矢崎道49:二の鳥居

ya16sa580.jpg
 地図の(43)は二の鳥居です。

ya16sa581.jpg
 正面に見える信号が(43)の三叉路です。

ya16sa582.jpg
 三叉路の南側にあるのが二の鳥居です。かなり大きな鳥居です。

ya16sa583.jpg
 近くの石碑には、「大正十二年九月一日の大震にて大鳥居も倒壊の災に罹し・・・・・」と書いてあり、最後には「昭和三年四月  七五三引谷戸有志」とありました。関東大震災で倒壊したものを昭和三年に復元したようです。

ya16sa584.jpg
 大山阿夫利神社二の鳥居復元の由来という石碑もありました。

ya16sa585.jpg
 そして伊勢原市の大山道と道標という説明板もありました。

 「伊勢原市のシンボル・大山には、古来より山頂に石尊大権現が鎮座し、中腹には奈良時代の僧・良弁が開創した大山寺がありました。石尊大権現は降雨や豊作・豊漁、商売繁盛などの神として、大山寺の本尊・鉄造不動明王は、「大山のお不動さん」として篤い信仰を集めました。・・・・・・・・幕府や大山御師の活動などにより、江戸時代中期から後期にかけ、大山参詣は隆盛を極め、人々は関東一円はもとより、周辺の国からも相模大山を目指しました。日頃は大山寺不動堂(明治初年の神仏分離後は、阿夫利神社下社)から山頂の石尊社(現阿夫利神社本社)までの登拝は許されず、登山口にある門は閉じられていました。しかし、夏山と呼ばれる旧暦の6月27日から7月17日までの間は開扉され、万余の参詣者が集まったといわれています。その賑わいぶりは、葛飾北斎や安藤広重らが描いた浮世絵からもしのぶことができます(国芳「相州大山道田村渡の景」)。各地から大山へ至る道は、「大山道」とも呼ばれ、図にあるように、東西南北の方向から大山の麓へと伸びていました。特に江戸から大山への道は、参詣者が多いこともあってか、代表的な大山道とされています。日本橋を起点として、東海道戸塚宿の手前、柏尾から大山へ向う「柏尾通り大山道」、藤沢宿の西、四ッ谷から右折する「田村通り大山道」、大山への近道をされる青山百人町からの「矢倉沢往還」です。三つの道とも大山に至る途中、相模川を舟渡しで越えました。上流から厚木、戸田、田村の渡しです。道中手形も必要でなく、江戸からは3〜4泊の旅行であったといわれています。大山参詣の後、江ノ島・鎌倉を周遊して帰る、といった信仰と娯楽を兼ねた旅でもあったようです。図を見ると、伊勢原市内では大山道が北・東・南から大山の麓、石倉辺りに集まってくる様子がよくわかります。明治以降道路の改修や新設、耕地整理等により、大分変わっていますが、一部には往時の雰囲気を残すところがあります。また、赤丸は大山道道標の代表的なものの位置です。「此方 大山道」といった大山方向の案内は、「日本橋廿里、江の嶋七里」と大山帰りの方向を示す道標があります。文字だけの道標や不動明王がのる道標もあります。市内には110基を超える道標がありました。恐らく半数以上は大山道関連と思います。「薬師道(日向薬師)」、「一之沢道(淨発願寺)」と刻まれた市内寺院への道標や「かない道(平塚市金目観音)」、「飯山道(厚木市飯山観音)」、「ほしのや道(座間市星谷観音」といった巡礼道が刻まれた道標が多いようです。また、伊勢原や厚木、十日市場(秦野市)といった矢倉沢往還沿いの繁華な町への道案内も多いようです。道標の中では、庚申塔として造立されたものが一番目立ちます。道中の安全を祈ったものといわれています。写真の大山灯篭は、石尊灯篭あるいは大山献灯ともいわれ、夏山の時期に大山沿いや大山が見える所に立てられ、夜には灯が灯されます。現在、伊勢原市内には3カ所ほどで毎夏立てられています。現在は使われていないようですが、常夜燈にも灯が入りました。北斎の浮世絵のように、夜歩く参詣人も多かったようです。
平成22年3月 伊勢原市教育委員会」

ya16sa586.jpg
 江戸時代の道(各地から大山へ至る大山道)

ya16sa587.jpg
 大山灯篭


FC2ブログランキング


関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター