FC2ブログ

141長津田交差点:大山街道(5)

oh19kai1410m.jpg
 長津田交差点

oh19kai1410mo.jpg
 赤丸が長津田交差点

oh19kai1411.jpg
 右手には環境霊園 横浜みどりの里がある。

oh19kai1412.jpg
 さらに進むと国道246号線との合流部の長津田交差点が見えてきた。

oh19kai1413.jpg
 道路の向こう側に渡り、

oh19kai1414.jpg
 右折して進んでいく。

140横浜田園都市病院:大山街道(5)

oh19kai1400m.jpg
 (6)そば屋、(7)横浜田園都市病院

oh19kai1400mo.jpg
 赤丸が横浜田園都市病院の場所

oh19kai1401.jpg
 そば屋の裏を回り込んで、

oh19kai1402.jpg
 こんな細い道を進む。

oh19kai1403.jpg
 そしてそば屋に出た、と思ったらパン屋に変わっていた。

oh19kai1404.jpg
 そしてしばらく歩くと左側に横浜田園都市病院があった。

oh19kai1405.jpg
 登り坂を進む。

oh19kai1406.jpg
 さらに進んでいく。

139森村学園裏:大山街道(5)

oh19kai1390m.jpg
 (5)合流地点、森村学園、(6)そば屋

oh19kai1390mo.jpg

oh19kai1391.jpg
 合流した道路を横切る。向こう側には森村学園の体育館のような建物(★)がみえる。

oh19kai1392.jpg
 さらにこの小道を下る。

oh19kai1393.jpg
 住宅地に入った。

oh19kai1394.jpg
 ここが地図の(5)の合流地点。

oh19kai1395.jpg
 右折してしばらく歩く。

oh19kai1396.jpg
 そば屋の手前を右へ折れる道があったのでそちらへ。

oh19kai1397.jpg
 森村学園の裏に出た。当然ながら関係者以外立ち入り禁止。

138長津田小学校:大山街道(5)

oh19kai1380m.jpg
 (3)小学校入口交差点、長津田小学校

oh19kai1380mo.jpg

oh19kai1381.jpg
 ここが(3)の小学校入口交差点で、右側の登り坂を進む。

oh19kai1382.jpg
 さらに登る。

oh19kai1383.jpg
 右に行くと長津田小学校(★)だが、この細い路地を矢印に沿って左へ進む。 

oh19kai1384.jpg
 (4)の分岐点に旧大山街道の案内板があった。

oh19kai1385.jpg
 そしてここにも長津田十景の長坂夜雨(ながさかやう)があった。

――――――――――
長津田十景
(8)長坂夜雨
 大山街道は、次第にその道筋を変え、長坂は現在の国道から取り残されました。
 坂に通じる長津田小学校脇から森村学園脇の旧道には、昔の矢倉沢往還の雰囲気を僅かなりとも伝える場所が一部残っており、蓑笠をつけた旅人が雨の中を歩く様子を連想させます。
――――――――――

oh19kai1386.jpg
 さて小学校下のこの未舗装の道を進む。旧道らしくて琴線に触れる。

oh19kai1387.jpg
 左に竹林がある中をさらに進む。

oh19kai1388.jpg
 いったん道路に合流する。

oh19kai1389.jpg
 合流する場所にも案内板があった。

弁当屋さんのおもてなし(2) 〜海薫るホッケフライと思い出ソース〜

190106-book.jpg
[題名]弁当屋さんのおもてなし(2) 〜海薫るホッケフライと思い出ソース〜
[著者]喜多みどり
[発行]KADOKAWA
[定価]600円
[発行日]2018/11/10
北海道・札幌市の路地裏に佇む『くま弁』。願いを叶えるお弁当の作り手・ユウの優しさに触れた千春はもっと彼に近づきたいと思いつつ、客と店員の関係から一歩を踏み出せずにいた。そんな時、悩み相談で人気の占い師がくま弁を訪れる。彼女はユウの作る「魔法のお弁当」で霊感を回復させたいらしい。思い出のお弁当を再現しようとするユウと千春だが……?あなたの食べたいものがきっと見つかる、北のお弁当ものがたり第2弾!


第一弾の興味を惹かれてたちまち第二弾を読破。
今回は、女性占い師、塾に通う小学生、性格が正反対のカップルそして千春の高校の同級生などが登場する。思い出の深いお弁当を通しての物語。ユウと千春の恋の行方はどうなるのか?



137大石神社:大山街道(5)

oh19kai1370m.jpg
 (2)大石神社

oh19kai1370mo.jpg
 明治地図にも神社の地図記号とともに大石祠と書かれている。 

oh19kai1371.jpg
 「初詣 大石神社」とある。

oh19kai1372.jpg
 鳥居を進み、

oh19kai1373.jpg
 拝殿である。

oh19kai1374.jpg

oh19kai1375.jpg
 名木古木指定のモミの木である。

oh19kai1376.jpg
 参道入口へ降りてきて、振り返って撮る。

136常夜灯(上宿):大山街道(5)

oh19kai1360m.jpg
 常夜灯

oh19kai1360mo.jpg
 赤丸が常夜灯の場所であろう。

oh19kai1361.jpg
 大石神社に続く急な登り坂である。

oh19kai1362.jpg
 坂道を途中まで登ると左側に常夜灯があった。

oh19kai1363.jpg
 横浜市地域史跡 長津田宿常夜燈二基(上宿)

oh19kai1364.jpg
「天下泰平 地神尊 五穀成就」と書いてある。

oh19kai1365.jpg
 こちらが常夜灯である。

135しぶそば:大山街道(5)

oh19kai1351.jpg
 困ったときは立ち食いそばだ!(笑) ということで駅構内のしぶそばに入った。カレーうどん500を美味しくいただいた。

oh19kai1352.jpg
 さて、旅を続ける。長津田駅南口交差点に戻り、ここを右折する。

oh19kai1353.jpg
 そして真っすぐ進む。

oh19kai1354.jpg
 コンビニを過ぎると右手に坂が見えてきた。

134長津田駅南口入口:大山街道(5)

oh19kai1340m.jpg

oh19kai1340mo.jpg
 明治地図では長津田駅入口は赤丸の場所であろう。

oh19kai1341.jpg
 さらに進んでみよう。ここが長津田駅南口入口交差点である。

oh19kai1342.jpg
 この交差点の角にも「旧大山街道」の案内板があった。ほっとする。

oh19kai1343.jpg
 お昼時になったので、長津田駅に向かい昼食を取ることにしよう。

oh19kai1344.jpg
 長津田駅南口は現在再開発工事中であった。駅構内や北口周辺でラーメン屋さんや他の飲食店を探すが、よさそうなお店は見当たらない。再び駅構内に戻るが、テイクアウトのお店は数軒あるがそこでは食べることはできない。
 さぁ、どうしよう!

133常夜灯(下宿):大山街道(5)

oh19kai1330m.jpg
 ⚫︎が常夜灯の場所

oh19kai1330mo.jpg

oh19kai1331.jpg
 道の右側にあるはずの石造物は見当たらず。そのかわり(?)、道の左側に常夜灯などがあった。

oh19kai1332.jpg
 長津田宿には常夜灯が二基残っており、ここはその一つとなる。

――――――――――――――
横浜市地域史跡  長津田宿常夜燈二基  平成元年十二月二十五日登録
  県北を通る公道矢倉沢往還(大山街道)は、東海道の裏道にあたり、大山参詣の信仰の道でもありました。長津田は江戸初期から荏田とともに宿駅に指定されていました。
  現在、上宿、下宿に常夜燈が残されています。当時の宿の繁栄を物語るものの一つです。
⚫︎上宿常夜燈(緑区長津田町2322-1) 総高 240センチメートル、天保14年(1843)に宿中の秋葉山講中が建立したもの。
⚫︎下宿常夜燈(緑区長津田町五丁目1652-1) 総高 210センチメートル、文化14年(1817)に宿中の大山講中が建立したもの。
    平成2年3月  横浜市教育委員会
――――――――――――――

oh19kai1333.jpg
 長津田の地名は戦国時代からの文献に出てくるが、渡辺崋山の「游相日記」には「長蔦」と記されている。音は「ながつた」と「た」は濁らない。

――――――――――――――
長津田十景
(7)下宿晴嵐(しもじゅくせいらん)
 宵闇のなか旅人を迎えてきた常夜燈はまさに長津田の宿場町の歴史を象徴する歴史的資産であり、晴嵐はかっての宿場町の活気を表します。
 宿場の入口には常夜_燈があり、灯火を灯して道を照らし、宿場の安全と暗い夜道を行く旅人のための道しるべでありました。
 下宿常夜燈とともに上宿常夜燈も横浜市の地域史跡に登録されています。
 平成20年12月にこの地に移築されました。
――――――――――――――

oh19kai1334.jpg
 「旧大山街道」と案内板があった。

oh19kai1335.jpg
 「大山まいりすごろく」手ぬぐいにも、溝の口→長津田→鶴間と描かれている。


プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター