FC2ブログ

鉄道の旅カレンダー2019/7月

鉄道の旅カレンダー1907
五能線/深浦駅〜広戸駅/青森県深浦町


隠岐の島カレンダー2019/7月

隠岐の島カレンダー1907
油井漁港、空と海の青、輝く
 県道から見下ろす油井の港。目の前に青の世界が広がります。明るい緑みを帯びた青から沖へと続く深い青。そして水色の空に白い雲。強烈な日差しに汗を拭きつつ爽やかさを感じます。


08梅窓院:大山街道1

oh19kai080m.jpg
 平成地図では(15)が梅窓院である。

oh19kai080mo.jpg
 明治地図でも(15)の近くに卍記号があり、その近くに梅窓院と書いてあるのが読める。

oh19kai081.jpg
 ここが梅窓院の入口である。

oh19kai082.jpg
 竹林の中の参道を進む。

oh19kai083.jpg

oh19kai084.jpg
 不老門という山門があった。

oh19kai085.jpg
 正式には長青山寳樹寺梅窓院というそうだ。

09善光寺別院:大山街道1

oh19kai090m.jpg
(16)南青山三丁目交差点
(17)善光寺別院
(18)表参道交差点

oh19kai090mo.jpg
(16)南青山三丁目交差点
(17)善光寺別院
(18)表参道交差点
 明治地図ではこのあたりにも茶畑が多い。街道沿い以外には住居はそれほど多くない。

oh19kai091.jpg
 外苑前交差点を進む。

oh19kai092.jpg

oh19kai093.jpg
 成城石井も24時間営業してるのですね。

oh19kai094.jpg
 ここが南青山三丁目交差点。2018年10月には児童養護施設(港区子ども家庭総合支援センター)の建設に地元住民が反対というニュースがあったが、このあたりなのだろうか。

oh19kai095.jpg
 そして(17)の善光寺に着いた。明治地図にも善光寺と書いてあるのが読める。

oh19kai096.jpg
 南命山善光寺別院という。徳川家康が信濃の善光寺から勧請して谷中村に建てたものをここへ移転した。

oh19kai097.jpg
 立派な本堂が正面に見えた。

10青山学院:大山街道1

oh19kai100m.jpg
★1 南青山五丁目交差点
(19)青山学院
(20)国連大学
★2 (23)金王八幡宮・(25)東福寺への道

oh19kai100mo.jpg
★1 南青山五丁目交差点
(19)青山学院
(20)国連大学
★2 (23)金王八幡宮・(25)東福寺への道
 青山学院があるところには葡と書いてある。葡萄畑があったのだろう。他にも梨や李(もも)などの果樹園もあったらしい。梅や櫻や桑の文字も見える。(23)八幡社(金王八幡宮)や(25)東福寺も記載されている。

oh19kai101.jpg

oh19kai102.jpg
 表参道交差点を進む。このあたりは日曜日の朝にもかかわらず人通りも多い。

oh19kai103.jpg
 さらに進む。

oh19kai104.jpg

oh19kai105.jpg
 南青山五丁目交差点をさらに進む。

oh19kai106.jpg

oh19kai107.jpg
 (19)の青山学院大学である。今年(2019年)の箱根駅伝では惜しくも準優勝で5連覇ならず。優勝したのは我が母校の東海大学! 来年も連覇を目指そう!

oh19kai108.jpg
 こちらが(20)の国連大学。こんな大学があることを初めて知った。

11宮益坂上:大山街道1

oh19kai110m.jpg
 ★3 宮益坂上交差点

oh19kai110mo.jpg
 ★3 宮益坂上

oh19kai111.jpg
 宮益坂上交差点に着いた。

oh19kai112.jpg
 こちらは(1)の金王坂である。


 歩道橋の上から宮益坂上を眺めてみる。五差路になっており大きな交差点である。

oh19kai114.jpg
 (2)が国道246号線で(3)はこれから進む宮益坂。

oh19kai115.jpg
(1) は金王坂。
(2) は国道246号線

oh19kai116.jpg
(4) は右折する道。

我が家のヒミツ

181221-book.jpg
[題名]我が家のヒミツ
[著者]奥田英朗
[発行]集英社
[定価]560円
[発行日]2018/6/30
どうやら自分たち夫婦には子どもが出来そうにない(『虫歯とピアニスト』)。同期との昇進レースに敗れ、53歳にして気分は隠居である(『正雄の秋』)。16歳になったのを機に、初めて実の父親に会いにいく(『アンナの十二月』)。母が急逝。憔悴した父のため実家暮らしを再開するが(『手紙に乗せて』)。産休中なのに、隣の謎めいた夫婦が気になって仕方がない(『妊婦と隣人』)。妻が今度は市議会議員選挙に立候補すると言い出して(『妻と選挙』)。どこにでもいる普通の家族の、ささやかで愛おしい物語6編。


「どこにでもいる普通の家族」ではないと思いますが、家族あるあるには違いありません。自分が年を重ねてきたせいか、「手紙に乗せて」が一番心に沁みました。


12御嶽神社:大山街道1

oh19kai120m.jpg
(22)御嶽神社

oh19kai120ma.jpg
 江戸情報地図によると御嶽神社に向かう道には富士見坂と書かれている。おそらくここから富士がよく見えたのであろう。

oh19kai120mo.jpg
(22)この神社記号が御嶽神社なのだろう。

oh19kai121.jpg
 本来の富士見坂はちょっと左手だと思われる。ヒカリエ方面へと左折する。

oh19kai122.jpg
 この坂が昔の富士見坂なのだろう。今となっては建物に囲まれて見晴らしは全く期待できない。成人の日なので振袖姿の若いお嬢さんが慣れない草履で歩いていた。

oh19kai123.jpg
 平成地図には東急文化会館となっているが、ここは現在では渋谷ヒカリエとなっている。渋谷駅周辺の変わりようは著しい。

oh19kai124.jpg
 宮益坂に戻り御嶽神社入口にやってきた。都内のど真ん中にある神社の雰囲気がよくでている。

oh19kai125.jpg
 階段を登るとさらに鳥居と拝殿があった。

oh19kai126.jpg
 この大山街道の旅の安全を祈願した。宮益の地名はこの御嶽神社の御利益で益々栄える町ということに由来する。

13渋谷駅:大山街道1

oh19kai130m.jpg
(21)宮益坂
(26)渋谷川
(27)忠犬ハチ公像
(28)道玄坂

oh19kai130mo.jpg
 明治地図には(26)渋谷川がある。川の水が鉄分を含み渋色をしていたから渋谷となった。
大山街道と渋谷川の交わるあたりが渋谷駅だろう。

oh19kai131.jpg
 左手に工事中の鉄道施設と大きなビルを見ながら坂を下る。

oh19kai132.jpg
 宮益坂下交差点に着いた。渋谷川は暗渠になっているのだろう。

oh19kai133.jpg
 正面にはJRの高架がある。

oh19kai134.jpg
 ガードをくぐると渋谷スクランブル交差点だ。

oh19kai135.jpg
 渋谷駅前に向かうと東急の昔の車両が待ち合わせ場所になっていた。

oh19kai136.jpg
 もちろん忠犬ハチ公像での待ち合わせも健在である。

oh19kai137.jpg
 渋谷駅の建物は数多くの広告看板で覆われている。

oh19kai138.jpg
 これから道玄坂を登っていく。

14スクランブル交差点:大山街道1

oh19kai141.jpg

oh19kai142.jpg

oh19kai143.jpg

oh19kai144.jpg
 道玄坂を登る前に、交差点の一角に立ちスクランブル交差点をグルっと眺める。



oh19kai146.jpg

oh19kai147.jpg
 今はそれほどではないが、テレビの映像などを見る限り、混んでいる時にはこの比ではないであろう。

15道玄坂:大山街道1

oh19kai150m.jpg
(28)道玄坂
★1渋谷109

oh19kai150mo.jpg
(28)道玄坂

oh19kai151.jpg
 スクランブル交差点から少し進むと渋谷109がある。

oh19kai152.jpg
 さらに道玄坂を進む。

oh19kai153.jpg
 道玄坂交差点があった。

oh19kai154.jpg
 右手には渋谷百軒店商店街があり、ここが昔の渋谷の中心だった。百軒店は1923年(大正12年)の関東大震災で被災した店を受け入れてできた繁華街である。

16道玄坂道供養碑:大山街道1

oh19kai160m.jpg
(29)百軒店商店街
(30)道玄坂道供養碑

oh19kai160mo.jpg
(29)百軒店商店街
(30)道玄坂道供養碑

oh19kai161.jpg
 紅白のカーテンに隠れるように供養碑がある。

oh19kai162.jpg
 与謝野晶子がふるさとを詠んだ短歌の碑があった。

oh19kai163.jpg
==========
母遠うて 瞳したしき 西の山  相模か知らず 雨雲かかる
 歌人与謝野晶子が詠んだこの短歌は、明治35年(1902)四月に発行された東京新詩社の機関紙「明星」に収められています。
 晶子は、前年に、郷里の大阪府から単身上京し、渋谷道玄坂の近傍に住んで、与謝野_寛と結婚しました。処女詩集の「みだれ髪」も刊行しています。詩歌の革新をめざした寛との新婚生活でしたが、晶子によって、身心の負担は思いもよらず大きなものでした。
 歌人として、また妻としての多忙な日々のひとときに、住まいから近い道玄坂の上にしばしたたずんで、西空の果てに連なる相州の山々を眺めていたのです。その山々の方向にあたる遠い堺の生家を思い、母親を懐かしんだのでした。
 みずから生家を離れて、新しい生活を渋谷で始めた晶子が、当時ひそかに抱き続けていた真情の一端を、この一首の短歌は語っているのです。
 なお、この歌碑に彫られている筆跡は、晶子自身の書簡による集字です。
     渋谷区教育委員会
==========

oh19kai164.jpg
==========
渋谷道玄坂
 渋谷氏が北条氏綱に亡ぼされたとき(1525年)その一族の大和田太郎道玄がこの坂の傍に道玄庵を造って住んだ。それでこの坂を道玄坂というといわれている。江戸時代ここを通る青山街道は神奈川の人と物を江戸へ運ぶ大切な道だった。やがて明治になり品川鉄道(山手線)ができると渋谷附近もひらけだした。近くに住んだ芥川龍之介、柳田國男がここを通って通学したり、坂下に新詩社ができたり林芙美子が夜店を出した思い出もある。これからも道玄坂は今までと同じくむしろ若者の街として希望と夢を宿して長く栄えてゆくことだろう。
   樋口清之
==========
 ここに書かれている大和田道玄は実は山賊の親分で、この大山街道を行く旅人を襲ったという歴史がある。

17大坂:大山街道1

oh19kai170m.jpg
(31)大坂上バス停
(32)大坂入口
(33)大坂

oh19kai170mo.jpg
(32)大坂入口

oh19kai171.jpg
 道玄坂上交差点で再び国道246号線と合流した。ここからしばらくは首都高を見上げながら歩くことになる。

oh19kai172.jpg
 少し歩くと神泉町交差点に着く。

oh19kai173.jpg
 (31)の大坂上バス停。

oh19kai174.jpg
 この分岐の右側の下り坂を行く。

oh19kai175.jpg
==========
大坂(おおさか)
 厚木街道(江戸から厚木まで)の間にあった四十八坂のうち、急坂で一番大きな坂であったので、大坂と呼ぶようになったといわれる。この坂標識の北側の坂が旧道で、南側の坂が新道である。
==========
大坂と言っても、なおみではない(笑)

oh19kai176.jpg
 右側の道を進んでみる。

oh19kai177.jpg
 徐々に下り坂になっている。

oh19kai178.jpg
 かなり下ってきた。この大坂は、落とした団子が坂下まで転がるほどの急坂だったことから団子坂とも言われた。

家庭教師は知っている

190509-book.jpg
[題名]家庭教師は知っている
[著者]青柳碧人
[発行]集英社
[定価]620円
[発行日]2019/3/25
「家庭訪問が、必要かもしれません」  家庭内で起きているのは、虐待? それとも──。不可解さが加速するミステリー! いきなり文庫!

 原田は、首都圏で「家庭教師のシーザー」を運営する会社で働いている。大学生のアルバイト講師たちの指導と相談を受け、派遣先の家庭で虐待など深刻な問題がありそうなら自ら家庭訪問を行う。スタッフたちから奇妙な相談が持ち込まれるたび、原田の家に入り浸っている女子高生・リサは「それぞれの家の事情だから放っておけばいい」と言うが……。驚愕のラストが待ち受ける家庭訪問ミステリー。


世の中いろいろな家庭があるんだろうなぁ。原田が家庭訪問を行うのは何か問題がありそうな家。虐待はあるのか、それとも他に何があるのか。親がスクールカウンセラーの家でもとんでもない問題がおこっていた。そして最後のどんでん返し。あぁびっくりした。


18大坂橋:大山街道1

oh19kai180m.jpg
(33)大坂

oh19kai180mo.jpg
(33)大坂入口

oh19kai181.jpg
 本来の大山街道はここを直進していたようだが、今ではその道はない。

oh19kai182.jpg
 左折してすぐの大坂橋下の信号機の場所を横断する。

oh19kai183.jpg
 玉川通り(国道246号)と山手通り(都道317号)の交差点である。

oh19kai184.jpg
 山手通りを横断し今度は登り坂である。

oh19kai185.jpg
玉川通り(国道246号)に戻ると、分岐した首都高が頭上を覆っており、立体的で都会らしい重々しさがある。

19道標:大山街道1

oh19kai190m.jpg
(34)氷川神社
(35)道標

oh19kai190mo.jpg
(34)氷川神社

oh19kai191.jpg
 氷川神社の入口に大山道の道標があった。【正面】には「大山道、せたがや道、玉川通」と書かれている。

oh19kai192.jpg
【右】には「ひろう、めぐろ、池がみ、品川みち」と書かれている。「ひろう」は広尾のことか?

oh19kai193.jpg
【左】には「青山、あざぶみち」と書かれている。

20氷川神社:大山街道1

oh19kai200m.jpg
(34)氷川神社

oh19kai200mo.jpg
(34)氷川神社

oh19kai201.jpg
 上目黒氷川神社の入口。

oh19kai202.jpg
 こんな急勾配の階段を登っていくのだ。

oh19kai203.jpg
==========
氷川神社   大橋2-16-21
 祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)を主神とし、天照大御神、菅原道真を合祀しています。旧上目黒村の鎮守で、天正年間(1573~1592)に上目黒村の旧家加藤氏がこの地に迎えたといわれています。
 正面の石段は文化13年(1816)に造られましたが、明治38年(1905)に前を通る大山街道(現、玉川通り)を拡張する際に、現在の急勾配な石段に改修されました。境内には、花崗岩造りの4基の鳥居や小松石造りの2対の狛犬があります。
 また、石段の下には「武州荏原郡菅刈荘目黒郷」と刻まれた供養塔や、天保13年(1842)に建てられて大山道の道標があります。大山道は江戸時代、石尊参り(現、神奈川県伊勢原市の大山への参詣)をする多くの人々が利用しました。
 境内には、目切坂上(現、上目黒1-8付近)にあった目黒元富士から石碑などが移され、「目黒富士」と称す登山道が築かれています。
==========

oh19kai204.jpg
 階段を登ると拝殿と東屋があった。

oh19kai205.jpg
 上から見下ろすとこんな感じだ。

21目黒川:大山街道1

oh19kai210m.jpg
(36)大橋交差点
(37)目黒川

oh19kai210mo.jpg
(36)大橋交差点
(37)目黒川

oh19kai211.jpg
 ここが大橋病院入口交差点だ。

oh19kai212.jpg
 この地図の上から下へ歩いてきた。

oh19kai213.jpg
 進行方向右側にはご覧のような目黒川緑道が整備されている。

oh19kai214.jpg
 目黒川にかかるこの橋が大橋だそうだ。

oh19kai215.jpg
 進行方向左側には目黒川が流れている。春には花見で大賑わいするのだろう。

22旧道と庚申堂:大山街道1

oh19kai220m.jpg
(38)旧道入口
★3:庚申堂
(39)池尻稲荷神社
(40)三宿交差点

oh19kai220mo.jpg
(38)旧道入口
★3:庚申堂
(39)池尻稲荷神社
(40)三宿交差点

oh19kai221.jpg
 (38)の分岐部を左に入れば大山街道の旧道である。

oh19kai222.jpg
 ゆるやかな旧道カーブが続く道をゆっくりと歩いていく。

oh19kai223.jpg
 こんなステッカーが貼ってあった。

oh19kai224.jpg
 コンビニ手前の路地を左折して庚申堂へ寄り道する。

oh19kai225.jpg
 すると右側に黒住教の建物があった。いろいろな宗教があるのだなぁ。

oh19kai226.jpg
==========
黒住教(くろずみきょう)
 黒住教(本部:岡山市)は、江戸時代後期に岡山藩の守護神社今村宮の神職であった黒住宗忠(1780~1850)が、昇る朝日を拝んで立教なった(1814)神道教団で、江戸末期より”神道の教えの大元”と称えられ、多くの人々から”開運の宗教”として信仰されてきました。黒住教東京大教会所・宗忠神社東京分社は、”心の時代”・”宗教の時代™といわれる今日に、一人でも多くの方が本教を通して心身ともに健やかで幸せな人生を過ごしていただくことを念願しています。
 どなたでも自由にお参りください
     黒住教東京大教会所・宗忠神社東京分社
==========

 帰宅後に調べてみると、天理教、金光教とともに幕末三大新宗教の一つなのだそうだ。

oh19kai227.jpg
 さらにその先へ進んでいく。

oh19kai228.jpg
 平成地図の★1庚申堂のところに到着した。

oh19kai229.jpg
==========
池尻庚申会
 現在区内で確認されている205体の庚申塔の中、2体がこのお堂に安置されている。1体は延宝8年(1680)の庚申の年。他の1体は次の申(サル)年の元禄5年(1692)の造立となっている。
 この庚申塔は邪鬼をふんづけた姿の青面金剛とその下に三猿を彫った石仏である。この石仏は江戸築城の際、集めた石工に造らせたと云われており江戸時代以降の石仏を特に庚申塔と呼ぶようである。
 庚申信仰は古く平安の世に中国から伝わり時の貴族の間に広がり時代が江戸となり庶民信仰として口づてにそのありがたさが農民の間にも受け入れられ300有余年も連綿と継承されて今日のお祭り行事にまで続いている。
 お祭りは毎年4月15日目黒常円寺の住職により先祖の供養と参拝者の幸せを祈りお経をあげ盛大に行われている。この長い歴史と先人の心を支えてきた庚申様を守護し地元の人々との親睦を深めて次の世代に引き継ぎたいものである。
     平成18年 池尻庚申会
==========

23池尻稲荷神社:大山街道1

oh19kai230m.jpg
(39)池尻稲荷神社
(40)三宿

oh19kai230mo.jpg
(39)池尻稲荷神社
(40)三宿

oh19kai230t.jpg
 江戸大山まいりすごろくの手ぬぐいにも池尻のそばに池尻稲荷神社が描かれている。

oh19kai231.jpg
 ここが池尻稲荷神社の入口である。この神社は池尻・池沢両村の村人によって建てられ、子育て、火伏せの稲荷として信仰されていた。境内には薬水の井戸があり、大山街道、富士街道の旅人や付近の農村の人々の飲料水に使われていた。薬水と井戸は涸れずの井戸とも呼ばれていた。

oh19kai232.jpg
 旧大山道と書かれた石碑があった。

oh19kai233.jpg
 涸れずの井戸の由来が書いてあった。

==========
涸れずの井戸(かれずのいど)
 この池尻稲荷神社の入口わきに、昔「涸れずの井戸」と呼ばれる井戸がありました。これはどんなに日照りが続いても、涸れることなしに、いつも豊かな水をたたえていたので、こう言われていました。この前の大山道旧道を往き来する旅人や野菜を運ぶ農民ののどをうるおし、まわりの人々に大変尊ばれました。とくに、雨乞いのための大山詣の際には、必ずここに立ち寄ったと言われます。現在も、この水は、境内の中にあり、みなさんにおいしい水を提供しています。
 この像は、江戸後期近くの商店に奉公に来ていた少女が、奉公先の子どもといっしょに、ここに水を汲みに来た際、たぶんついでに「かごめかごめ」の遊びをしたであろう様子を想像してつくったものです。どうぞ、昔の風景を思いうかべてみてください。
     平成元年3月 世田谷区

     せたがや百景(2) 大山道と池尻稲荷  昭和59年10月選定
==========

oh19kai234.jpg
 子供たちが「かごめかごめ」で遊んでいる様子だ。

oh19kai235.jpg

oh19kai236.jpg
 池尻稲荷神社と拝殿である。またも旅の安全を祈願した。


プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター