FC2ブログ

JR東日本カレンダー2018/6月

1806JRE.jpg
IZU CRAILE(伊豆クレイル) 伊豆急行線 伊豆稲取~今井浜海岸
2016年7月デビュー。運行区間は東海道線・伊東線・伊豆急行線・小田原駅~伊豆急下田駅。伊豆の景色を眺めながら、「食」と「お酒」、「会話」が楽しめるリゾート列車です。エクステリアデザインには、伊豆ゆかりの「桜」「海風」「さざ波」をピンクゴールドのラインで描き、エレガントな大人のリゾート感を演出。車内には、海の景色を堪能できるカウンター席やグループに最適なコンパートメント席、バーカウンター、ラウンジなどが備えられ、移りゆく車窓の風景を眺めながらゆったりと旅を楽しんでいただけます。
-------------------------------
2017年1月に乗ってきました。
あいにく天候は雨でこの写真のような眺望は無理でしたが、楽しんできました。
小田原駅には伊豆クレイル専用ラウンジがありのんびりできました。


鉄ごよみカレンダー2018/6月

1806T.jpg
只見線 会津宮下〜早戸/キハ40形
ふとローカル線の旅をしてみたいと思った時、只見線を筆頭に挙げる人も多いだろう。一度は乗ってみたい憧れの路線である。いくつもの鉄橋を渡りながら只見川に寄り添う旅は、人生の宝物になること間違いない。災害による不通区間も2021年度の復旧が決定し、ますます注目を集めるだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2021年度に復旧したらもう一度乗ってみたい路線です。

人口減少と社会保障ー孤立と縮小を乗り越える

171116-book.jpg
[題名]人口減少と社会保障ー孤立と縮小を乗り越える
[著者]山崎史郎
[発行]中央公論新社
[定価]950円
[発行日]2017/9/25
社会保険方式と国民皆年金・皆保険のもと整備されてきた日本の社会保障は、戦後の安定した雇用と人口増加に支えられて発展してきました。 しかし1990年代以降の経済停滞のなか、日本の家族と雇用のあり方が激変。社会的孤立や格差といった問題が表面化します。 さらに少子高齢化の末、人口減少という未知の領域に突入してゆく日本。今この国の社会保障には何が求められているのでしょうか。 厚生労働省で介護保険創設に尽力し「ミスター介護保険」と呼ばれ、初代の地方創生総括官も務めた著者が、孤立する高齢者から非正規雇用、子育て支援、住まい、まちづくり、地方行政まで、日本の社会保障の課題を整理し、これから進むべき道を提言します。


 我が国の社会保障は世界的にみても遜色のないものとなっている。しかしその社会保障が、昨今の家族と雇用の社会的変化に伴い、いくつかの問題が湧いてきている。家族での大きな問題は少子高齢化である。特に今後は少子対策が重要であるが、現実的には遅れている。出生率が一度低下してから再上昇した国としてフランスとスウェーデンの政策が紹介されていて我が国ももっと力を入れていく必要がある分野だ。雇用では非正規職員の増加に伴い、社会的孤立が多くなってきている。これらに対応する社会保障政策の転換が求められているのだ。


22あき亀山駅:かめかめステーション

あき亀山(あきかめやま)駅
(JR可部線、広島市安佐北区亀山南)
(2017/10/7)

2009/5/14に羽越本線の羽後亀田駅でかめかめステーション全制覇したのですが、あき亀山駅が2017/3/4に開業したため、ここで再制覇となりました!

aki17kameyama01.jpg
駅名標@ホーム

aki17kameyama02.jpg
ホーム

aki17kameyama03.jpg
車止め

aki17kameyama04.jpg
駅舎1

aki17kameyama05.jpg
駅舎2

aki17kameyama06.jpg
駅名標@駅前1

aki17kameyama07.jpg
駅名標@駅前2

aki17kameyama08.jpg
電光駅名


1鶴巻温泉駅:つるつるステーション

鶴巻温泉(つるまきおんせん)駅
(小田急小田原線、OH37、神奈川県秦野市鶴巻北)
(2009/7/25)

かめかめステーションの次はつるつるステーションです!  全国の“つる”のつく駅の特集です。 合計45駅ありますので、いつまでかかるのでしょうか? 楽しみながらやりたいと思います!

トップバッターは地元の伊勢原駅から小田原よりの隣にある鶴巻温泉駅です。 小田急線創設時からありますが、 鶴巻→鶴巻温泉→鶴巻→鶴巻温泉と名前を変えています。 東京の奥座敷として、温泉客が多い時期もありましたが、 時の流れには逆らえず、駅前旅館がマンションに変わってしまいました。 今ではベッドタウンとなっています。

北口と南口があり、改札は別々に地上にあります。 メインは北口で、南口は自動改札機のみです。 ホームは2面2線の相対式になっています。

tsurumaki09onsen01.jpg

tsurumaki09onsen02.jpg

tsurumaki09onsen03.jpg
北口駅前広場

tsurumaki09onsen04.jpg
近くに弘法の里湯がある

tsurumaki09onsen05.jpg
駅前モニュメント

tsurumaki09onsen06.jpg
北口

tsurumaki09onsen07.jpg
北口入口

tsurumaki09onsen08.jpg
改札口

tsurumaki09onsen09.jpg
南口

tsurumaki09onsen11.jpg
跨線橋から新宿方面

tsurumaki09onsen12.jpg
跨線橋から小田原方面

tsurumaki09onsen13.jpg
ホームから新宿方面

tsurumaki09onsen14.jpg
ホームから小田原方面


2鶴川駅:つるつるステーション

鶴川(つるかわ)駅
(小田急小田原線、OH25、東京都町田市能ヶ谷)
(2009/7/25)

小田急線にはもう二つ“つる”のつく駅があります。 その一つが鶴川です。今回、初めて下車しました。 駅近くにはマンションが多くベッドタウンですね。 「こどもの国」下車駅なんですね。

北口と南口があり、改札は別々に地上にあります。 メインは北口で、南口は自動改札機のみです。 ホームは単式と島式の複合型の2面3線です。 上り(新宿方面)が島式2線、下り(小田原方面)が単式1線になっています。

tsuru09kawa01.jpg

tsuru09kawa02.jpg
こどもの国下車駅

tsuru09kawa03.jpg
北口駅前広場

tsuru09kawa04.jpg
北口改札口

tsuru09kawa05.jpg
南口

tsuru09kawa06.jpg
南口

tsuru09kawa07.jpg
ホームから新宿方面

tsuru09kawa08.jpg
ホームから新宿方面

tsuru09kawa09.jpg
ホームから小田原方面

tsuru09kawa10.jpg
ホームから小田原方面

tsuru09kawa11.jpg
跨線橋から新宿方面

tsuru09kawa12.jpg
跨線橋から小田原方面

tsuru09kawa13.jpg
跨線橋の案内表示


3鶴見駅:つるつるステーション

鶴見(つるみ)駅
(JR京浜東北線・鶴見線、JK15・JI01、神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央)
(2009/8/7)

京浜東北線の鶴見駅です。 正式には東海道本線ですが、運用上は京浜東北線の列車が停車します。 東海道本線・横須賀線・湘南新宿ラインの線路はありますが、 列車は停車しません。 駅構内は広く東海道貨物線の線路が何本も走っています。

東口と西口があり、ともにみどりの窓口があります。 東口からは京浜東北線へ、西口からは京浜東北線と鶴見線へ行くことができます。 京浜東北線と鶴見線との間には中間改札口が設けられていて、 京浜東北線や東口改札と鶴見線との連絡には この中間改札口にSuicaや切符を通す必要があります。 これは鶴見線の前身が鶴見臨港鉄道という私鉄だった名残りです。

京浜東北線のホーム(1,2番線)は島式1面2線です。

これに対して鶴見線ホーム(3,4番線)は櫛形ホーム(頭端式)2面2線です。

tsuru09mi01.jpg
京浜東北線駅名標

tsuru09mi02.jpg
鶴見線駅名標

tsuru09mi03.jpg
東口(再開発中)

tsuru09mi04.jpg
東口駅前バス停

tsuru09mi05.jpg
東口改札

tsuru09mi06.jpg
西口(工事中)

tsuru09mi07.jpg
西口改札

tsuru09mi08.jpg
西口鶴見線入口

tsuru09mi09.jpg
跨線橋から東京方面

tsuru09mi10.jpg
跨線橋から横浜方面(右に京浜東北線ホーム)

tsuru09mi11.jpg
京浜東北線ホームから東京方面

tsuru09mi12.jpg
京浜東北線ホームから横浜方面

tsuru09mi13.jpg
京浜東北線ホーム

tsuru09mi14.jpg
中間改札口

tsuru09mi15.jpg
中間改札口

tsuru09mi16.jpg
鶴見線ホームから海芝浦方面 

tsuru09mi17.jpg
行き止まり頭端部

tsuru09mi18.jpg
ドーム状の鶴見線ホーム


4鶴見小野駅:つるつるステーション

鶴見小野(つるみおの)駅
(JR鶴見線、JI03、神奈川県横浜市鶴見区小野町)
(2009/8/7)

鶴見駅から鶴見線二つ目の駅です。
踏切をはさんで上り・下りの駅舎が別々になっています。
ホーム間の移動は改札口を出ないとできません。
無人駅ですが、簡易Suica改札機は設置してあります。
切符は所定の箱に入れてから改札を出ます。

ホームは相対式2面2線です。

tsurumi09ono01.jpg

tsurumi09ono02.jpg
駅前通り

tsurumi09ono03.jpg
下り駅舎

tsurumi09ono04.jpg
下りホームへ

tsurumi09ono05.jpg
上り駅舎

tsurumi09ono06.jpg
ホームから鶴見方面

tsurumi09ono07.jpg
ホームから扇町・海芝浦・大川方面

tsurumi09ono08.jpg
下りホームから上りホーム

tsurumi09ono09.jpg
木製の屋根


5京急鶴見駅:つるつるステーション

京急鶴見(けいきゅうつるみ)駅
(京急本線、KK29、神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央)
(2009/8/7)

京急鶴見駅はJR鶴見駅と隣接しており、
西口からすぐにJR鶴見駅東口バスターミナルがあります。

京急ストア鶴見東店とKeikyu Ekipla(けいきゅう エキプラ)が
駅の建物に同居しています。
2階に改札口がありホームは3階に相当します。

ホームは単式と島式の複合型の2面3線です。
上り(品川方面)が島式2線、下り(横浜方面)が単式1線になっています。

keikyu09tsurumi01.jpg

keikyu09tsurumi02.jpg
西口

keikyu09tsurumi03.jpg
西口Ekipla

keikyu09tsurumi04.jpg
東口

keikyu09tsurumi05.jpg
改札口へ

keikyu09tsurumi06.jpg
改札口

keikyu09tsurumi07.jpg
駅ナカ:えきめんや

keikyu09tsurumi08.jpg
ホームから横浜方面

keikyu09tsurumi09.jpg
ホームから品川方面

keikyu09tsurumi10.jpg
ホームから品川方面


食は「県民性」では語れない

171218-book.jpg
[題名]食は「県民性」では語れない
[著者]野瀬泰申
[発行]KADOKAWA
[定価]885円
[発行日]2017/8/10
「お好み焼き発祥の地は大阪でも広島でもない」「鶏を使わない焼き鳥?」「九州でうどんにかけるのは胡椒?」など、食に隠された意外でおもしろい歴史をひもときながら、世界に類を見ない複雑で多様性に富んだ日本の食文化を紹介。「マグロを最も買っている市は?」「ソースを最も好んで使う市は?」など、最新の家計調査から見る、リアルな今の日本の食事情もレポート。あなたの常識をくつがえす、ニッポン食文化地図!


 日本の地方の食文化を書かせたら野瀬さんだ。インターネットの手法を使っていろいろな料理や食材の日本地図を数多く作成している。そんな地図がもっと掲載されていたら楽しいだろうに文章が多すぎる。雑煮だけに50ページを費やす意味もわからん。取り上げられるだけの「食」を取り上げてほしかった。


6鶴見市場駅:つるつるステーション

鶴見市場(つるみいちば)駅
(京急本線、KK28、神奈川県横浜市鶴見区市場大和町)
(2009/8/7)

昔このあたりで市が開かれていたことから
地名が“市場”になりそれが駅名になりました。
検索したかぎり「鶴見市場」という市場は現在はありません。
ホームは相対式ホーム2面2線です。

tsurumi09ichiba01.jpg

tsurumi09ichiba02.jpg
東口

tsurumi09ichiba03.jpg
西口

tsurumi09ichiba04.jpg
改札口

tsurumi09ichiba05.jpg
ホームから品川方面

tsurumi09ichiba06.jpg
ホームから品川方面

tsurumi09ichiba07.jpg
ホームから横浜方面

tsurumi09ichiba08.jpg
隣接踏切から横浜方面



7鶴間駅:つるつるステーション

鶴間(つるま)駅
(小田急江ノ島線、OE04、神奈川県大和市西鶴間)
(2009/8/7)

小田急線の三つの“つる”のつく駅の最後は鶴間駅です。
相模大野側の隣駅の南林間駅とはわずか600mしか離れておらず、
ホームから肉眼でも確認することができます。
反対に藤沢側の隣駅の大和駅とは2.5kmも離れています。

ホームは相対式ホーム2面2線です。

tsuru09ma01.jpg

tsuru09ma02.jpg
西口

tsuru09ma03.jpg
東口

tsuru09ma04.jpg
自由通路の案内表示

tsuru09ma05.jpg
改札口

tsuru09ma06.jpg
ホームから藤沢方面

tsuru09ma07.jpg
ホームから藤沢方面

tsuru09ma08.jpg
ホームから相模大野方面

tsuru09ma09.jpg
隣接する踏切から相模大野方面


8真鶴駅:つるつるステーション

真鶴(まなづる)駅
(JR東海道線、神奈川県真鶴町真鶴)
(2009/8/30)

東海道線で海に近くて眺めがいい駅としては
根府川駅が知られていますが
そこから一つ熱海よりにあるのが真鶴駅です。
真鶴半島への入口になります。

改札はホームより一段低くなったところにあります。
これは傾斜している地形を利用しているためです。
そのため跨線橋はなく、跨線橋のように見えるのは
駅の裏側へと通じる自由通路です。
ホームは島式1面2線です。
特急は停車しませんが、快速アクティは停車します。

mana09duru01.jpg

mana09duru02.jpg
観光案内板

mana09duru03.jpg
駅舎

mana09duru04.jpg
改札口

mana09duru05.jpg
ホームから東京・横浜方面(跨線橋に見えるのは自由通路)

mana09duru06.jpg
ホームから東京・横浜方面(跨線橋に見えるのは自由通路)

mana09duru07.jpg
ホームから熱海方面

mana09duru08.jpg
ホームから熱海方面

mana09duru09.jpg
自由通路から東京・横浜方面

mana09duru10.jpg
自由通路から熱海方面

mana09duru11.jpg

mana09duru12.jpg
豆相人車鉄道歴史街道案内図


9渡島鶴岡駅:つるつるステーション

渡島鶴岡(おしまつるおか)駅
(JR江差線、北海道木古内町字鶴岡)
(2009/9/20)

青函トンネルの北海道の玄関口になった木古内駅から
江差方面へ乗り換えて次の駅が渡島鶴岡駅です。
しかし1日5本しか列車が停車せず、もちろん無人駅です。

駅は1面1線のいわゆる棒線駅で、
鶴岡農村公園と鶴岡小学校が隣接していて
駅自体は目立たない場所にあります。

駅名は山形県鶴岡市からの入植に由来するということです。
のどかで時間が経つのを忘れそうなのんびりとした駅です。

追記:2014年5月12日に江差線の木古内駅〜江差駅間の廃止に伴い廃駅となりました。

oshima09tsuruoka01.jpg

oshima09tsuruoka02.jpg

oshima09tsuruoka03.jpg
駅舎(というか単なる待合室)

oshima09tsuruoka04.jpg
ホーム全景

oshima09tsuruoka05.jpg
隣接する鶴岡農村公園

oshima09tsuruoka06.jpg
芝生に寝ころんでホームを見る

oshima09tsuruoka07.jpg
ホームから江差方面

oshima09tsuruoka08.jpg
ホームから江差方面

oshima09tsuruoka09.jpg
ホームから木古内方面

oshima09tsuruoka10.jpg
ホームから木古内方面

oshima09tsuruoka11.jpg
時刻表(1日5本のみ)


江差方面からの列車が到着


10鶴ヶ坂駅:つるつるステーション

鶴ヶ坂(つるがさか)駅
(JR奥羽本線、青森県青森市大字鶴ケ坂)
(2009/9/20)

青森駅から普通列車で20分ほど
弘前方面にあるのが鶴ヶ坂駅です。
2面2線で構内の大きな駅で、線路の間が広くあいていますが
以前はもう一本線路があったようです。

無人駅ですが、高架橋を渡った反対側の
ホームにも待合室があります。
駅前広場というものはなく、いきなり道路になっており
民家が数軒あります。

tsuru09gasaka01.jpg

tsuru09gasaka02.jpg

tsuru09gasaka03.jpg
駅舎(というか待合室)

tsuru09gasaka04.jpg
反対側ホームにある待合室

tsuru09gasaka05.jpg
跨線橋から弘前方面 

tsuru09gasaka06.jpg
跨線橋から青森方面

tsuru09gasaka07.jpg
ホームから弘前方面

tsuru09gasaka08.jpg
ホームから弘前方面

tsuru09gasaka09.jpg
ホームから青森方面

tsuru09gasaka10.jpg
ホームから青森方面


弘前方面からの列車が到着

11鶴泊駅:つるつるステーション

鶴泊(つるどまり)駅
(JR五能線、青森県鶴田町大字鶴泊)
(2009/9/21)

五能線で五所川原駅から川部へ向かい二つ目の駅が鶴泊駅です。
この駅の隣にも陸奥鶴田駅があります。
1面1線で、ホームから岩木山がきれいに見えます。

業務委託されているので駅舎もきれいになっています。

tsuru09domari01.jpg

tsuru09domari02.jpg
ホームから望む岩木山

tsuru09domari03.jpg
駅舎

tsuru09domari04.jpg
ホーム側

tsuru09domari05.jpg
ホームから川部方面

tsuru09domari06.jpg
ホームから川部方面

tsuru09domari07.jpg
ホームから五所川原方面

tsuru09domari08.jpg
ホームから五所川原方面


川部方面から列車が到着


これは経費で落ちません!

190321b-book.jpg
[題名]これは経費で落ちません!
[著者]青木祐子
[発行]集英社
[定価]594円
[発行日]2017/10/18
森若沙名子、27歳、彼氏なし。入社以来、経理一筋。きっちりとした労働と、適正な給料。過剰なものも足りないものもない、完璧な生活をおくっている、はずだった。最近、そんな気配のなかった同期に恋人ができてしまい、少し迷いが生じている。ある日、営業部のエース・山田太陽が持ち込んだ領収書には「4800円、たこ焼き代」。経理からは社内の人間模様が見えてくる?


まじめな性格の経理部の森若沙名子、27歳。こんな女性は愛おしく感じます。そんなOLの周りで起こる小さな事件がちりばめられています。安心して楽しめる本です。


12陸奥鶴田駅:つるつるステーション

陸奥鶴田(むつつるだ)駅
(JR五能線、青森県鶴田町大字鶴田)
(2009/9/21)

五所川原駅から川部よりの隣が陸奥鶴田駅です。
駅名は「むつつるだ」と濁りますが、町名は「つるた」町となっています。

1面1線の棒線駅ですが、以前は1面2線だったことは
線路の曲り具合を見れば想像できます。

駅舎には鶴田町コミュニティーセンターが併設されています。

駅舎の形、駅前のモニュメント、ガラスの模様まで
ツル、鶴、つるとツルに囲まれています。

鶴泊駅同様、業務委託されています。

mutsu09tsuruda01.jpg

mutsu09tsuruda02.jpg

mutsu09tsuruda03.jpg
駅舎(屋根の形が羽ばたいた鶴)

mutsu09tsuruda04.jpg
ホーム側の駅舎

mutsu09tsuruda05.jpg
ホームから川部方面

mutsu09tsuruda06.jpg
ホームから川部方面

mutsu09tsuruda07.jpg
ホームから五所川原方面

mutsu09tsuruda08.jpg
ホームから五所川原方面

mutsu09tsuruda09.jpg
昔の一面二線の線路の名残(曲り具合)

mutsu09tsuruda10.jpg
駅前広場地面の鶴

mutsu09tsuruda11.jpg
ホームの柵にも鶴

mutsu09tsuruda12.jpg
駅前モニュメントの鶴

mutsu09tsuruda13.jpg
ポストの上にも鶴

mutsu09tsuruda14.jpg
ガラスにも鶴

mutsu09tsuruda15.jpg
駅舎には鶴のはく製も

mutsu09tsuruda16.jpg
鶴の飾り

mutsu09tsuruda17.jpg
地下道の名前も丹頂地下道


五所川原方面から列車が到着


13鶴形駅:つるつるステーション

鶴形(つるがた)駅
(JR奥羽本線、秋田県能代市鶴形)
(2009/9/21)

東能代駅の一つ大館駅よりに鶴形駅があります。

2面2線で高架橋があり、ホームはかなり長くなっています。
大館方面は複線になっていますが、東能代方面は単線になっています。

駅舎への入口は狭く、駅前という感覚は全くありません。
駅前には鶴形小学校が隣接しています。

無人駅ですが、ホームには花が飾られています。
地域のボランティアなのだろうと思われます。

待合室をよく見るとイスの後ろに高い棚と低い棚があったことがわかります。
高い棚はきっぷ売り場で、低い棚は手荷物預かりだったのでしょう。

長いホームと棚の作りに往時が偲ばれます。

tsuru09gata01.jpg

tsuru09gata02.jpg

tsuru09gata03.jpg
駅舎 

tsuru09gata04.jpg
駅舎への道

tsuru09gata05.jpg
待合室の棚 

tsuru09gata06.jpg
ホーム側の駅舎

tsuru09gata07.jpg
跨線橋から大館方面

tsuru09gata08.jpg
跨線橋から東能代方面

tsuru09gata09.jpg
ホームから大館方面

tsuru09gata10.jpg
ホームから大館方面

tsuru09gata11.jpg
ホームから東能代方面

tsuru09gata12.jpg
ホームから東能代方面

tsuru09gata13.jpg
ホームの花壇

tsuru09gata14.jpg
時刻表


大館方面に列車が出発


14鶴岡駅:つるつるステーション

鶴岡(つるおか)駅
(JR羽越本線、山形県鶴岡市末広町)
(2009/9/21)

酒田の並ぶ庄内地方の中心地の鶴岡駅です。

到着したのが17時50分頃だったため
周囲はもう暗くなりはじめていました。

2面3線であり、鶴岡駅の両隣の駅までは単線区間になっています。
(羽越本線は単線区間と複線区間が混在します。)

鶴岡という地名の由来は、最上義光がこの地を治めるにあたり
酒田の亀ヶ崎城に対して「亀には鶴」ということで
鶴ヶ岡城としたことによるとのことです。
本当でしょうか?

tsuru09oka01.jpg

tsuru09oka02.jpg

tsuru09oka03.jpg
駅舎の駅名表示

tsuru09oka04.jpg
1番線ホーム

tsuru09oka05.jpg
跨線橋から新潟方面

tsuru09oka06.jpg
跨線橋から酒田方面

tsuru09oka07.jpg
ホームから新潟方面

tsuru09oka08.jpg
ホームから酒田方面


15小鶴新田駅:つるつるステーション

小鶴新田(こづるしんでん)駅
(JR仙石線、宮城県仙台市宮城野区新田東)
(2009/9/22)

2004年3月13日に開業した比較的新しい小鶴新田駅です。

東北地方の大都市・仙台からわずか10分ほどの場所にあり
ベッドタウンとして地区の人口も急増しており
この駅の乗降客数も大幅に増加しています。
仙台市内駅の一つとして扱われます。

2面2線で、複線であり橋上駅舎となっていて
みどりの窓口もあります。
当駅始発の列車も設定されています。

kosuru09shinden01.jpg

kosuru09shinden02.jpg

kosuru09shinden03.jpg
北口 

kosuru09shinden04.jpg
南口

kosuru09shinden05.jpg
自由通路から石巻方面

kosuru09shinden06.jpg
跨線橋から仙台方面

kosuru09shinden07.jpg
ホームから石巻方面

kosuru09shinden08.jpg
ホームから石巻方面

kosuru09shinden09.jpg
ホームから仙台方面

kosuru09shinden10.jpg
ホームから仙台方面

kosuru09shinden11.jpg
改札口とみどりの窓口


16新鶴駅:つるつるステーション

新鶴(にいつる)駅
(JR只見線、福島県会津美里町立石田)
(2009/9/22)

会津若松から只見線で約30分ほどで新鶴駅に到着します。
1面1線の棒線駅ですが、よく見ると反対側に
昔のホームの跡が見られます。

1日に7本しか列車が停まりません。
駅舎の脇には、懐かしい赤いポストがあります。
のんびりとした佇まいの静かな駅です。

なお車両には扇風機はありますが冷房がついていません。
そのため窓を開けることができます。

nii09tsuru01.jpg

nii09tsuru02.jpg

nii09tsuru03.jpg
駅舎

nii09tsuru04.jpg
駅前の様子

nii09tsuru05.jpg
ホーム側からの駅舎

nii09tsuru06.jpg
停車中の小出行き列車

nii09tsuru07.jpg
ホームから小出方面

nii09tsuru08.jpg
ホームから小出方面

nii09tsuru09.jpg
ホームから会津若松方面

nii09tsuru10.jpg
ホームから会津若松方面

nii09tsuru11.jpg
時刻表

nii09tsuru12.jpg
反対側のホーム跡


小出方面へ列車が出発


17鶴田駅:つるつるステーション

鶴田(つるた)駅
(JR日光線、栃木県宇都宮市西川田町)
(2009/9/22)

日光線で宇都宮駅の次の駅が鶴田駅です。
日光線は列車もレトロ調ですが
駅名標もレトロ調になっています。
1面2線ですが、昔は駅舎側にもホームがあったようです。

また高架橋の柱には「明治四十四年 鐵道院」という文字も
読み取れます。

車内の案内図も、日本語・英語・中国語・ハングル語など
各国語が使われており
さすがに国際的観光地日光へ向かう列車だなぁ
という雰囲気がします。

日光線の車両のドアは全手動、
つまり手で開ける方式です。

tsuru09ta01.jpg

tsuru09ta02.jpg

tsuru09ta03.jpg

tsuru09ta04.jpg
高架橋の柱(「明治四十四年 鐵道院」の文字)

tsuru09ta05.jpg
駅舎

tsuru09ta06.jpg
駅前の様子

tsuru09ta07.jpg
改札口

tsuru09ta08.jpg
駅舎側にいにしえのホームの跡

tsuru09ta09.jpg
跨線橋から日光方面

tsuru09ta10.jpg
跨線橋から宇都宮方面

tsuru09ta11.jpg
ホームから日光方面

tsuru09ta12.jpg
ホームから日光方面

tsuru09ta13.jpg
ホームから宇都宮方面

tsuru09ta14.jpg
ホームから宇都宮方面


宇都宮方面へ列車が出発



旅と鉄道2018年7月号

180609c-book.jpg
[題名]旅と鉄道2018年7月号
[発行]天夢人
[定価]1,000円
[発行日]2018/7/1
今、ローカル線の旅には、観光列車ブームが到来しています。ご当地の魅力をアナウンスや、絶景スポットでの停車、レストラン感覚での食事などで楽しませることが人気のヒミツです。そこでタビテツ流の旅を提案します。一度の旅でいくつかの観光列車を乗り継ぐ旅、名づけて“観光列車はしご旅"。巻頭ルポでは、オリジナリティあふれる観光列車を続々と生み出すJR四国の、「伊予灘ものがたり」と「四国まんなか千年ものがたり」を中心とした乗り継ぎの旅へ。そのほか叡山電車の「ひえい」にもルポ取材。乗るだけで楽しい観光列車を、乗り継ぐことでもっと楽しめる旅へと案内します。

●巻頭ルポは四国! 「伊予灘ものがたり」と「四国まんなか千年ものがたり」をはしご旅
巻頭ルポは絶景を楽しめるオリジナリティあふれる観光列車が走る四国の旅。JR四国の観光列車、絶景の下灘駅に停車する予讃線観光列車「伊予灘ものがたり」と、ゆったりと食事を楽しむ土讃線観光列車「四国まんなか千年ものがたり」を乗り継ぐ笑顔あふれる旅をお伝えします。

●観光列車図鑑は、展望・グルメ・SLなど、10のタイプ別紹介
JRから私鉄各社の観光列車まで、10のタイプ別に今乗れる観光列車を紹介しています。

●日帰りでも楽しめる、観光列車のはしご旅が11プラン
日帰りでも最大4列車を乗り継いで楽しめる旅のプランを一挙紹介。鉄道地図や時刻表とにらみ合い、バス路線も有効活用することで、知恵を絞りに絞って見つけ出した、珠玉の11プランです。

<目次>
【特集 観光列車はしご旅】
●観光列車 はしご旅のすすめ
●四国で観光列車はしご旅
●リゾートしらかみ よくばり絶景旅
●全国観光列車図鑑
●ひと目でわかる! JR&私鉄・三セク観光列車運行カレンダー
●東西 日帰りはしご旅
関東編・日光けっこう3列車
関西編・楕円でめぐる京都旅
●叡山電車に「ひえい」デビュー
●観光列車 日帰りはしごプラン11選
●観光列車の進化論&クロニクル
●空想観光列車


観光列車が花盛りです。観光列車の嚆矢は1976年の大井川鐵道のSL急行かわね路ですが、自分が最初に乗ったのは2004年8月のリゾートしらかみです。のんびり、ゆったりとした観光列車にまた乗ってみたくなりました。


18西舞鶴駅:つるつるステーション

西舞鶴(にしまいづる)駅
(JR舞鶴線・北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮津線線、京都府舞鶴市字伊佐津)
(2009/10/12)

城下町と商港として発展した西舞鶴の中心駅です。
JR舞鶴線と北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮津線の駅です。

JRは、島式ホームと単式ホームからなる2面3線です。
KTRは、JR単式ホームの反対側に切り欠き型となっていて
合計すると2面4線となります。

1999年の橋上駅舎化に伴い、昔の改札口は西口となり、
反対側に新たに東口ができました。

★北近畿タンゴ鉄道(KTR)宮津線は、2015年4月からWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮舞線となり、京都丹後鉄道の駅番号はM8に設定されました。

nishi09maiduru01.jpg

nishi09maiduru02.jpg
西口

nishi09maiduru03.jpg
西口駅前

nishi09maiduru04.jpg
東口

nishi09maiduru05.jpg
東口駅前

nishi09maiduru06.jpg
跨線橋から東舞鶴方面

nishi09maiduru07.jpg
単式ホーム(4番線)から島式ホーム(2,3番線)

nishi09maiduru08.jpg
東舞鶴方面

nishi09maiduru09.jpg
東舞鶴方面

nishi09maiduru10.jpg
綾部方面

nishi09maiduru11.jpg
綾部方面



19東舞鶴駅:つるつるステーション

東舞鶴(ひがしまいづる)駅
(JR舞鶴線・小浜線、京都府舞鶴市浜町)
(2009/10/12)

古くは日本海側唯一の軍都として発展した
東舞鶴地域の中心駅の東舞鶴駅です。

舞鶴線と小浜線の終点となっています。

高架ホームで島式1面2線です。

ほとんどすべての列車が、この駅で折り返します。

そのため同じホームの西舞鶴駅よりに舞鶴線の列車が、
小浜よりに小浜線の列車が停車することもあるので注意が必要です。

higashi09maiduru01.jpg

higashi09maiduru02.jpg
ホーム

higashi09maiduru03.jpg
駅舎

higashi09maiduru04.jpg
駅前広場

higashi09maiduru05.jpg
西舞鶴方面

higashi09maiduru06.jpg
西舞鶴方面

higashi09maiduru07.jpg
小浜・敦賀方面

higashi09maiduru08.jpg
敦賀行き列車


20西敦賀駅:つるつるステーション

西敦賀(にしつるが)駅
(JR小浜線、福井県敦賀市山泉)
(2009/10/12)

小浜線の敦賀駅の隣の駅です。
単式1面1線のホームを持つ無人駅です。
待合い室はあります。

見晴らしがよく、敦賀市内を見渡せます。

ホームの裏側は竹林で、線路の向こう側はゴルフ場です。
OBのボールが飛んできそうな近距離です。

山の中腹を見上げると、北陸本線上り線の鳩原ループ線が通っています。

nishi09tsuruga01.jpg

nishi09tsuruga02.jpg
駅全景

nishi09tsuruga03.jpg
敦賀市内の眺め

nishi09tsuruga04.jpg
駅入り口 

nishi09tsuruga05.jpg
駅前?

nishi09tsuruga06.jpg
待合い室

nishi09tsuruga07.jpg
敦賀よりの踏切りから駅

nishi09tsuruga08.jpg
小浜方面

nishi09tsuruga09.jpg
小浜方面

nishi09tsuruga10.jpg
敦賀方面

nishi09tsuruga11.jpg
敦賀方面

nishi09tsuruga12.jpg
ホームの裏の竹林

nishi09tsuruga13.jpg
線路の向こうはゴルフ場


西敦賀駅に到着


西敦賀駅を出発



21敦賀駅:つるつるステーション

敦賀(つるが)駅
(JR北陸本線・湖西線・小浜線、JR-A01(北陸本線)・JR-B08(湖西線)、福井県敦賀市鉄輪町)
(2009/10/12)

北陸本線と小浜線(起点)の敦賀駅です。
日本海側の港町として古くから栄えた町です。
基本的に島式ホームが3面6線ですが、
5番線の先の米原よりが切り欠いてあり、そこが4番ホームとなっています。
1・2番線は小浜線、3-7番線が北陸本線と分かれています。
駅構内は広々としており、給水塔も残存しています。
北陸本線のホームには売店もあります。

tsuru09ga01.jpg
駅名標(北陸本線)

tsuru09ga02.jpg
駅名標(北陸本線)

tsuru09ga03.jpg
駅名標(小浜線)

tsuru09ga04.jpg
小浜線表示

tsuru09ga05.jpg
小浜線乗り場案内
 
tsuru09ga06.jpg
小浜線ホーム

tsuru09ga07.jpg
北陸本線乗り場案内

tsuru09ga08.jpg
売店

tsuru09ga09.jpg
駅舎

tsuru09ga10.jpg
駅前広場

tsuru09ga11.jpg
福井方面

tsuru09ga12.jpg
福井方面

tsuru09ga13.jpg
米原方面

tsuru09ga14.jpg
米原方面

tsuru09ga15.jpg
4番ホーム乗り場案内

tsuru09ga16.jpg
4番ホーム1

tsuru09ga17.jpg
4番ホーム2

tsuru09ga18.jpg
給水塔


敦賀駅に到着1


敦賀駅に到着2


22鶴里駅:つるつるステーション

鶴里(つるさと)駅
(名古屋市営地下鉄桜通線、S16、愛知県名古屋市南区鯛取通)
(2009/10/24)
名古屋市営地下鉄桜通線の終点野並の一つ手前の駅です。
地下1面2線の島式ホームです。
1994年に開業した小さな駅です。

tsuru09sato01.jpg

tsuru09sato02.jpg
ホーム

tsuru09sato03.jpg
駅構内案内

tsuru09sato04.jpg
1番出入口

tsuru09sato05.jpg
2番出入口



23鶴舞駅:つるつるステーション

鶴舞(つるまい)駅
(JR中央本線・名古屋市営地下鉄鶴舞線、CF02・T10、愛知県名古屋市中区千代田)
(2009/10/24)

JR中央本線で名古屋から二つ目の鶴舞駅です。
名古屋市営地下鉄の鶴舞線の駅もあります。
地下鉄鶴舞線は、名古屋鉄道(名鉄)豊田線・三河線を経由して豊田市駅まで、
名鉄犬山線を経由して犬山駅まで相互直通運転をしています。
中央本線は相対式ホーム2面2線の高架駅です。
市営地下鉄も相対式ホーム2面2線の地下駅です。
中央本線と地下鉄の駅は少し離れています。
連絡通路の壁には鶴がデザインされています。

隣に鶴舞公園がありますが、こちらは「つるまこうえん」といいます。
今年でちょうど百歳を迎えましたようですが、
なんで同じ字で、隣にあるのに「つるま」なんでしょうか?

tsuru09mai01.jpg
中央本線駅名標

tsuru09mai02.jpg
中央本線公園口

tsuru09mai03.jpg
改札口

tsuru09mai04.jpg
金山方面

tsuru09mai05.jpg
千種方面

tsuru09mai06.jpg
鶴舞(つるま!)公園

tsuru09mai07.jpg
百歳・祭

tsuru09mai08.jpg
連絡通路の壁

tsuru09mai09.jpg
連絡通路の壁

tsuru09mai10.jpg
地下鉄駅名標1

tsuru09mai11.jpg
地下鉄駅名標2

tsuru09mai12.jpg
地下鉄駅名標3

tsuru09mai13.jpg
地下鉄入り口

tsuru09mai14.jpg
地下鉄改札口

tsuru09mai15.jpg
地下鉄ホーム

tsuru09mai16.jpg
名鉄車両





プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター