fc2ブログ

JR東日本カレンダー2021/11


E001系 TRAIN SUITE 四季島 中央本線 [甲斐大和・勝沼ぶどう郷]

 2017年5月デビュー。東日本の豊かで美しい自然、地域に根ざした産業や暮らしに息づく文化を、列車ならではの「豊かな時間と空間のうつろい」の中で楽しむ旅をご提供する「TRAIN SUITE 四季島」。天井まで窓が広がる展望車、各地の旬の滋味を取り入れた料理を提供するダイニング、ホテルのエントランスを思わせるラウンジ、全室がスイートルーム以上の客室からなる10両編成です。



ぶらり鉄道の旅カレンダー2021/11月

ぶらり11
JR東日本 只見線 会津桧原駅・会津西方駅  福島県

小田急カレンダー2021/11

pic_work11.jpg
【11月】あたたかな秋を行く
北村 仰以様
受賞作品講評
「あたたかな秋を行く」の題名通りに、この作品からは小春日和の陽だまりの温かさと、菊花が醸成する香りが漂ってきます。秋の花である菊花をモチーフにした大胆な画面構成で季節感を強調しました。菊花のイエロー、秋空のペルシャンブルーとハーモニックパールブロンズのEXEの色彩競演が鑑賞のポイントです。

260急行阿寒:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku334d.jpg
函館本線

 札幌12時55分発の急行阿寒の根室行きです。道央と根室を結ぶ唯一の優等列車です。札幌を出ると、岩見沢・滝川に停車し、滝川から根室本線に入ります。

jiko64ku334e.jpgjiko64ku334f.jpg
根室本線

 滝川の次は富良野・新得・帯広・池田と停車し釧路には19時33分に到着します。

jiko64ku334g.jpg
根室本線

 釧路を出ると厚岸に停車するだけで、終点の根室には21時50分に到着します。8時間55分の急行列車の旅です。

jiko64ku334h.jpg
列車編成

 7両編成ですが釧路で3両は切り離され、終点の根室まで行くのは4両です。

【急43】阿寒:札幌1255−1405滝川1407−1732帯広1734−1933釧路1937−2150根室




261急行紋別・はぼろ・オホーツク(多層建て列車):時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku334i.jpg
函館本線

 札幌17時ちょうど発の急行紋別(遠軽行き)・はぼろ(幌延行き)・オホーツク(網走行き)です。岩見沢・滝川と停車し、次の深川ではぼろを切り離します。紋別とオホーツクは旭川に19時13分に到着します。

jiko64ku334j.jpg
宗谷本線

 旭川でオホーツクを切り離し、紋別は宗谷本線を一人旅です。士別に停車し名寄には20時43分に到着します。

jiko64ku334k.jpg
名寄本線

 名寄で進行方向を変えて名寄本線に入ります。下川・西興部・興部・渚滑に停車し、紋別には22時55分に到着します。紋別からは普通列車となり終点の遠軽には23時53分に到着します。

jiko64ku334l.jpg
羽幌線

 深川で切り離された急行はぼろは留萌本線に入り、次の留萌から羽幌線に入ります。小平(おびら)・苫前(とままえ)・羽幌・築別・初山別(しょさんべつ)・遠別・天塩に停車し、終点の幌延には22時39分に到着します。急行はぼろは羽幌線内で唯一の優等列車です。

jiko64ku334m.jpg
石北本線

 旭川で切り離された急行オホーツクは石北本線に入り、上川・白滝・丸瀬布・遠軽・留辺蘂・北見・美幌・女満別(めまんべつ)と停車し、終点の網走には23時49分に到着します。

 「遠軽行き」と表示される急行紋別の遠軽到着は23時53分、「網走行き」の急行オホーツクの遠軽到着は21時39分です。乗り間違えると2時間以上遅れることになってしまいますね。

jiko64ku334n.jpg
列車編成

 各々2両編成で札幌出発時は6両となります。いずれの列車も各目的地への、札幌発の最終列車となっているようです。

【急44】紋別:札幌1700−1838☆深川1832−1913☆旭川1925−2043名寄2048−2241紋別(2255−2353遠軽)
【急45】はぼろ:札幌1700−1838☆深川1842−1934留萌1949−2239幌延
【急46】オホーツク:札幌1700−1838☆深川1832−1913☆旭川1919−2139遠軽2142−2252北見2255−2349網走



262寝台準急利尻:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku335a.jpg
函館本線

 札幌21時02分発の寝台準急利尻の稚内行きです。札幌を出ると江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川に停車し、旭川には23時54分に到着します。

jiko64ku335b.jpg
宗谷本線

 旭川で25分停車の後、蘭留(らんる)・和寒(わっさむ)・士別・名寄・美深・音威子府・天塩中川・幌延・豊富・南稚内に停車し、終点の稚内には6時23分に到着します。真夜中でも主要駅に停車するのですね。

【寝準04】利尻:札幌2102−2354旭川0019−0203名寄0213−0314音威子府0323−0623稚内



オタクと家電はつかいよう ミヤタ電器店の事件簿

オタクと家電はつかいよう_ミヤタ電器店の事件簿 のコピー
[題名]オタクと家電はつかいよう ミヤタ電器店の事件簿
[著者]田中静人
[発行]宝島社
[定価]730円
[発行日]2019/8/20
「うちの社長は笑いません。ですが、お客さまの笑顔のために努力しています」という求人広告に惹かれ、「ミヤタ電器店」に転職した森野美優。人の気持ちは読めないが、家電に詳しい店長の宮田とともに「なんでも対応」をポリシーに、家電トラブルに隠された人々の想いや悩みを次々と解き明かしていく。一風変わった仕事にやりがいを感じる美優だったが、彼女の周辺で奇妙な事が起き始め…。


 家電製品にまつわるいろいろなトラブルから生まれるミステリー。美優の周囲で起こる奇妙な事件は本当に奇妙すぎる。


263寝台準急石北:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku335c.jpg
函館本線

 今度の寝台準急は網走行きの石北です。札幌を22時10分に出発します。江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川に停車し、旭川には日付の変わった1時03分に到着します。

jiko64ku335d.jpg
石北本線

 旭川からは石北本線に入り、当麻(とうま)・上川・中越・白滝・丸瀬布・遠軽・生田原・留辺蘂に停車し、北見に5時52分に到着します。北見からは普通列車となり終点の網走には8時01分に到着します。こちらも「利尻」と同じように、真夜中でも主要駅に停車しています。

【寝準05】石北:札幌2210−0103旭川0115−0418遠軽0426−0552北見(0616−0801網走)



264松前線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku335e.jpg
松前線

江差線の木古内−松前の全長50.8kmの路線です。9往復の列車が走っており、そのうち6往復は江差線経由で函館まで乗り入れています。函館発着の準急松前も1往復走っています。この準急は函館−木古内間は準急えさしと併結されています。

jiko64ku335f.jpg
地図

 1988年(昭和63年)に廃止されました。

【準108】松前:函館0917−1004☆木古内1017−1125松前



265瀬棚線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku335g.jpg
瀬棚線

函館本線の国縫−瀬棚の全長48.4kmの路線です。渡島半島を横断する路線です。7往復+区間運転で、多くは長万部に乗り入れています。優等列車の設定はありません。

jiko64ku335h.jpg
地図

 終点に近い今金−瀬棚に区間運転が設定されていたのは珍しいことと思われます。需要があったのでしょう。そんな瀬棚線ですが、1987年(昭和62年)に廃止されました。



266岩内線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku335i.jpg
岩内線

 函館本線の小沢−岩内の全長14.9kmの路線です。10.5往復の列車があり、札幌発着の準急ニセコ・らいでんが普通車両となって乗り入れています。

jiko64ku335j.jpg
地図

 1985年(昭和60年)に廃止されました。

jiko64ku335k.jpg
岩内線延伸計画(点線)

 海岸線を寿都経由で函館本線の黒松内へ延伸構想がありましたが実現しませんでした。



267万字線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku335l.jpg
万字線

 室蘭本線の志文−万字炭山の全長23.8kmの路線です。6往復の列車すべてが岩見沢発着です。

jiko64ku335m.jpg
地図

 1985年(昭和60年)に廃止されました。



268江差線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku336a.jpg
江差線

 函館本線の五稜郭−江差の全長79.9kmの路線です。8往復+区間運転が設定されています。松前線の準急松前と併結する準急えさし以外にも準急おくしり・ひやまがあります。「おくしり」は奥尻島に、「ひやま」は桧山支庁にちなんだものです。

jiko64ku336b.jpg
地図

 2014年(平成26年)に木古内−江差(42.1km)が廃止されました。そして2016年(平成28年)に五稜郭−木古内(37.8km)が第三セクター道南いさりび鉄道へ転換されています。

【準109】えさし:函館0917−1004☆木古内1009−1110江差
【準110】おくしり:函館0630−0716木古内0717−0820江差
【準111】ひやま:函館1517−1603木古内1604−1708江差



よりみち酒場灯火亭3 夕やけの味

よりみち酒場灯火亭3夕やけの味 のコピー
[題名]よりみち酒場灯火亭3夕やけの味
[著者]石川渓月
[発行]光文社
[定価]660円
[発行日]2020/12/20
日本一行きつけにしたい店、ここにあり!
季節の料理と酒 さりげないもてなし 優しい常連客 人生のほろ苦さを知る大人のための、大好評シリーズ第三弾

太陽テレビの記者・塚原は、後輩記者からユニークな子ども食堂の話を聞く。週に二回、プロの料理人たちが交替で料理を作るというのだ。そこで出会ったのは、謎めいた魅力のあるユウさんと呼ばれる人物だった。ユウさんの店「灯火亭」を訪れた塚原は、ますます彼に興味を惹かれ、取材を進めるのだが……。


 子ども食堂の取材を進めるにつれて、ユウさんの過去がわかってきたが、それは意外なものだった。そして、故郷に残してきたものもわかってしまった。人生いろいろ、島倉千代子、、、だなぁ。

269函館本線上砂川支線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku336c.jpg
函館本線上砂川支線

 函館本線の砂川−上砂川の全長7.3kmの路線です。18往復の列車が走っています。途中駅に下鶉(しもうずら)・鶉(うずら)・東鶉(ひがしうずら)と「鶉」の文字の付く駅が並びますが、元々は上砂川市街は鶉市街だったようです。

jiko64ku336d.jpg
地図

 1994年(平成6年)に廃止されました。



270幌内線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku336e.jpg
幌内線

 函館本線・室蘭本線の岩見沢−幾春別18.1kmと三笠−幌内2.7kmの全長20.8kmの路線です。岩見沢−幾春別11往復、三笠ー幌内10.5往復の列車が走っています。一部の列車は札幌・小樽・仁木まで乗り入れています。

jiko64ku336f.jpg
地図

 1882年(明治15年)に開業した道内で最も古い鉄道路線(手宮−南小樽−札幌−岩見沢−幌内)の一部です。由緒正しい路線です。しかし、1987年(昭和62年)に廃止されました。



271胆振(いぶり)線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku337a.jpg
胆振線(伊達紋別−倶知安)

 室蘭本線の伊達紋別−函館本線の倶知安83.0kmと京極−脇方7.5kmの全長90.5kmの路線です。伊達紋別−倶知安の全線通す列車は5往復ですが、区間運転が多いです。

 優等列車は準急いぶりが走っていますが、循環列車として興味深いので別項で取り上げます。

jiko64ku337b.jpg
胆振線(京極−脇方)

 京極−脇方は6往復です。倶知安・喜茂別へ乗り入れています。

jiko64ku337c.jpg
地図

 羊蹄山、洞爺湖、昭和新山などの観光地のすぐ近くを走っています。しかし、1970年(昭和45年)に京極−脇方(7.5km)が廃止され、1986年(昭和61年)には伊達紋別−倶知安(83.0km)も廃止されました。



272夕張線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku337d.jpg
jiko64ku337d
夕張線

 室蘭本線の追分−夕張43.6kmと、紅葉山−登川7.6kmの全長51.2kmの路線です。札幌−夕張間には準急夕張が2往復設定されていますが、川端・十三里(とみさと)・南清水沢に停車しないだけで他のすべての駅に停車します。

jiko64ku337e.jpg
地図

 1981年(昭和56年)に紅葉山−登川(7.6km)が廃止されるとともに、追分−新夕張(旧:紅葉山)が石勝線に改称されました。2019年(平成31年)に新夕張−夕張が廃止されました。



273準急第1ちとせ・日高(多層建て列車):時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku338a.jpg
室蘭本線・千歳線

 洞爺6時54分発の準急第1ちとせ札幌行きです。伊達紋別に停車した後、東室蘭で特急おおぞらの通過待ちをすると同時に室蘭発の第1ちとせと連結します。そして幌別・登別・白老に停車し、苫小牧には8時34分に停車します。苫小牧では様似5時40分発の準急日高と連結し、終点の札幌には9時52分に到着します。

jiko64ku338b.jpg
日高本線

 様似5時40分発の準急日高は、浦河・日高三石・静内・厚賀・富川・鵡川に停車し、苫小牧には8時31分に到着します。ここで第1ちとせと連結し札幌を目指します。

【準112】第1ちとせ:洞爺0654−0732★東室蘭0746−0834★苫小牧0841−0952札幌
(室蘭0730−0741★東室蘭−−−)
【準113】日高:様似0540−0831★苫小牧0841−0952札幌



274室蘭本線長距離普通列車:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku339a.jpg
函館本線

 函館8時06分発の普通列車の岩見沢行きです。大沼10分、森13分停車し長万部に11時59分に到着します。

jiko64ku339b.jpg
室蘭本線

 長万部に20分停車し、室蘭本線に入ります。東室蘭11分停車し、終点の岩見沢には18時10分に到着します。所要時間は10時間04分です。

【普95】219:函館0806−1159長万部1219−1430東室蘭1441−1612苫小牧1617−1810岩見沢(10時間04分)



三人屋

三人屋 のコピー
[題名]三人屋
[著者]原田ひ香
[発行]実業之日本社
[定価]682円
[発行日]2018/2/6
朝は三女・朝日の喫茶店、昼は次女・まひるの讃岐うどん屋、夜は長女・夜月のスナックーー

朝・昼・晩で業態がガラリと変わるその店は、通称「三人屋」。
やって来るのは、三女にひと目惚れしたサラリーマン、
出戻りの幼なじみに恋する鶏肉店主、
女泣かせのスーパー店長など、ひと癖ある常連客たち。
三姉妹が作るごはんを口にすれば、胃袋だけじゃなく、心もたっぷり満腹に!?
心とお腹にじんわりしみる、美味しい[人情×ごはん]エンタメ!


商店街にたたずむル・ジュール。ワケあり三姉妹が二毛作ならぬ三毛作で営業する飲食店だ。朝は三女朝日の喫茶店、昼は次女まるひの讃岐うどん屋、夜は長女夜月のスナックとなり、商店街では通称、三人屋と呼ばれている。三姉妹と三人屋の常連客たちの人間模様がドラマになっている。


275急行すずらん・準急えりも(多層建て列車):時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku340a.jpg
千歳線・室蘭本線

 札幌7時15分発の急行すずらん(全車指定席)(函館行き)・準急えりも(様似行き)です。急行と準急の併結列車となります。苫小牧で準急えりもを切り離し、急行すずらんは登別・東室蘭・伊達紋別・洞爺に停車し、長万部に10時15分に到着します。

jiko64ku340b.jpg
函館本線

 長万部からはノンストップで終点の函館には12時05分に到着します。

jiko64ku340c.jpg
日高本線

 一方、苫小牧で切り離された準急えりもは、鵡川・富川・厚賀・静内・日高三石・浦河に停車し、終点の様似には11時26分に到着します。

jiko64ku340d.jpg
列車編成

 8両編成で6両がすずらん、2両がえりものようです。

【急47】すずらん:札幌0715−0816☆苫小牧0818−0901東室蘭0903−1015長万部1017−1205函館
【準114】えりも:札幌0715−0816☆苫小牧0838−1126様似



276準急いぶり・第2ちとせ・ニセコ(多層建て列車・循環列車):時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku340e.jpg
千歳線・室蘭本線

 札幌10時05分発の準急いぶり(札幌行き:循環列車)・第2ちとせ(伊達紋別・室蘭行き)です。札幌を出ると、恵庭・千歳・苫小牧・白老・登別に停車し、東室蘭には12時14分に到着します。ここで室蘭行きの第2ちとせを切り離します。そして伊達紋別に12時38分に到着し、第2ちとせを切り離します。

jiko64ku340f.jpg
胆振線

 伊達紋別からは胆振線に入り、壮瞥(そうべつ)・北湯沢・新大滝・喜茂別・京極に停車し、倶知安には14時46分に到着します。

jiko64ku340g.jpg
函館本線

 倶知安では準急ニセコおよび函館本線蘭越発の普通列車と併結します。次の小沢では岩内線の普通列車と連結します。そして余市・小樽に停車して札幌には16時46分に到着します。準急いぶりは札幌から胆振線経由で6時間41分で一周して札幌に戻ってきます。逆方向の準急列車もいぶりといいます。胆振線の京極駅で上りと下りの準急いぶりが待ち合わせしますが間違えないのでしょうかね。

jiko64ku340h.jpg
運転略図

【準115】いぶり:札幌1005−1125苫小牧1127−1214☆東室蘭1216−1238☆伊達紋別1242−1446★倶知安1458−1511★小沢1514−1646札幌
【準116】第2ちとせ:札幌1005−1125苫小牧1127−1214東室蘭1216−1238☆伊達紋別
(−−−☆東室蘭1218−1227室蘭)
【準117】ニセコ:★倶知安1458−1511★小沢1514−1646札幌
【普96】917D:蘭越1402−1450★倶知安
【普97】932D:岩内1440−1503★小沢



277日高本線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku342a.jpg
日高本線

 室蘭本線の苫小牧−様似の全長146.5kmの路線です。全線通しの列車は8往復、苫小牧−静内1往復、静内−様似1往復設定されています。優等列車は準急えりも・日高があります。

jiko64ku342b.jpg
地図

 2015年(平成27年)以降に発生した自然災害で、鵡川−様似間は代行バスによる運行が続いており、鉄路で復旧するかどうか地元自治体などによる協議が続いていましたが、2021年4月に正式にバスに転換されることになりました。




278富内線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku342c.jpg
富内線

 日高本線の鵡川−振内の全長58.4kmの路線です。5往復の列車が走っており、一部は苫小牧まで乗り入れています。

jiko64ku342d.jpg
地図

 1964年(昭和39年)11月5日に振内−日高町(24.1km)を延伸開業し全線(82.5km)開通しました。さらに占冠(しむかっぷ)を通って北上し根室本線の金山あたりまで延伸する構想がありましたが実現しませんでした。地図の点線の部分です。「のぼりかわ」から占冠を通って新狩勝トンネルまでの点線は石勝線です。

 富内線は1986年(昭和61年)に廃止されました。



279深名線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku342e.jpg
深名線

 函館本線の深川−宗谷本線の名寄の全長121.8kmの路線です。朱鞠内付近は北海道でも豪雪地帯でその中を走っていました。深川−朱鞠内間は6往復、朱鞠内−名寄間は5往復の列車がありました。

jiko64ku342f.jpg
地図

 朱鞠内付近から羽幌線の羽幌まで延伸構想(地図の点線:名羽線)がありましたが完成しませんでした。1995年(平成7年)に廃止されました。



280準急ぬさまい・第1池北(多層建て列車):時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku343a.jpg
根室本線

 帯広8時26分発の準急ぬさまい(釧路行き)・第1地北(北見行き)です。幕別に停車し、池田で第1地北を切り離します。準急ぬさまいは、豊頃・浦幌・白糠に停車し、終点釧路には10時57分に到着します。

jiko64ku343b.jpg
地北線

 池田で切り離された準急第1地北は進行方向を変え、本別・足寄(あしょろ)・陸別・置戸(おけと)・訓子府(くんねっぷ)に停車し、終点の北見には11時35分に到着します。

【準118】ぬさまい:帯広0828−0900☆池田0903−1057釧路
【準119】第1池北:帯広0828−0900 ☆池田0904−1135北見



サンドの女 三人屋2

三人屋2サンドの女 のコピー
[題名]サンドの女 三人屋2
[著者]原田ひ香
[発行]実業之日本社
[定価]748円
[発行日]2021/3/5
朝は三女・朝日の喫茶店、昼は次女・まひるの讃岐うどん屋、夜は長女・夜月のスナックーー志野原家の美人三姉妹が営む「三人屋」は、朝日の就職を機に、朝の店を終了、業態を転換することになった。

朝日が出勤前に焼いたパンを使い、まひるが朝からランチ時まで売る自家製の玉子サンドイッチが、見映えも良くおいしいと大評判に。かたや長女のスナックは、ラプンツェル商店街で働き、暮らす人々のサロンとしてにぎわっている。ゲイの青年、売れない作家、女泣かせのスーパー店長など、ワケあり常連客たちが夜ごと来店、三姉妹の色恋沙汰を肴に、互いの悩みを打ち明けあったり、くだを巻いたり…悲喜こもごも、味わい深い人間模様を描く大ヒット小説『三人屋』待望の続編! 心も体もくたくたな日は「三人屋」の新名物「玉子サンド」を召し上がれ!


なんだか下町っぽいラプンツェル商店街の物語の第二弾。豆腐屋に居候のゲイの理人、書かない小説家の一也と長女の夜月、携帯ショップ店員の亘と次女のまひる、マンション所有者の透と三女の朝日、商店街の生き字引の大輔など、多彩な登場人物の不思議な恋愛物語。


281広尾線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku344a.jpg
広尾線

 根室本線の帯広−広尾の全長84.0kmの路線です。7往復の列車が走っています。1973年に愛国駅と幸福駅がテレビなどで紹介され「愛の国から幸福へ」にちなんで「愛国駅→幸福駅」への切符が年間300万枚も売れたようです。時刻表を見ると愛国はありますが、幸福はありません。

jiko64ku344b.jpg
広尾線路線図

 路線図にはありました。時刻表ではスペースの関係で省略したようですね。

 1987年(昭和62年)に廃止されました。廃止後でも、「愛国駅→幸福駅」の切符は代行バスを運行している十勝バスが引き続き硬券乗車券を発売しているようです。



282士幌線:時刻表見聞録1964年10月号

jiko64ku344c.jpg
士幌線

根室本線の帯広−十勝三股の全長78.3kmの路線です。全線通しは5往復、帯広−上士幌3往復の列車が走っています。

jiko64ku344d.jpg
jiko64ku344e.jpg
地図(延伸計画)

 三国峠を越えて石北本線の上川まで延伸する構想がありましたが実現しませんでした。1987年(昭和62年)に廃止されました。




プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター