FC2ブログ

18アミー2:明知鉄道(明智・岩村)紀行

ake18iwa180.jpg
 恵那のご当地グルメは「えなハヤシ(ハヤシライス)」らしい。
==========
恵那は「ハヤシライス」の生みの親、早矢仕有的(はやしゆうてき)ゆかりの地です。
 岩村城跡がある岐阜県恵那市。かつて岩村藩は、美濃国(現在の岐阜県)の岩村城を拠点として周囲を支配していました。「ハヤシライス」生みの親と言われている早矢仕有的(1837〜1901)は岩村藩領の武儀郡笹賀村(現在の山県市)に生まれ、幕末の頃には岩村藩の藩医でした。明治初期の横浜の病院医師勤務時代もっと栄養を取るべき患者などに、滋養に富み美味で簡単にできる料理として、牛肉の細切りと野菜を一緒に煮込みご飯にかけて食べることを考案。「ハヤシ先生の料理」という様な名で評判となり、明治後期には「ハヤシライス」という名が定着したと言われています。
==========

ake18iwa181.jpg
 お店の年配の女性にメニューを尋ねると申し訳なさそうに「カレーライスとハヤシライスしかできないんですよ」と答える。いえいえ、ハヤシライスを食べたくて来たのですから、全く申し訳なくないんですよと思い、「ハヤシライス二つ」を注文する。
 たちまちカレー皿に出てきたハヤシライス。食べてみると酸味が強いが美味しい味である。

ake18iwa182.jpg
 自家製のコンニャクも付け合わせに提供してくれた。こういう気配りがうれしい限りだ。
 いろいろと話をすると、ここは旅館笹乃家の一部であり、大正時代から営業していて昔はキャバレーだったという。旅館は今年の秋で営業を終えた(この秋までやっていたのが素晴らしい)。表の看板に「地階」と書いてあるのは、ここあたりは段差があるので反対側の入口からは階段なしでそのまま入れるという。

ake18iwa183.jpg
 もう一つの入口の様子がこちら。本当に表と裏の顔があった。

ake18iwa184.jpg
 ドアをあけると「コーヒー・ビール・アィスクリーム・ジュース・五平もち・山菜そば」という看板もあった。その上に「ハヤシライス・カレー 700円」「ただいま営業中」と書いてある。昔はメニューが多かったんだねぇ。

ake18iwa185.jpg
 内側のガラス戸はこんな感じ。ガラスのステンドグラス風の模様がレトロで素敵である。

ake18iwa186.jpg
 こちらの入口のそばにはうかれ横丁の渡り廊下がある。


関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター