FC2ブログ

197厚木の渡し・渡辺崋山来遊記念碑:大山街道(7)

oh19kai1970m.jpg
 (44)渡辺崋山来遊記念碑、(45)厚木の渡し

oh19kai1970mo.jpg
 明治地図では赤丸あたりだろう。

oh19kai1971.jpg
 厚木の渡しと渡辺崋山来遊記念碑の全景である。

oh19kai1972.jpg
 案内板があった。

――――――――――
厚木市指定史跡 厚木村渡船場跡
    昭和36年10月21日指定
この地は、矢倉沢往還や藤沢道、八王子道が相模川を渡る渡船場で、常時5艘の舟が備えられ、旅人に利用されていました。
 江戸時代に刊行された「新編相模国風土記稿」の記述によると、冬の渇水期には土橋が設けられていました。
この渡船場の厚木側の権利は、厚木村と溝呂木家が持っていました。溝呂木家の権利は、徳川家康から与えられたものと伝えられています。
天保2年(1831)9月、矢倉沢往還を通って厚木を訪れた渡辺崋山は「厚木六勝」図を残していますが、その一つ「仮屋喚渡」は、この場所を描いたものです。
明治41年(1908)、相模橋の開通によって、この渡船場は廃止され、その役目を終えました。
平成3年3月
平成21年3月再調   厚木市教育委員会
――――――――――

oh19kai1973.jpg
 すごろく手ぬぐいにも厚木の渡しが描かれている。

oh19kai1974.jpg
 これが、渡辺崋山来遊記念碑である。

oh19kai1975.jpg
こちらは厚木の渡しの石碑。

――――――――――
相模川をわたるために設けられた渡船場で、海老名市河原口とをむすび、5隻の船で往来していた。
――――――――――

oh19kai1976.jpg
 相模川がこのように見える。渡し舟が盛んだったころはどんな風景が広がっていたのだろう。

oh19kai1977.jpg
 振り返ると「Nagashima」という床屋が。創業を見てビックリ! なんと1701(元禄14)年! 18世紀最初の年である。街道沿い、おそるべし。


関連記事

トラックバック

コメント

since 1701
「街道沿い→人通りが多い→家業が繁盛する→長続きする」という構図でしょうか。
  • 2020-05-29│15:39 |
  • いなか仁 URL│
  • [edit]
No title
そうだと思います。1701年って驚きですよね。
  • 2020-05-29│19:22 |
  • かめ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター