です。遊行寺橋の様子です。


FC2ブログランキング


田村道63:白旗神社2

tam16ura631.jpg
 神社の裏に数多くの石造物がありました。

tam16ura632.jpg
 寛文五年の庚申供養塔です。

tam16ura633.jpg
 寛文五年庚申供養塔(有形民俗文化財)の説明です。

「庚申信仰は、十干・十二支の組合せによって、六十日に一度めぐる庚申の日に、徹夜で無病・息災・長寿を願う信仰である。「人の体内にいる三尸の虫が、庚申の夜、天に登ってその人の罪過を天帝に告げるため生命を縮められる」とする道教の教えに由来している。この供養塔の中央上の梵字は釈迦如来(主尊)、続く八字はナモアミダブソワーカーの一呪、下の梵字はここでは青面金剛を表している。猿像の脚ぼその彫刻は、江戸時代初期のものに見かけられるものである。
昭和五十二年四月十三日指定」

tam16ura634.jpg
 これは江の島弁財天道標です。「一切衆生」と書いてあるようです。

tam16ura635.jpg
 「ゑのし満   かまくら   みち」と書いてあります。

tam16ura636.jpg
 これはなんでしょうか?   よくわかりません。

tam16ura637.jpg
 こちらには享保二十年と読めます。


FC2ブログランキング


田村道64:源義経首洗井戸

tam16ura640m.jpg

tam16ura641.jpg
 白旗交差点に戻り、東へ少し行ったところに、「伝 源義経首洗井戸」の案内表示がありました。行ってみましょう。

tam16ura642.jpg
 ここがその場所です。地図の赤矢印のあたりです。

tam16ura643.jpg
 説明がありました。

「伝 義経首洗井戸

 源義経(鎌倉幕府の将軍源頼朝の弟)は、頼朝に追われ奥州(東北地方)に逃げていましたが、一一八九年に衣川(岩手県奥州市)で自害しました。腰越(鎌倉市)で首実検の後に浜に捨てられた義経の首は、潮にのって川をさかのぼり、里人に拾われてこの井戸で清められたと伝えられています。この絵は歌川国芳が描いた源義経の浮世絵です。ここから二〇〇メートルほど北の白旗神社は祭神として義経を祀っており、境内には、藤沢の御首と宮城県栗駒市の判官森に葬られた御骸の霊を合わせ祀った源義経公鎮霊碑などがあります。また、常光寺南側の公園には、弁慶塚と記された石碑が祀られています。」

 ふ〜ん。

tam16ura644.jpg
 こちらには源義経史蹟 藤沢市と書かれています。


FC2ブログランキング


大山詣り

170618-book.jpg
[題名]大山詣り
[著者]川島敏郎
[発行]有隣新書
[定価]1,080円
[発行日]2017/4/25
「大山詣り」の日本遺産認定で注目される大山は、江戸時代に庶民の信仰を集め、関東一円からご利益を求めて参詣する人々で賑わった。浮世絵などの絵画史料に活写されたその賑わいは、旅案内書、日記などでも窺い知ることができる。「大山詣り」の道中すべてを演出したのは、修験を出自とする御師(おし)たちであった。大山へと向かう街道(大山道)には、鳥居や数多くの道標などが設置され、参詣客の便宜を図った。本書は、大山の歴史を通観し、「大山寺縁起絵巻」、「大山不動霊験記」をはじめとする各種史料を読み解くことで、大山信仰の全貌を描き出し、現在辿ることのできる史跡にまで言及する。


 伊勢原にある「大山(おおやま)」の歴史が、古代から現代までまとめられています。江戸時代には一世を風靡して、大いに賑わったという。当時は各地から大山に通じる大山道が整備され、現在になってもその痕跡を知ることができる。これを読めば大山のことがまるごとよくわかる本だ。


FC2ブログランキング



田村道65:常光寺1

tam16ura650m.jpg
 次は地図(12)の常光寺です。

tam16ura651.jpg
 このあたりの歩道上のトランスボックスには藤沢宿の絵が描かれています。

tam16ura652.jpg
 ここが常光寺です。

tam16ura653.jpg

tam16ura654.jpg
 かながわの名木100選に常光寺のカヤが選ばれています。

tam16ura655.jpg
 亀とかたつむりの石造物がありました(笑)


FC2ブログランキング


田村道66:常光寺2

tam16ura661.jpg
 庚申供養塔がありました。

tam16ura662.jpg
 説明文がありました。

「市指定有形民俗文化財 昭和五十二年(一九七七)四月十三日指定

万治二年・寛文九年 庚申供養塔

 向かって右が万治二年(一六五九)、左が寛文九年(一六六九)に造立された庚申供養塔です。ともに塔身に笠石を乗せています。
 万治二年塔は、塔身正面に「萬治二年」「己亥正月吉日」の造立年記があり、下部に十三名の造立者名が陰刻されています。(中略)
 寛文九年塔は、塔身両側面に「寛文九己酉年」「五月廿八日」の造立年記が陰刻されています。(中略)
 下方には正面と両側面に「見ザル・聞かザル・言わザル」が一体ずつ配されています。庚申塔に三猿像が彫られているのは、三尸に告げられないように、あるいは庚申の申が猿に通じるからなどの説があります。」

tam16ura663.jpg
 こちらが万治二年塔です。

tam16ura664.jpg
 こちらは寛文九年塔です。

tam16ura665.jpg
 六地蔵もありました。


FC2ブログランキング


田村道67:問屋場跡

tam16ura670m.jpg

tam16ura671.jpg
 常光寺を出てすぐ右側に、問屋場跡がありました。問屋場は宿場のさまざまな事務作業を行う場所で、具体的には人馬の継立(つぎたて)、助郷(すけごう)賦課などがありました。

tam16ura672.jpg
 今は消防署になっています。地図では赤矢印の場所です。


FC2ブログランキング


田村道68:藤沢宿街並み

tam16ura680m.jpg
 地図(13)あたりが東海道藤沢宿の賑わった界隈です。

tam16ura681.jpg
 地図で赤四角で囲んだ蒔田本陣跡です。

tam16ura682.jpg
 内田商店本店が本陣跡なのでしょうか?

tam16ura683.jpg
 ここにも風格のある建物がありました。

tam16ura684.jpg
 こちらも老舗風の建物です。

tam16ura685.jpg
 歩道のトランスボックスには、昔のおそらくこの辺りの写真がありました。

tam16ura686.jpg
 江戸時代の旅籠の様子も描かれています。


FC2ブログランキング


田村道69:遊行寺前

tam16ura690m.jpg
 地図(14)の遊行寺橋の辺りです。

tam16ura691.jpg
 遊行寺前バス停です。

tam16ura692.jpg
 遊行寺で行く道の分岐点です。

tam16ura693.jpg
 近くに遊行寺橋と高札場跡の説明がありました。

tam16ura694.jpg
 「東海道藤澤宿 昔話のある町 旅籠町/中久保町」

「昔話のある町」というネーミングがいいですね。

tam16ura695.jpg
 東海道藤沢宿の成り立ち・しくみがわかりやすく解説してありました。


FC2ブログランキング


田村道70:遊行寺橋・遊行寺

tam16ura700m.jpg

tam16ura701.jpg

tam16ura702.jpg
 ここが遊行寺橋です。

tam16ura703.jpg
 トランスボックスには昭和5年の遊行寺橋(当時は大鋸橋)の写真がありました。

tam16ura704.jpg
 遊行寺橋を渡り、遊行寺へ向かいます。途中の右側に「ふじさわ宿交流館」がありました。

tam16ura705.jpg
 時宗総本山遊行寺です。

tam16ura706.jpg
 遊行寺の近くの藤沢市消防団第八分団のシャッターにも藤沢宿の様子が描かれています。


FC2ブログランキング


大人の鉄道雑学

170318-book.jpg
[題名]大人の鉄道雑学
[著者]土屋武之
[発行]サイエンス・アイ
[定価]1,080円
[発行日]2016/9/25
出張や旅行で使う新幹線、朝夕に乗る通勤電車…。東京のラッシュ時など、多いときは列車1本で1000~4000人を運び、何本も安全に走らせるのが、日本の鉄道のすごさです。それを支えるしくみはもちろん、多彩な車両や設備の豆知識もお伝えします。普段なんとなく使っている鉄道を見る目が変わる、列車に乗るのがもっと楽しくなる1冊です。


 意外に知られていない鉄道豆知識や、運行のしくみなどわかりやすく解説されています。そういえば、昔はそうだったなぁ、と古きを温めることもできます。技術の進歩は素晴らしいものですが、その一方で夜行寝台列車の激減など残念な変化もありますね。


FC2ブログランキング



田村道71:藤沢橋

tam16ura710m.jpg
 遊行寺からの帰りは地図の赤線のように進みました。この辺りにあるはずの藤沢宿の江戸見附跡を探したのですが、見付けられませんでした(笑)

tam16ura711.jpg
 藤沢橋から遊行寺橋をみたところです。

tam16ura712.jpg
 ここが藤沢橋です。

tam16ura713.jpg
 藤沢橋近くの境川に流れ込む小川です。段差が気になるのは、ブラタモリの見過ぎでしょうか(笑)

tam16ura714.jpg
 藤沢橋交差点です。

tam16ura715.jpg
 道案内です。旧東海道ってのがお洒落です。

tam16ura716.jpg
 近くのトランスボックスにはこのような浮世絵がありました。

 この藤沢橋からは旧東海道と離れ、通称江の島道と呼ばれます。


FC2ブログランキング


田村道72:旧道

tam16ura720m.jpg
 地図(16)から(17)までは赤線の脇道を歩きます。

tam16ura721.jpg
 ここが(16)の場所です。右の路地を進みます。

tam16ura722.jpg
 ゆるやかな旧道カーブが心地よいです。

tam16ura723.jpg
 この分岐点は左側の道です。

tam16ura724.jpg
 旧道沿いらしくレトロな建物が現れました。

tam16ura725.jpg
 その横の蔵も歴史を感じさせます。


FC2ブログランキング


田村道73:江の島道1

tam16ura730m.jpg

tam16ura731.jpg
 地図(17)の交差点です。本来の江の島道は、赤実線で示したルートですが、江の島道標(赤丸で囲った場所)を見るために実際は赤点線に沿って歩きました。

tam16ura732.jpg
 目の前の横断歩道を渡ります。


 江の島道・江の島弁財天道標の案内板です。

tam16ura734.jpg
 道標です。向かって左側には「二世安楽」と書かれていて、写真には写っていない反対側には「一切衆生」と書かれています。

tam16ura735.jpg
 さあ江の島道を進みましょう。


FC2ブログランキング


田村道74:江の島道2

tam16ura740m.jpg

tam16ura741.jpg
 地図(18)の庚申堂です。写真のように石造物がたくさん並んでいるのですが、残念なことに施錠してあり、近づけることはできませんでした。

tam16ura742.jpg
 さらに進んでいきます。

tam16ura743.jpg
 地図の赤矢印の交差点です。ここを直進します。

tam16ura744.jpg
 地図の青矢印の場所です。地下道の入り口です。ここを左折すれば藤沢市役所で、(19)の江の島道標があるのですが、先を急ぐことにしました。(結果的には無駄足をせずに済んだことになります。詳しくは「76砥上公園」の項で。)


FC2ブログランキング


田村道75:ファミリー通り

tam16ura750.jpg
 地下道に入る前に朝食です。藤沢駅構内の駅蕎麦屋で「豚つけそば」だったかな? を食べました。水分と塩分も補給してこれからの行程に備えます。

tam16ura751m.jpg

tam16ura752.jpg
 そして地下道に戻りました。

tam16ura753.jpg
 地下道からスロープ状になった道を登って藤沢駅南口に出ます。

tam16ura754.jpg
 地図の(20)の場所です。

tam16ura755.jpg
 ここからは細めのファミリー通りを南下します。

tam16ura756.jpg
 ファミリー通りの両側には飲食店が数多くありましたが、そこを過ぎると居住地でマンションが増えてきました。


FC2ブログランキング


田村道76:砥上公園

tam16ura760m.jpg

tam16ura761.jpg

tam16ura762.jpg
 地図(21)の砥上公園に道標がありました。

tam16ura763.jpg
 道標の説明文です。

 「市指定重要文化財(建造物) 昭和四十一年(一九六六)一月十七日指定

江の島弁財天道標

 この石柱は、江の島への道筋に建てられた道標の一つです。江の島弁財天道標は、管を用いて鍼をさす管鍼術を、江の島で考案したという杉山検校(杉山和一、一六一〇〜一六九四)が寄進したと伝えられています。現在、市内外に十数基が確認され、市内所在のうちで十二基が藤沢市の重要文化財に指定されています。いずれも頂部のとがった角柱型で、その多くが、正面の弁財天を表す梵字(ぼんじ)の下に「ゑのしま道」、右側面に「一切衆生(いっさいしゅうじょう)」、左側面に「二世安楽(にせあんらく)」と彫られています。この文言には、江の島弁財天への道をたどるすべての人の現世・来世での安穏・極楽への願いが込められています。
 市役所新館脇歩道橋付近に移設されていましたが、新庁舎建設にともなう歩道橋周辺の整備により、「江の島道」の路傍にあたるこの地に移設したものです。

平成二十七年(二〇一五)十一月    藤沢市教育委員会」

 藤沢市役所へ行ってもな〜んにもなかったってわけですね!

tam16ura764.jpg
 石上(いしがみ)の説明文がありました。

「石上(いしがみ)

 鵠沼を中心とした一帯は天平時代(七三五年頃)には、「高座郡(たかくらぐん)土甘郷(とがみごう)」と呼ばれ、鎌倉時代には「砥上が原(とがみがはら)」とよび西行法師や鴨長明も砥上が原の歌を残しています。
 江戸時代に入ると江の島、大山詣の道筋で賑った石上舟渡場があり、その北側に砥上地蔵尊(一六五五)が建立されました。
 この辺りの開発の祖の鎌倉武士を祀ったといわれる石上神社は度々水に浸り、昭和九年に現在の地に移されました。   藤沢市」

tam16ura765.jpg

tam16ura766.jpg
 砥上公園内にも庚申供養塔がありました。

 さぁ、移転した石上神社に向かいましょう。


FC2ブログランキング


旅と鉄道 2017年7月号

170701b-book.jpg
[題名]旅と鉄道 2017年7月号
[発行]朝日新聞出版
[定価]1,000円
[発行日]2017/5/20
おいしいレストラン列車、新時代の食堂車に乗ろう!    今、全国で人気急上昇中、列車の旅を楽しみながら、地元食材の優雅な食事を味わう、鉄道旅行のニューウェーブ、 “新時代の食堂車"ともいえるレストラン列車の旅を大特集。全国を走る36のレストラン列車を網羅、さらに呑み鉄&グルメ鉄におすすめ路線案内まで、おいしい食事とお酒を楽しむ列車にこだわった特集です。

●全国のレストラン列車、36列車をすべて掲載全国のレストラン列車をすべて掲載しています。もちろん車内で味わえるメニューや予約方法などのデータを詳しく掲載。これから夏に向けて、おすすめ情報が満載です。


 食事を味わえる列車がいくつかあるのは知っていましたが、こんなにたくさんあるとは驚きです。鉄道が単なる輸送手段から、時代とともに利用価値が変化してきているようです。


FC2ブログランキング



田村道77:石上神社・大源太公園

tam16ura770m.jpg

tam16ura771.jpg
 移転した石上神社です。地図の(22)です。砥上公園からはすぐ近くです。鳥居は住宅の間に挟まれて苦しそうです。

tam16ura771m.jpg

tam16ura772.jpg
 さらに南下していきます。

tam16ura773.jpg
 こちらが地図(23)の大源太公園です。


FC2ブログランキング


田村道78:上山本橋・ミネベア前

tam16ura780m.jpg

tam16ura781.jpg
 休日診療所入口交差点です。地図の赤矢印の場所です。

tam16ura782.jpg
 上山本橋です。

tam16ura783.jpg
 上山本橋から境川の南側(海側)を望んだところです。

tam16ura784.jpg
 地図(24)の場所のミネベア前の庚申塔です。

tam16ura785.jpg
 さらに南下していきます。


FC2ブログランキング


田村道79:馬喰橋

tam16ura790m.jpg

tam16ura791.jpg
 地図(26)の馬喰橋です。

tam16ura792.jpg
 「うまくらばし」と読むようです。

tam16ura793.jpg
 説明書きがありました。

 「馬喰橋(うまくらばし)

 『新編相模国風土記稿』は、源頼朝が片瀬川に馬の鞍を架けて橋の替わりにしたことから馬鞍橋、また昔馬がこの橋にさしかかるといななき突然死んでしまうことから馬殺橋と呼ばれたが、ある時に行者聖が橋の石を取り替えてから災難はなくなったと伝えています。ほかにも文化五年(一八〇八)の片瀬村の石橋建立発起帳には馬鞍結橋をあります。何度も流出し、明治末年には長さ二間半(約4.5m)、幅二間(約3.6m)の木の橋となっていました。この付近は江戸時代に江の島参詣の往来のほか、海上交通の拠点としても賑ったところです。
平成五年二月   藤沢市教育委員会」


FC2ブログランキング


田村道80:新屋敷橋界隈

tam16ura800m.jpg

tam16ura801.jpg

tam16ura802.jpg
 地図の赤下線で示した新屋敷橋です。

tam16ura803.jpg
 地図(27)の場所には岩屋不動明王入口の道標がありました。


FC2ブログランキング


田村道81:泉蔵寺

tam16ura810m.jpg

tam16ura811.jpg
 ゆるい旧道カーブの続く道をさらに南下します。

tam16ura812.jpg
 地図(29)の江の島弁財天道標です。

tam16ura813.jpg
 説明文がありましたが、前半は砥上公園にあったものと同じなので後半を抜粋します。

 「・・・・・前面にゑのしま道(上部の梵字は弁財天の種子「ソ」を表す)横面に「一切衆生」「二世安楽」と刻んであり、道中する一切衆生(いっさいしゅうじょう)=世の中に生きているもの全てのもの)の現世及び来世の安楽を祈念した造立者の温情が偲ばれる。

昭和四十一年一月十七日指定   藤沢市教育委員会」

tam16ura814.jpg
 ここら地図(30)の泉蔵寺の入口です。

tam16ura815.jpg
 地図(31)は泉蔵寺の入口ですが、ここにも庚申塔があります。

tam16ura816.jpg
 馬頭観世音もありました。


FC2ブログランキング


田村道82:密蔵寺

tam16ura820m.jpg

tam16ura821.jpg
 地図(34)の密蔵寺です。

tam16ura822.jpg
 「子供は親の  言うようには  ならぬ    親のしている  ようになる」
 まさしくその通り!  いい言葉です。

tam16ura823.jpg
 庚申塔があり、相模國弐拾一ヶ所第十七番 南無大師遍照金剛 密蔵寺という立派な石碑もありました。

tam16ura824.jpg

tam16ura825.jpg
 これは道標らしいのですが、読み取れませんでした。


FC2ブログランキング


旅と鉄道 2017年7月号

170701b-book.jpg
[題名]旅と鉄道 2017年7月号
[発行]朝日新聞出版
[定価]1,000円
[発行日]2017/5/20
おいしいレストラン列車、新時代の食堂車に乗ろう!    今、全国で人気急上昇中、列車の旅を楽しみながら、地元食材の優雅な食事を味わう、鉄道旅行のニューウェーブ、 “新時代の食堂車"ともいえるレストラン列車の旅を大特集。全国を走る36のレストラン列車を網羅、さらに呑み鉄&グルメ鉄におすすめ路線案内まで、おいしい食事とお酒を楽しむ列車にこだわった特集です。

●全国のレストラン列車、36列車をすべて掲載全国のレストラン列車をすべて掲載しています。もちろん車内で味わえるメニューや予約方法などのデータを詳しく掲載。これから夏に向けて、おすすめ情報が満載です。


 食事を味わえる列車がいくつかあるのは知っていましたが、こんなにたくさんあるとは驚きです。鉄道が単なる輸送手段から、時代とともに利用価値が変化してきているようです。


FC2ブログランキング




プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター