6鶴見市場駅:つるつるステーション

鶴見市場(つるみいちば)駅
(京急本線、KK28、神奈川県横浜市鶴見区市場大和町)
(2009/8/7)

昔このあたりで市が開かれていたことから
地名が“市場”になりそれが駅名になりました。
検索したかぎり「鶴見市場」という市場は現在はありません。
ホームは相対式ホーム2面2線です。

tsurumi09ichiba01.jpg

tsurumi09ichiba02.jpg
東口

tsurumi09ichiba03.jpg
西口

tsurumi09ichiba04.jpg
改札口

tsurumi09ichiba05.jpg
ホームから品川方面

tsurumi09ichiba06.jpg
ホームから品川方面

tsurumi09ichiba07.jpg
ホームから横浜方面

tsurumi09ichiba08.jpg
隣接踏切から横浜方面



食は「県民性」では語れない

171218-book.jpg
[題名]食は「県民性」では語れない
[著者]野瀬泰申
[発行]KADOKAWA
[定価]885円
[発行日]2017/8/10
「お好み焼き発祥の地は大阪でも広島でもない」「鶏を使わない焼き鳥?」「九州でうどんにかけるのは胡椒?」など、食に隠された意外でおもしろい歴史をひもときながら、世界に類を見ない複雑で多様性に富んだ日本の食文化を紹介。「マグロを最も買っている市は?」「ソースを最も好んで使う市は?」など、最新の家計調査から見る、リアルな今の日本の食事情もレポート。あなたの常識をくつがえす、ニッポン食文化地図!


 日本の地方の食文化を書かせたら野瀬さんだ。インターネットの手法を使っていろいろな料理や食材の日本地図を数多く作成している。そんな地図がもっと掲載されていたら楽しいだろうに文章が多すぎる。雑煮だけに50ページを費やす意味もわからん。取り上げられるだけの「食」を取り上げてほしかった。


5京急鶴見駅:つるつるステーション

京急鶴見(けいきゅうつるみ)駅
(京急本線、KK29、神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央)
(2009/8/7)

京急鶴見駅はJR鶴見駅と隣接しており、
西口からすぐにJR鶴見駅東口バスターミナルがあります。

京急ストア鶴見東店とKeikyu Ekipla(けいきゅう エキプラ)が
駅の建物に同居しています。
2階に改札口がありホームは3階に相当します。

ホームは単式と島式の複合型の2面3線です。
上り(品川方面)が島式2線、下り(横浜方面)が単式1線になっています。

keikyu09tsurumi01.jpg

keikyu09tsurumi02.jpg
西口

keikyu09tsurumi03.jpg
西口Ekipla

keikyu09tsurumi04.jpg
東口

keikyu09tsurumi05.jpg
改札口へ

keikyu09tsurumi06.jpg
改札口

keikyu09tsurumi07.jpg
駅ナカ:えきめんや

keikyu09tsurumi08.jpg
ホームから横浜方面

keikyu09tsurumi09.jpg
ホームから品川方面

keikyu09tsurumi10.jpg
ホームから品川方面


4鶴見小野駅:つるつるステーション

鶴見小野(つるみおの)駅
(JR鶴見線、JI03、神奈川県横浜市鶴見区小野町)
(2009/8/7)

鶴見駅から鶴見線二つ目の駅です。
踏切をはさんで上り・下りの駅舎が別々になっています。
ホーム間の移動は改札口を出ないとできません。
無人駅ですが、簡易Suica改札機は設置してあります。
切符は所定の箱に入れてから改札を出ます。

ホームは相対式2面2線です。

tsurumi09ono01.jpg

tsurumi09ono02.jpg
駅前通り

tsurumi09ono03.jpg
下り駅舎

tsurumi09ono04.jpg
下りホームへ

tsurumi09ono05.jpg
上り駅舎

tsurumi09ono06.jpg
ホームから鶴見方面

tsurumi09ono07.jpg
ホームから扇町・海芝浦・大川方面

tsurumi09ono08.jpg
下りホームから上りホーム

tsurumi09ono09.jpg
木製の屋根


3鶴見駅:つるつるステーション

鶴見(つるみ)駅
(JR京浜東北線・鶴見線、JK15・JI01、神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央)
(2009/8/7)

京浜東北線の鶴見駅です。 正式には東海道本線ですが、運用上は京浜東北線の列車が停車します。 東海道本線・横須賀線・湘南新宿ラインの線路はありますが、 列車は停車しません。 駅構内は広く東海道貨物線の線路が何本も走っています。

東口と西口があり、ともにみどりの窓口があります。 東口からは京浜東北線へ、西口からは京浜東北線と鶴見線へ行くことができます。 京浜東北線と鶴見線との間には中間改札口が設けられていて、 京浜東北線や東口改札と鶴見線との連絡には この中間改札口にSuicaや切符を通す必要があります。 これは鶴見線の前身が鶴見臨港鉄道という私鉄だった名残りです。

京浜東北線のホーム(1,2番線)は島式1面2線です。

これに対して鶴見線ホーム(3,4番線)は櫛形ホーム(頭端式)2面2線です。

tsuru09mi01.jpg
京浜東北線駅名標

tsuru09mi02.jpg
鶴見線駅名標

tsuru09mi03.jpg
東口(再開発中)

tsuru09mi04.jpg
東口駅前バス停

tsuru09mi05.jpg
東口改札

tsuru09mi06.jpg
西口(工事中)

tsuru09mi07.jpg
西口改札

tsuru09mi08.jpg
西口鶴見線入口

tsuru09mi09.jpg
跨線橋から東京方面

tsuru09mi10.jpg
跨線橋から横浜方面(右に京浜東北線ホーム)

tsuru09mi11.jpg
京浜東北線ホームから東京方面

tsuru09mi12.jpg
京浜東北線ホームから横浜方面

tsuru09mi13.jpg
京浜東北線ホーム

tsuru09mi14.jpg
中間改札口

tsuru09mi15.jpg
中間改札口

tsuru09mi16.jpg
鶴見線ホームから海芝浦方面 

tsuru09mi17.jpg
行き止まり頭端部

tsuru09mi18.jpg
ドーム状の鶴見線ホーム


2鶴川駅:つるつるステーション

鶴川(つるかわ)駅
(小田急小田原線、OH25、東京都町田市能ヶ谷)
(2009/7/25)

小田急線にはもう二つ“つる”のつく駅があります。 その一つが鶴川です。今回、初めて下車しました。 駅近くにはマンションが多くベッドタウンですね。 「こどもの国」下車駅なんですね。

北口と南口があり、改札は別々に地上にあります。 メインは北口で、南口は自動改札機のみです。 ホームは単式と島式の複合型の2面3線です。 上り(新宿方面)が島式2線、下り(小田原方面)が単式1線になっています。

tsuru09kawa01.jpg

tsuru09kawa02.jpg
こどもの国下車駅

tsuru09kawa03.jpg
北口駅前広場

tsuru09kawa04.jpg
北口改札口

tsuru09kawa05.jpg
南口

tsuru09kawa06.jpg
南口

tsuru09kawa07.jpg
ホームから新宿方面

tsuru09kawa08.jpg
ホームから新宿方面

tsuru09kawa09.jpg
ホームから小田原方面

tsuru09kawa10.jpg
ホームから小田原方面

tsuru09kawa11.jpg
跨線橋から新宿方面

tsuru09kawa12.jpg
跨線橋から小田原方面

tsuru09kawa13.jpg
跨線橋の案内表示


1鶴巻温泉駅:つるつるステーション

鶴巻温泉(つるまきおんせん)駅
(小田急小田原線、OH37、神奈川県秦野市鶴巻北)
(2009/7/25)

かめかめステーションの次はつるつるステーションです!  全国の“つる”のつく駅の特集です。 合計45駅ありますので、いつまでかかるのでしょうか? 楽しみながらやりたいと思います!

トップバッターは地元の伊勢原駅から小田原よりの隣にある鶴巻温泉駅です。 小田急線創設時からありますが、 鶴巻→鶴巻温泉→鶴巻→鶴巻温泉と名前を変えています。 東京の奥座敷として、温泉客が多い時期もありましたが、 時の流れには逆らえず、駅前旅館がマンションに変わってしまいました。 今ではベッドタウンとなっています。

北口と南口があり、改札は別々に地上にあります。 メインは北口で、南口は自動改札機のみです。 ホームは2面2線の相対式になっています。

tsurumaki09onsen01.jpg

tsurumaki09onsen02.jpg

tsurumaki09onsen03.jpg
北口駅前広場

tsurumaki09onsen04.jpg
近くに弘法の里湯がある

tsurumaki09onsen05.jpg
駅前モニュメント

tsurumaki09onsen06.jpg
北口

tsurumaki09onsen07.jpg
北口入口

tsurumaki09onsen08.jpg
改札口

tsurumaki09onsen09.jpg
南口

tsurumaki09onsen11.jpg
跨線橋から新宿方面

tsurumaki09onsen12.jpg
跨線橋から小田原方面

tsurumaki09onsen13.jpg
ホームから新宿方面

tsurumaki09onsen14.jpg
ホームから小田原方面


22あき亀山駅:かめかめステーション

あき亀山(あきかめやま)駅
(JR可部線、広島市安佐北区亀山南)
(2017/10/7)

2009/5/14に羽越本線の羽後亀田駅でかめかめステーション全制覇したのですが、あき亀山駅が2017/3/4に開業したため、ここで再制覇となりました!

aki17kameyama01.jpg
駅名標@ホーム

aki17kameyama02.jpg
ホーム

aki17kameyama03.jpg
車止め

aki17kameyama04.jpg
駅舎1

aki17kameyama05.jpg
駅舎2

aki17kameyama06.jpg
駅名標@駅前1

aki17kameyama07.jpg
駅名標@駅前2

aki17kameyama08.jpg
電光駅名


人口減少と社会保障ー孤立と縮小を乗り越える

171116-book.jpg
[題名]人口減少と社会保障ー孤立と縮小を乗り越える
[著者]山崎史郎
[発行]中央公論新社
[定価]950円
[発行日]2017/9/25
社会保険方式と国民皆年金・皆保険のもと整備されてきた日本の社会保障は、戦後の安定した雇用と人口増加に支えられて発展してきました。 しかし1990年代以降の経済停滞のなか、日本の家族と雇用のあり方が激変。社会的孤立や格差といった問題が表面化します。 さらに少子高齢化の末、人口減少という未知の領域に突入してゆく日本。今この国の社会保障には何が求められているのでしょうか。 厚生労働省で介護保険創設に尽力し「ミスター介護保険」と呼ばれ、初代の地方創生総括官も務めた著者が、孤立する高齢者から非正規雇用、子育て支援、住まい、まちづくり、地方行政まで、日本の社会保障の課題を整理し、これから進むべき道を提言します。


 我が国の社会保障は世界的にみても遜色のないものとなっている。しかしその社会保障が、昨今の家族と雇用の社会的変化に伴い、いくつかの問題が湧いてきている。家族での大きな問題は少子高齢化である。特に今後は少子対策が重要であるが、現実的には遅れている。出生率が一度低下してから再上昇した国としてフランスとスウェーデンの政策が紹介されていて我が国ももっと力を入れていく必要がある分野だ。雇用では非正規職員の増加に伴い、社会的孤立が多くなってきている。これらに対応する社会保障政策の転換が求められているのだ。


鉄ごよみカレンダー2018/6月

1806T.jpg
只見線 会津宮下〜早戸/キハ40形
ふとローカル線の旅をしてみたいと思った時、只見線を筆頭に挙げる人も多いだろう。一度は乗ってみたい憧れの路線である。いくつもの鉄橋を渡りながら只見川に寄り添う旅は、人生の宝物になること間違いない。災害による不通区間も2021年度の復旧が決定し、ますます注目を集めるだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2021年度に復旧したらもう一度乗ってみたい路線です。


プロフィール

かめ

Author:かめ

FC2乗り鉄の会

鉄道旅行派の同好会に
参加しています。
(敬称略)


hmdの鐵たびブログ
ローカル線の旅
by hmd

写真を中心に「見る紀行文」で、
長期連載しています。


かめかめブログ
by かめ

鉄道、旅、B級グルメ、季節・・・


鉄・街・旅な、つぶやき日記
by あいあんさいど

鉄道、街歩き、旅…などなど。
いろんな思いを、感じたままに。


日本鉄道路線 制覇への挑戦!
by タカ&ヨシ

日本の鉄道、全路線を制覇に
挑戦しています。


本気で全線を走破したい
ぼんばーの日記
by ぼんばー

本気に全線走破をするまでの
過程を徒然と日記で綴ります。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター