山陰紀行3:余部鉄橋

(2006年8月の旅です。)

san06in03map.jpg
8月25日の行程(米子~鳥取~浜坂~餘部)

 この夏の青春18きっぷはすでに2枚使用したため、残りが3枚しかありません。4日間の今回の旅程では1枚足りないので、今日は18きっぷは使わずに普通のきっぷを購入します。部分的には割高にはなりますが、特急を利用するには特急券だけを買い足せばよく利用しやすいので、スーパーまつかぜ2号に乗りました。2両編成ですがさすがに特急だけのことはあります。わずか1時間3分で鳥取に到着しました。

san06in031.jpg san06in032.jpg
特急スーパーまつかぜ2号 ◇ 車窓(日本海)

san06in033.jpg
車窓(東郷池)

 鳥取駅は高架で近代的な駅です。ここで浜坂行きのセミクロス2両ワンマンに乗り換えます。そこそこの乗車率でお年寄りが多いようです。海の近くを走る区間は海岸線が見えてきれいです。

san06in034.jpg san06in035.jpg
浜坂駅名標 ◇ 駅周囲

san06in036.jpg
給水塔

 浜坂からは臨時快速あまるべロマン号に乗り継ぎます。5両の特急型の転換クロスシートであり、一部のロマンスカーにあるような展望席もあります。かなりの乗車率で、テレビの取材クルーもカメラを回しています。浜坂駅で折り返しのはずなのですが、展望席にはすでにお客さんが満員です。事前に乗車していて浜坂で降りずにまた折り返すのでしょう。よい席を取りたいためには涙ぐましい努力です。

san06in037.jpg san06in038.jpg
臨時快速あまるべロマン号外観 ◇ 展望席

san06in039.jpg san06in0391.jpg
取材クルー ◇ あまるべロマン号@餘部駅

 餘部駅で大量の下車客に混じって下車します。多くの客は余部鉄橋がお目当てなのでしょう。通常は無人駅ですが今日はホームに駅員が4人も配置されていました。乗客の整理、乗車券の発売、記念オレンジカードの発売などを行っていました。皆はデジカメやケータイで写真を撮りまくっており、駅の端まで行きすぎて駅員に注意されている人もいました。私は記念にオレンジカードを買いました。シルバー夫婦が意外に多いのですね。私は2年前に寝台特急出雲で京都方面から餘部駅までは来ていますので、橋の見学はそこそこにして次の浜坂行きにて鳥取方面へ戻ることにします。

(注)京都から山陰本線経由の寝台特急出雲は2006年3月に廃止されました。
(注)余部鉄橋は2010年8月に架け替えられました。

san06in0392.jpg san06in0393.jpg
餘部駅舎 ◇ 駅名標

san06in0394.jpg san06in0395.jpg
余部鉄橋 ◇ オレンジカード

◆米子(09:57)-鳥取(11:00) 山陰本線 特急スーパーまつかぜ2号
◆鳥取(11:09)-浜坂(11:52) 山陰本線
◆浜坂(12:08)-餘部(12:19) 山陰本線 臨時快速あまるべロマン号


FC2ブログランキング
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター