FC2ブログ

56b室蘭〜東室蘭〜苫小牧〜追分:北海道妄想の旅1978

ho78do5609.jpg【HPから】(すずや)
 お腹が空いてきたので、駅近くのすずやという喫茶店に入る。今年で創業28年である。

ho78do5610.jpg【HPから】(ミックスサンド+コーヒー@すずや)
 ミックスサンドとコーヒーを注文した。あまり時間がないことを伝えたら、すぐに提供してくれた。そんな気遣いのもと、美味しくいただいた。

ho78do5611_1dia.jpg【1】
 室蘭から折り返しの列車に乗る。この列車は東室蘭で、豊浦発の急行ちとせ5号と併合して急行ちとせ5号となり札幌へ向かう。

ho78do5612_1dia.jpg【1】

ho78do5612a_4map.jpg【4】
 東室蘭からはなだらかで勾配の少ない海岸沿いを北東に向かう。右手には太平洋が広がる。東室蘭を出るとすぐに鷲別。そして幌別川を渡ると幌別である。ほとんど直線で線路が敷かれている。幌別から北東に進んで右に曲がり国道の下をくぐると富浦である。富浦から登別を経て虎杖浜までの間だけが海岸の地形が複雑で断崖が海に迫っている。次は北海道有数の登別温泉への入口の登別。そして海岸へ出ると虎杖浜(こじょうはま)となる。次の竹浦までは一直線で進む。

ho78do5613_46.jpg【46】(白老〜社台:樽前山)

ho78do5613a_4map.jpg【4】
 北吉原、萩野を過ぎて白老へ。白老の先でちょっと右に曲がるが、そこから沼ノ端までの18.7kmは直線区間である。社台、錦岡、糸井を過ぎると、市街地に入ってきて苫小牧に着く。

室蘭0839-0853東室蘭0900-0951苫小牧 普通/急行ちとせ5 室蘭本線 4575D/205D

ho78do5614_1dia.jpg【1】

ho78do5615_4map.jpg【4】
 苫小牧を出てしばらくすると日高本線が右に分かれていく。そして沼ノ端で直線区間は終わる。この先、千歳線の上下線が室蘭本線を挟む形で進んでいき、千歳線の上りが室蘭本線をオーバークロスしてしばらくすると遠浅(とあさ)。安平川を渡って早来へ。このあたりでは酪農が盛んだ。早来を出て左へ曲がると安平。石勝線の工事を横目に見ながら追分へ。石勝線が完成すると札幌や新千歳空港から道東へのアクセスが格段によくなることは間違いないだろう。

苫小牧0955-1037追分 室蘭本線 225

<注釈>
(1)【数字】は参考資料リスト参照
(2)【数字】がないものは動画を含めて自分で撮影したもの(2006年10月、2012年10月)
(3)文章は主として【2】と【3】を参考にし、自分の体験を加筆した。
(4)宿泊施設は時刻表巻末のホテル旅館案内を参照した。

<参考資料リスト>
【1】国鉄監修 交通公社の時刻表1978年10月号 日本交通公社
【2】北海道4000キロ 宮脇俊三・原田勝正編集 小学館 1982/8/20
【3】北海道 地図の中の鉄路 堀淳一 亜璃西社 2014/12/4
【4】レールウェイマップル 北海道鉄道地図帳 2010
【46】鉄道全路線 37 室蘭本線・日高本線 朝日新聞出版 2010/4/4


FC2ブログランキング


関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター