03函館〜大沼公園:北海道妄想の旅1978

03函館〜大沼公園:北海道妄想の旅1978

ho78do0301_1map.jpg【1】
 1978年10月2日の旅(1)

 函館から大沼公園を経て森へ。そして森から函館へ戻ってくるのだ。8の字状になっているので、8の字の通りに乗ろうという魂胆である。

ho78do0302_1dia.jpg【1】
 函館発14時29分の急行ニセコ3号に乗ろう。特急北斗3号出発の4分後に急行ニセコ3号が出発した。憧れの北海道の旅が始まり、胸がわくわくしてきた。

ho78do0303.jpg(桔梗駅)
 次の五稜郭駅で江差線を左へ分け、函館行きの普通列車とすれ違い、さらに北上を続ける。市街地をぬけて桔梗駅を通過し、線路は函館平野の東端の小高い丘を走っていく。そのため左手には函館平野を眼下に望める。

ho78do0304_4map.jpg【4】
 七飯(ななえ)から先は、線路が左右に二つに分かれている。特急や急行などの優等列車が通る通称藤城線は、七飯駅を出てまず左へ分かれ、そして右へオーバークロスし函館平野の東端を走る。急行ニセコ3号ももちろん藤城線経由である。

ho78do0305_26.jpg【26】(大沼〜大沼公園)
 いくつかのトンネルの後にやや長い新峠下トンネル(1,250m)を出たとたん、車窓左手には小沼の水面とその向こうに雄大な駒ケ岳が見えてくる。駒ケ岳の左端の尖った部分は剣ヶ峯で、その右側が馬の背となる。

ho78do0306.jpg(大沼公園駅)
 大沼公園駅に停車した。途中下車して観光したい気持ちもあるのだが、先を急がなければならない。

ho78do0307.jpg(大沼公園)
途中下車したら、こんな写真のような駒ケ岳と大沼の絶景を拝むことができるのだ。

ho78do0308.jpg(沼の家)

ho78do0309.jpg(大沼だんご)
 また明治38年創業の沼の家で、大沼だんごを食べることもできる。あ〜ぁ、残念!

函館1429-1521森 急行ニセコ3 函館本線 103

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【26】鉄道の旅No.30 北海道6 函館本線・津軽海峡線 講談社 2003/9/4


FC2ブログランキング


関連記事

トラックバック

コメント

No title
この企画、面白いと思います。
1978年って、当方は浪人中でした。関東地方は夏も長雨だった記憶があります。この年の当方の電車移動は、相模大野駅(または町田駅)からお茶の水駅(または四谷駅)間のみを往復していました。
  • 2017-09-20│15:17 |
  • いなか仁 URL│
  • [edit]
No title
失礼しました。調べてみると8月の長雨は1977年でした。まあ、どちらの年も当方は浪人中でしたが。
  • 2017-09-20│15:34 |
  • いなか仁 URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


旅のカケラ
by PoW

鉄道の旅日誌と撮影記録


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター